泣き笑い。 | 元木行哉オフィシャルブログ

元木行哉オフィシャルブログ

元木行哉 オフィシャルブログ


テーマ:

 

DSU20周年作品『せつなかったり  うれしかったり』もお陰様で、昨日、全公演無事に終了致しました。

 

 

ご来場いただいた皆さまに心から感謝です。

ありがとうございました。

 

今年はデッドストックユニオンの20周年ということもありまして今作品はスペシャルな内容にもなっていました。

 

 

まさか、チャダが登場するとはね。

これには僕が一番びっくりでした。

顔合わせの日に聞かされましたから(笑)

 

今回は、「チャーチ」のスピンオフ的な物語でもありましたね。

そういう意味でも楽しんでもらえたらと僕もチャダとトニーの二役がんばりました(笑)

すごく大変なんですよ〜、この両者を演じるのは。

でも、改めて感じました。チャダはお客様にも身内の仲間たちにも本当に愛されていて、とても嬉しいです。

 

 

 

 

共演させていただいたさっちゃんこと棚橋幸代さんはもう何度かご一緒させていただいているけど、同じ時代を生きてきているということもあり、信頼感の中、僕もたくさんチャレンジできる相手です。

そして初共演だった南大介くんは、とにかく楽しかった。何か一緒に生み出そうと、お客さんに楽しんでもらおうと、ずっと考えている。たくさん可能性を探せた。

 

芝居を創る楽しさ。

お互いの中で生まれるもの。

僕はそれを大事にしています。

共演者の皆さんとものづくりを楽しめ、勉強もさせてもらいました。

 

いやぁ〜、久しぶりに袖に一瞬引っ込む度、はぁはぁ言って、ラストは疲労困憊でしたね。

体力と集中力はホント半端なくアスリート並みなので、日頃のトレーニングが必要なのです。

 

 

「泣き笑い」

今回はここを目指しました。

トニーも最後はそこに向かっていくよう、つくりました。

そして、お客様にもラストはそこに導くことができたらと。

 

かなりのお客様に今作品を喜んでいただけて、やはりそこが全てです。

楽しんでもらえてよかった。

 

 

本当に本当に、劇場へ足を運んでくださって、皆さんありがとうございました。

映画は映画館で。

舞台へ劇場で。

ぜひ、楽しんでもらいたいんです。

しかも、デッドストックユニオンの作品は他にはない舞台ですから。

 

皆さんとまたお逢い出来ることを心より楽しみにしています。

 

明日もまた皆さんの笑顔が続きますように。

 

感謝。

 

2018.3.26

iku

ikuさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス