15日、21時29分、水瓶座で満月を迎えました。

 

本来の自分に戻り、不可能を可能に変えるための戦略を練る。

自分の好きなこと、得意なことで自分を表現し、自分を輝かせるための行動を起こす。

 

2月5日の水瓶座新月は個人の力の再生であり、この半年間で本来の自分に戻っていく流れの中にありました。

自分の本当の気持ちや本当にやりたいことに気付いたり、そちらに導かれるようなことがあったり、

本来の自分に戻ることでやるべきことが明確になり、実際にそちらに進んだ方もいるでしょう。

8月1日の獅子座の新月では、理想を実現する際に壁になるものを超えることを促されました。

ここからは、見えてきた目標に向かって歩みを進めて行く時間へと入ります。

 

 

12日から、♅天王星が逆行へ。

この半年で見えた自分の気持ちに素直になって、自分が本当に欲しいものを手に入れるために、

それを実現するためにはどうするべきか。

その具体的なプロセスや、それを叶えられる自分になることに見直し・修正・変化を求められます。

 

ICにはドラゴンヘッド、MCに♄土星と♇冥王星

ヴァルナとミトラのコンジャンクションも続いており、軌道修正の流れが極まっています。

 

天王星牡牛座期間のテーマは

「自分の内側と外側を結び付けること(=自分の内と外をイコールにすること=想いを叶える=現実化)」

にありますので、どうやったらそれを結び付けることが出来るのかということを、

それぞれに考えて行動する必要性があります。

まずは自分の気持ちに嘘をつかないことで、内側と外側に橋が掛かります。

自分に嘘をつくことが多い人は、自分の気持ちに素直になることが求められます。

自分の内側にあるものを外に出すのは恐怖が伴うこともあります。

それは他者に評価・ジャッジされることであり、否定されることにも繋がるからです。

この壁を越えることがテーマになる人、自分の理想を実現することにテーマがある人、色々ですが、

どこにテーマがあるにせよ、レベルアップ・スキルアップ無しで超えられるほど、

内側と外側を結び付ける(=現実化のプロセス)は楽ではありません。

 

 

・☿水星、♃木星、キロンがグランドトライン

人や社会と繋がり豊かさを得るために、

自分を積極的に変えていくことで夢や理想が拡がって行く

「自分を変える」というのは、まだ知らないこと・経験したことのないことに興味をもったり、

苦手を克服したり、何かを学んだりすることで出来ないことを出来るようにすること。

それは「成長」です。

「出来ない」から「出来る」への変換

子供が大人になれば出来ることが増えて、世界が拡がるように、

大人だって出来ないことを出来るようにすれば、当然、世界が拡がります。

 

成長しなきゃ・変わらなきゃというのは、自分を受け入れられずに自分を否定する行為だと言われたりもしますが、

自分の現状をしっかり把握して、受け入れているからこそ出てくるのが成長欲求です。

自分の否定的な側面を受け入れられず、そこに向き合えていないひとは、

まず変わろう、出来ないことを出来るようにしようという思考に至りません。

成長欲求は「欲求」ですから、月の支配下にあるものです。

月の欲求(願望)を満たす実力が自分には無いと知り、認め、それでも手に入れたいという気持ちが「成長したい・変わりたい」という欲求に変わります。

 

わたしは潜在能力を発揮するための課題のリーディングをご提供しておりますが、

ひとりとして”変わる”ことを促されない人はいません。

ホロスコープから見ると、“変わる”=成長するというのは、
本来の自分が持っている能力を発揮するため、本来の自分に戻るためのプロセスです。

「成長」は誰の人生にも必ず組み込まれているプロットであり、人生をレベルアップさせるためのトリガーです。

使命(やりたいこと)とは、その過程で見出されて行くもの。

やりたいことをやる、理想を叶えるために必要な水準まで成長することが出来たときに見出されるものです。

 

 

本来の自分を輝かせる

自分に嘘をつくと、自分が曇ります。

すると、太陽(自分自身を表す天体)が輝きを失うのです。

こうなると、ホロスコープそのものが輝きを失います。

太陽系の星(占星術で主に使われる天体)は、太陽の輝き無くして光ることはないのだから。

 

ホロスコープで太陽を使うためには、やはり月星座から太陽星座への成長が必要になります。

使命を見つけるには、太陽星座から地球星座への成長が必要です。

 

こうなりたい・ああなりたい・あれが欲しい・これが欲しいという月(欲求)を叶えるために、

自分を成長させ太陽(自分を輝かせること)に至り、地球(使命)に辿り着く。

自分の豊かさに変革を起こすため、「成長」することで自分の太陽と地球を輝かせる。

 

 

月→太陽→地球への成長プロセスを説明した記事をpickupしました。

興味のある方はどうぞ。

 

 

 

メインブログはこちら
via 占星幾何学©|il lume
Your own website,
Ameba Ownd
 

  ┗ Twitter、はじめました。

 

 

contents
 

  ┗ 新時代の占星術の構築を試みています。

 

 

  ┗ ハーモニクス占星術、ヘリオセントリック占星術を応用し、

          潜在能力を開花するための7つのポイント

          (循環力、分析力、創造力、変換力、表現力、調整力、実現力)と自己超越ポイントをリーディングします。

 

8日、2時30分、蠍座で下弦の月を迎えました。

 

8月8日は毎年、天地を結ぶゲートが開くと言われ「ライオンゲート」と呼ばれます。

ライオンゲートは、占星術的に言えば恒星パランでシリウスがヒライアカルライジングする日であり、

シリウス信仰であった古代エジプトではこの日を一年の始まりとしていました。

ホロスコープ上ではASCとシリウスが共にあります。

シリウスには、犠牲を厭わず目的を遂行するという意味があり、ヒライアカルライジングは毎年ですから、

毎年この時期は強い意志を持った行動を求められます。

 

シリウスは別名ドッグスターと呼ばれます。

DOGは逆にするとGOD=神(カ=火・ミ=水)

 

火と水のグランドトラインが形成されています。

 

・☉太陽、♃木星、キロンがのグランドトライン

自分を表現することで、他者(社会に)貢献するための挑戦・及びそのためのスキルアップが社会的なアイデンティティーを確立する

・ASCとシリウス・ドラゴンヘッド、☽月、♆海王星がのグランドトライン→の♄土星にカイト

自分を守る部屋から出て、未来を信じる力・強い精神力を持って行動(火のグランドトライン)することで世界(社会に)アンカーし、人と結び付く

 

(カ=火・ミ=水)=天

と地

これらが天地を繋ぐ力

 

 

下弦の月を形成する☽月と☉太陽、♅天王星がTスクエア

自己表現を通して、これまでに創り上げて来た自分の内側の世界と外の世界を繋ぐことで新しい人との結び付きが生まれる

 

8月11日に4ヵ月間逆行していた♃木星が順行に戻ります。

以下は逆行開始時の記事です。

この時は、社会的なアイデンティティーを見つけ出すことで、潜在的な人との結び付きを構築する流れにありました。

ここからは、物理的に人と結び付くために、社会的なアイデンティティーを確立するための行動が促されます。

 

3月の春分にはじまった今年のテーマの結果が出るのが秋分からの3ヵ月になりますが、

秋分は9月20日前後ですからあと1ヵ月ちょっとなので流れを振り返ります。

春分からの今年のテーマは「理想の実現の為に自分を鍛えること」

自分の才能の種を育てて、社会的なポジション(仕事)の種にすること。

で、そのゴールが社会へのアンカー"種を地面に植える"こと。

その種が発芽して、育って、花になった時に人と結び付きます。

 

昨年のライオンゲートも、人に与える(貢献する)ことで人と結び付くことが強調されていました。

今年は「超越」です。

ここまでに育てた創造力を解放し、自分の枠を超えて、想像もつかない未来へ。

 

 

メインサイトはこちら
via 占星幾何学©|il lume
Your own website,
Ameba Ownd
 

  ┗ Twitter、はじめました。

 

 

contents
 

  ┗ 新時代の占星術の構築を試みています。

 

 

  ┗ ハーモニクス占星術、ヘリオセントリック占星術を応用し、

          潜在能力を開花するための7つのポイント

          (循環力、分析力、創造力、変換力、表現力、調整力、実現力)と自己超越ポイントをリーディングします。

 

本日、12時11分、獅子座で新月を迎えました。

 

☉太陽が蟹座にあった一ヵ月、自分の気持ちに素直になることで、進むべき道(理想)を明確にしました。

そして、牡牛座下弦の月で「今」と「理想」の間にある困難を受け入れる覚悟を問われました。

今回の新月は9ハウスに主要4天体+ドラゴンヘッド

「挑戦」そして「突破」がテーマです。

ヴァルナとミトラのコンジャンクションも9ハウスに入ります。

本日、☿水星も順行へ戻ります。

「今」と「理想」の間にある、ボーダーライン(困難)を超える挑戦のはじまりの新月です。

 

 

新月を形成する☽月と☉太陽そして♀金星、DCと♅天王星、ASCとpofでTスクエア

人生をレベルアップさせていくため、理想を実現するために、自分の心に素直になって、
終わりにするべきことを終わりにして、はじめるべきことをはじめる。

 

今回の9ハウスは蟹座と獅子座にまたがっていて、

蟹座から獅子座への移行は、自分の内側にあるものを外へ出す(表現する)プロセス。

永遠に掴まらない追いかけっこを終わりにする。

追いかけているつもりで、でも本当は自分で壁を作って届かないようにしてるだけ。

欲しいものを「欲しい」と言うのはこわいから。

それは、好きな相手に告白するのとよく似ている。

でも想いを伝えなきゃ、その先にあるかもしれない幸せも手に入らない訳で。

これが蟹座と獅子座の間にある壁(困難)であり、終わりにするべきこと。

 

エネルギーは出す・出して循環させて他と結び付いて発展していくものなのですが、

蟹座の領域は内側に向くエネルギーが強すぎて外に向かいにくいため、エネルギーの循環が止まりやすいポイント。

反対側の山羊座・♄土星のエネルギーを受けるので、蟹座の☽月は感情的に委縮しやすいです。

蟹座は意外に曲者で、前に進もうとするエネルギーに負荷が掛かるので、当然前に進みにくいと感じる。

逆境だったり、努力を要求されたり、難しさを感じたり、隠れコンプレックスみたいな場所。

で、蟹座に感受点が無くても、全員出生図の12ハウスの何処かに蟹座は位置しているので、

そこが今回それぞれに超えるべきもの。

蟹座に天体が無い方は「蟹座と獅子座の境目が何ハウスに入るか」で見て下さい。

 

 

☿水星とドラゴンヘッド、♄土星と♇冥王星がオポジション

♆海王星と♇冥王星が♂火星を頂点にYOD

自分の欲求に素直になって、可能性に挑戦することで創造力を再生させ、
自分を世界へ押し出し、理想の実現に向けて行動する。

 

 

ASCはpof(幸運の在処)とジャストコンジャンクション

自分の気持ちに素直になって行動することが「幸運の鍵」です。

でも、その鍵を使うにはやっぱりキロンが必要になる。

この新月で言えば、キロンは5ハウスの牡羊座(ASC・pofとクインカンクス)にあるので、

自分に自信を持って自己表現や自己主張をすること。

それが出来ないと「自分の気持ちに素直になって行動する」は難しい。

キロンは鍵みたいなマークをしているけど、本当にホロスコープのありとあらゆる場所を開く鍵になっているので、

はじめての方はこの辺も見てもらえるといいかなと思います。

 

 

 

メインサイトはこちら
via 占星幾何学©|il lume
Your own website,
Ameba Ownd
 

  ┗ Twitter、はじめました。

 

 

contents
 

  ┗ 新時代の占星術の構築を試みています。

 

 

  ┗ ハーモニクス占星術、ヘリオセントリック占星術を応用し、

          潜在能力を開花するための7つのポイント

          (循環力、分析力、創造力、変換力、表現力、調整力、実現力)と自己超越ポイントをリーディングします。

 

25日、10時18分、牡牛座で下弦の月を迎えました。

 

☽月と♅天王星、☉太陽と☿水星・♀金星・ミトラのスクエアが強く響き合っています。

ドラゴンヘッドと♄土星と♇冥王星のオポジションも継続中。

昨年末辺りから形成され始めたドラゴンヘッドと♄土星と♇冥王星のオポジションは、今年11月まで続きます。

およそ1年を掛けて、終わりにするべきものを終わりにする力が働いており、いよいよその"仕上げ"に入ります。

 

これまでは「自分を出さず、我慢をすることで社会とのバランスを取る時代」でしたが、

これからは「本当の自分を出して、積極的に社会と調和する時代」へとシフトします。

今まで我慢していたことを、我慢しない。

関係性の維持のために言わなかったことを、はっきり言う。

やりたかったけど、何かに遠慮して(自分に言い訳して)やらなかった。

心の中と行動の不一致を徹底的に無くしていかなければなりません。

今までと真逆のことをする訳ですから、当然色んなものが崩れます。

 

理想を実現するためには、その道のスキルも必要です。

自分の道を行く時、そこには必ずツラさやキツさがある。

勿論、楽しさや嬉しさもあるけど、それだけじゃない。

苦労や困難を避けて通ることは出来ません。

 

自分を偽らずにいること、やりたいことをやれる方が心は安定するけど、

そうすると楽じゃない現実が待っているという矛盾が必ずある。

多くの人は「理想」と「今」の間にある「困難」と「今」を天秤に掛けて「今」に留まる。

去年、♃木星が蠍座にあった時に、自分の「理想」への道が開きました。

今、♃木星は射手座にあります。

射手座は、未知の世界へ冒険するために、今までの場所から飛び出していくサインです。

12月には山羊座に入り、新しい世界にアンカーしていく流れに入ります。

 

調和的な社会参加を達成し、仲間と共に満たされた時間を過ごすために、

「今」と「理想」の間にある困難を受け入れ、変化していく覚悟を決める。

 

 

この方法で読んでみると、

  • キロン×♅天王星 / 自分を主張することで、豊かさの鍵を手に入れる
  • ♇冥王星×ドラゴンヘッド / これまでの社会的な基盤を壊すことで、社会的な自分の居場所が変わって、心から安心できる仲間と繋がる

 

 

♂火星、♃木星、キロンがグランドトラインでASCにカイト

ASC、キロン、MCがTスクエア

前回の山羊座の満月で、ある程度やるべきことや向かうべき方向は見えているものの、

まだ全貌が見えないヴィジョンの全体像を解明するために、スキルアップしながら自己実現に向けて努力をする。

 

覚悟を決めて、実力を付けること。

それが「今」と「理想」の間にある困難を突破する力になります。

 

 

 

メインサイトはこちら
via 占星幾何学©|il lume
Your own website,
Ameba Ownd
 

  ┗ Twitter、はじめました。

 

 

contents
 

  ┗ 新時代の占星術の構築を試みています。

 

 

  ┗ ハーモニクス占星術、ヘリオセントリック占星術を応用し、

          潜在能力を開花するための7つのポイント

          (循環力、分析力、創造力、変換力、表現力、調整力、実現力)と自己超越ポイントをリーディングします。

 

本日、6時38分、山羊座で満月(月食)を迎えました。

 

浄化の様な時間が終わり、新たに見えてきた夢や理想・目標へ向けて踏み出す満月です。

"新たに"と言っても、それは元々あったものでしょう。

見て見ぬ振りをしていたり、わかってはいたけど覚悟が出来ていなかったり、

そういったものに向き合わざるを得なくなって、向き合った結果のスタート地点という感じ。

 

今年の初め、1月6日に山羊座で新月(部分日食)がありました。

そのアンサーになる満月。

1月からここまで、可能性が絞られることでやることが明確になる流れの中にありました。

ある道は閉じて、ある道は開かれる。

引っ越し準備のような時間だったので、新しい流れが来て前に進んでいるような気はするのに景色が変わらない。

そんなストレスがありました。

 

新しい家に持って行くものと、置いていくものを意識的にも無意識的にも選別し、

ここからは絞り込まれた可能性の拡大へと入っていきます。

 

今、目の前にあるもの、それが答えです。

 

今、目の前にあるものが、今後取り組んでいくべきものであり、

それぞれの山羊座の領域(社会的ポジションの確立)の再構築に必要なもの。

絞られて明確になったものを軸として、行動を開始する合図の様な満月です。

 

 

☽月、♄土星、♇冥王星と☉太陽、♀金星、ドラゴンヘッドのオポジションを、♅天王星と♆海王星が調停

自分の心の中にある理想を、社会の中で現実的に達成するために、

今あるものを使って自己実現を目指す。

 

♂火星、♃木星、キロンがグランドトライン

♀金星とベスタが♃木星にYOD / POFと♃木星がドラゴンヘッドにYOD

抑圧してきた自分の感情から生まれる理想の実現に向けて、自分に出来ることを確認し、

再構築して、自分の持つスキルを社会に役立てる方法・生き方を模索すること。

 

自分が求めるものと、現実の距離があまりに遠いと、今を続けることに意味が無い様に感じることがありますが、

目の前の現実が必要の無いものであることはまずあり得ません。

現状が未来に何をもたらすか?星は自分に何を学ばせたいのか?を汲み取ると、長旅が少しは楽になります。

最終的に全然違う場所に辿り着くこともありますが、

今は目の前の自分に出来ることを積み重ねていくことが重要です。

 

 

この満月は6ハウスー12ハウスラインで起こっています。

自分の中にある人に与えられるものを与えることで、その恩恵として夢を叶えるラインです。

「人にしたことは自分に還って来る」が体現される領域。

6ハウスの「与える」はキロンが鍵になります。

キロンも逆行に入っていますので、キロンに関しての見直しが必要になっている方もいるかと思います。

何故、キロンを癒す必要があるのか?は、こちら

 

今、我々が促されているのは、水瓶座の時代を生きる基盤になるものの構築です。

人生そのものを大きく変えていくための基盤なので、

ここでどれだけ頑丈で大きい基盤を作れるかで、2020年以降に積み上げられるものの大きさが変わります。

家で言えば"基礎"に当たる部分。地味だけどすごく重要なところ。

人によってはまだ土地を探している段階かもしれない。

目立つところを構築していないので、今は結果が見えにくいと思います。

結果が出ていないのではなく、潜在的な状態でわかりにくいということです。

結果の見えない努力は苦しいものですが、ここで負けては元も子もありません。

今の頑張りの全貌が見えるのは"基礎"に家本体が建つ2021年以降。

来年には、基礎の全体像が見えて結果を感じる事が出来るでしょう。

 

 

 

メインサイトはこちら
via 占星幾何学©|il lume
Your own website,
Ameba Ownd
 

  ┗ Twitter、はじめました。

 

 

contents
 

  ┗ 新時代の占星術の構築を試みています。

 

 

  ┗ ハーモニクス占星術、ヘリオセントリック占星術を応用し、

          潜在能力を開花するための7つのポイント

          (循環力、分析力、創造力、変換力、表現力、調整力、実現力)と自己超越ポイントをリーディングします。