ザガーロの臨床試験から見える副作用のリスク | 育毛・発毛情報ブログ

育毛・発毛情報ブログ

男性型脱毛症・女性型脱毛症・円形脱毛症など。世界の最先端の育毛情報と最新の育毛ケア法を紹介。


テーマ:

まずはAGA 男性型脱毛症について、わからないという方に詳しく説明させていただきます。

 

AGA 男性型脱毛症のメカニズムとDHTの抑制とATPの増加させる、低出力レーザ―の育毛への役割の違い

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12369284172.html

 

ザガーロはアボルブとして5a-還元酵素I型II型阻害薬として2001年に前立腺肥大症(BPH)の治療薬として認可されました。現在では102か国で前立腺肥大薬として承認、処方がされている薬です。

ザガーロは前立腺肥大薬のアボルブを転用したもので日本でも14年前から処方されていますがアボルブを服用されている前立腺肥大の患者が服用によって髪が増えたという話は全く耳にしません。

よややくプロペシアの副作用などが少しずつ日本でも認知され始めましたがこれは主成分であるフィナステリド製剤が前立腺肥大薬としての治験を行った際に、髪が増えたという事例があったことから急遽育毛薬として使用目的が変更されたからで、安全性やリスクなどの検証が当時十分になされていないとの研究発表が数年前に公表されました。

その反面、アボルブに関しては前立腺肥大薬として認可されてからの年月が長く、副作用についての報告も多数されています。日本でも2002年から泌尿器科などでは多く利用されています。

前立腺肥大の治療に服用している場合、定期的な血液検査や医師の管理下の元、服用をしていますが育毛目的で服用している場合、ほとんどの医療機関や医師は検査を行わず、副作用のリスクを説明することはありません。

 

既に前立腺肥大で用いられていた薬である為、ザガーロの治験などは新規に許認可を取得する薬よりも踏まなくてはいけない手順は少なかったと思います。

 

ただ育毛目的で前立腺肥大を発症していない、健常者がザガーロを服用した場合と前立腺肥大を発症した患者が服用した場合では副作用の発症率が違っていることはあまり知られていません。

 

国内で行われた臨床試験でも性的な副作用が治験で発症した割合が異なるというデータが示されています。

ザガーロを育毛薬として健常者が服用して120名の日本人の副作用症例率だけを抜粋すると、20例(16.7%)の発現率となっています。

主な症例は、勃起不全が13例(10.8%)、リビドー減退10例(8.3%)、射精障害5例(4.2%)になります。

その反面、同じ薬であるアボルブを前立腺肥大の治療で服用した場合の国内臨床試験の結果です。

調査症例403例中44例(10.9%)に臨床検査値異常を含む副作用が報告された。その主なものは、勃起不全13例(3.2%)、リビドー減退7例(1.7%)、乳房障害(女性化乳房、乳頭痛、乳房痛、乳房不快感)6例(1.5%)であった(承認時)。

同じデュタステリドでも、育毛目的で服用した場合と前立腺肥大の治療で服用した場合では勃起不全やリビドー減退でもこれほど大きな差が生じています。

それにも関わらず、日本ではザガーロは副作用のないAGA治療であると育毛専門医の多くが患者に説明しています。

 

前にもご説明したように、本来医薬品の多くが有効性はダブルブラインドテスト(二重盲検比較試験)を用いりますがザガーロは

(非盲検試験)で効果や安全性の検証が行われました。

 

さらにこの薬を育毛薬として認可しているのは韓国だけです。

ザガーロの実情について詳しく知りたい方は以下をご覧ください。
http://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12178560045.html

仮に、それを理解した上で服用をしても薄毛が回復する割合は限られており、半年以上の服用してから回復した髪を維持できる確立は時間と共に減少していくことも臨床試験で確認されています。


ザガーロの臨床試験(非重検比較試験)の結果は以下で紹介しています。
https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12317400190.html

 

多くの方がプロペシアの副作用もそれほど深刻であれば報道されるだろう?日本のような医療先進国であれば副作用が発症するような薬を処方する訳がないとお考えだと思います。

 

実際に週刊現代 2016年4月22日号に大阪の開業医が実名で副作用を医薬品医療機器総合機構に訴えました。


他にも横浜労災病院の神経内科が2014年に日本神経学会において「男性型脱毛症用薬フィナステリド服用中に若年性脳卒中を発症した2症例」として論文を発表。

その論文の中で、フィナステリドとミノキシジルタブレットを服用した患者の若年性脳卒中や、フィナステリドによる血栓症発症例が医薬品医療機器総合機構に14例報告されていると紹介されています。

 

この記事を見過ごした方はこのような報道がされたことを後から周知する機会は少ないと思います。

さらに自らが処方したプロペシアで副作用を発症した患者がいることを認め、それを医薬品医療機器総合機構や雑誌に実名を出して告発することを決めたこの医師の方は大変勇気があり、医師としての責任を全うされようとしていると思います。

 

 

医薬品医療機器総合機構に上がる、このような告発や報告を一般の患者が目にすることはありません。

ですがプロペシアとは違い、ザガーロのように別名で別の治療薬として15年も用いらていた薬であれば服用に当たってのリスクや必要な検査も確立されています。

 

ところが育毛目的で健常者が服用する場合と前立腺肥大で同じデュタステリドという薬を服用すると副作用の発症する確率は異なります。実際、国内で行われた臨床試験で副作用を発症が確認され、アボルブ・ザガーロ、それぞれの添付文書にも上記のデータは記載されています。

 

一般の方が育毛薬のザガーロ(アボルブ)が既に15年以上前から前立腺肥大薬として処方されていた事実をご存知ないこと。さらに服用目的によって副作用を発症する割合に違いがあること。そのデータを患者自身が入手して見比べることことは困難であること。

 

本来、これらの義務は製薬会社や医師が背負う義務であり、製薬会社が医師に伝え、医師が患者に伝えるべきことです。

 

ザガーロの有効性だけではなく、副作用についても患者に開示するパンプレットに明記をし、説明がなされるべきです。

 

プロペシアの副作用を週刊現代に実名で告発した医師も記事の中でポストフィナステリドシンドロームの訴えを起こす患者様に直面するまでは製薬会社から提供されたパンフレットや情報を信じ、患者に説明に処方をしていたと記事に書かれていました。

 

製薬会社がザガーロの副作用で示している発症率は第三者研究機関がポストフィナステリドシンドロームの研究の中で新たに確認した副作用の発症率よりも高いということはご理解いただく必要があります。

 

少なくとも韓国と日本を除く、国々ではザガーロを育毛薬として認可はしていません。

 

アメリカでもっとも権威のある皮膚科学の医学論文を発表しているJournal of the American Academy of Dermatologyに2017年4月にAGA型脱毛の治療の有効性を過去に発表された学術論文をメタアナリスによって検証した結果が発表されました。

 

The effectiveness of treatments for androgenic alopecia: A systematic review and meta-analysis

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28396101  

 

メタアナリスとは、複数の研究の結果を統合し、より高い見地から分析すること、またはそのために手法や統計解析のことです。

 

ランダム化比較試験(RCT)のメタアナリシスは、根拠に基づく医療において、もっとも質の高い根拠とされる検証とされています。

 

ハイエンドモデルのCapillus312とCapillus272を通常よりもお値引させていただておりますが5月のキャンペーンの第2弾として下取りをよりお得な価格でご提供いたします。

 

通常のCapillusのハイエンドモデル( Capillus312とCapillus272)の値引よりも遥かにお得な値引を台数を限定して8月31日まで実施しています。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12372685561.html

 

Capillus(低出力レーザ―育毛器)を使用した回復例 2018年5月22日更新

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12338022667.html

 

7年ぶりに改定された日本皮膚科学会、男性型および女性型脱毛症治療ガイドライン2017年版に低出力レーザ―が男性、共に有用性を示す十分な根拠があるとされる推奨度B。

 

 

低出力レーザーが承認され、改定された男性・女性型脱毛症治療ガイドラインの内容については以下で詳しく説明しています。

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12347022098.html 

 

 

低出力レーザー育毛器の役割とCapillus特有の効果について、一つの記事にまとめました。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12369252990.html 

 

日本皮膚科学会に次いで欧州皮膚科学会も男性型・女性型脱毛症に対し低出力レーザ―を有効と発表しました。当然LEDは該当しません。

 

それと同時に、日本で用いられているミノキタブレットやザガーロが欧州皮膚科学会がどのように考えているか以下でご紹介しています。

 

欧州皮膚科学会 男/女性型脱毛治療のガイドラインで低出力レーザ―器を推奨とミノタブやザガーロなどの内服育毛治療の見解

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12360438448.html 

 

 

日本皮膚科学会 脱毛症診療ガイドライン2017 LEDと低出力レーザ―の違いとLEDが低出力レーザ―と同等に承認された矛盾

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12350035223.html

 

内服ミノキシジルタブレットの実情と誤認 日本皮膚科学科 脱毛症ガイドライン 推奨度 D

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12350254976.html

 

育毛専門病院の内服ミノキシジルタブレットやAGA阻害薬の入手経路と今後

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12352144385.html 

 

 

根拠のない、女性の薄毛治療の実情 内服ミノキシジル パンドガール スピロノラクトン

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12351457350.html

 

この中でAGA治療として今回のメタアナリシスで検証が行われたのは塗布用ミノキシジル、フィナステリド、低出力レーザーです。

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12315306373.html

 

ザガーロに関しては十分な臨床試験のデータが確認出来ないという理由でAGA型脱毛のメタアナリスでの検証から除外されました。

ミノキシジルタブレットに関しては育毛薬として処方をしているのは世界でも日本だけであることから当然、除外されています。

 

もし日本国内で行われているミノキシジルタブレットやザガーロを使用した治療が育毛医療機関がそれほどまでに有効であると考えるのであればISHRSやWCHRで論文やポスター展示を行うべきですが残念ながらそのような発表を目にすることはありません。

 

2018年 Capillus 6分モデルの新値引と新下取りキャンペーン決定

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12340924963.html 

 

 

ミノキシシジルタブレットでも改善が見られなかった男性 2名のCapillsuを導入前と導入後の血流の改善とミノキシジルが効かなかった要因

 

詳しくは以下のブログで紹介しています。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12366463249.html

 

左側 ミノキシジルタブレット 6か月服用した39歳男性

Capillus312 を3か月服用

 

右側 ミノキシジルタブレット 1年服用した33歳男性

Capillus272を5か月服用

 

NHKで特集が組まれた、薄毛の原因として注目のゴースト血管に低出力レーザ―器Capillusの血行促進とCapillusを購入いただいた方にプレゼントしている、Nanogen3xの毛細血管の再生化の有効性

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12362563436.html 

 

Capillusで直径3cmで一切隙間がなく血行促進された状態の動画を紹介したブログ

ミノキシジルタブレットでも集中的にこれほどまでに血行促進されることはありません。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12368539500.html

 

今回はCapillusを使用して、局所的にもどれほどの血行が促進されるかをご欄いただく為に、約直径3cmの面積を編集せず、頭皮を動画で撮影しました。

 

 

新モデルのCapillus82/Capillus202/Capillus272の全4モデルの照射時間が6分に短縮されましたがCapillus312 RXのみは6分で週に3~4回のみのご利用ですが他の3モデルは毎日のご利用が必要である点が異なります。

 

これまででもっとも、大幅なお値引を新規購入・下取りブログ限定のキャンペーン。

 

商品代金のお値引に加え、弊社限定の育毛剤プレゼントはそのまま継続いたします。

Capillus  82  117720円 → -10000円 107720円

Capillus 202 260280円 → -30280円  230000円

Capillus 272 397724円 → 57224円   340000円

Capillus RX 312 481680円 → 61680円 420000円

 

既にTheradome・Hairmaxをお持ちでCapillusに買い替えをご希望の方向けの特別値引きをさせていただきます。(下取りキャンペーンには育毛剤プレゼントは適用しません)

 

他の低出力レーザ―器からの買い替えの場合

 

他社で購入されたHairmax LaserBand82からの買い替えをご希望の場合は一度ご連絡ください。

 

THERADOMEからの買い替えの場合

 

Capillus 202  260280円

下取り    -117720円

特別値    32560円

お支払価格 110000円

 

Capillus 272  397224円

下取り    -117720円

特別値引き  -49504円

お支払価格 230000円 

 

Capillus 312 RX  6分モデル 481680円 → 下取り価格についてはメールまたはお電話でお問い合わせください。

 

Hairmax Pro12からの買い替えの場合

 

Capillus 202  260280円

下取り      -56500円

特別値引き   -33780円

お支払価格 180000円  

 

Capillus 272  397224円

下取り      -56500円

特別値引き   -50724円

お支払価格 290000円 

 

Capillus 312 RX  6分モデル 481680円 → 下取り価格についてはメールまたはお電話でお問い合わせください。

 

Amazonではなく公式サイトでご注文をいただいたお客様限定キャンペーン 

Capillus82 をご注文いただいたお客様にNanogen3x 1本をプレゼントさせていただきます。

Capillus202 をご注文いただいたお客様にNanogen3x 2本をプレゼントさせていただきます。

Capillus272をご注文いただいたお客様にNanogen3x 3本をプレゼントさせていただきます。

CapillusRX 312をご注文いただいたお客様にNanogen3x 4本をプレゼントさせていただきます

 

Capillus272よりも早期で回復効果を高める為に開発されたのがCapillus 312RXです。より早期の回復を望まれる場合、レーザーの数は回復効果に比例することが2年間の検証でも確認されました。

 

バンド型レーザー器 Laserbandにはない、全頭型タイプのCapillusやTheradomeの血行促進効果や低出力レーザーの頭皮への到達度合いの違いについて以下で紹介しています。〈動画でCapillusのレーザーの到達具合をご欄いただけます)

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12357805167.html


バンド型HairmaxとCapillusの頭皮への低出力レーザ―の違いについて。クシ状でなくとも、Capillusのような全頭照射型の機器でバンド型以上にしっかりと照射されている模様です。

 

バンド型レーザー器 Laserbandにはない、全頭型タイプのCapillusやTheradomeの血行促進効果や低出力レーザーの頭皮への到達度合いの違いについて以下で紹介しています。〈動画でCapillusのレーザーの到達具合をご欄いただけます)

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12357805167.html

 

ブログ限定の割引ですのでご注文いただく際に「ブログを見た」とご注文いただく際にメールまたはお電話でお知らせください。

ご注文後にブログを見たとお伝えいただいた方やAMAZONのご注文の場合は値引対象とはなりませんのでご注意ください。

 

 

既にTheradome・Hairmaxをお持ちでCapillusに買い替えをご希望の方向けの特別値引きをさせていただきます。(下取りキャンペーンには育毛剤プレゼントは適用しません)

 

Capillus 4モデルのレーザー照射個数の比較画像です。より多くのレーザーを搭載している機種をご利用いただいたほうが同じ使用期間でも照射ムラがなく、早期の回復が期待できます。

 

 

 

 

 

Capillusはこれまで以下の7誌でご紹介いただきました。(2018年4月号 GET NAVIで6分照射モデルが掲載されました。

詳しくは以下をご欄ください。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12354858299.html 

 

 

Theradomeと比較して2.5倍または3.8倍のレーザーの照射個数によって、より隙間なく頭皮全体にレーザーが照射されるだけではなく、Hairmaxのようなブラシ型のように使い方で照射ムラが生じることもなく、ご利用いただく手間が省けます。

 

Capillusはレーザーの数の増加や手間が省けるだけではなく、他の低出力レーザー器では得られない効果があることが育毛医療機関による2年間の検証により、確認されました。

 

効果においてもHairmaxは低出力レーザーの効果によるATPの増加のみです。

TheradomeはATPの増加に加え、血行促進効果の2つの効果効能を得られる機器です。

CapillusはATPの増加、血行促進に加え、皮脂の分泌の抑制という3つの効果が一度に得られます。

 

下取りをさせていただいてもご注文の場合、メールまたはお電話で事前にお知らせください。

 

Capillus Japan

TEL 052-766-3351

https://www.capillusjapan.com

info@capillusjapan.com

 

下取りでのご注文の場合の手順

 

1.ご注文の商品をお選びいただきます

 

2.機種に応じて、上記の値引後の商品代金のお支払方法ををクレジットカード、銀行振込、代金引換(代引き手数料無料)の中からお選びいただきます。

 

3.クレジットカードまたは銀行振込の場合 お支払確認後、ご注文の品をお送りします。代金引換の場合はご注文の品をお受取り時にお支払ください。

 

4.ご注文の品をお受取り後、同封させていただく着払い用伝票をご利用いただき、下取り品を弊社にご返送ください。

 

 

CapillusのAGAへの有効性を米国皮膚科学での論文発表

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12315306373.html

 

Capillus272(カピラス)米国の施設内で週3回使用した回復例

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12338022667.html

 

Capillusの回復例


 

実際弊社でCapillusの効果の検証にご協力をいただいた方も育毛剤とCapillus(カピラス)の併用でわずか10か月で大幅な改善が見られました。

 

Capillus272と育毛剤併用での国内の回復例

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12326072970.html

 

 

 

以前Capillus272とミノキシジル5%で2年半で劇的な回復を遂げたCapillusの上級役員も来日していました。

Capillusの役員での効果検証

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12311181930.html

 

今回WCHRの為、来日した2017年11月の写真ですが4年経過した今も回復した状態を維持しています。

 

 

 

 

Capillus 202・272・312RX 2機種限定の2回払いの取扱い開始について のブログ

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12306308648.html

 

2回払いをご希望のお客様はサイトに掲載しています。2回払いについての説明や注意事項は販売規約をご覧ください。

https://www.capillusjapan.com/installpayment 

 

過去のCapillusについてのブログ

 

最新低出力レーザー器 Capillusの販売開始と回復例について

http://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12275845937.html

 

Capillus 3機種の比較とTheradomeや他メーカーとの違い 下取りキャンペーン

http://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12280342563.html  

 

Capillus(カピラス)の2年の実証実験の理由とアマゾンの販売開始

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12286174103.html

 

 

製品サイズは以下の2種類です。

Lサイズ 内径 60.5

XLサイズ 内径 63.5cm

ご自身の頭の大きさに合わせお選びください。頭のサイズより大きければ特にサイズによって効果が損なうことはありません。

 

 

 

育毛・発毛.JPさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス