あまり眠れないので…

テーマ:

おはようございます。

最近、あまり眠れない日々が続いています。それでも、数日おきにしっかりと休めてはいますのでご心配なく…。

 

 

先週、ひさしぶりに広尾の山種美術館に行ってきました。「水を描く-広重の雨、玉堂の清流、土牛のうずしお-」という企画展をやっていました。パンフレットに使われているのは、川端龍子(りゅうし)のうずしおという作品です。川端龍子は鳥取県の足立美術館所蔵の「愛染」という作品が有名かもしれませんね…。記念切手の図案にも採用されていましたので…。

 

 

今回はいつも企画展よりも作品は少なめなのではないかという印象でした。反面、大きな作品が多かった印象です。わたしたち夫婦にとってもっとも印象に残ったのは、竹内栖鳳(せいほう)の「緑池」というとても小さな作品でした。

 

竹内栖鳳は、

 

「動物を描けば、その匂いまで描く」

とまで評された日本画家です。重要文化財に指定されている「斑猫」-「はんびょう」と読みます。昆虫の「ハンミョウ」も同じ字を書きます-という猫の絵が有名です。この作品も山種美術館蔵です。

 

 

 

「西の栖鳳、東の大観」

と称されましたが、横山大観ほど有名ではないかもしれません。個人的には大観よりも遥かにうまいと思います。上村松園は竹内栖鳳の弟子になります。

 

 

 

今回の企画展、「緑池」が見られただけで訪れる価値が十分にあると感じながら、山種美術館を後にしました。