愛しさと切なさと心細さと / カルガモ | 私的鳥獣戯画 ~ Bloom where God has planted you! ~

私的鳥獣戯画 ~ Bloom where God has planted you! ~

野にひたむきに生きる命に魅せられて…。


テーマ:

おはようございます。

いつもご覧になってくださりありがとうございます。今日で2018年の愛鳥週間は終わりですが、私たちのように鳥見を趣味にしている者にとっては、年中が愛鳥週間です。

 

今回はカルガモさんのヒナです。ピントがあまくなってしまったのですが可愛い姿だったのでアップしました。

 

今回のタイトル、「“恋しさとせつなさと心強さと”では?」突っ込みが入りそうですね…。先日にアップしたカルガモさんの記事で「嬉しくも切ないシーズンに突入をした」という述べました。その意味するところは…。

 

この子達は16羽兄弟です。今のところ1羽も欠けずに育っていますが…。

 

きっと今年も、観察を続けていくと、どんどん数が減っていくのだと思います。勿論、そんなことを望んではいませんが…。

 

野良猫などに食べられてしまったりすることは想像がつくと思います。他にも、コイやタイワンドジョウ(雷魚のことです)などの魚類に食べられたり、アオサギなどのサギ類やカモメ、カラスなどにも丸呑みされてしまったり…。急流や排水溝に嵌ってしまったり…。

 

カモの子育てを観察できることはとても嬉しい反面心配だらけなのです。「みんな無事かなぁ~」なんて不安を抱えながら観察に行くのです。

 

 

「あんなにいっぱいいたのに~(泣)」

 

 

毎年、そんな想いはしたくないと思いながら観察をするのですが…。

 

 

下は心臓の弱い人には視聴をお勧めしません。アオサギがカモのヒナを丸呑みにするシーンの動画です。親鳥の懸命の抵抗むなしく…。時にはこういう目をそむけたくなるようなシーンが繰り広げられることもあります。あってはならないのかもしれませんが、腹立たしく感じてしまうことも…。でも、こうして自然界はバランスを保っているのですよね…。

 

 

Heron Catches and Eats Duckling

 

 

heronはサギ、ducklingはカモのヒナです。

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
にほんブログ村

 ↑ ↑ ↑

ムラに戻ってきました。

ゴジュウカラさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス