『先生の日、前日 ~色々おそい~』に引き続きまして。

今日は先生の日当日の話です。

 

私も一応「先生」と呼ばれる仕事をしており。

現在、働いているのが高校や大学などではなく、

民間の日本語学院なので、接待に関する法律に引っかからないわけです。

 

あるクラスでは60代と50代のおばちゃん二人に教えています。

 

このお二人がまあ、

 

個性が強くて。

 

いや、いい意味でですよ?

 

あらゆる面で余裕があり、私の将来の目標にしているお二人です。

 

随分前からこのおばちゃんたちに一緒にお昼を食べたいと言われていたんですが。

いつも私は昼ごはんの時間もなく夕方まで授業があったので叶わず。

 

しかしながら、今月は月水の午後が空いています。

 

5月になってすぐ、おばちゃんたちに

 

「先生の日に一緒にご飯を食べたい」

 

と言われ、快諾しました。

 

普段、教えている人とはプライベートで付き合いたくない私ですが、

このお二人とは色々話したい!

 

先生の日のランチをひそかに楽しみにしていたんですが。

 

突然、おばちゃんたちが夜にしよう!と。

私と一緒に一杯やりたいというのです。

 

「いやいやいや、子供がいるんで夜は無理ですー!」

 

と断りましたが、

 

「シオモニ(お姑さん)に預けてくださいよ!」

 

とぐいぐい来るおばちゃんたち。

 

お義母さんに相談してみたら、

 

「オッケイ!」

 

とあっさり承諾。

 

こうして、先生の日はおばちゃんたちと飲みに行くことになりました。

 

地元のマッコリ&チヂミの店に行くと言っていたので、そのつもりだったのですが。

突然、当日になって遠く離れた美味しいカルビ屋さんに行こうと。

 

おかげで、出発が16時と早まりました。

 

授業が終わってから家にダッシュし、

洗濯して、夕飯作って、お義母さんのお泊りの準備をしたりして、

 

バッタバタ。

 

平日の夜に飲みに行くのに、こんなに苦労せねばならんのか?

仕事帰りに、ふらっと飲みに行けるマグロが突然憎たらしくなりました。

 

出発が早くなったことで、エビをお迎えに行く時間もなく、

お迎えはお義母さんに任せることにし、お義母さんともすれ違いです。

 

お義母さん宛てのメモを残して出かけようとしたら、

突然、お義母さんが現れました。

 

イクラにちょっと相談したくて早めに来た」 と。

 

え?何事?

 

「今日、先生の日だろ?エビのお迎えに行ったら、

これを先生たちに渡そうと思うんだけど、どう思う?」

 

そうやって、お義母さんが箱を渡してきたんですけど。

その中に入っていたものとは、

 

 

 

 

 

 

ヨモギ餅。

 

 

 

 

おおおおおおお!

 

我が家のぉー春のぉー風物詩がぁーーー!!!

不意打ちでぇー現れたぁーーーー!!!

 

突然のヨモギ餅の出現に、衝撃を受けつつも、

冷静に、お義母さんには「持って行かない方がいい」と話しました。

 

「先生の日のプレゼントは一切受け取らない」と園で決めているのに、

無理やり渡したら先生たちにも迷惑です。

 

残念そうなお義母さん、

 

「分かった・・・じゃあ、ここの冷凍庫に入れとくね!」

 

と言い、今年も我が家の冷凍庫はヨモギ餅で一杯になりました。

 

ヨモギ餅騒動で約束の時間に遅れそうになった私。

お義母さんが待ち合わせ場所まで車で送ってくれました。

 

我が家からは車で5分もかからないところです。

その短い車中、

 

マグロに聞いただろ?今度私が引っ越すって。

もし・・・もし・・マグロの通勤に問題ないなら、イクラたちが一緒に住んだらいいと思ってんだよ。」

 

 

 

は?

 

 

え?今、同居話???

 

お義母さん、実は田舎に土地を持っており、最近それが売れたらしいのです。

ずっと賃貸で暮らしていましたが、お金ができたため、先週、義妹と見に行ったアパートを買ったそうです。

 

そんな大事な話、今されても!

 

そうしていたら、待ち合わせ場所に到着し、

バッタバタと70代のお義母さんの車を降り、60代のおばちゃんの車へ移動。

 

アラフォーになっても、運転できないわ、末っ子気質が抜けないわで、

周りの人にお世話になりまくりの私であります。

 

60代のおばちゃんの車に乗り、

途中50代のおばちゃんを拾って有名なカルビ屋へ。

 

 

 

 

ビールを飲みながらたらふく食べたら結構なお値段になりましたが。

色々と余裕のあるお二人が払ってくれました。

 

私はそんな二人にささやかなプレゼントをあげました。

 

 

 

休足時間とヨモギ餅。

 

 

 

お二人とも喜んでくれて良かったです。

 

 

 

カルビでお腹いっぱいになった後は、代行運転で2次会へGO!

 

 

 

2次会は50代のおばちゃんの知り合いがやっている店だったので、

なせかおばちゃんの友人たちまで合流。

 

50~60代のおばちゃん達が集まり、

白髪染めの値段についてあーだこーだ熱い討論。

 

「私も最近、白髪が出てきたからそろそろ染めようかと思ってんですよね~」

 

と言いましたら。

 

「先生、若いから大丈夫!まだまだ染めなくていいよ~!」

 

と、最年少ならではの持ち上げ方をされ、

 

いい気分。

 

しかしながら、ちょっと前にもブログに書きましたが、

最近お酒が弱くなりまして。

 

べろんべろんに酔っぱらうというよりは、飲むと、

 

眠いの。

 

朝早くから仕事をし、バッタバタで飲み会に参加したのもあり、眠い!!!

もう、家以外の場所ではリラックスして飲めなくなりました。

 

二次会ではお酒も食べ物も残したので、

 

「家で待ってるお姑さんと一杯やったらいいですよ~」

 

と、残ったマッコリやチヂミを持たせてくれ帰宅。

 

それが21時ごろだったんですけど。

 

家に帰ったら、

 

「何でこんなに早く帰って来たの!?」

 

マグロさんとお義母さんがビックリ!

 

飲み会だから、もっと遅く帰ってくると思っていたようです。

 

普段は残業で帰宅の遅いマグロが早く帰宅しており、

 

二人で仲良く飲んでいました。

 

もしかして、邪魔しましたかね?

 

私もそのまま3次会に突入し、長い先生の日が終わったのでした。

 

 

 

 

 

 

 

先生の日は、先生を休ませる日にしたらいかがでしょうか?

接待受けるのも一苦労。

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(韓国人)へ
にほんブログ村