暑気払い | 元木行哉オフィシャルブログ

元木行哉オフィシャルブログ

元木行哉 オフィシャルブログ


テーマ:

 

こんにちは!

夏も本当に「残暑」になった感じでしょうか。

 

昨晩、事務所の暑気払いがありました。

暑気払いというと、普通は暑いから冷たい食べ物を食べて打ち払おう、とかなんだと思うんだけど、うちの事務所は「ちゃんこ鍋」でした(汗だろー)

まぁ、これも、汗をかいて払ったといえば合ってるのかっ?(笑)

 

応援していただいている方から、事務所へ梨の贈り物を頂きました。

ありがとうございます。

 

先日、伊藤洋三郎さんの作・演出・出演されていた舞台・劇団たいしゅう小説家『迷探亭小南事件簿・4 仕掛け花火の女』を観に行ってきました。

 

 

じっくりと、それぞれの言葉や思いのやりとりが素敵な作品でした。

洋三郎さんの力の抜き具合が心地よいんです。

 

いいですね。

先輩方の作品を観ることは、自分への糧となります。

自分はまだまだ、勉強しなきゃって思います。

 

でね。

お芝居の最後に、たこ焼きを食べるシーンがありまして・・・

観終わって、やっぱりたこ焼き、食べたいよなーとか言っていて角を曲がったら!

 

 

あるもんですね〜。

しかも、外で心地よい風、線路、遠くから阿波踊りの音。

いい時間でした。

 

そうそう、お知らせです。

現在、月〜金のBS朝日さんで『はぐれ刑事 純情派』が再放送されていま〜す(不定期かもしれません)

 

 

はい。

そりゃそうでしょ。

僕、若いです(笑)

1992年のシリーズです。

 

 

東映の大泉撮影所。

怖〜い大人の方たちばっかりでした(笑)

日活もそうだし東宝、京都の太秦撮影所、松竹撮影所・・・

本編(映画)の職人の方たちだらけだったので怖かったんですよ。

まぁ、半分冗談ですけど(笑)

もちろん、笑ったりバカなこと言ったりもしてましたし。そんなとんでもない現場という意味ではありません。

 

そんな現場にずっと居れたことは幸せでした。

 

若い頃は、先輩などほとんどみなさんから「いくちゃん」と呼ばれていました。

藤田さんも普段僕を「いくちゃん」と呼んでくれていたので、「はぐれ」は役名が名前そのまま「いくちゃん」でした。

 

だから、なんか不思議です。

安浦刑事(藤田さんの役)が僕の名前を呼んでいるシーンが出てくると、亡くなられた藤田さんと、一緒に居れたあの頃がリアルに蘇ります。安浦刑事ではなくなっちゃいますね。

 

二十代。

デビューが19歳で、休みなんてほとんどなかった。覚えていない。

おかげで体力ついたよなぁ、なんて。

ありがたいことです。

 

さぁ、八月も今週で終わり。

来月撮影に入る作品のリハーサルが終わり、本番も楽しみです。

 

頚椎の治療も続いていますが、順調に良くなってきていますよ!

 

ではでは、皆さん、お身体ご自愛くださいね。

 

iku

 

ikuさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ