NPOで食べていくのだ。 | ワーママから社長に。NPOと株式会社を立ち上げたロックな起業家のブログです♪

ワーママから社長に。NPOと株式会社を立ち上げたロックな起業家のブログです♪

株式会社シーズプレイス代表取締役、NPO法人ダイバーシティコミュ理事長、森林育代のブログです。
立川駅南口でコワーキングスペースCsTACHIKAWAと、みらいのたね保育園を運営、武蔵村山市公共施設の指定管理をしています。起業、仕事、子育て、よもやま話など。

NPOを立ち上げてから、代表として、
「社会的責任を負ったチェンジメイカーとして成果をあげていかなければならない」
「この仕事を生業にせねばならない」
と、常に心に言い聞かせてきましたが、生業にするほどの収益を上げる事業はなかなか難しく、内心悶々とする日が続いていました。

そして、5月の最初の決算で、男女共同参画センターの指定管理者にチャレンジしよう、と決心し、先日、無事にセンターの指定管理者に指定されました!

やっとライフワーク=ライスワークとなります。


$Love,Peace and Soul-image


★指定管理者制度とは、多様化する市民ニーズに対して、より効果的、効率的に対応するため、公の施設の管理を民間の企業やNPOなどがそのノウハウを活かして代行し、市民サービスの向上と経費の節減を図ることを目的として、平成15年から始まりました。
武蔵村山市も多くの施設で指定管理者制度をとっています。



武蔵村山市立緑が丘ふれあいセンターは、男女共同参画センターをメインとした、コミュニティセンター老人福祉館からなる市の複合施設です。
まさしく、地域のコミュニティ、多様なコミュニケーションの場、「ダイバーシティコミュ」そのまんまという感じです。

センターHP http://www1.yel.m-net.ne.jp/m-fureai/



当初から法人としてDCを立ち上げようと思ったのは、将来、センターの指定管理者をとることも視野に入れてだったので、設立2年目にしてチャンスが巡り、ほんとに嬉しく、気合が入ります!


5月末に指定管理者に応募することを決めて、膨大な申請書類を作成、応募、8月の選考委員会でのプレゼンまでは、仕事の異動や体調不良による手術とも重なり、文字通りヘロヘロで、寝る時間を削って取り組んだ、ほんと怒涛の3ヶ月でした。


そこから、10月の候補者選定、12月議会の承認を受け、ついに指定通知書をいただくことができたのも、共同事業体であるパートナー企業の担当者さん、志を同じくする専門家の社労士さん、会計士さんのサポート、そして市民委員として何年もお世話になってきた市の担当の方々、何よりもDCのメンバーの頑張りと励ましのおかげと、感謝の気持ちでいっぱいです。



申請にあたっては、DCが運営することによって、老若男女あらゆる市民のhappy指数が増え、市にダイバーシティマインドがひろがり、市内から市外まで多様な繋がりが広がるよう、そして事業を通してDCも成長できるよう、と、ありったけの熱意と誠意とアイディアを盛り込みつつ、けれど予算的にはロックな姿勢で臨んだので、これでダメだったら仕方ない、と腹を括ってはいました。


今回、私たちのみの単独の応募だったけど、選定委員会で基準を満たさずハネられたら再公募になってしまうので、さすがの私も議会で承認をいただくまではドキドキでしたショック! 



さて、実際には施設の維持管理業務もあるので、センターがオープン以来メンテ部門を担っている、立川市のビルメンテ老舗企業である㈱東建社さんと共同事業体協定を結び、「ダイバーシティコミュ・東建社グループ」という共同事業体、コンソーシアムとして全体の運営をします。


東建社さんも、センターの管理運営はこれまではメンテ部門だけだったけれども、DCと一緒に男女共同参画事業にも取り組みたい、とおっしゃっていただき、地元企業+NPOの今後のダイバーシティ推進の可能性にもワクワクです。



あまねく公平・前例踏襲」が基本の公の施設の運営には、そうでなくても「イノベイション・ロックンロール」が基本の私には、想像を絶する大変さが伴うだろうことは目に見えていますが、指定管理期間の来年4月からの5年間、ブレずに、柔軟に、仲間とともにがんばって、成長して、happyな地域を作っていきます!
市内、市外を問わず、是非遊びにいらしてくださいね!


そして、ここを拠点として、日本中の地域からダイバーシティを広げていくため、DCも大きく羽ばたきます!

Rock'n'Roll !!


Cos you know you should do better
That's because you're a free man


Queen - 'Spread Your Wings'