ClassicRockな川崎パパサミット | ワーママから社長に。NPOと株式会社を立ち上げたロックな起業家のブログです♪

ワーママから社長に。NPOと株式会社を立ち上げたロックな起業家のブログです♪

株式会社シーズプレイス代表取締役、NPO法人ダイバーシティコミュ理事長、森林育代のブログです。
立川駅南口でコワーキングスペースCsTACHIKAWAと、みらいのたね保育園を運営、武蔵村山市公共施設の指定管理をしています。起業、仕事、子育て、よもやま話など。

虹15日は川崎市のパパサークル「パパ塾」代表の市川毅さんにお声がけ頂いて、川崎「パパサミット」で、ムラパパマイスターの事例紹介とパネルに登壇してきました。
武蔵小杉まで南武線にゆられて初神奈川遠征♪ 

パパサミットは、川崎市教育委員会が主催、パパ塾が企画運営したイベントで、川崎市や横浜市で活動するおやじの会、パパサークルなどが集まって、活動事例の共有や、活動の一環である本格的なショーやライブなども盛り込んだシンポジウムです。


1第一部の基調講演は元祖イキメン、30年前に川崎市でおやじの会「いたか」を立ち上げた大下勝己さん70歳です。お若い!
「いたか」の由来は、いつも仕事で遅かったお父さんがたまたま家にいるのを見て、子どもさんが「いたか」と言ったことによるとか。。

いたかHP→男性の地域活動にご興味のある方、是非ご覧ください。半端じゃないです!

photo:10




大下さんのお話は今の私たちの世代にも通じる、といいますか、まさしくDCの活動趣旨を聴いてるかのようにシンクロしてました。
しかも、「いたか」のコンセプトが
男が変わる 家族が輝く 地域がよみがえる
DCは「男性に地域 女性に機会 子どもに未来」。なんとなく似てる。。?

基調講演とパネルでの大下さんの提言というか金言です。

・会社以外の居場所を作ることが大事。地域に居場所=つながり・仲間を作ろう
・自分の存在が人に喜んでもらえる、ということの幸せを感じよう
・自分が楽しんで活動しよう
・1チャンネルの男ではなく、多チャンネルの男になろう
・地域の教育力を高めよう
・自立した男になろう
・子どもの前で輝けるオヤジになろう
・自分の子どものオヤジから地域のオヤジになろう
・井上ひさし「四千万歩の男」にあるよう、人生二山でいよう。一山「仕事で輝く」二山「地域で輝く」


などなど、実際に歩んでこられた道のお話なので、超響きました。
中でも1番揺さぶられたのが「あしたやることがある、という幸せ」という言葉。

リタイア後にかぎらず、人生において日々「やることがある」「誰かに必要とされている」というのは喜びであり幸せなことなんだな、とあらためて前向きな気持にさせていただけました。
「忙しい」んじゃなくって「やることがある」って考えればハッピー♪



2第二部は4つの団体の事例発表です。
川崎パパ塾の市川毅さん横浜ダディの北田禅さん川崎おやじの会の宮田大輔さんのそれぞれの活動報告。
みなさんに共通しているのは、やはりリーダーシップと実行力

子どもたちが地域デビューのきっかけにはなっているけど「地域でのつながりは自分の居場所である」「自分にできることからやっていくのが大事」ということをベースに活動されていることでした。
そして、大下さん含めみなさん、活動のきっかけは「妻に背中をおされた」こと。
妻のみなさん、思い切って夫の背中をどーんとプッシュしましょう!
シャイな男性であるパパは最初の一歩のきっかけを待ってますよ^^
一歩踏み出したら止まらないかもしれないけど。。



パパ塾の市川さん

$Love,Peace and Soul



横浜ダディの北田さん

photo:11



川崎おやじの会の宮田さん

photo:12





私は最後にDCの紹介と、ムラパパマイスター講座について紹介しました。
ママ視点でのパパの地域活動という切り口でお話しました。

ムラパパマイスター養成講座は こちら

残念ながら、ムラヤマではその後のパパサークル結成までは至っておらず、逆にママのエンパワーメントにつながった結果で、やはり「その後」につなげるためには、継続して場を作ることと、推進するリーダーが必要なこと。
みなさんのお話を聴いて、ここがキーだと思いました。

$Love,Peace and Soul


photo:17






3第三部はパネルディスカッション
テーマは「地域はパパを変えるのか?パパは地域を変えるのか?
東さんがファシリテーター、パネリストはパパ塾から奥平亨さん(お嬢さんと一緒^^)、宮田さん、大下さん、私です。

「パパは地域を変えられるのか」のお題に、私は、「変えられる、というか是非変えて欲しいです」
今の地域やPTAなどはどうしても女性やシニアが中心。現役世代の男性の多様な価値観で地域を盛り上げて欲しいし、やっぱり安心。子どもたちも地域にお父さんがいっぱいいたほうが健全に育ちますよね。
その上現役世代男性が、会社だけじゃない居場所を作れば、職場のWLBも進むし家庭もハッピーと、、ということをお話しました。

photo:18




photo:19



photo:08





4最後は地域活動の発表の場です。
みなさん「自分の得意なことを地域で活かす」ということで、横浜ダディの「育児レンジャーショー」。たしかにこれは職場では活かせない芸かも。。^^;
元サルサダンサー日本代表のパパ、さすが姿勢からしてかっこいい!
芸達者なパパたちによる、かなり本格的なショーでした。
子どもたちとママの声援を受け、かっこいいパパたちです。
衣装もすごい~~  

photo:15



上手にいるワルモノ集団イクジナシ-ズのボスは北田さんです。。
すごい足あがるな~ 
photo:13



photo:14




パパ塾からは「ゆず」のおふたり^^
ウクレレとギターで、アンパンマンやクリスマスソングのプレゼント。
ゆるいけど余裕のあるほっこりしたパフォーマンスが素晴らしかったです!

photo:16




育児レンジャー+イクジナシーズのみなさんと。
photo:05




それにしても、大下さんに始まり育児レンジャーまで、、川崎おそるべし。。
日本全国、ほかにもこんなすごい地域があるのかな?
もちろん地域によっていろんなやり方やつながり方があるのだろうけど、誰もが居場所をたくさん持てて、誰かの役に立ち、誰かの助けをいただける地域っていうのはハッピーだなあ。

川崎パパ塾の市川さんはじめ関係者の方々、お呼びいただきどうもありがとうございました!
とても多くの気づきと感動をいただけました。


ぶーぶー最後に、、終了後、会場の赤ちゃん連れママから「うちの夫はこういう場にも出て来ないし、パパサークルなんてとても無理。どうしたらきっかけが作れるでしょう」と話しかけられました。
うん、わかる!
たしかに、世の中そんなパパの方が圧倒的に多いのが現実だと思います。

まずはママの友達の家族単位でBBQやったり、などから、得意なスポーツなど生かして子どもたちと関わってみるとか、パパにとって楽しくできてハードルの低いところから地域でのつながり作りをはじめてみれば?
そして、こういった場や、パパ講座などあったら、多少無理矢理でも申し込んじゃおう、とお話しました。これだけ先輩パパたちが楽しく活動してるんだもん。きっと大丈夫。


仕事が忙しいから地域には関われない、は男女問わずよく聞くけど、、
仕事だけで忙しいなんて人生勿体ないよね。
地域の関係が「しがらみ」じゃなくって「つながり」って考えれば楽しくなるかも♪


Stevie Wonder - Isn't She Lovely



peace