育毛・発毛情報ブログ 国内外の最先端の育毛法で薄毛を解決する方法を紹介しています

育毛・発毛情報ブログ 国内外の最先端の育毛法で薄毛を解決する方法を紹介しています

男性型脱毛症・女性型脱毛症・円形脱毛症など。世界の最先端の育毛情報と最新の育毛ケア法を紹介。薄毛・抜け毛の悩みを解決。

無断転載禁止

 

 

NHKや週刊現代での報道をきっかけに大きな問題としてとりあげられている多剤服用。

 

以前よりお知らせしているように、医師から全く説明がないので、ご存知ない方がほとんどですが、ミノキシジルタブレットは本来、血圧降圧剤開発され、現在でも、降圧剤としてのみ認可されている薬です。

 

正式名は「ロニテン」といいますが、日本では降圧剤としても認可されて、おらず、この薬を開発したファイザーも育毛薬としての利用を禁忌としています。

 

2017年には、日本皮膚科学会もミノキシジルタブレットの育毛目的での利用は推奨できないと発表をしています。

 

今回はミノキシジルタブレットとサプリメントの多剤服用状態についてご紹介をします。

 

ミノキシジルタブレットが降圧剤という説明もなく、育毛薬と勘違いをされているので、何と飲み合わせが悪いのか全く予想がつかないと思います。

 

その中でも、サプリメントは医薬品ではなく、健康食品なので、全く問題を起こすことはありえないと思われがちですが正にこの点をNHKや週刊現代が取り上げています。

 

こちらを読む前に、多剤服用の問題について過去に書いた記事を以下でご覧いただけます。

 

AGA治療薬やミノタブの増量やサプリ追加の多剤服用問題 2
https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12551125134.html

 

AGA治療薬やミノキシジルタブレットに追加して効果向上の為に内服するサプリなどの多剤服用の問題 1
https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12539492114.html

 

 

2019年12月7・14日の週刊現代の合併号 「生活習慣病の薬とサプリ。この組み合わせが危ない」という特集が組まれています。

その中で、もっとも多くのページをかけて紹介しているのが「降圧剤」と「サプリメント」の飲み合わせのリスクです。

 

ミノキシジルタブレットを飲まれている方は自分が血圧降圧剤を飲んでいるという自覚がまずはないと思います。

 

週刊現代の中では降圧剤と共に服用するべきではないサプリとして以下が挙げられています。

 

EPA,コエンザイムQ10,GABA,カンゾウ(甘草)、DHA、クロレラ、マグネシウム、L-シトルリン、ビタミンD、イチョウの葉エキス、リチウム、カルシウムなどです。

 

それぞれのサプリメントによって、生じる問題は異なりますが、世界でも取扱いをもっとも慎重にするべきと、指定されているミノキシジルタブレットとの飲み合わせには、誌面に書かれている以上の危険が発生するリスクがあります。

 

サプリメントは健康食品なので大丈夫という発想が、大きな問題になりえます。

 

重要

 

週刊現代には様々な降圧剤の種類が書かれていてそれのどのタイプに当てはまるのかとお考えになるかもしれませんが、ミノキシジルタブレットは誌面に記載されているどの降圧剤よりも、強力な降圧剤の指定である、「ブラックボックス警告」に指定されている薬です。

 

ブラックボックス警告

「処方箋医薬品のリスクの可能性について記載される警告文の1つで,医学的に深刻な,時には生命に関わる副作用を引き起こすリスクを伴うことを示すもの.警告の文面が黒枠で囲まれることからこうよばれる.FDA(米国食品医薬局)のラベル変更要請の中で,最も強い警告にあたる.」

 

ミノキシジルタブレットは国内で処方されている降圧剤だけではなく、世界中で処方されている降圧剤の中でもトップクラスの服用リスクがある為、ブラックボックス警告を受けており、上記で上げた、すぺてのサプリメントでも、体に異常が生じる恐れがあるほど、強い薬です。

 

また、目的に関係なく、ミノキシジルタブレットを服用していれば、服用前と服用中に義務とされる検査や2種類の併用薬がありますが、それを飲まれていないとすれば上記でご紹介をしたサプリメントがどのように作用するかも想像できません。

 

さらに高血圧でもない、薄毛の為に服用している健康体の方がミノキシジルタブレットとサプリメントを併用していれば、それこそ、想定できない症状を発症するリスクがあります。

 

上記のような問題があるからこそ、製薬会社や国際毛髪学会(日本を含む)を含め、育毛薬としての利用を禁忌としており、日本に至っては降圧剤としても承認していなません。

 

ミノキシジルタブレットについての実情を記載した過去の記事は以下でご欄いただけます。

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/theme-10105970212.html

 

 

 

日本皮膚科学会や海外の育毛医療学会ではミノキシジルタブレット(以下ミノタブ)を育毛薬としては認めていません。

 

医学会だけではなく、この薬を開発した、ファイザー(旧アップジョン)の説明書やアメリカ食品医薬局(FDA)に医薬品としての承認申請をされた際に提出した書類にも育毛目的での利用はしないよう言及しています。

 

また、育毛目的のフィナステリドも国内の正規ジェネリック薬は0.2mgと1mgのみを製造していますが、価格が安価な海外製のジェネリックなどになると、ミノタブを含め、正規薬では存在していないはずの容量の薬が、安全性の検証が行われないまま、製造されています。

 

現在も育毛治療を行う医師が、開発した製薬会社のファイザーが発表するミノタブの正式な説明書や承認時の要件を理解していれば、日本皮膚科学会が育毛薬としての利用を推奨できないと発表した理由も納得し、即時、中止するはずです。

 

元々安全性が担保されておらず、製薬会社や学会までが、反対をしている、治療目的で、処方を行っている医療機関や医師に、適切な助言を得ようのは困難であり、根本的な信憑性が欠如しています。

 

医療機関の受診を促すサイトの一つに「ミノキシジルタブレットの取扱いの説明書には1日の最大摂取量は50mgと書かれているので2mg,5mg,10mgは安全」かのような説明が書かれています。

 

薄毛が軽度であれば2mg。中程度は5mg。重症の場合は⒑mg。このサイトだけでなく、多くの育毛病院が上記のような基準で処方を行っています。

 

一部のクリニックでは、より細かく、増量が行えるよう、2,5mgずつの増量は、より安全性が高く、一部の医療機関でした行えない特別な治療法を行っているような印象を患者に説明していますが、根本的な問題として、この薬を開発し、販売を続けているファイザーが作成した16ページにも及ぶ、説明書には「育毛薬としての処方は不可」と明記しています。

 

ファイザーが公表している取扱い説明書の一部をご紹介します。

一部、  併用薬について、明記しますが、その薬がどのようなものかはお伝えできません。

育毛病院または個人輸入でミノタブを入手している方が、別の方法で、これらの併用薬を自身で入手し、併用すれば、副作用を回避できるではと考え、真似られることを避けるためですのでご理解ください。

 

「ミノタブは重度の、高血圧症で、他の治療薬をしても効果がない場合に限り処方されるべき医薬です。

 

重症に至る、副反応のリスクがある為、中程度の高血圧症の場合、有効性よりも、リスクのほうが高い為、特殊事情がない限り、利用は控えてください。

 

服用する際には、別に3種類の薬の内服が必須です。

一つは体内の水分の蓄積量をコントロールする為。もう2種類はミノタブを内服することで、高くなる、脈拍を抑制するためです。

 

ミノタブの内服によって生じる、これらの副反応をコントロールする為に、ミノタブの摂取量や症状に応じて、併用薬の容量の調整が必須です。

 

患者に対し、体重計測を義務付け、1日当たり、5ポンド(2.3キロ)以上の急激な増加に陥った場合には即時服用を中止して、受診を指示してください。

 

水分調整剤の併用をせず、1日当たりの塩分摂取を控えないまま、内服を継続すると数日の内に浮腫が起こる可能性があります。

 

心臓疾患がある方が、水分調整剤を併用せず、摂取を続けると、急激な血圧低下に陥るリスクがあります。

 

摂取により、生じる脈拍増加を、併用薬の抑制剤を併用しない場合、狭心症を引き起こす可能性があります。

 

ミノタブの服用開始当初は1~3か月置き。一定期間経過後は6~12か月置きに尿検査、腎機能検査、心電図モニター、胸のレントゲン写真、心エコーを行ってください。

 

ミノタブを育毛目的として服用は禁忌です。

 

望まれない、副反応として、服用開始から3~6週間ほどで、体毛の増加が体全体や、顔のおでこやこめかみ、眉の間や頬で見られるものの、増加した毛は恒久的なものではありません。

 

服用を中止後、1~6か月ほどで、抜け落ちます」

 

上記はファイザーが発表している、取扱い説明書のほんの一部です。最大摂取量が50mgまたは100mgなので、低用量であれば安全との記述は一切ありません。

 

容量に関わらず、内服には慎重を要する薬である為、他の血圧抑制剤が利用できない場合にのみ、使用。

 

処方する場合は、3種類の併用薬。5つの定期検査を義務化。

内服する患者本人も毎日の体重計測を行い、2.3キロの体重増加を場合は、医療機関の受診を医師が説明すること。

 

育毛薬として、処方を容認は一切せず、当然、薄毛の度合いによっての適量濃度の記載は一切ありません。

 

さらに、説明書には心タンポーナデへの懸念すら明記されています。

 

現在、ミノタブを育毛薬として服用する方に、医療機関から上記の説明を受け、服用している方はいないと思います。

 

また、別の病院でセカンドオピニオンを受けたから、上記をすべて、行った上で、適量を判断し、処方をしてくれる育毛病院も存在しません。

 

上記ほどのリスクや懸念があるからこそ、製薬会社、日本皮膚科学会、国際毛髪学会を含め、ミノタブを育毛薬としての利用を認めていません。

 

ミノタブが血圧抑制剤として、認可されている、海外でも、1日の摂取量、5mgの内服で、併用薬、検査、体重が必ず、行いますが、これらを行っても、製薬会社自体がなるべく、利用を回避するよう、説明書に明記している薬です。

 

患者は第一考えれば、医師は、容量の選定や併用薬の処方、検査を行うに関係なく、開発した製薬会社が定めるよう、育毛薬として処方をするべきではない薬です。

 

 

2017年に発表された日本皮膚科学会の男性型・女性型脱毛症治療のガイドラインで薄毛治療の為にミノキシジルの服用は推奨できないとようやく発表されました。

 

内服ミノキシジルタブレットの実情と誤認 日本皮膚科学科 脱毛症ガイドライン 推奨度 D

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12350254976.html

 

育毛専門病院の内服ミノキシジルタブレットやAGA阻害薬の入手経路と今後

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12352144385.html 

 

 

根拠のない、女性の薄毛治療の実情 内服ミノキシジル パンドガール スピロノラクトン

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12351457350.html

 

ミノキシシジルタブレットが育毛薬ではないこと。服用した場合のリスクは命にもかかわる問題であるとこの10年説明してきましたがやっと日本でもこの事実が正式に認められました。



ファイザー製薬 ミノキシジルタブレット(ロニテン)の医薬品各条
http://www.pfizer.ca/en/our_products/products/monograph/192

 


上記医薬品各条の7ページの赤文字の中に明確にうっ血性心不全 を引き起さないために、使用しなくてはいけない併用薬の記述が書かれております。あえてその薬が何であるかを翻訳することはは控えさせていただきますが良く一般の方たちが目にするミノキシジルタブレットによる瞼の浮腫みなどもこれらの併用薬を使用しないままロニテンを使用されていたことが原因です。

 


 

7年ぶりに改定された日本皮膚科学会、男性型および女性型脱毛症治療ガイドライン2017年版に低出力レーザ―が男性、共に有用性を示す十分な根拠があるとされる推奨度B。

 

ミノキシジルの内服は行うべきではない、推奨度Dとして紹介されました。

 

低出力レーザーが承認され、改定された男性・女性型脱毛症治療ガイドラインの内容については以下で詳しく説明しています。

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12347022098.html 

 

 

日本皮膚科学会に次いで欧州皮膚科学会も男性型・女性型脱毛症に対し低出力レーザ―を有効と発表しました。当然LEDは該当しません。

 

それと同時に、日本で用いられているミノキタブレットやザガーロが欧州皮膚科学会がどのように考えているか以下でご紹介しています。

 

欧州皮膚科学会 男/女性型脱毛治療のガイドラインで低出力レーザ―器を推奨とミノタブやザガーロなどの内服育毛治療の見解

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12360438448.html 

 

低出力レーザー育毛器の役割とCapillus特有の効果について、一つの記事にまとめました。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12369252990.html 

 

AGA 男性型脱毛症のメカニズムとDHTの抑制とATPの増加させる、低出力レーザ―の育毛への役割の違い

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12369284172.html

 

Capillusで直径3cmで一切隙間がなく血行促進された状態の動画を紹介したブログ

ミノキシジルタブレットでも集中的にこれほどまでに血行促進されることはありません。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12368539500.html

 

今回はCapillusを使用して、局所的にもどれほどの血行が促進されるかをご欄いただく為に、約直径3cmの面積を編集せず、頭皮を動画で撮影しました。

 

ミノキシシジルタブレットでも改善が見られなかった男性 2名のCapillsuを導入前と導入後の血流の改善とミノキシジルが効かなかった要因

 

詳しくは以下のブログで紹介しています。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12366463249.html

 

左側 ミノキシジルタブレット 6か月服用した39歳男性

Capillus312 を3か月服用

 

右側 ミノキシジルタブレット 1年服用した33歳男性

Capillus272を5か月服用

 

 

最上級のCapillus 312 RX 6分モデルに関しては最上級モデルということもあり、他の6分モデルよりも特別大幅値引をご用意いたしましたのでご興味のある方は「ブログを見た」とお電話またはメールでお伝えいただき、お問い合わせください。

 

現行の値引額および下取り対応の最後のチャンスです。全モデルの値引額を減額し、買い替えキャンペーンの下取り額も改定します。

 

アメブロ限定値引キャンペーン

 

Capillus312・Capillus272限定 ハイエンドモデル 値引キャンペーン 2020年1月7日まで延長

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12372685561.html

 

Capillus202・Capillus82の割引と下取りキャンペーン 2020年1月7日をもって値引額の減額が決定https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12340924963.html

 

2019年の国際毛髪学会の最高賞受賞ドクターと全米で自毛植毛手術のトップ10ドクターであり、同学会の前会長がCapillusを利用

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12547619891.html

 

商品代金のお値引に加え、弊社限定の育毛剤プレゼントはそのまま継続いたします。

 

Capillus  82  119000円 → - 7000円   112000円

Capillus 202 265100円 → -15100円   250000円

Capillus 272  404580円 → 34580円   370000円

Capillus RX 312 490600円 → 50600円  440000円

 

他社で購入されたHairmax LaserBand82からの買い替えをご希望の場合は一度ご連絡ください。

 

Capillus 202  265100円

下取り    -100000円

お支払価格 165100円

 

Capillus 272  404580円

下取り    -117720円

お支払価格 286860円 

Capillus 312 RX  6分モデル 490600円 → 下取り価格についてはメールまたはお電話でお問い合わせください。

 

Hairmax Pro12からの買い替えの場合

 

Capillus 202  265100円

下取り      -56500円

お支払価格  208600円  

 

Capillus 272  404500円

下取り      -56500円

特別値引き   -8000 円

お支払価格 340000円 

 

Capillus 312 RX  6分モデル 490600円 → 下取り価格についてはメールまたはお電話でお問い合わせください。

 

商品代金のお値引に加え、弊社限定の育毛剤プレゼントはそのまま継続いたします。

 

 

Amazonではなく公式サイトでご注文をいただいたお客様限定キャンペーン 

Capillus82 をご注文いただいたお客様にNanogen3x 1本をプレゼントさせていただきます。

Capillus202 をご注文いただいたお客様にNanogen3x 2本をプレゼントさせていただきます。

Capillus272をご注文いただいたお客様にNanogen3x 3本をプレゼントさせていただきます。

CapillusRX 312をご注文いただいたお客様にNanogen3x 4本をプレゼントさせていただきます

 

Capillus272よりも早期で回復効果を高める為に開発されたのがCapillus 312RXです。より早期の回復を望まれる場合、レーザーの数は回復効果に比例することが2年間の検証でも確認されました。

 

 

Capillus本体の前部を少し持ち上げ、レーザーが当たっていない頭皮とレーザーが当たっている頭皮の部分がどのように違って見えるかを比較していただけるよう撮影しました。

 

髪があっても確実に頭皮にレーザーが届いていることを確認していただけるよう、100倍の倍率で頭皮を撮影しました。

 

 

 

Hairmaxはクシ状でなくては光が通過していないような画像を掲載していますがどれだけ、クシで分けとっても髪が重なっている部分をレーザーが通らない程度の出力やレーザーの数では照射がムラができることになってしまいます。

 

 

バンド型の場合、限られた面積に82個のレーザーを一斉に照射しても、クシで髪が束になってしまうことから逆に髪の間に隙間がなくなり、照射具合にムラが生じる原因となり、レーザーが頭皮や毛根に届いていないことを上記のHairmaxの画像は示しています。

 

全頭型のCapillusのように、より多い数のレーザーをそのまま頭皮全体に照射すれば薄毛の箇所または髪が多く現存している箇所に関係なく,必ず髪と髪の間に隙間は存在しレーザ―が通り抜けることができます。

 

2019年6月 TBS「王様のブランチ」でCapillusをご紹介いただきました。

 

Capillusはこれまで以下の7誌でご紹介いただきました。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12354858299.html 

 

 

Capillusの最新の回復例

 

Capillus Japan

日本オフィス

名古屋東区泉3丁目1710号     

電話番号 052-766-3351

 

HP http://www.capillusjapan.com 

Email info@capillusjapan.com 

 

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へにほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へにほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 植毛・自毛植毛へにほんブログ村

 

無断転載禁止

 

無断転載禁止

 

お読みになっていない方はこちらもぜひ読んでください。

AGA治療薬とサプリの多剤服用問題の過去の記事

          

ミノキシジルタブレット(降圧剤)とサプリメントの併用による、多剤服用のトラブル 3

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12552194654.html 

 

AGA治療薬やミノキシジルタブレットに追加して効果向上の為に内服するサプリなどの多剤服用の問題 1
https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12539492114.html

 

健康志向が向上する中、日常の忙しさや、手軽な健康管理法としてサプリメント(以下サプリ)の多用が増えています。

 

サプリを医薬品とは別の位置付けで考えるケースが多いのですが、一定の効果が期待できる以上、サプリであればどのような組み合わせでも安全と考えるのは消して良くありません。

 

先月NHKのクローズアップ現代で「たくさんの薬は害になる?!多剤服用の深刻なリスク」という内容の番組が放送されました。

 

認知症や精神疾患が悪化するに従い、薬の種類や数が増えることで症状が悪化。

 

逆に薬を種類を減らすとパーキンソンと認知症を発症し、徘徊をしていた方が薬をやめることで、一夜で改善。別では重度の認知症と診断され、16種類の薬を処方されていた患者が、実は誤診で薬の種類を減らすと認知症や物忘れが回復したケース。

 

多剤処方されていた薬と胃酸の分泌を抑える胃腸薬の飲み合わせが悪く、重度の認知症のような状態に陥っていたようです。

 

この番組は大反響を呼び、放送翌日から、薬の飲み合わせについての相談が殺到し、続報を11月16日号の週刊現代がこの問題を報じています。

 

「薬は害が生じる可能性があるが、サプリはスーパーでも買えるので安全」というイメージを多くの方がお持ちです。

 

これを読んで、薬を色々と飲むのは危険だけど、薬とサプリなら問題ないとお考えの方が多いと思いますが、サプリであっても多剤服用になる飲み合わせがあるとの専門家の見解が週刊現代の記事では取り上げられています。

 

「薬やサプリは、体内の代謝酵素によって体の外に出ていきます。しかし、サプリや薬を多く飲めば飲むほど、薬が体内に長く留まり、副作用が出やすくなります」と専門家の意見を記事では紹介してます。

 

ゴマ成分の「セサミン」は肝臓機能や高血圧に良いとされている人気サプリですが、記事の中で降圧剤とセサミンを併用開始後、意識を失って事故を起こした事例が紹介されています。

 

ご存知の通り、ミノキシジルタブレット(以下ミノタブ)は日本を含め、世界中で育毛薬としては認可されておらず、元々、血圧降圧剤として開発された薬を、日本皮膚科学会や介した製薬会社の禁忌利用を無視して、一部の日本の育毛病院が、育毛薬として転用しています。

 

 

高血圧の薬のエナラブレルマレイン酸塩と最近流行りの「コエンザイQ10」,「EPA」,「GABA」の併用は危険とされていて、両方が人工的に、血管を広げ、血圧を下げる効果があります。

 

元々ミノキシジルを錠剤で内服すれば育毛効果があると証明されておらず、上記の3つがミノタブの代替品となる訳ではありません。

 

高血圧症でもない、健康体の方が、認可されていない薄毛治療の目的でミノタブを服用していれること自体問題ですが、高血圧症の方よりも、さらに血圧が下がりすぎてしまう懸念があり、ミノタブとこれらのサプリの飲み合わせは最悪です

 

AGA治療に限らず、他の病気で受診した際、他の治療薬や疾患について尋ねられれば、服用している医薬品については話したとしても、サプリについては説明の必要性がないと考えがちですが飲み合わせの最悪なサプリがあります。

 

今回の記事で問題になっている、認知症や精神疾患でも、症状に応じて、薬を増やす「足し算医療」が蔓延していることからしても、飲み合わせの良し悪しを医師や薬剤師も理解していない部分があります。

 

一部の育毛病院では、症状や回復状況に応じて、処方している薬の濃度を上げる事を薦めるケースや、追加でリジンやノコギリヤシ、亜鉛を追加で処方するケースが増えています。

 

自院のオリジナル治療薬として、ミノタブやフィナステリド、ザガーロに加え、サプリを一袋にまとめた、AGA治療を紹介する育毛病院もありますが、これも現在、全く別の理由で飲んでいるサプリと飲み合わせが悪いケースがあります。

 

AGA治療薬のプロペシア、またはミノタブを服用している場合。ザガーロへの転用や薬の増量に不安があってもサプリは天然成分なので、効果増大の代用薬として利用する場合でも多剤服用に陥り、想像を超える、副作用や後遺症を発症しかねません。

 

薄毛に限らず、どのような病気でも、症状が酷くなれば、薬を増量することで、回復を増進する足し算医療が定着化しています。健康であれば、服用をしない薬やサプリメントも、量や種類を増やせば、増大効果ではなく、有害になる可能性があります。

 

ノコギリヤシは日本ではサプリメントの扱いで、近年では前立腺肥大の治療に用いられるケースも増えています。これはフィナステリドやデュタステリドが元々開発された目的と同じです。

 

実際、前立腺治療中、ノコギリヤシは前立腺肥大薬と併用しないが、ノコギリヤシを前立腺肥大の代用薬として、認可している国々での基準です。

 

プロペシアやザガーロを飲みながら、ノコギリヤシを追加しても安全だという臨床研究は存在しません。

 

ノコギリヤシは健康食品のサプリだから安全で、どれだけAGA薬と併用しても安全だと考えている医師や一般の方が大半かもしれませんが、性欲減退や男性機能の低下を誘発する可能性は高くなります。

 

亜鉛にしても、近年の加工品を中心とした食生活でコンビニ飯などの出来合いの食品に、含まれる食品添加物の亜鉛キレート剤が多く含まれる食品の摂取増加により、小腸からの亜鉛吸収率は悪くなっているというデータが公表されています。

 

成人男女の亜鉛摂取量も、厚労省が定める量に達していない例も多く、亜鉛の摂取量には推奨されている上限があり、食品添加物が含まれていない食生活にすれば、不足分は補える程度の量です。

 

それがわからないまま、健康や育毛目的で、亜鉛を容器に書かれた量であれば安心だと考えて服用を続ければ、亜鉛過剰症や亜鉛中毒に陥る場合もあります。

 

薄毛がお悩みの方が亜鉛を欠乏しているのかを検査をしないまま、飲むこと自体問題であり、サプリだから安心ではありません。

 

それ以前に、亜鉛をバランス良い状態で保てば薄毛が治るという考え自体、医学的に証明されないまま、ネットの書き込みや噂で育毛目的の服用がとても多いです。

 

亜鉛は髪の三大要素のひとつですが、薄毛の原因が亜鉛不足が原因で起こっているか検査する方法も確立されておらず、育毛効果も明白ではありません。

 

認可されていないミノタブを処方し、安全性が確認されていない、基準量を大幅に超えた、育毛目的で処方しているAGA薬も問題ですが、サプリメントは健康食品だから大丈夫と考えるべきではありません。

 

どんなサプリを飲んでいるか、薬を処方する医師が知らないことがブラックボックスの一つですが、仮に飲んでいるサプリを話しても、育毛薬として処方している薬との飲み合わせを理解していないケースがほとんどです。

 

特に、別の疾患をお持ちで、既に何らかの薬を服用している場合、育毛薬との飲み合わせもありますが、そこに加えたサプリメントで多剤服用に陥り、体の異常を引き起こす場合があります。

 

2019年の国際毛髪学会の最高賞受賞ドクターと全米で自毛植毛手術のトップ10ドクターであり、同学会の前会長がCapillusを利用

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12547619891.html

 

 

世界的なニュースメディアとして知られる、ロイターがプロペシアの副作用や後遺症の問題として、「メリク社の秘密を守る手助けを裁判所がする」というタイトルの記事を発表しました。

 

https://www.reuters.com/investigates/special-report/usa-courts-secrecy-propecia/

           

今回の報道はアメリカで起こる様々な裁判において、証人の証言やデータが原告または被告代理人の意見を元に、裁判官の判断で、一般に開示されない事例があまりにも多すぎること。

 

 

 

プロペシア記事の一覧

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/theme-10105970244.html

 

ザガーロ記事の一覧

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/theme-10105970246.html 

 

プロペシアのように、ザガーロは育毛薬として世界的に承認された薬ではありません。デュタステリドは海外では、主に前立腺肥大治療薬としてのみ使用されています。

 

プロペシアなどのフィナステリドと比べ、ザガーロは1.6倍の育毛効果が期待できるという説明を見たまたは聞いた方は多いと思います海外で育毛薬として治験内容についてはあまり知られていません。

 

過去にも紹介しましたがザガーロによって育毛効果を得るには現在日本で処方されている0.5mgの5倍の2.5mgを内服しなくてはフィナステリドよりも優位に作用しないことがOlsen博士のメタアナリシスによる臨床試験

ところがザガーロに関しては日本皮膚科学会が2017年に推奨度Aとして発表をしています。

 

ザガーロを推奨度Aと判定するに当たり、日本皮膚科学会は1件のメタアナリスによる検証。3件のランダム化比較試験。1件の非ランダム化比較試験などからその効果を認めたと書いています。

 

この中で多きな疑問が存在します

 

3件のランダム化比較試験および、1件の非ランダム比較試験、7段階のエビデンスレベルの中でも上から三番目の(randomized control study)が3件で、1件はcohort study (コホート研究)レベルであることです。

 

そして、ザガーロを日本皮膚科学会が推奨度Aとした根拠として、メタアナリシスが1件含まれていると記載されていますがこれは2006年にOlsen 博士が発表した論文です。

 

韓国と日本で承認されて以降、またアナリティクスどころか、2番目に信憑性が高いと言われているシステマティックレビューもザガーロでは行われていません。

 

システマティック・レビュー(systematic review)とは、文献をくまなく調査し、ランダム化比較試験(RCT)のような質の高い研究のデータを、出版バイアスのようなデータの偏りを限りなく除き、分析を行うことです。

 

日本が参考にした2006年に海外で行われたザガーロのメタアナリシスの具体的内容です。

 

The importance of dual 5alpha-reductase inhibition in the treatment of male pattern hair loss: results of a randomized placebo-controlled study of dutasteride versus finasteride

 

https://vipadenievolos.ru/files/2016-07/research/dutasteride/Dual-5-a-reductase-inhibition.pdf

 

417人、21歳から45歳を対象に24週間,デュタステリド濃度は以下の4通りです。

005mg

0.1mg

0,5mg

2.5mg

 

注.1 メタアナリシスによってザガーロのデュタステリドがプロペシアのフィナステリドよりも効果的と説明されていますがもっとも注目するべきはこの論文ではフィナステリドがデュタステリドよりも優位に作用するのは2.5mgのデュタステリドであると結論つけていることです。

 

これは皆さんがAGA治療で処方されているザガーロの5倍の濃度で.はじめて、デュタステリドがフィナステリドよりも効果的だと結論が出されています。

 

 

 

ザガーロなどのデュタステリドを育毛薬として承認していないヨーロッパでは2.5mgのデュタステリドの服用が現実的ではないと考えているからこそ、日本と韓国以外の国ではAGA治療薬として承認されておらず、製薬会社も治験すら初めていない事情があります。

 

どちらにしろ、2006年に海外で発表された論文を元にしておりますが、それから12年経過した今でも日本と韓国を除いて、ザガーロを育毛薬として承認していない事実や、メタアナリシスではないにしてもシツテマティックレビューなどで効果の検証を行うべきだと思います。

 

ザガーロについては他にも数々の疑問が存在します。

ご興味のある方は以下にまとめているのでお読みください。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/theme-10105970246.html

 

他にもプロペシアについて日本では知られていない副作用などについての最新情報を以下にまとめています。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/theme-10105970244.html

 

2019年に新たに発表された低出力レーザ―の育毛効果を証明する最新の2つの学術論文があります。

 

1つ目は国際毛髪学会で2017年に最優秀賞を受賞した研究者が追加の臨床試験を元に、新たな論文を発表。

その研究者の方は現在、市販用で最多のレーザーを搭載する、CapillusRX 312を研究にご利用いただいてます。

 

2つ目は「最強の科学根拠」とされるメタアナリシスで低出力レーザ―の育毛効果が証明された2例目の学術論文が発表されました。

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12463065109.html

 

日本で用いられているミノキタブレットやザガーロが欧州皮膚科学会がどのように考えているか以下でご紹介しています。

 

欧州皮膚科学会 男/女性型脱毛治療のガイドラインで低出力レーザ―器を推奨とミノタブやザガーロなどの内服育毛治療の見解

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12360438448.html 

 

 

 

アメリカでもっとも権威のある皮膚科学の医学論文を発表しているJournal of the American Academy of Dermatologyに2017年4月にAGA型脱毛の治療の有効性を過去に発表された学術論文をメタアナリスによって検証した結果が発表され、低出力レーザ―の有効性が認められました。

 

The effectiveness of treatments for androgenic alopecia: A systematic review and meta-analysis

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28396101 

 

メタアナリス(meta-analysis)とは、複数の研究の結果を統合し、より高い見地から分析すること、またはそのために手法や統計解析のことです。

 

ランダム化比較試験(RCT)のメタアナリシスは、根拠に基づく医療において、もっとも質の高い根拠とされる検証とされています。

 

この中でAGA治療として今回のメタアナリシスで検証が行われたのは塗布用ミノキシジル、フィナステリド、低出力レーザーです。

 

メタアナリスを行うに当たり、過去に発表された学術論文上のデータが明確であることが不可欠です。

さらにはそのデータはダブルブラインドテストなどを用いり、公平性が保たれていなくてはなりません。

 

低出力レーザー育毛器の役割とCapillus特有の効果について、一つの記事にまとめました。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12369252990.html  

 

AGA 男性型脱毛症のメカニズムとDHTの抑制とATPの増加させる、低出力レーザ―の育毛への役割の違い

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12369284172.html

 

低出力レーザーが承認され、改定された男性・女性型脱毛症治療ガイドラインの内容については以下で詳しく説明しています。

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12347022098.html 

 

 

7年ぶりに改定された日本皮膚科学会、男性型および女性型脱毛症治療ガイドライン2017年版に低出力レーザ―が男性、共に有用性を示す十分な根拠があるとされる推奨度B。

 

 

育毛薬として世界で承認されている塗布用ミノキシジルやプロペシアのフィナステリド以外でAGA治療に対し、有効性が証明されたのはCapillusやTheradomeなどの低出力レーザーのみです。

 

アメブロ限定値引キャンペーン

 

Capillus312・Capillus272限定 ハイエンドモデル 値引キャンペーン 2020年1月7日まで延長

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12372685561.html

 

Capillus202・Capillus82の割引と下取りキャンペーン 2020年1月7日をもって値引額の減額が決定https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12340924963.html

 

商品代金のお値引に加え、弊社限定の育毛剤プレゼントはそのまま継続いたします。

 

Capillus  82  119000円 → - 7000円   112000円

Capillus 202 265100円 → -15100円   250000円

Capillus 272  404580円 → 34580円   370000円

Capillus RX 312 490600円 → 50600円  440000円

 

他社で購入されたHairmax LaserBand82からの買い替えをご希望の場合は一度ご連絡ください。

 

Capillus 202  265100円

下取り    -100000円

お支払価格 165100円

 

Capillus 272  404580円

下取り    -117720円

お支払価格 286860円 

Capillus 312 RX  6分モデル 490600円 → 下取り価格についてはメールまたはお電話でお問い合わせください。

 

Capillus 202  265100円

下取り      -56500円

お支払価格  208600円  

 

Capillus 272  404500円

下取り      -56500円

特別値引き   -8000 円

お支払価格 340000円 

 

Capillus 312 RX  6分モデル 490600円 → 下取り価格についてはメールまたはお電話でお問い合わせください。

 

商品代金のお値引に加え、弊社限定の育毛剤プレゼントはそのまま継続いたします。

 

2019年6月 TBS「王様のブランチ」でCapillusをご紹介いただきました。

 

ブラックマヨネーズの小杉様が司会をされている読売テレビ 2018年11月9日放送の「マヨなか笑人」の企画で「人生コレを知らないと損をする!騙されたと思ってやってみぃ大会」で小杉様がCapillusをご紹介いただきました。

 

放送内容を紹介したブログの記事をご欄いただけます。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12417831285.html

 

Amazonではなく公式サイトでご注文をいただいたお客様限定キャンペーン 

Capillus82 をご注文いただいたお客様にNanogen3x 1本をプレゼントさせていただきます。

Capillus202 をご注文いただいたお客様にNanogen3x 2本をプレゼントさせていただきます。

Capillus272をご注文いただいたお客様にNanogen3x 3本をプレゼントさせていただきます。

CapillusRX 312をご注文いただいたお客様にNanogen3x 4本をプレゼントさせていただきます 

 

Capillusの回復例


 

Capillus 4モデルのレーザー照射個数の比較画像です。より多くのレーザーを搭載している機種をご利用いただいたほうが同じ使用期間でも照射ムラがなく、早期の回復が期待できます。

 

 

 

 

Capillusはこれまで以下の7誌でご紹介いただきました。

詳しくは以下をご欄ください。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/theme-10105970170.html

 

 

 

 

お支払方法は銀行振込、代金引換(代引き手数料無料)、クレジットカード(STRIPE)で承っております。

 

Capillus Japan

日本オフィス

名古屋東区泉3丁目1710号     

電話番号 052-766-3351

 

HP https://www.capillusjapan.com

Email info@capillusjapan.com  

 

 

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へにほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へにほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 植毛・自毛植毛へにほんブログ村

 

無断転載禁止

「2年前の国際毛髪外科学会(ISHRS)で低出力レーザ―育毛の研究の論文発表で2017年の最優秀賞を受賞した、パチャパランティーブ医師が、11月13~16日にタイで開催された第27回 国際毛髪外科学会(ISHRS)の2019年The Platinum Follicle Award(プラチナム毛包賞)を受賞しました。

 

Platinum Follicle賞は、ヘアレストレーション(毛髪の回復)における、優れた、研究成果や業績に送られる、ISHRSの賞の中でもっとも権威がある賞です。

 

現在、パチャパランティーブ医師は低出力レーザ―の育毛効果の研究などに、Capillusをご利用いただいています。

 

2年前の受賞時に書いた記事です。

 

Capillus RXを国際毛髪外科学会で論文発表をしたドクターも利用

 

 

前ISHRSの会長のロバート・レオナルド博士にはCapillusのメディカルディレクターにも務めていただいています。レオナルド博士はアメリカの自毛植毛医のトップ10にも選ばれ、大リーガーやNBA選手など、多数の植毛を行う世界的権威の一人です。

 

以下はレオナルド博士の自院でCapillus RX単体で回復に至った方たちの画像も紹介されています。

 

過去に書いたロバート レオナルド博士のブログ記事

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12406741127.html

 

Capillusの効果についてお問い合わせを頂く際、回復例が外国人ばかりだが日本人でも効くのか?

 

 

以下はCapillus RXをご利用いただいた日本人の方で1年3か月

 

以下はCapillus RXをご利用井いただいたアメリカ人の方で1年7か月ほどです

 

どちらの方もCapillus単体で得た回復結果です。明らかに頭皮の露出はなくなりました。

年齢や個人差もありますが、肉眼で一見すると毛が生えていなくても、目視できないような状態で産毛が残っていれば、成長効率が改善することで、容姿的には大きな変化が得られます。

 

さらに、時間はかかっても、新しい髪も生え戻り始めるので一層の回復も期待できます。

 

薄毛の進行度合いが軽度から中程度であれば、髪の生育が弱まり、十分な太さや長さに成長しなくなった髪が低出力レーザーを照射することで、髪が大幅に改善し、容姿も変わります。

 

薄毛が重度の場合、毛の太さだけではなく、一定の本数が生え戻り、さらに伸びる必要があれば、その分の時間はかかります。

Capillusを使い始める時の進行度合いや年齢。それまでに行っていた育毛ケアも、結果が表れるまでに要する時間にも影響します。

 

今回新たに、紹介した新しい回復例の方たちも、ここまで回復を遂げれば、Capillusを使用する頻度も減らしても維持は可能ですが、更なる回復を目指す為に継続して毎日ご利用になってい

ます。

 

Capillusによって効果がどの程度の効果が表れるかを大きく左右する一つの要素は利用されるCapillusのモデルが影響します。

 

Capillus202とCapillus RX 312を利用期間が同じであったとしても、より低出力レーザーの数が多いRXをご利用いただくほうが、隙間なくレーザーが頭皮に満遍なく照射される為、早期の回復効果が得られる可能性が高いです。

 

過去には最上位機種はCapillus272でしたが、僅か40個とはいえ、低出力レーザーが増えたCapillus RXのほうが、回復が早いことが、Capillus 272を利用していた、アメリカの医療機関でも証明されたことから、上位機種として発売に至りました。

 

髪の生えるメカニズムは日本人もアメリカ人も同じです。

プロペシアとミノキシジルのどちらもアメリカで開発された育毛薬や育毛剤ですが、どちらも、日本でも認可されています。

 

アメリカや他国と比べると、認可された時期に数年の開きはありますが、低出力レーザ―育毛器も2017年に日本皮膚科学会が自毛植毛と同等の推奨度Bと認めています。

 

がんに限らず、他の病気でも、外国人では効果がある医薬品もの、日本人には効かないというものはありません。

 

2019年の国際毛髪学会の最高賞受賞ドクターと全米で自毛植毛手術のトップ10ドクターであり、同学会の前会長がCapillusを利用

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12547619891.html

 

商品代金のお値引に加え、弊社限定の育毛剤プレゼントはそのまま継続いたします。

 

Capillus  82  119000円 → - 7000円   112000円

Capillus 202 265100円 → -15100円   250000円

Capillus 272  404580円 → 34580円   370000円

Capillus RX 312 490600円 → 50600円  440000円

 

他社で購入されたHairmax LaserBand82からの買い替えをご希望の場合は一度ご連絡ください。

 

Capillus 202  265100円

下取り    -100000円

お支払価格 165100円

 

Capillus 272  404580円

下取り    -117720円

お支払価格 286860円 

Capillus 312 RX  6分モデル 490600円 → 下取り価格についてはメールまたはお電話でお問い合わせください。

 

Capillus 202  265100円

下取り      -56500円

お支払価格  208600円  

 

Capillus 272  404500円

下取り      -56500円

特別値引き   -8000 円

お支払価格 340000円 

 

Capillus 312 RX  6分モデル 490600円 → 下取り価格についてはメールまたはお電話でお問い合わせください。

 

2019年に新たに発表された低出力レーザ―の育毛効果を証明する最新の2つの学術論文があります。

 

1つ目は国際毛髪学会で2017年に最優秀賞を受賞した研究者が追加の臨床試験を元に、新たな論文を発表。

その研究者の方は現在、市販用で最多のレーザーを搭載する、CapillusRX 312を研究にご利用いただいてます。

 

2つ目は「最強の科学根拠」とされるメタアナリシスで低出力レーザ―の育毛効果が証明された2例目の学術論文が発表されました。

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12463065109.html

 

その反面、2019年、ザガーロとプロペシアの長期服用が引き起こす、2型糖尿病の発症リスクが最新の論文で発表されました。

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12454917517.html

 

 

Capillus RXを世界トップクラスの米国植毛専門病院が男性・女性に使用しての回復例 更新

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12406741127.html

 

 

 

ブラックマヨネーズの小杉様が司会をされている読売テレビ 2018年11月9日放送の「マヨなか笑人」の企画で「人生コレを知らないと損をする!騙されたと思ってやってみぃ大会」で小杉様がCapillusをご紹介いただきました。

 

放送内容を紹介したブログの記事をご欄いただけます。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12417831285.html

 

Capillusの最新の回復例です。

上部の男性の回復例はCapillusを3か月ご利用いただいての回復例です。

 

 

Capillus(低出力レーザ―育毛器)を使用した回復例 2018年5月22日更新

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12338022667.html

 

 

 

Capillus Japan

TEL 052-766-3351

https://www.capillusjapan.com

info@capillusjapan.com

 

低出力レーザ―についてご存知ない方の為に

 

CapillusやTheradomeなどの低出力レーザ―の効果はAGAへの有効性は最強の科学的根拠とされているメタアナリスで証明されています。

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12390429678.html 

 

 

 

Capillus Pro 272 

2017年10月に新たに発表されたCapillus RX 312が登場するまではCapillusの商品ラインアップの中で、最上位のハイスペックモデル。

Capillusで行われた臨床試験で用いられたのがCapillus272です。

Capillus82と比較して3.3倍のレーザーを搭載。

Capillus272はCapillus202と比較して、70個のレーザーの照射個数の違いですが、これまで発売されているバンド型や他の低出力レーザ―育毛器、1台分に匹敵する照射個数の違いあります。

いち早く、Capillusを導入いただいた専門機関ではCapillus272を業務用で使用いただいております。

お値段は404,580円(税込)

3年保証

1日/1回 使用時間 6分

 

​これまで,様々な育毛法を試しても効果がなかった方。薄毛や抜け毛に悩み始め、かなりの月日が経過し、一日でも早く、回復を希望されている方にお勧めのハイスペックモデル。

​高額な製品でも安心の3年保証となります。

Capillus Pro 272の詳細はこちら

 

 

Capillus RX 312 

2017年10月に新たに登場した、Capillus RX 312はCapillusシリーズの中でも最多の312個のレーザーを搭載。

Capillusの新たな最上位モデルとして発売を開始しました。

現在では全モデルが照射時間がすべて6分ですが、Capillus RX 312に限っては毎日6分ではなく、2日に1回の使用が6分とご利用いただく負担が大幅に軽減。

Capillus82と比較して3.8倍のレーザーを搭載しています。

 

​海外などで医療機関で用いられていたCapillus272 Office Proというスタンドタイプよりも40個、レーザーが多く、他の業務用低出力レーザ―でも300個を超える製品は他にありません。

2018年2月に新たに発表されたCapillus 352 Office Proが発売されて以降も、サイズ的に手軽なCapillus RX 312を業務用として、使用する医療機関がほとんどです。

専門機関以上の育毛ケアを、ご自宅で行えるCapillus シリーズの中でもCapillus RX 312は最上位モデルです。

お値段は490,600(税込)

5年保証

2日/1回 使用時間 6分

業務用としての連続使用も可能な耐久性と、安心の5年保証です。

Capillus RX 312の詳細はこちら

 

低出力レーザ育毛器 Capillus(カピラス)の公式サイトや問い合わせ

 

Capillus のラインアップの詳細はこちら

 

AGA 男性型脱毛症のメカニズムとDHTの抑制とATPの増加させる、低出力レーザ―の育毛への役割の違い

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12369284172.html

 

年齢や性別に関わらず、薄毛や抜け毛で悩みを抱えている方が急増しています。

 

育毛薬の内服や育毛剤の塗布以外に、日本皮膚科学会・米国皮膚科学会・欧州皮膚科学会がAGA(男性型脱毛症)FAGA(女性の男性型脱毛症)に対し、育毛効果を認め、使用を推奨すると発表された「低出力レーザ―育毛器」をご存知でしょうか?

 

2010年に米国食品医薬局(FDA)で承認後、数多くの低出力レーザ―育毛器が開発されているアメリカで、業界最多個数のレーザーを搭載。照射時間も最短のCapillus(カピラス)が業界トップの製品として発売されています。

 

そこで低出力レーザ―育毛器、Capillusがどのような製品がご紹介いたします。

 

低出力レーザ―とは

 

低出力のレーザ―とは,650nm(±5nm)の発光ダイオードや毛髪内部や頭皮に照射することで発毛を促進するための機器です。以前はブラシなどはハンディタイプ型がほとんどでしたが、ご本人の使い方で照射ムラが生じることがなく、より均一に頭部全体に低出力レーザーが照射される全頭タイプが現在は主流です。

 

Capillusの低出力レーザーを頭皮に直接照射することによって発毛を促進するものです。

AGA型・FAGA型脱毛に問わず、髪の成長に不可欠なATP(アデノシン三リン酸)の生成を活性化させ、血行を促進させ、育毛効果が期待できます。

体に「レーザー」と使うと聞くと、大半の方が最初に思い浮ぶのは脱毛や手術の為に使う高出力レーザ―です。

脱毛に使用するのは高出力レーザ―で細胞を焼き切るような高い出力のレーザーを照射しています。

反面、低出力レーザ―はほとんど使用感がなく、少し暖かいという程度の体感しかありませんが頭皮の表面や毛乳頭に光が照射されることでDHT(デビトロテストしてロン)が引き起こすATP不足や血行不良が改善し、育毛効果が期待できます。

CapillusはFDA(アメリカ食品医薬品局)からの認可も受けている低出力レーザ―器の中で、現在最多個数のレーザー器を搭載し、照射時間も最短の製品です・

日本の厚生労働省に相当する機関がFDAですが近年では日本・米国・欧州皮膚科学会が低出力レーザ―の効果に注目。

プロペシアやザガーロ、ミノキシジル、植毛、と並び、Capillusは世界でもメジャーな薄毛治療と同等に男性・女性問わず、効果があると各国の皮膚科学会が推奨すると発表されました。

 

低出力レーザ―育毛器(Capillus)とミノキシジルやプロペシアのAGA治療を同時進行で行った場合の相乗効果を示す、臨床試験の内容

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12377331226.html

 

低出力レーザのメカニズム

 

低出力レーザーはどんな効果があるのか。

 

毛髪の主成分は血液中のたんぱく質です。加齢、生活習慣、食生活やストレスなどが原因で血行不良に陥ること近年高まっています。

男性型脱毛症のAGA。女性の男性型脱毛症のFAGAは体内のテストステロン(男性ホルモン)と5aリダクターゼが結合し、生じるDHTの増加が薄毛や抜け毛を誘発します。

毛細血管を通じ、毛乳頭まで到達した血液からたんぱく質が抽出され、毛乳頭内で細胞分裂を繰り返すことで毛髪は生成されます。

DHTが毛根内で増加すると、たんぱく質の細胞分裂に不可欠なエネルギー源であるATPが抑制されてしまいます。

低出力レーザ―は毛根内のミトコンドリアが活性化されることでATPが増加します。

プロペシアやザガーロのように、DHTの発生を抑制するのではなく、細胞分裂に不可欠なATPの増加を促進する点が他の育毛法と大きく異なります。

DHTの発生を抑制しても、ATPが増殖するとは限りません。

低出力レーザ―の最大の特徴がATPの増殖を促す効果が期待でき、他の育毛法と大きく異なる点です。

一定時間と適正な箇所に低出力レーザ―が照射されていれば血行促進作用も期待できますがすべての低出力レーザ―育毛器でできるとは限りません。

構造上や照射時間によってはATPの増加だけしか期待できず、血行促進効果が得られない製品もあります。

CapillusはFDAでの承認だけではなく、一般発売の開始前、2年間、毛髪医学の専門家の元、ATPの増加に加え、血行促進効果が一度に期待できることが確認されました。

毛髪の主成分である血液中たんぱく質の供給と毛髪の生成に不可欠な細胞分裂のエネルギー源であるATPの増加を一度に得られるのは低出力レーザ―育毛器でも限られており、他の育毛治療でも類を見ない効果があります。

臨床実験の結果

17週間をかけておこなわれた臨床実験の結果、利用者の95%の毛髪の増加を確認。

平均して、毛髪本数が51%増加との結果に至りました。

医薬品などに用いられる二重盲券法(ダブルブラインドテスト)は薬や治療法において、医学や研究者が効果などを検証する為に用いる手法です。

客観的な評価の為に、ランダム化比較試験(RCT)で参加者を選定。プラセボ(ダ三―器)なども用いり、思い込みなどがないように臨床試験を計画。

19mmほどの頭部の面積を3mmにカット。Capillusの使用前・使用後をFDAが選定した第三者機関がモニターし、結果が発表されました。

他の低出力レーザ―器よりも高い結果が出た最大の要因はレーザーの照射個数が多いことから、場所に関わらず、低出力レーザーが頭皮にムラなく照射されます。

同時に、頭部全体に一斉に低出力レーザ―が照射されることから、血行促進効果が大変高く、他の低出力レーザ―育毛器では得られない効果がCapillusでは期待できます。

低出力レーザ育毛器は日本・米国・欧州皮膚科学会が推奨

 

 

 各国の皮膚科学会が推奨

低出力レーザ―は2010年、米国食品医薬局(FDA)で育毛器として承認されました。

医療分野において、世界でも最先端の治療法や新薬などがアメリカで開発されています。

 

FDAとはアメリカでの医療品の開発や承認だけではなく、食の安全面も管轄する省庁です。

食品や医薬品、化粧品に医療機器などの許可や却下を下すだけではなく、FDAが承認すると世界でも多くの国がFDAの基準をクリアした製品の治験の免除を行うほど世界でももっとも厳しい基準を設けた機関です。

そのFDAにおいて、低出力レーザ―は認められてきましたが2017年に日本皮膚科学会。時同じくしてEU(欧州連合)54か国の医師や研究者、医療機関が属する欧州皮膚科学会において、低出力レーザ―を男性・女性共に薄毛に改善に対して推奨すると発表しました。

今回の発表がこれまで大きく異なる点として、毛髪学の治療に携わる医師や研究者が所属するISHRS(国際毛髪外科学会)やWCHR(国際毛髪科学研究会)のような専門学会ではなく、皮膚科学全般を管轄する学会が低出力レーザ―の育毛効果を認めたことです。

 

プロペシアやミノキシジルに次いで、B評価となり、医薬品以外では植毛手術と同等に薄毛や抜け毛に悩む方に対し、有効性が認められた点です。

​特に欧州皮膚科学会のように54か国がそれぞれに医薬品や治療法に対する基準や指針を設定している中、低出力レーザ―育毛器の有効性が認められました。

 

 

最新の低出力レーザ育毛器 Capillusのラインアップ

 

薄毛・抜け毛の進行度合いは人それぞれによって異なります。

年齢も若く、抜け毛の増加程度で悩んでいる方から頭皮が露出してしまい、これまで試したあらゆる育毛法で効果がなかった方。

Capillusは全商品が照射時間がわずか6分。

状況に応じてCapillus RX 312、Capillus Pro 272、Capillus 202、Capillus 82の4タイプをご用意しています。

レーザーの照射個数が多くなれば、その分、頭皮の照射ムラがなくなることでATPの増殖やより高い血行促進効果が期待でき、いち早い、回復が期待できます。

 

 

 

Capillus 82 

他の全頭型低出力レーザ―もレーザーの搭載個数が80個前後の中、Capillus82は十分な範囲をカバーする入門モデルです。

お値段は117,720円(税込)

1年保証

1日/1回 使用時間 6分

​コストパフォーマンスを重視したモデルです。

Capillus 82の詳細はこちら

 

 

Capillus 202 

メーカー推奨のフラッグシップモデル。他の全頭型低出力レーザ―器やCapillus82の2.5倍レーザーを搭載。他の低出力レーザ―器で、効果が得られなかった方も照射個数の密着密度の向上により、低出力レーザ―が頭部全体をカバーできます。

お値段は260,280円(税込)

2年保証

1日/1回 使用時間 6分

 

​これまでの低出力レーザ―育毛器と大きな差別化を図る目的で開発された売れ筋No1の製品がCapillus202です。

Capillus 202の詳細はこちら

 

 

商品についてのご質問や保証対応。これまでの経緯や現在の状況に応じてどのモデルを自分に適しているかを公式ホームページからお問い合わせいただけます。

 

Capillus 公式サイト

 

 

Capillus(カピラス)低出力レーザ―育毛器のメリット

 

Capillus(カピラス)が他の低出力レーザ―器と異なり、いち早い回復を目指し、レーザーの照射個数や照射時間の短さ。照射ムラなどが生じないよう、綿密な設計の元開発され、値段に見合った効果と保証体制であることはご理解頂けたかと思います。

 

それでは他の育毛法とは異なる、メリットがどのようなものがご紹介します。

 

副作用が無く、他の育毛法との併用が可能

 

低出力レーザ―に説明書通りにご利用をいただければ副作用もありません。

その結果、他の育毛法との併用や植毛手術の前後に使用することで、移植した毛髪の定着率の向上や拒絶反応による、ショックロスの軽減にも繋がります。

近年の薄毛治療ではAGA(男性型脱毛症)の知名度が高まっています。

これまでは、唯一の治療法はプロペシアなやザガーロといった男性ホルモン抑制薬を使用することしか解決方法がないと言われていました。

 

日本皮膚科学会や欧州皮膚科学科が発表した男性型・女性型脱毛症に対し、低出力レーザ―が有効であると発表されたことで、Capillus単体での育毛ケアから現在ご利用中の育毛剤や育毛治療と併合してご利用いただくことで回復の可能性は大幅に向上が期待できます。

特に、これまで医療機関での治療を受けていた方が低出力レーザ―を追加することで、成長に伸び悩んでいた毛髪の成長が促進されます。

男性のように、育毛治療の選択肢がある方は専門治療の選択肢があります。

女性の場合にはプロペシアやザガーロのような育毛薬は使用できませんし、

薬である以上、体内への負担も考慮しなければなりません。

煩わしさが一切なく、わずか6分の時間で簡単に育毛ケアが行えます。

目視できなくても残存する産毛を成長

 

鏡を見て、薄毛箇所を見ると多くの方は、頭皮が露出し、毛根が死滅していると思いこんでいます。

​ここに一つ、大きな過ちがあります。

生え際・頭頂部にしても、毛髪はまだ生え出ているのにも関わらず、肉眼で確認できるような長さや太さまで成長ができなくなっている毛髪が残存している方がほとんどです。

目視できなくても、産毛状の髪が、以前と同様に太さや成長のスピードに戻すことは比較的容易です。

産毛だけではなく、頭皮の露出箇所に生えている、毛髪も以前と比べると、太さが半分または、3分の1になっていることでも、隙間が生じ、頭皮が透けてしまう原因です。

そのような産毛状態の毛髪や発育不良を起こしている毛髪の成長スピードを改善するのがもっとも得意とする育毛法が低出力レーザ―のATPの増加です。

そこに加えて、Capillusは血行促進効果にも長けていることから、他の低出力レーザ―よりも、以前は生え出ていた髪が再度、生え出る効果も同時に期待できます。

先ほどの臨床実験でも、17週間で51%の毛髪本数が増加したとのデータは、19mmの円形の面積に対し、使用前には存在しなかった毛髪が参加者の95%で51%の毛髪の本数の増加が確認されたというデータが示しています。

 

女性でも安心して使用出来る

男性にはAGA治療という治療が存在しますが、女性にははフィナステリドのような薬がなく、摂取が忌避されています。

男性の場合、フィナステリドやデュタステリドによって5αリダクターゼの働きを抑え、テストステロンが髪の毛を抜く作用をするDHT(ジヒドロテストステロン)へと変化することを阻害します。

女性の場合、閉経と共に、女性ホルモンの生成が減少して、男性ホルモンの割合が増えたとしても、更年期障害の治療で用いられる、ホルモン充填法でも薄毛は回復しません。

これは、FAGAとも呼ばれている症状です。

日本皮膚科学会・欧州皮膚科学会の双方において、女性の薄毛に対し、低出力レーザ―育毛器には効果があり、治療に用いることも推奨すると発表されました。

女性に対しての育毛効果において、低出力レーザ―を唯一、超えて推奨度Aの評価を受けたのは塗布用ミノキシジル(例 リアップジェンヌ)だけです。

 

個人差のある薄毛箇所

生え際生え際だけでは頭皮が露出している面積にも個人差があります。

範囲や面積に関わらず、均等にレーザーが照射されることが何より重要です。

ご欄いただける画像はスタンダードモデルのCapillus202を使った場合、どのように低出力レーザ―が照射されているかを示す画像です。

薬などを服用して、体全体のDHTが減少しては、思いもかけない影響が体に現れる可能性もあります。

ATPを増加させ、血行促進を図るなら、体全体で作用させるのではなく、薄毛箇所にピンポイントで作用させるほうが効率的的で効果もより高まります。

一部の低出力レーザ―器で、クシ状になっていないとレーザーが頭皮に届かないと説明されていますが、どれだけ髪が残存していても、髪の間には隙間があります。

Capillus 低出力レーザ―育毛器をメディアも注目

 

 

日本のメディアも、低出力レーザ―育毛器、Capillusに注目をしています。

 

 

 

Amazonではなく公式サイトでご注文をいただいたお客様限定キャンペーン 

Capillus82 をご注文いただいたお客様にNanogen3x 1本をプレゼントさせていただきます。

Capillus202 をご注文いただいたお客様にNanogen3x 2本をプレゼントさせていただきます。

Capillus272をご注文いただいたお客様にNanogen3x 3本をプレゼントさせていただきます。

CapillusRX 312をご注文いただいたお客様にNanogen3x 4本をプレゼントさせていただきます

 

Capillusは2回払いでお支払も可能

 

2回払いについては詳しくは以下をご欄ください。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12306308648.html

 

 

Capillus Japan

TEL 052-766-3351

https://www.capillusjapan.com

info@capillusjapan.com

 

無断転載禁止

 

 

 

2019年11月15日の発売号の「DIME 令和最初のベストヒット大集合!」で、Capillusを1ぺージに渡り特集いただきました。

日本皮膚科学会において、低出力レーザ―育毛器を承認いただいたこともあり、その後、多くのメディアでお取り上げいただくようになりました。

 

 

 

2019年6月29日、TBSの「王様のブランチ」の「買い物の達人」が蔦屋家電でロゲがおこなれ、展示販売中のCapillus(カピラス)をご紹介いただきました。

 

Capillusや低出力レーザ―育毛器については以下詳しく、ご説明しており、ブログ限定での特別キャンペーンもご紹介しています。

 

2019年 「最強の科学根拠」とされるメタアナリシスで低出力レーザ―の育毛効果が証明された2例目の学術論文が発表されたので以下で詳しくご説明しています。

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12463065109.html

 

低出力レーザ―の関する記事 一覧

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/theme-10105970151.html

 

 

Capillus RX (レーザー312個の最上級モデル)は2017年 国際毛髪学会(ISHRS)の学術ポスター展示で最優秀賞を受賞した博士も臨床試験でご利用いただいています。

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12403019842.html 

 

 

Quantitative proteomic analysis of dermal papilla from male androgenetic alopecia comparing before and after treatment with low-level laser therapy.

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30843235

 

性別に問わず、髪の生成に不可欠な細胞分裂を促す、ATP(アデノシン三リン酸)の増加を促せるのが低出力レーザ―の最大の特徴の一つです。

 

ただこれまで、低出力レーザーを照射することで、どのような作用が起こっているのか未解明な部分がございました。

 

そこで、博士は低出力レーザーを照射することで、真皮乳頭組織 (dermal papilla)の中で、具体的にどのようなたんぱく質が増加しているのかを治験対象者の照射前と後の皮膚組織を直接採取し、24週間をかけて、検証を行いました。

 

結果

 

治験対象者全員の真皮乳頭組織(以下 DP)から、低出力レーザ―の使用前の平均値と比較して、低出力レーザ―の照射後をプロテオーム解析により比較を行いました。

 

24週経過後、11の有意なたんぱく質の増殖が明らかになりました。

 

さらに、バイオインフォマティック分析は、これらのタンパク質が細胞転写の調節、タンパク質生合成、細胞エネルギー、脂質恒常性、細胞外マトリックス(ECM)、ECM構造成分、細胞 - マトリックス接着、ならびに細胞接着 血管新生などの効果が確認されました。

 

その中、低出力レーザ―が開発された当初からAGAに対する効果として注目されていたATP(アデノシン三リン酸)について、影響を及ぼす、皮膚細胞の採取がおこなれました。

 

細胞内脂質恒常性に関与するトランスポーターであるATP結合カセットサブファミリーの中でGメンバーというたんぱく質が、最も増加が確認されたたんぱく質でした。

 

さらに、主要なECMタンパク質を増加が真皮乳頭組織での増加が確認され、その結果、髪の直径が増していることが、臨床的に確認されました。

 

今回の研究結果で、低出力レーザ―を使用することで、AGAを発症されている方々ではDPたんぱく質の増幅によって、髪の成長が促され、毛髪の弱体化が抑えられていることが細胞レベルでも確認されました。

 

以前、アメリカでもっとも権威のある皮膚科学の医学論文を発表しているJournal of the American Academy of Dermatologyに2017年4月にAGA型脱毛の治療の有効性を過去に発表された学術論文をメタアナリスによって検証した結果が発表され、低出力レーザ―の有効性が認められたことはご紹介をしましたが、さらに新たに、世界的に大半の医学論文が発表されているPubmed, Embase, and Cochrane Systematic Reviewsなどに掲載されている8つの学術論文で行われたランダム化比較試験の結果をメタアナリス解析によって検証が行われた論文が発表されました。

 

医薬品でも行われるランダム化比較試験の場合、偽薬などが用いられますが、機器などの場合いは偽装置が用いられ、多くの場合は低出力レーザ―に似たLEDを搭載した装置が用いられます。

 

以前にもご説明しましたがメタアナリスとは信憑性がもっとも高い学術論文とされています。その中で、低出力レーザ―の育毛効果を検証した2つ目のメタアナリス論文となりますが8つの論文で発表されたランダム化比較試験の結果を再検証しても、低出力レーザ―は性別や使用期間を問わず、育毛効果が期待出来ると今回の論文でも証明されました。

 

Comparative effectiveness of low-level laser therapy for adult androgenic alopecia: a system review and meta-analysis of randomized controlled trials

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30706177

 

当然、世界的に育毛薬として承認されておらず、育毛効果を証明する論文が乏しいザガーロやミノキシジルタブレットではメタアナリス解析によっての育毛効果は発表されていません。

 

The effectiveness of treatments for androgenic alopecia: A systematic review and meta-analysis

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28396101 

 

メタアナリス(meta-analysis)とは、複数の研究の結果を統合し、より高い見地から分析すること、またはそのために手法や統計解析のことです。

 

ランダム化比較試験(RCT)のメタアナリシスは、根拠に基づく医療において、もっとも質の高い根拠とされる検証とされています。

 

この中でAGA治療として今回のメタアナリシスで検証が行われたのは塗布用ミノキシジル、フィナステリド、低出力レーザーです。

 

メタアナリスを行うに当たり、過去に発表された学術論文上のデータが明確であることが不可欠です。

さらにはそのデータはダブルブラインドテストなどを用いり、公平性が保たれていなくてはなりません。

 

低出力レーザー育毛器の役割とCapillus特有の効果について、一つの記事にまとめました。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12369252990.html 

 

2019年5月27日更新

 

多くの方がAGA治療薬で育毛治療を行っておられると思いますが、特に注意するべきは、これまで知られていなかったザガーロやプロペシアの重大リスクが実証された学術論文が以下です。

 

2019年 ザガーロとプロペシアの長期服用が引き起こす、2型糖尿病の発症リスク

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12454917517.html

 

2019年時点でザガーロとプロペシアで報告されている最新と記事などを一挙にご欄いただけます。

 

ザガーロのブログ記事 一覧

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/theme-10105970246.html

 

プロペシアのブログ記事 一覧

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/theme-10105970244.html

 

年齢や性別に関わらず、薄毛や抜け毛で悩みを抱えている方が急増しています。

 

育毛薬の内服や育毛剤の塗布以外に、日本皮膚科学会・米国皮膚科学会・欧州皮膚科学会がAGA(男性型脱毛症)・FAGA(女性の男性型脱毛症に対し、育毛効果を認め、使用を推奨すると発表された「低出力レーザ―育毛器」をご存知でしょうか?

 

2010年に米国食品医薬局(FDA)で承認後、数多くの低出力レーザ―育毛器が開発されているアメリカで、業界最多個数のレーザーを搭載。

 

照射時間も最短のCapillus(カピラス)が業界トップの製品として発売されています。

 

 

そこで低出力レーザ―育毛器、Capillusがどのような製品かご紹介します。

 

低出力レーザ―とは

Capillus 4モデルのレーザー照射個数の比較画像です。より多くのレーザーを搭載している機種をご利用いただいたほうが同じ使用期間でも照射ムラがなく、早期の回復が期待できます。

 

 

 

 

その中でもCapillus312はこれらの医療機関へ通院をして照射を受ける機器として利用がされ、今年度中に発売される院内専用のCapillus Office Proを形状は違うものの、照射しているレーザーの出力やレーザーの個数がCapillus272と全く同じものを利用していました。

 

 

 

7年ぶりに改定された日本皮膚科学会、男性型および女性型脱毛症治療ガイドライン2017年版に低出力レーザ―が男性、共に有用性を示す十分な根拠があるとされる推奨度B。

 

 

低出力レーザーが承認され、日本皮膚科学会が改定した男性・女性型脱毛症治療ガイドラインの内容については以下で詳しく説明しています。

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12347022098.html 

 

 

日本皮膚科学会に次いで欧州皮膚科学会も男性型・女性型脱毛症に対し低出力レーザ―を有効と発表しました。当然LEDは該当しません。

 

日本で用いられているミノキタブレットやザガーロが欧州皮膚科学会がどのように考えているか以下でご紹介しています。

 

欧州皮膚科学会 男/女性型脱毛治療のガイドラインで低出力レーザ―器を推奨とミノタブやザガーロなどの内服育毛治療の見解

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12360438448.html 

 

 

最新の低出力レーザ育毛器 Capillusのラインアップ

 

薄毛・抜け毛の進行度合いは人それぞれによって異なります。

年齢も若く、抜け毛の増加程度で悩んでいる方から頭皮が露出してしまい、これまで試したあらゆる育毛法で効果がなかった方。

Capillusは全商品が照射時間がわずか6分。

状況に応じてCapillus RX 312、Capillus Pro 272、Capillus 202、Capillus 82の4タイプをご用意しています。

レーザーの照射個数が多くなれば、その分、頭皮の照射ムラがなくなることでATPの増殖やより高い血行促進効果が期待でき、いち早い、回復が期待できます。

 

レーザーの個数が多くなることでより隙間なくすべての毛根にレーザーが照射され、その影響が髪の成長を左右し、回復が確実かつ早まることが2年間の専門家の検証で確認されました。

 

 

他の低出力レーザー器のメーカー品との比較

 

Hairmaxの場合は低出力レーザーの主たる育毛効果であるATPの増加がご利用いただく最大の特徴です。

 

これらの効果はTheradomeやCapillusでも当然得られます。

そこにTheradomeはATPの増加だけではなく血行促進効果も得られ、Hairmaxと比較した場合、1台二役の効果が一度で得られます。

 

今回のCapillusに至ってはATPの増加、血行促進、さらに皮脂の過剰分泌の抑制なども医師による検証で確認され、1台で3役の効果があることがわかりました。

 

特にCapillus312はアメリカやヨーロッパの大手育毛病院で院内治療で用いられています。内科的な育毛治療でも週に3回通うなどしてレーザーの照射を受けることがありますが植毛手術を受ける前と後にご利用いただくことで移植した髪の定着や成長を促すだけではなく、ショックロスの大幅な軽減が図ることができることが以前より確認されています。

 

特に植毛のように広範囲また集中的に移植を受ける場合、レーザーが隙間なく照射されることが重要ではありますが手術前に頭皮の状態を改善し、血流の改善やATPの増加を図ること。術後は傷の治癒を早め、拒絶反応を抑制することで移植した髪の成長が活性化するだけではなく定着度合いが大幅に改善し、移植した髪が抜けてしまうことを防ぐ効果があります。

 

日本ではカツラや頭皮育毛ケアで知られているスベンソンですがヨーロッパでは植毛からあらゆる育毛治療を行う育毛病院をEU全土で行う育毛専門病院グルーブで150の医院を展開しています。

 

他にもアメリカの育毛病院でも同様に自宅での育毛ケアだけではなく植毛手術とCapillusは併用されています。

 

一般市場への投入前に専門家による検証を行い、エビデンス(根拠)を確保されてから販売が開始された低出力レーザー器は他にありません。

 

また良く伺う意見としてTheradomeやHairmaxのほうがデザイン的に近未来的なのに対し、帽子のようなデザインはどうなのかとのお声を頂戴します。

 

住宅事情がアメリカと日本を含めたアジア圏では異なる、庭で本を読んだり、車の通勤で1時間もかけることがあまりないと思います。帽子のような形状であればそのような時間を利用し、Capillusを使用できるようなデザインが用いられています。

 

重要なのはデザインよりも有効性やご利用の扱い安さだと思います。

 

実際、Theradomeの使用時間が20分。Capillus82・202・272.312は照射時間6分となりますが最大の特徴はCapillusの軽さです。

 

完全なコードレスを誇る、Theradomeは充電池が内蔵されているので本体重量が652gです。これは特に気になる重さではありませんがCapillusは充電池部分を腰の当たりのベルトなどにクリップで留めていただくので頭の上に載せるレーザー照射部分が帽子を含めてもわずか320gです。

 

首や肩のコリなどが気になる場合にはこの軽さが長期利用をするに当たっての利点になる場合もあります。

 

セラドームからCapillus82への買い替えであればあまり意味はないと思いますがより一層の改善を望む場合、312,272,202個とレーザーの頭皮のカバー率が大幅に増加し、業務用に匹敵するスペック(性能)のCapillusへの変更は大変意義があると思います。

 

 

 

 

 

Capillus 82 

他の全頭型低出力レーザ―もレーザーの搭載個数が80個前後の中、Capillus82は十分な範囲をカバーする入門モデルです。

お値段は119,900円(税込)

1年保証

1日/1回 使用時間 6分

​コストパフォーマンスを重視したモデルです。

Capillus 82の詳細はこちら

 

 

Capillus 202 

メーカー推奨のフラッグシップモデル。他の全頭型低出力レーザ―器やCapillus82の2.5倍レーザーを搭載。他の低出力レーザ―器で、効果が得られなかった方も照射個数の密着密度の向上により、低出力レーザ―が頭部全体をカバーできます。

お値段は265,100円(税込)

2年保証

1日/1回 使用時間 6分

 

​これまでの低出力レーザ―育毛器と大きな差別化を図る目的で開発された売れ筋No1の製品がCapillus202です。

Capillus 202の詳細はこちら

 

 

Capillus Pro 272 

2017年10月に新たに発表されたCapillus RX 312が登場するまではCapillusの商品ラインアップの中で、最上位のハイスペックモデル。

Capillusで行われた臨床試験で用いられたのがCapillus272です。

Capillus82と比較して3.3倍のレーザーを搭載。

Capillus272はCapillus202と比較して、70個のレーザーの照射個数の違いですが、これまで発売されているバンド型や他の低出力レーザ―育毛器、1台分に匹敵する照射個数の違いあります。

いち早く、Capillusを導入いただいた専門機関ではCapillus272を業務用で使用いただいております。

お値段は404,580円(税込)

3年保証

1日/1回 使用時間 6分

 

​これまで,様々な育毛法を試しても効果がなかった方。薄毛や抜け毛に悩み始め、かなりの月日が経過し、一日でも早く、回復を希望されている方にお勧めのハイスペックモデル。

​高額な製品でも安心の3年保証となります。

Capillus Pro 272の詳細はこちら

 

 

Capillus RX 312 

2017年10月に新たに登場した、Capillus RX 312はCapillusシリーズの中でも最多の312個のレーザーを搭載。

Capillusの新たな最上位モデルとして発売を開始しました。

現在では全モデルが照射時間がすべて6分ですが、Capillus RX 312に限っては毎日6分ではなく、2日に1回の使用が6分とご利用いただく負担が大幅に軽減。

Capillus82と比較して3.8倍のレーザーを搭載しています。

 

​海外などで医療機関で用いられていたCapillus272 Office Proというスタンドタイプよりも40個、レーザーが多く、他の業務用低出力レーザ―でも300個を超える製品は他にありません。

2018年2月に新たに発表されたCapillus 352 Office Proが発売されて以降も、サイズ的に手軽なCapillus RX 312を業務用として、使用する医療機関がほとんどです。

専門機関以上の育毛ケアを、ご自宅で行えるCapillus シリーズの中でもCapillus RX 312は最上位モデルです。

お値段は490,600円(税込)

5年保証

2日/1回 使用時間 6分

業務用としての連続使用も可能な耐久性と、安心の5年保証です。

Capillus RX 312の詳細はこちら

 

低出力レーザ育毛器 Capillus(カピラス)の公式サイトや問い合わせ

 

Capillus 全モデルで搭載されているレーザーの照射個数の数や密度の違いを比較がしやすいよう、4機種の照射面内部の画像です。

 

4モデルすべてを購入できるのは公式ホームページだけです。

商品についてのご質問や保証対応。これまでの経緯や現在の状況に応じてどのモデルを自分に適しているかを公式ホームページからお問い合わせいただけます。

 

セラドームやHairmaxは使用後、24時間の時間を空けることを推奨していますがCapillusは使用後、12時間を空ければご利用いただけることが専門家の検証で確認されているので毎日ご利用いただけます。

 

これまでHairmaxやTheradomeを長年取り扱う中で、アメリカやヨーロッパでは低出力レーザーへの注目が高まっています。

 

その中で過去に販売された製品よりも優れた効果と品質に加え、扱いやすさが求められています。Capillusシリーズはそれらの点を大幅に改善し、育毛専門家の医師や医療機関での実証実験や製品への意見を2年もかけて取り入れた上で一般市場投入された製品です。

 

Capillusで直径3cmで一切隙間がなく血行促進された状態の動画を紹介したブログ

ミノキシジルタブレットでも集中的にこれほどまでに血行促進されることはありません。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12368539500.html

 

今回はCapillusを使用して、局所的にもどれほどの血行が促進されるかをご欄いただく為に、約直径3cmの面積を編集せず、頭皮を動画で撮影しました。

 

また、十分なレーザー照射個数を搭載する、Capillusであればミノキシジルタブレットに同等、またはそれ以上の血行促進効果を期待できます。さらに、ミノキシジルのような内服のリスクはありません。

 

内服ミノキシジルタブレットの実情と誤認 日本皮膚科学科 脱毛症ガイドライン 男女共にミノキシジルタブレットの使用を推奨度 D

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12350254976.html

 

 

Capillusの比較対象としてバンド型レーザー育毛器と比較されるケースがあります。

 

バンドの幅から1か所につき、30秒。本体をずらしながら計3か所に当て、90秒のケアで終わることをポイントして上げておられます。

 

照射時間の短さからCapillusのような血行促進効果は得られないことやバンド型レーザー器のように、クシがなくともレーザーが頭皮まで到達していることは以前のブログでもご紹介しました。(今回の記事の下部でも血流の改善や頭皮への到達度合いについて説明しています。

 

上記のバンド型レーザーの使用例を画像で見ると、生際から頭頂部まで、薄毛が生じやすい箇所をすべてカバーできているように一見すると思われると思います。

 

ただ、本体自体の幅と照射面の幅には大きな差があります。

 

以下で画像では少し分かりにくいのですがバンド型レーザーの本体は9㎝ほど。

それに対し、実際の照射部分の幅は4.5㎝とやく半分ほどしかありません。

 

 

バンド型レーザー器の場合、本体をずらしながら3回に分けて照射しても実際、頭皮にレーザーを照射しているのはわずか13.5㎝(照射面4.5㎝ X 3回)です。

 

実際に3か所分を生え際から照射した場合、13.5㎝が頭皮のどこまでの位置か赤い矢印で示しています。

 

3回では通常、多くの方の旋毛部分よりもかなり前までしか13.5㎝ではカバーできず、女性のように、旋毛からの分け目の部分の頭皮が透けていれば4回照射しなくてはいけません。

 

仮に4回に分けたとしてもCapillusほどの頭皮カバー率はえられません。

 

Capillusとレーザーバンド型育毛器の照射面積の比較です。

 

バンド型レーザーを説明書通りに使用してもCapillusのように旋毛より後ろの部分は照射されていません。

さらに本体自体の幅ではなく、実際の照射されているバンド型レーザー器の照射面が13.5㎝に対し、Capillusは生え際から後頭部までの照射面積が倍の27㎝です。

 

Capillusの場合は低出力レーザ―が6分間、一度に照射され続けることで、1回のご利用でレーザーが照射される面積が広いだけではなく、以前ご紹介をしたATPの増加だけではなく、血行促進も同時に得られます。さらにご本人の状態に応じて、

 

バンド型レーザー器 Laserbandにはない、全頭型タイプのCapillusやTheradomeの血行促進効果や低出力レーザーの頭皮への到達度合いの違いについて以下で紹介しています。〈動画でCapillusのレーザーの到達具合をご欄いただけます)

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12357805167.html

 

HairmaxのHPや誘導目的のランディングページを拝見しているとHairmax以外の低出力レーザ―育毛器は照射部分がクシ状ではない為、現存する髪が分けとることが出来ず、頭皮にレーザーが照射されない為、効果が期待できないことを最大のポイントであると掲載しています。

 

Laserbandにはない、全頭型タイプのCapillusやTheradomeの血行促進効果や低出力レーザーの頭皮への到達度合いの違いについて以下で紹介しています。〈動画でCapillusのレーザーの到達具合をご欄いただけます)

 

バンド型HairmaxとCapillusの頭皮への低出力レーザ―の違いについて。クシ状でなくとも、Capillusのような全頭照射型の機器でバンド型以上にしっかりと照射されている模様を以下のブログで動画を含め説明しています

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12357805167.html

 

以下はCapillus202を透明の頭部型のマネキンと実際に人体が被った状態に加え、クシ型ではないCapillusが現存する毛髪があっても頭皮まで届いている模様を撮影しました。

 

Capillus202のようなスタンダードモデルでもどれほど光が頭皮に当たっているか、マネキンの内部をご欄いただいても分かります。

また人体のほうではCapillus本体の前部を少し持ち上げ、レーザーが当たっていない頭皮とレーザーが当たっている頭皮の部分がどのように違って見えるかを比較していただけるよう撮影しました。

 

髪があっても確実に頭皮にレーザーが届いていることを確認していただけるよう、100倍の倍率で頭皮を撮影しました。

 

 

 

バンド型低出力レーザ―器はクシ状でなくては光が通過していないような画像を掲載していますがどれだけ、クシで分けとっても髪が重なっている部分をレーザーが通らない程度の出力やレーザーの数では照射がムラができることになってしまいます。

 

以下はクシ状で髪を分けとる低出力レーザー器が髪の束の間をすり抜け光っている模様の画像です。

 

それでは髪の束になっている部分の下にある頭皮や毛根にレーザーは届かないと同じではないでしょうか?

 

バンド型ではなく、ブラシ型のの低出力レーザ―であれば小刻みに本体を動かしたり、繰り返し本体を移動させるので髪の束で照射されなかった頭皮にもレーザーが照射される可能性はあります。

 

バンド型の場合、限られた面積に82個のレーザーを一斉に照射しても、クシで髪が束になってしまうことから逆に髪の間に隙間がなくなり、照射具合にムラが生じる原因となり、レーザーが頭皮や毛根に届いていないことを上記のクシで髪を分け取った画像は示しています。

 

その点、全頭型のCapillusのように、より多い数のレーザーをそのまま頭皮全体に照射すれば薄毛の箇所または髪が多く現存している箇所に関係なく,必ず髪と髪の間に隙間は存在しレーザ―が通り抜けることができます。

 

日本のメディアも、低出力レーザ―育毛器、Capillusに注目をしています。

 

 

アメブロ限定値引キャンペーン

 

Capillus312・Capillus272限定 ハイエンドモデル 値引キャンペーン 2020年1月7日まで延長

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12372685561.html

 

Capillus202・Capillus82の割引と下取りキャンペーン 2020年1月7日をもって値引額の減額が決定https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12340924963.html

 

2019年の国際毛髪学会の最高賞受賞ドクターと全米で自毛植毛手術のトップ10ドクターであり、同学会の前会長がCapillusを利用

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12547619891.html

 

商品代金のお値引に加え、弊社限定の育毛剤プレゼントはそのまま継続いたします。

 

Capillus  82  119000円 → - 7000円   112000円

Capillus 202 265100円 → -15100円   250000円

Capillus 272  404580円 → 34580円   370000円

Capillus RX 312 490600円 → 50600円  440000円

 

他社で購入されたHairmax LaserBand82からの買い替えをご希望の場合は一度ご連絡ください。

 

Capillus 202  265100円

下取り    -100000円

お支払価格 165100円

 

Capillus 272  404580円

下取り    -117720円

お支払価格 286860円 

Capillus 312 RX  6分モデル 490600円 → 下取り価格についてはメールまたはお電話でお問い合わせください。

 

Capillus 202  265100円

下取り      -56500円

お支払価格  208600円  

 

Capillus 272  404500円

下取り      -56500円

特別値引き   -8000 円

お支払価格 340000円 

 

Capillus 312 RX  6分モデル 490600円 → 下取り価格についてはメールまたはお電話でお問い合わせください。

 

商品代金のお値引に加え、弊社限定の育毛剤プレゼントはそのまま継続いたします。

 

 

 

Capillus Japan

日本オフィス

名古屋東区泉3丁目17番10号     

電話番号 052-766-3351

 

HP https://www.capillusjapan.com

Email info@capillusjapan.com  

 

 

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へにほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へにほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 植毛・自毛植毛へにほんブログ村

 

無断転載禁止

Capillusの効果についてお問い合わせを頂く際、回復例が外国人ばかりだが日本人でも効くのか?

 

どれほどの時間を要するのか?というご質問を多く承ります。

 

以下はCapillus RXをご利用いただいた日本人の方で1年3か月

 

以下はCapillus RXをご利用井いただいたアメリカ人の方で1年7か月ほどです

 

どちらの方もCapillus単体で得た回復結果です。明らかに頭皮の露出はなくなりました。

年齢や個人差もありますが、肉眼で一見すると毛が生えていなくても、目視できないような状態で産毛が残っていれば、成長効率が改善することで、容姿的には大きな変化が得られます。

 

さらに、時間はかかっても、新しい髪も生え戻り始めるので一層の回復も期待できます。

 

薄毛の進行度合いが軽度から中程度であれば、髪の生育が弱まり、十分な太さや長さに成長しなくなった髪が低出力レーザーを照射することで、髪が大幅に改善し、容姿も変わります。

 

薄毛が重度の場合、毛の太さだけではなく、一定の本数が生え戻り、さらに伸びる必要があれば、その分の時間はかかります。

Capillusを使い始める時の進行度合いや年齢。それまでに行っていた育毛ケアも、結果が表れるまでに要する時間にも影響します。

 

今回新たに、紹介した新しい回復例の方たちも、ここまで回復を遂げれば、Capillusを使用する頻度も減らしても維持は可能ですが、更なる回復を目指す為に継続して毎日ご利用になってい

ます。

 

Capillusによって効果がどの程度の効果が表れるかを大きく左右する一つの要素は利用されるCapillusのモデルが影響します。

 

Capillus202とCapillus RX 312を利用期間が同じであったとしても、より低出力レーザーの数が多いRXをご利用いただくほうが、隙間なくレーザーが頭皮に満遍なく照射される為、早期の回復効果が得られる可能性が高いです。

 

過去には最上位機種はCapillus272でしたが、僅か40個とはいえ、低出力レーザーが増えたCapillus RXのほうが、回復が早いことが、Capillus 272を利用していた、アメリカの医療機関でも証明されたことから、上位機種として発売に至りました。

 

髪の生えるメカニズムは日本人もアメリカ人も同じです。

プロペシアとミノキシジルのどちらもアメリカで開発された育毛薬や育毛剤ですが、どちらも、日本でも認可されています。

 

アメリカや他国と比べると、認可された時期に数年の開きはありますが、低出力レーザ―育毛器も2017年に日本皮膚科学会が自毛植毛と同等の推奨度Bと認めています。

 

がんに限らず、他の病気でも、外国人では効果がある医薬品もの、日本人には効かないというものはありません。

 

Capillus RX (レーザー312個の最上級モデル)は2017年 国際毛髪学会(ISHRS)の学術ポスター展示で最優秀賞を受賞したタイ人の博士がおこなった臨床試験も治験対象者はすべてアジア人の方です。

 

 

上記の詳しい記事

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12403019842.html 

 

 

2019年の国際毛髪学会の最高賞受賞ドクターと全米で自毛植毛手術のトップ10ドクターであり、同学会の前会長がCapillusを利用

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12547619891.html

 

商品代金のお値引に加え、弊社限定の育毛剤プレゼントはそのまま継続いたします。

 

Capillus  82  119000円 → - 7000円   112000円

Capillus 202 265100円 → -15100円   250000円

Capillus 272  404580円 → 34580円   370000円

Capillus RX 312 490600円 → 50600円  440000円

 

他社で購入されたHairmax LaserBand82からの買い替えをご希望の場合は一度ご連絡ください。

 

Capillus 202  265100円

下取り    -100000円

お支払価格 165100円

 

Capillus 272  404580円

下取り    -117720円

お支払価格 286860円 

Capillus 312 RX  6分モデル 490600円 → 下取り価格についてはメールまたはお電話でお問い合わせください。

 

Capillus 202  265100円

下取り      -56500円

お支払価格  208600円  

 

Capillus 272  404500円

下取り      -56500円

特別値引き   -8000 円

お支払価格 340000円 

 

Capillus 312 RX  6分モデル 490600円 → 下取り価格についてはメールまたはお電話でお問い合わせください。

 

商品代金のお値引に加え、弊社限定の育毛剤プレゼントはそのまま継続いたします。

 

 

 

2019年に新たに発表された低出力レーザ―の育毛効果を証明する最新の2つの学術論文があります。

 

1つ目は国際毛髪学会で2017年に最優秀賞を受賞した研究者が追加の臨床試験を元に、新たな論文を発表。

その研究者の方は現在、市販用で最多のレーザーを搭載する、CapillusRX 312を研究にご利用いただいてます。

 

2つ目は「最強の科学根拠」とされるメタアナリシスで低出力レーザ―の育毛効果が証明された2例目の学術論文が発表されました。

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12463065109.html

 

その反面、2019年、ザガーロとプロペシアの長期服用が引き起こす、2型糖尿病の発症リスクが最新の論文で発表されました。

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12454917517.html

 

 

Capillus RXを世界トップクラスの米国植毛専門病院が男性・女性に使用しての回復例 更新

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12406741127.html

 

 

ブラックマヨネーズの小杉様が司会をされている読売テレビ 2018年11月9日放送の「マヨなか笑人」の企画で「人生コレを知らないと損をする!騙されたと思ってやってみぃ大会」で小杉様がCapillusをご紹介いただきました。

 

放送内容を紹介したブログの記事をご欄いただけます。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12417831285.html

 

Capillusの最新の回復例です。

上部の男性の回復例はCapillusを3か月ご利用いただいての回復例です。

 

 

Capillus(低出力レーザ―育毛器)を使用した回復例 2018年5月22日更新

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12338022667.html

 

 

 

Capillus Japan

TEL 052-766-3351

https://www.capillusjapan.com

info@capillusjapan.com

 

低出力レーザ―についてご存知ない方の為に

 

CapillusやTheradomeなどの低出力レーザ―の効果はAGAへの有効性は最強の科学的根拠とされているメタアナリスで証明されています。

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12390429678.html 

 

 

 

Capillus 82 

他の全頭型低出力レーザ―もレーザーの搭載個数が80個前後の中、Capillus82は十分な範囲をカバーする入門モデルです。

お値段は119,900円(税込)

1年保証

1日/1回 使用時間 6分

​コストパフォーマンスを重視したモデルです。

Capillus 82の詳細はこちら

 

 

Capillus 202 

メーカー推奨のフラッグシップモデル。他の全頭型低出力レーザ―器やCapillus82の2.5倍レーザーを搭載。他の低出力レーザ―器で、効果が得られなかった方も照射個数の密着密度の向上により、低出力レーザ―が頭部全体をカバーできます。

お値段は265,100円(税込)

2年保証

1日/1回 使用時間 6分

 

​これまでの低出力レーザ―育毛器と大きな差別化を図る目的で開発された売れ筋No1の製品がCapillus202です。

Capillus 202の詳細はこちら

 

 

Capillus Pro 272 

2017年10月に新たに発表されたCapillus RX 312が登場するまではCapillusの商品ラインアップの中で、最上位のハイスペックモデル。

Capillusで行われた臨床試験で用いられたのがCapillus272です。

Capillus82と比較して3.3倍のレーザーを搭載。

Capillus272はCapillus202と比較して、70個のレーザーの照射個数の違いですが、これまで発売されているバンド型や他の低出力レーザ―育毛器、1台分に匹敵する照射個数の違いあります。

いち早く、Capillusを導入いただいた専門機関ではCapillus272を業務用で使用いただいております。

お値段は404,580円(税込)

3年保証

1日/1回 使用時間 6分

 

​これまで,様々な育毛法を試しても効果がなかった方。薄毛や抜け毛に悩み始め、かなりの月日が経過し、一日でも早く、回復を希望されている方にお勧めのハイスペックモデル。

​高額な製品でも安心の3年保証となります。

Capillus Pro 272の詳細はこちら

 

 

Capillus RX 312 

2017年10月に新たに登場した、Capillus RX 312はCapillusシリーズの中でも最多の312個のレーザーを搭載。

Capillusの新たな最上位モデルとして発売を開始しました。

現在では全モデルが照射時間がすべて6分ですが、Capillus RX 312に限っては毎日6分ではなく、2日に1回の使用が6分とご利用いただく負担が大幅に軽減。

Capillus82と比較して3.8倍のレーザーを搭載しています。

業務用としての連続使用も可能な耐久性と、安心の5年保証です。

Capillus RX 312の詳細はこちら

 

低出力レーザ育毛器 Capillus(カピラス)の公式サイトや問い合わせ

 

Capillus のラインアップの詳細はこちら

 

AGA 男性型脱毛症のメカニズムとDHTの抑制とATPの増加させる、低出力レーザ―の育毛への役割の違い

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12369284172.html

 

年齢や性別に関わらず、薄毛や抜け毛で悩みを抱えている方が急増しています。

 

育毛薬の内服や育毛剤の塗布以外に、日本皮膚科学会・米国皮膚科学会・欧州皮膚科学会がAGA(男性型脱毛症)FAGA(女性の男性型脱毛症)に対し、育毛効果を認め、使用を推奨すると発表された「低出力レーザ―育毛器」をご存知でしょうか?

 

2010年に米国食品医薬局(FDA)で承認後、数多くの低出力レーザ―育毛器が開発されているアメリカで、業界最多個数のレーザーを搭載。照射時間も最短のCapillus(カピラス)が業界トップの製品として発売されています。

 

そこで低出力レーザ―育毛器、Capillusがどのような製品がご紹介いたします。

 

低出力レーザ―とは

 

低出力のレーザ―とは,650nm(±5nm)の発光ダイオードや毛髪内部や頭皮に照射することで発毛を促進するための機器です。以前はブラシなどはハンディタイプ型がほとんどでしたが、ご本人の使い方で照射ムラが生じることがなく、より均一に頭部全体に低出力レーザーが照射される全頭タイプが現在は主流です。

 

Capillusの低出力レーザーを頭皮に直接照射することによって発毛を促進するものです。

AGA型・FAGA型脱毛に問わず、髪の成長に不可欠なATP(アデノシン三リン酸)の生成を活性化させ、血行を促進させ、育毛効果が期待できます。

体に「レーザー」と使うと聞くと、大半の方が最初に思い浮ぶのは脱毛や手術の為に使う高出力レーザ―です。

脱毛に使用するのは高出力レーザ―で細胞を焼き切るような高い出力のレーザーを照射しています。

反面、低出力レーザ―はほとんど使用感がなく、少し暖かいという程度の体感しかありませんが頭皮の表面や毛乳頭に光が照射されることでDHT(デビトロテストしてロン)が引き起こすATP不足や血行不良が改善し、育毛効果が期待できます。

CapillusはFDA(アメリカ食品医薬品局)からの認可も受けている低出力レーザ―器の中で、現在最多個数のレーザー器を搭載し、照射時間も最短の製品です・

日本の厚生労働省に相当する機関がFDAですが近年では日本・米国・欧州皮膚科学会が低出力レーザ―の効果に注目。

プロペシアやザガーロ、ミノキシジル、植毛、と並び、Capillusは世界でもメジャーな薄毛治療と同等に男性・女性問わず、効果があると各国の皮膚科学会が推奨すると発表されました。

 

低出力レーザ―育毛器(Capillus)とミノキシジルやプロペシアのAGA治療を同時進行で行った場合の相乗効果を示す、臨床試験の内容

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12377331226.html

 

低出力レーザのメカニズム

 

低出力レーザーはどんな効果があるのか。

 

毛髪の主成分は血液中のたんぱく質です。加齢、生活習慣、食生活やストレスなどが原因で血行不良に陥ること近年高まっています。

男性型脱毛症のAGA。女性の男性型脱毛症のFAGAは体内のテストステロン(男性ホルモン)と5aリダクターゼが結合し、生じるDHTの増加が薄毛や抜け毛を誘発します。

毛細血管を通じ、毛乳頭まで到達した血液からたんぱく質が抽出され、毛乳頭内で細胞分裂を繰り返すことで毛髪は生成されます。

DHTが毛根内で増加すると、たんぱく質の細胞分裂に不可欠なエネルギー源であるATPが抑制されてしまいます。

低出力レーザ―は毛根内のミトコンドリアが活性化されることでATPが増加します。

プロペシアやザガーロのように、DHTの発生を抑制するのではなく、細胞分裂に不可欠なATPの増加を促進する点が他の育毛法と大きく異なります。

DHTの発生を抑制しても、ATPが増殖するとは限りません。

低出力レーザ―の最大の特徴がATPの増殖を促す効果が期待でき、他の育毛法と大きく異なる点です。

一定時間と適正な箇所に低出力レーザ―が照射されていれば血行促進作用も期待できますがすべての低出力レーザ―育毛器でできるとは限りません。

構造上や照射時間によってはATPの増加だけしか期待できず、血行促進効果が得られない製品もあります。

CapillusはFDAでの承認だけではなく、一般発売の開始前、2年間、毛髪医学の専門家の元、ATPの増加に加え、血行促進効果が一度に期待できることが確認されました。

毛髪の主成分である血液中たんぱく質の供給と毛髪の生成に不可欠な細胞分裂のエネルギー源であるATPの増加を一度に得られるのは低出力レーザ―育毛器でも限られており、他の育毛治療でも類を見ない効果があります。

臨床実験の結果

17週間をかけておこなわれた臨床実験の結果、利用者の95%の毛髪の増加を確認。

平均して、毛髪本数が51%増加との結果に至りました。

医薬品などに用いられる二重盲券法(ダブルブラインドテスト)は薬や治療法において、医学や研究者が効果などを検証する為に用いる手法です。

客観的な評価の為に、ランダム化比較試験(RCT)で参加者を選定。プラセボ(ダ三―器)なども用いり、思い込みなどがないように臨床試験を計画。

19mmほどの頭部の面積を3mmにカット。Capillusの使用前・使用後をFDAが選定した第三者機関がモニターし、結果が発表されました。

他の低出力レーザ―器よりも高い結果が出た最大の要因はレーザーの照射個数が多いことから、場所に関わらず、低出力レーザーが頭皮にムラなく照射されます。

同時に、頭部全体に一斉に低出力レーザ―が照射されることから、血行促進効果が大変高く、他の低出力レーザ―育毛器では得られない効果がCapillusでは期待できます。

低出力レーザ育毛器は日本・米国・欧州皮膚科学会が推奨

 

 

 各国の皮膚科学会が推奨

低出力レーザ―は2010年、米国食品医薬局(FDA)で育毛器として承認されました。

医療分野において、世界でも最先端の治療法や新薬などがアメリカで開発されています。

 

FDAとはアメリカでの医療品の開発や承認だけではなく、食の安全面も管轄する省庁です。

食品や医薬品、化粧品に医療機器などの許可や却下を下すだけではなく、FDAが承認すると世界でも多くの国がFDAの基準をクリアした製品の治験の免除を行うほど世界でももっとも厳しい基準を設けた機関です。

そのFDAにおいて、低出力レーザ―は認められてきましたが2017年に日本皮膚科学会。時同じくしてEU(欧州連合)54か国の医師や研究者、医療機関が属する欧州皮膚科学会において、低出力レーザ―を男性・女性共に薄毛に改善に対して推奨すると発表しました。

今回の発表がこれまで大きく異なる点として、毛髪学の治療に携わる医師や研究者が所属するISHRS(国際毛髪外科学会)やWCHR(国際毛髪科学研究会)のような専門学会ではなく、皮膚科学全般を管轄する学会が低出力レーザ―の育毛効果を認めたことです。

 

プロペシアやミノキシジルに次いで、B評価となり、医薬品以外では植毛手術と同等に薄毛や抜け毛に悩む方に対し、有効性が認められた点です。

​特に欧州皮膚科学会のように54か国がそれぞれに医薬品や治療法に対する基準や指針を設定している中、低出力レーザ―育毛器の有効性が認められました。

 

商品についてのご質問や保証対応。これまでの経緯や現在の状況に応じてどのモデルを自分に適しているかを公式ホームページからお問い合わせいただけます。

 

Capillus 公式サイト

 

 

Capillus(カピラス)低出力レーザ―育毛器のメリット

 

Capillus(カピラス)が他の低出力レーザ―器と異なり、いち早い回復を目指し、レーザーの照射個数や照射時間の短さ。照射ムラなどが生じないよう、綿密な設計の元開発され、値段に見合った効果と保証体制であることはご理解頂けたかと思います。

 

それでは他の育毛法とは異なる、メリットがどのようなものがご紹介します。

 

副作用が無く、他の育毛法との併用が可能

 

低出力レーザ―に説明書通りにご利用をいただければ副作用もありません。

その結果、他の育毛法との併用や植毛手術の前後に使用することで、移植した毛髪の定着率の向上や拒絶反応による、ショックロスの軽減にも繋がります。

近年の薄毛治療ではAGA(男性型脱毛症)の知名度が高まっています。

これまでは、唯一の治療法はプロペシアなやザガーロといった男性ホルモン抑制薬を使用することしか解決方法がないと言われていました。

 

日本皮膚科学会や欧州皮膚科学科が発表した男性型・女性型脱毛症に対し、低出力レーザ―が有効であると発表されたことで、Capillus単体での育毛ケアから現在ご利用中の育毛剤や育毛治療と併合してご利用いただくことで回復の可能性は大幅に向上が期待できます。

特に、これまで医療機関での治療を受けていた方が低出力レーザ―を追加することで、成長に伸び悩んでいた毛髪の成長が促進されます。

男性のように、育毛治療の選択肢がある方は専門治療の選択肢があります。

女性の場合にはプロペシアやザガーロのような育毛薬は使用できませんし、

薬である以上、体内への負担も考慮しなければなりません。

煩わしさが一切なく、わずか6分の時間で簡単に育毛ケアが行えます。

目視できなくても残存する産毛を成長

 

鏡を見て、薄毛箇所を見ると多くの方は、頭皮が露出し、毛根が死滅していると思いこんでいます。

​ここに一つ、大きな過ちがあります。

生え際・頭頂部にしても、毛髪はまだ生え出ているのにも関わらず、肉眼で確認できるような長さや太さまで成長ができなくなっている毛髪が残存している方がほとんどです。

目視できなくても、産毛状の髪が、以前と同様に太さや成長のスピードに戻すことは比較的容易です。

産毛だけではなく、頭皮の露出箇所に生えている、毛髪も以前と比べると、太さが半分または、3分の1になっていることでも、隙間が生じ、頭皮が透けてしまう原因です。

そのような産毛状態の毛髪や発育不良を起こしている毛髪の成長スピードを改善するのがもっとも得意とする育毛法が低出力レーザ―のATPの増加です。

そこに加えて、Capillusは血行促進効果にも長けていることから、他の低出力レーザ―よりも、以前は生え出ていた髪が再度、生え出る効果も同時に期待できます。

先ほどの臨床実験でも、17週間で51%の毛髪本数が増加したとのデータは、19mmの円形の面積に対し、使用前には存在しなかった毛髪が参加者の95%で51%の毛髪の本数の増加が確認されたというデータが示しています。

 

女性でも安心して使用出来る

男性にはAGA治療という治療が存在しますが、女性にははフィナステリドのような薬がなく、摂取が忌避されています。

男性の場合、フィナステリドやデュタステリドによって5αリダクターゼの働きを抑え、テストステロンが髪の毛を抜く作用をするDHT(ジヒドロテストステロン)へと変化することを阻害します。

女性の場合、閉経と共に、女性ホルモンの生成が減少して、男性ホルモンの割合が増えたとしても、更年期障害の治療で用いられる、ホルモン充填法でも薄毛は回復しません。

これは、FAGAとも呼ばれている症状です。

日本皮膚科学会・欧州皮膚科学会の双方において、女性の薄毛に対し、低出力レーザ―育毛器には効果があり、治療に用いることも推奨すると発表されました。

女性に対しての育毛効果において、低出力レーザ―を唯一、超えて推奨度Aの評価を受けたのは塗布用ミノキシジル(例 リアップジェンヌ)だけです。

 

個人差のある薄毛箇所

生え際生え際だけでは頭皮が露出している面積にも個人差があります。

範囲や面積に関わらず、均等にレーザーが照射されることが何より重要です。

ご欄いただける画像はスタンダードモデルのCapillus202を使った場合、どのように低出力レーザ―が照射されているかを示す画像です。

薬などを服用して、体全体のDHTが減少しては、思いもかけない影響が体に現れる可能性もあります。

ATPを増加させ、血行促進を図るなら、体全体で作用させるのではなく、薄毛箇所にピンポイントで作用させるほうが効率的的で効果もより高まります。

一部の低出力レーザ―器で、クシ状になっていないとレーザーが頭皮に届かないと説明されていますが、どれだけ髪が残存していても、髪の間には隙間があります。

Capillus 低出力レーザ―育毛器をメディアも注目

 

 

日本のメディアも、低出力レーザ―育毛器、Capillusに注目をしています。

 

 

 

Amazonではなく公式サイトでご注文をいただいたお客様限定キャンペーン 

Capillus82 をご注文いただいたお客様にNanogen3x 1本をプレゼントさせていただきます。

Capillus202 をご注文いただいたお客様にNanogen3x 2本をプレゼントさせていただきます。

Capillus272をご注文いただいたお客様にNanogen3x 3本をプレゼントさせていただきます。

CapillusRX 312をご注文いただいたお客様にNanogen3x 4本をプレゼントさせていただきます

 

Capillusは2回払いでお支払も可能

 

2回払いについては詳しくは以下をご欄ください。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12306308648.html

 

 

Capillus Japan

TEL 052-766-3351

https://www.capillusjapan.com

info@capillusjapan.com

 

無断転載禁止

 

無断転載禁止

 

多剤服用という言葉をご存知でしょうか?最近ではNHKのクローズアップ現代でも特集を組む問題です。

https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4343/index.html

 

AGA治療薬とサプリの多剤服用問題の別の記事

          

ミノキシジルタブレット(降圧剤)とサプリメントの併用による、多剤服用のトラブル 3

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12552194654.html 

 

AGA治療薬やミノタブの増量やサプリ追加の多剤服用問題 2
https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12551125134.html

 

 

認知症や精神疾患など、症状が重症化するにつれ、症状に合わせて薬を増やしていくという治療です。

 

育毛治療に比べると、認知症や精神疾患は、認可されている薬が多い為、薬の種類を増やす傾向が強かったのですが、これを根本的に見直す傾向が強くなっています。

 

育毛医療において、日本ではザガーロ、プロペシアが認められており、それ以外には日本皮膚科学会は推奨できないと、発表しているミノキシジルタブレット(以下ミノタブ)が支流です。

 

上記のいずれかの組み合わせを内服しても期待していた効果が見込めなかった場合、一部の育毛病院では、成分濃度を上げるなどを進めるケースや、付随してリジンやノコギリヤシ、亜鉛などを追加で処方するケースが増えています。

 

病気を早めたり、確実性を高める為に、多剤服用が良いと考える人が多くいるようですが、認知症や精神疾患の治療においては、薬の種類や量を減らす、減薬によって、それまでの認知症状が一切なくなった例もあります。

 

プロペシア、ザガーロ、ミノタブは医薬であってもサプリメントは無害であると誤解されています。

 

またサプリメントは明確な薬効は明記することがない為、健康食品の延長のようなイメージが強くありますが、単体では、影響はなくても、同じ目的をもった医薬品とサプリメントを組み合わせてしまうことで、本来よりも大きな影響が出てしまい、重症化する恐れがあります。

 

実際昨年発表された最新の論文でも多剤服用は医薬品だけではなく、サプリメントなどの混合服用でも起こることが公表されています。

 

日本皮膚科学会がミノタブの処方を反対して以降、自院のオリジナル治療薬と名前を変え処方されているケースや独自のパッケージングなどで、ミノタブとわからないようにしている医療機関が急増しています。

 

病院で処方を受けた、育毛薬に加え、サプリメントであれば大丈夫だろうと、自身のサプリメントを追加している場合がありますが、これも多剤服用に当たります。

 

認知症の場合、一般の基準としては6錠を目安としているようですが10錠飲んでも大丈夫の人もいれば、4錠で異常を致す場合もあります。

 

ところが、想定されていなかった医薬品の飲み合わせによる、反応により、薬を増加していたほうが認知症が酷くなり、徘徊や、ボケが急速に進み、手の施しようのなかった方が、薬を減らすことで、大幅な軽減や完治したケースが増加していることから、認知症治療のガイドラインが根本的に見直される傾向が強くなっています。

 

安易なミノタブやAGA治療薬のフィナステリド、デュタステリドの増量が一番の問題ですが、サプリメントに関する知識は医師よりも、薬剤師のほう詳しく、健康食品と医薬品を組み合わせることで有害になることを医師が承知していない場合があります。

 

特に育毛医療に用いられる薬ともなれば、調剤薬局で受け取るよりも、院内処方されており、普通の医薬品のように薬剤師に相談できないまま、処方されます。

 

患者自身も、サプリは無害と勝手な想像から、サプリの内服を医師には伝えず、多剤服用になっている7割を超えるそうです。

 

認可されていないミノタブを処方し、安全性が確認されていない、基準量を大幅に超えた、治療薬を育毛目的で処方している、育毛病院でサプリメントについて相談をしても、「サプリメントであれば大丈夫」と回答する医師がほとんどかもしれませんが注意は必要です。

 

AGA治療薬のプロペシア、またはミノタブを服用している場合。ザガーロへの転用や薬の増量に不安があってもサプリは天然成分なので、効果増大の代用薬として利用する場合でも多剤服用に陥り、想像を超える、副作用や後遺症を発症しかねません。

 

認知症ではない、高齢者の7割が多剤服用が原因で、一見すると重度の認知症と判断されていた患者がが、12種類の薬を7種類にすることで、暴力行為などの問題が軽減され、家族も見放していた症状が、軽減され、日常会話ができるまで回復したケース。

 

薄毛に限らず、どのような病気でも、症状が酷くなれば、薬を増量することで、回復を増進する足し算医療が定着化していますが、健康であれば、服用をしない薬やサプリメントも、量や種類を増やせば、増大効果が期待できると考えるのは大きな誤解です。

 

ノコギリヤシも日本ではサプリメントとしての扱いですが近年では前立腺肥大などの治療に用いられるケースも多く、これはフィナステリドやデュタステリドが元々開発された目的と同じです。

 

実際、前立腺治療中はノコギリヤシなどを併用しないよう、推奨する専門家や国々があります。

 

また、プロペシアやザガーロを飲みながら、さらに、ノコギリヤシを併用しての安全な接収量がデータ化された臨床研究も存在せず、前立腺肥大は定期的な検査も行われますが育毛治療では検査をするような配慮されていません。

 

亜鉛にしても、近年の加工品を中心とした食生活でコンビニ飯などの出来合いの食品に、含まれる食品添加物の亜鉛キレート剤が多く含まれる食品の摂取増加により、小腸からの亜鉛吸収率は悪くなっているというデータが公表されています。

 

その為、成人男女の亜鉛摂取量も、厚労省が定める量に至っていない例は多いようですが、亜鉛の摂取量には推奨されている上限があり、食品添加物が含まれていない食生活にすれば、不足分は補える程度の量です。

 

それにも関わらず、サプリメントの容器に書かれた量であれば安心ではなく、場合によっては亜鉛過剰症や亜鉛中毒に陥る場合もあります。

 

何より、薄毛でお悩みの本人が亜鉛を欠乏しているのか?しているのであればどの程度で、

過剰摂取にならないのはどの程度かと、血液検査などをしないまま、サプリだから安全と飲み続ける問題。

 

それ以前に、亜鉛をバランス良い状態で保てば薄毛が治るという考え自体、医学的に証明されないまま、ネットなどでの書き込みを見てしまって、育毛目的で服用しているケースがとても多いです。

 

亜鉛は髪の三大要素のひとつとされていますが、薄毛の原因が亜鉛不足から起こっているか検査する方法も確立されていないのに関わらず、摂取したところで意味を持ちません。

 

https://kenkyuukai.m3.com/journal/FilePreview_Journal.asp?path=sys%5Cjournal%5C20151207173919-4306467A888B69D8387AD0D2EE8FDDB85F741EAD08EB0816B27C73198F6F377C.pdf&sid=738&id=2091&sub_id=35763&cid=471

 

認知症に限らず、育毛などの内服治療では何かクスリやサプリメントを足したら、ひとつ引くという考えも重要です。

 

特に、別の疾患をお持ちで、既に何らかの薬を服用している場合、育毛薬との飲み合わせもありますが、そこに加えたサプリメントで多剤服用に陥り、体の異常を引き起こす場合があります。

 

ミノタブは単体でも育毛薬として世界中で認可されておらず、製薬会社ですら、育毛目的での服用を推奨していません。

 

ザガーロにしても、育毛薬としての認可は日本と韓国だけであり、他国では副作用の発症率の高さから、治験する躊躇する状態です。

 

 

 

 

世界的なニュースメディアとして知られる、ロイターがプロペシアの副作用や後遺症の問題として、「メリク社の秘密を守る手助けを裁判所がする」というタイトルの記事を発表しました。

 

https://www.reuters.com/investigates/special-report/usa-courts-secrecy-propecia/

           

今回の報道はアメリカで起こる様々な裁判において、証人の証言やデータが原告または被告代理人の意見を元に、裁判官の判断で、一般に開示されない事例があまりにも多すぎること。

 

 

 

プロペシア記事の一覧

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/theme-10105970244.html

 

ザガーロ記事の一覧

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/theme-10105970246.html 

 

プロペシアのように、ザガーロは育毛薬として世界的に承認された薬ではありません。デュタステリドは海外では、主に前立腺肥大治療薬としてのみ使用されています。

 

プロペシアなどのフィナステリドと比べ、ザガーロは1.6倍の育毛効果が期待できるという説明を見たまたは聞いた方は多いと思います海外で育毛薬として治験内容についてはあまり知られていません。

 

過去にも紹介しましたがザガーロによって育毛効果を得るには現在日本で処方されている0.5mgの5倍の2.5mgを内服しなくてはフィナステリドよりも優位に作用しないことがOlsen博士のメタアナリシスによる臨床試験

ところがザガーロに関しては日本皮膚科学会が2017年に推奨度Aとして発表をしています。

 

ザガーロを推奨度Aと判定するに当たり、日本皮膚科学会は1件のメタアナリスによる検証。3件のランダム化比較試験。1件の非ランダム化比較試験などからその効果を認めたと書いています。

 

この中で多きな疑問が存在します

 

3件のランダム化比較試験および、1件の非ランダム比較試験、7段階のエビデンスレベルの中でも上から三番目の(randomized control study)が3件で、1件はcohort study (コホート研究)レベルであることです。

 

そして、ザガーロを日本皮膚科学会が推奨度Aとした根拠として、メタアナリシスが1件含まれていると記載されていますがこれは2006年にOlsen 博士が発表した論文です。

 

韓国と日本で承認されて以降、またアナリティクスどころか、2番目に信憑性が高いと言われているシステマティックレビューもザガーロでは行われていません。

 

システマティック・レビュー(systematic review)とは、文献をくまなく調査し、ランダム化比較試験(RCT)のような質の高い研究のデータを、出版バイアスのようなデータの偏りを限りなく除き、分析を行うことです。

 

日本が参考にした2006年に海外で行われたザガーロのメタアナリシスの具体的内容です。

 

The importance of dual 5alpha-reductase inhibition in the treatment of male pattern hair loss: results of a randomized placebo-controlled study of dutasteride versus finasteride

 

https://vipadenievolos.ru/files/2016-07/research/dutasteride/Dual-5-a-reductase-inhibition.pdf

 

417人、21歳から45歳を対象に24週間,デュタステリド濃度は以下の4通りです。

005mg

0.1mg

0,5mg

2.5mg

 

注.1 メタアナリシスによってザガーロのデュタステリドがプロペシアのフィナステリドよりも効果的と説明されていますがもっとも注目するべきはこの論文ではフィナステリドがデュタステリドよりも優位に作用するのは2.5mgのデュタステリドであると結論つけていることです。

 

これは皆さんがAGA治療で処方されているザガーロの5倍の濃度で.はじめて、デュタステリドがフィナステリドよりも効果的だと結論が出されています。

 

 

 

ザガーロなどのデュタステリドを育毛薬として承認していないヨーロッパでは2.5mgのデュタステリドの服用が現実的ではないと考えているからこそ、日本と韓国以外の国ではAGA治療薬として承認されておらず、製薬会社も治験すら初めていない事情があります。

 

どちらにしろ、2006年に海外で発表された論文を元にしておりますが、それから12年経過した今でも日本と韓国を除いて、ザガーロを育毛薬として承認していない事実や、メタアナリシスではないにしてもシツテマティックレビューなどで効果の検証を行うべきだと思います。

 

ザガーロについては他にも数々の疑問が存在します。

ご興味のある方は以下にまとめているのでお読みください。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/theme-10105970246.html

 

他にもプロペシアについて日本では知られていない副作用などについての最新情報を以下にまとめています。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/theme-10105970244.html

 

2019年に新たに発表された低出力レーザ―の育毛効果を証明する最新の2つの学術論文があります。

 

1つ目は国際毛髪学会で2017年に最優秀賞を受賞した研究者が追加の臨床試験を元に、新たな論文を発表。

その研究者の方は現在、市販用で最多のレーザーを搭載する、CapillusRX 312を研究にご利用いただいてます。

 

2つ目は「最強の科学根拠」とされるメタアナリシスで低出力レーザ―の育毛効果が証明された2例目の学術論文が発表されました。

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12463065109.html

 

日本で用いられているミノキタブレットやザガーロが欧州皮膚科学会がどのように考えているか以下でご紹介しています。

 

欧州皮膚科学会 男/女性型脱毛治療のガイドラインで低出力レーザ―器を推奨とミノタブやザガーロなどの内服育毛治療の見解

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12360438448.html 

 

 

 

アメリカでもっとも権威のある皮膚科学の医学論文を発表しているJournal of the American Academy of Dermatologyに2017年4月にAGA型脱毛の治療の有効性を過去に発表された学術論文をメタアナリスによって検証した結果が発表され、低出力レーザ―の有効性が認められました。

 

The effectiveness of treatments for androgenic alopecia: A systematic review and meta-analysis

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28396101 

 

メタアナリス(meta-analysis)とは、複数の研究の結果を統合し、より高い見地から分析すること、またはそのために手法や統計解析のことです。

 

ランダム化比較試験(RCT)のメタアナリシスは、根拠に基づく医療において、もっとも質の高い根拠とされる検証とされています。

 

この中でAGA治療として今回のメタアナリシスで検証が行われたのは塗布用ミノキシジル、フィナステリド、低出力レーザーです。

 

メタアナリスを行うに当たり、過去に発表された学術論文上のデータが明確であることが不可欠です。

さらにはそのデータはダブルブラインドテストなどを用いり、公平性が保たれていなくてはなりません。

 

低出力レーザー育毛器の役割とCapillus特有の効果について、一つの記事にまとめました。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12369252990.html  

 

AGA 男性型脱毛症のメカニズムとDHTの抑制とATPの増加させる、低出力レーザ―の育毛への役割の違い

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12369284172.html

 

低出力レーザーが承認され、改定された男性・女性型脱毛症治療ガイドラインの内容については以下で詳しく説明しています。

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12347022098.html 

 

 

7年ぶりに改定された日本皮膚科学会、男性型および女性型脱毛症治療ガイドライン2017年版に低出力レーザ―が男性、共に有用性を示す十分な根拠があるとされる推奨度B。

 

 

育毛薬として世界で承認されている塗布用ミノキシジルやプロペシアのフィナステリド以外でAGA治療に対し、有効性が証明されたのはCapillusやTheradomeなどの低出力レーザーのみです。

 

アメブロ限定値引キャンペーン

 

Capillus312・Capillus272限定 ハイエンドモデル 値引キャンペーン 2020年1月7日まで延長

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12372685561.html

 

Capillus202・Capillus82の割引と下取りキャンペーン 2020年1月7日をもって値引額の減額が決定https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12340924963.html

 

2019年の国際毛髪学会の最高賞受賞ドクターと全米で自毛植毛手術のトップ10ドクターであり、同学会の前会長がCapillusを利用

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12547619891.html

 

商品代金のお値引に加え、弊社限定の育毛剤プレゼントはそのまま継続いたします。

 

Capillus  82  119000円 → - 7000円   112000円

Capillus 202 265100円 → -15100円   250000円

Capillus 272  404580円 → 34580円   370000円

Capillus RX 312 490600円 → 50600円  440000円

 

他社で購入されたHairmax LaserBand82からの買い替えをご希望の場合は一度ご連絡ください。

 

Capillus 202  265100円

下取り    -100000円

お支払価格 165100円

 

Capillus 272  404580円

下取り    -117720円

お支払価格 286860円 

Capillus 312 RX  6分モデル 490600円 → 下取り価格についてはメールまたはお電話でお問い合わせください。

 

Capillus 202  265100円

下取り      -56500円

お支払価格  208600円  

 

Capillus 272  404500円

下取り      -56500円

特別値引き   -8000 円

お支払価格 340000円 

 

Capillus 312 RX  6分モデル 490600円 → 下取り価格についてはメールまたはお電話でお問い合わせください。

 

商品代金のお値引に加え、弊社限定の育毛剤プレゼントはそのまま継続いたします。

 

2019年6月 TBS「王様のブランチ」でCapillusをご紹介いただきました。

 

ブラックマヨネーズの小杉様が司会をされている読売テレビ 2018年11月9日放送の「マヨなか笑人」の企画で「人生コレを知らないと損をする!騙されたと思ってやってみぃ大会」で小杉様がCapillusをご紹介いただきました。

 

放送内容を紹介したブログの記事をご欄いただけます。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12417831285.html

 

Amazonではなく公式サイトでご注文をいただいたお客様限定キャンペーン 

Capillus82 をご注文いただいたお客様にNanogen3x 1本をプレゼントさせていただきます。

Capillus202 をご注文いただいたお客様にNanogen3x 2本をプレゼントさせていただきます。

Capillus272をご注文いただいたお客様にNanogen3x 3本をプレゼントさせていただきます。

CapillusRX 312をご注文いただいたお客様にNanogen3x 4本をプレゼントさせていただきます 

 

Capillusの回復例


 

Capillus 4モデルのレーザー照射個数の比較画像です。より多くのレーザーを搭載している機種をご利用いただいたほうが同じ使用期間でも照射ムラがなく、早期の回復が期待できます。

 

 

 

 

Capillusはこれまで以下の7誌でご紹介いただきました。

詳しくは以下をご欄ください。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/theme-10105970170.html

 

 

 

 

お支払方法は銀行振込、代金引換(代引き手数料無料)、クレジットカード(STRIPE)で承っております。

 

Capillus Japan

日本オフィス

名古屋東区泉3丁目1710号     

電話番号 052-766-3351

 

HP https://www.capillusjapan.com

Email info@capillusjapan.com  

 

 

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へにほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へにほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 植毛・自毛植毛へにほんブログ村

 

無断転載禁止

無断転載禁止

プロペシアの副作用は公表されているよりも高い確率で発症するリスクがあることが最近わかってきました。

 

ただ残念ながら、確実な原因究明が出来ておらず、回避方法もわかっていません。

 

この1年で発表されただけでもプロペシアの副作用については軽視するべきではなく、注目すべき出来事がアメリカではいくつか起こっています。

 

プロペシアの副作用や後遺症の被害者が製薬会社相手に起こした民事裁判の中で、非開示扱いになっていたメリク社(製造元)の重役の証言がロイター社により、報道されました。

 

記事では、当時のプロペシアの担当者は会社の指示の元、「副作用の発症率を意図的に低く示すデータを米国食品医薬局(以下FDA)やプロペシアの添付文書(医師や薬剤師向けの説明書)に明記」していたと証言。

 

「通常の医薬品とは全く異なる方法と結果から得たデータがプロペシアでは示されている」と証言しました。

 

ロイターは消費者の安全の観点から、PL法(製造者責任法)の裁判で、証言や内容が非公表と判断されるケースがあまりにも多く、もし公表されていれば、被害拡大を防ぐはずだと、米国下院の司法委員会に訴えました。

 

2019年9月に行われた、司法委員会で、メリク社の隠ぺいや裁判内容についてスクープをしたロイター社の2名の記者の証言が以下です。

 

https://docs.house.gov/meetings/JU/JU03/20190926/110028/HHRG-116-JU03-Wstate-LevineD-20190926-U1.pdf

 

消費者保護の観点から、医療裁判に関わらず、証言や証拠が開示されるべきだと記者2名は証言しました。

 

事実、2019年10月、抗精神病薬の「リスペリドン」(日本名 リスパドール)を服用した男性が女性のように、胸の乳房化をしたと、ジョンソン&ジョンソン(以下JJ)を訴えた裁判で、初めての判決がでましたが8600億円の賠償命令がでました。

 

https://kabushiki.jp/news/326024

 

この訴訟では当初、7000万円の賠償金が言い渡されており、その後、8600億円に引き上げられたことから、訴訟の適正手続きに違反するため、賠償金額は減額される可能性は高いです。

 

賠償金よりも大きな問題は、プロペシアもリスペリドンと同様に男性が胸の乳房化が報告されています。添付画像はリスペリドンの副作用で発症した乳房化現象です。

 

判決を大きく左右したのは注意ラベルに女性化乳房の副作用が明記されるようになったのは、発売後10年以上たった2006年頃からであること。

 

被害者のバイブル氏も「そんな副作用があると知っていれば服用しなかった」と証言しています。

 

https://www.cnn.co.jp/usa/35093770.html

 

 

日本ではリスパドールという名称で処方されています。

 

ただ驚くことに「リスパドール 女性化乳房」と日本語で検索をしても、医師や製薬会社、専門サイトなどで、注意喚起がされていないことです。

 

同じ薬のリスペリドンでは2006年から注意書きに女性化乳房について明記されているにも関わらず、13年経過した日本では以下の症状しか、副作用の症状しか書かれていません。

 

・アカシジア

・不眠症

・振戦

・便秘

・傾眠

・流涎過多

・倦怠感

・筋固縮

 

多くの皆さんは、世界的に承認された医薬品であれば、すべての国で同じ、注意喚起や扱いがされるはずだとお考えだと思います。

 

プロペシアにしても、日本ほどの国の医療機関や医師、医薬品の注意書きにも、副作用や後遺症についての言及をしていないのだから存在するはずがないと考える方がほとんどのようですが、リスペリドンでも、アメリカと日本では、異なる注意書きが用いられ、発症する副作用や後遺症に対する見解も、司法や医学会共に、女性化乳房のリスクを認めています。

 

世界的に認可された医薬品であっても、公表する内容や副作用の注意喚起の内容を判断するのは、申請国に承認を求める、それぞれの国の製薬会社です。

 

リスペリドン・プロペシア共に、アメリカで開発された薬ではありますが、一方では、副作用や後遺症が、大きな社会問題として取り上げられ、集団訴訟も起こっているにも関わらず、日本では、注意書きどころか、医師や医療機関ですら、発症リスクが他国で確認されている、副作用を認知していません。

 

プロペシアの副作用や後遺症はWHO(世界保健機構)でも登録され、その問題を解決する為に尽力する、アメリカでは、フィナステリドシンドローム財団が設立されるほどです。

 

リスペリドンと同様に、プロペシアでも集団訴訟は起こっており、その裁判での証言が、消費者保護の観点から、正確な情報が十分に開示されていないと、アメリカ下院の司法委員会で取り上げられるほど、衝撃的な内容です。

 

リスペリドンで起きている10000人以上を超える、副作用の訴えの症状が、日本では起きないということは絶対にありえません。

 

リスペドールの副作用の説明が、国内では一切なされていないように、プロペシアの副作用や後遺症への認識が、日本では遅れています。

 

ザガーロも日本と韓国では育毛薬として承認されていますが、この薬は本来、前立腺肥大薬を育毛目的に転用しているだけです。

 

前立腺肥大薬としては世界各地で承認されていても、育毛薬としての承認は2国に留まっています。

 

理由として、前立腺肥大でも、トラブルの回避の為に、徹底した継続的な検査が求められる医薬品を、育毛目的で健常者が内服しても良いかが十分検証されていないからです。

 

さらにプロペシアよりも、ザガーロでは副作用が高いことは、国内の臨床試験でも示されています。

 

海外の専門家からすると、プロペシアでも、原因が不明で、発症した後遺症への対策が発見されていないにも関わらず、ザガーロともなればより高確率で、問題を発症する可能性が高いことから、育毛薬としての承認申請以前に、治験を行うことすら躊躇しています。

 

実際、前立腺治療薬として、プロペシア、ザガーロに加え、別の治療薬の3つを比較したところ、プロペシアとザガーロに限って、2型糖尿病を発症する確率が高いことが今年、発表されました。

 

特に、服用期間との兼ね合いが強く、期間が長ければ長いほど、糖尿病を発症することが解明されました。

 

前立腺肥大の場合、回復度合いによっては、内服を中止や、他の治療法への変更ができますが、育毛目的での利用の場合、内服期間が長期になるので、そのリスクはより高くなります。

 

PFS財団が支援した、研究では、これらの薬の最大目的であるDHTの発生源の5aリダクターゼの抑制効果が、遺伝子情報の変異を起こし、人体に重要な脳内物質の異常を誘発することも今年、発見しています。

 

プロペシアは育毛薬として世界中で承認され、副作用や後遺症についての訴えが広がっていることからマイナス面を調べる研究も進んでいます。

 

その反面、ザガーロは日本と韓国でのみ、承認されているだけなので、安全性を担保する研究が行われていません。

 

プロペシアやザガーロに限らず、リスペリドン(リスペドール)でも承認後、10年以上経過して、露呈する問題や、最初からリスクがありながらも、十分な情報開示がされないまま、認可される医薬品もあります。

 

ミノキシジルタブレットにしても開発した製薬会社や日本を含めた、世界中の毛髪学会が反対しているにも関わらず、国内の一部の育毛病院は現在でも、処方を続けています。

 

命関わる問題ではなく、外見を変える為の美容医療の分野においては、患者の安全性よりも、結果を優先し、一定のリスクは仕方がないと医師や製薬会社も考える傾向があるので、正しい知識を元に、判断をされるべきです。

 

 

世界的なニュースメディアとして知られる、ロイターがプロペシアの副作用や後遺症の問題として、「メリク社の秘密を守る手助けを裁判所がする」というタイトルの記事を発表しました。

 

https://www.reuters.com/investigates/special-report/usa-courts-secrecy-propecia/

           

今回の報道はアメリカで起こる様々な裁判において、証人の証言やデータが原告または被告代理人の意見を元に、裁判官の判断で、一般に開示されない事例があまりにも多すぎること。

 

 

 

プロペシア記事の一覧

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/theme-10105970244.html

 

ザガーロ記事の一覧

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/theme-10105970246.html 

 

プロペシアのように、ザガーロは育毛薬として世界的に承認された薬ではありません。デュタステリドは海外では、主に前立腺肥大治療薬としてのみ使用されています。

 

プロペシアなどのフィナステリドと比べ、ザガーロは1.6倍の育毛効果が期待できるという説明を見たまたは聞いた方は多いと思います海外で育毛薬として治験内容についてはあまり知られていません。

 

過去にも紹介しましたがザガーロによって育毛効果を得るには現在日本で処方されている0.5mgの5倍の2.5mgを内服しなくてはフィナステリドよりも優位に作用しないことがOlsen博士のメタアナリシスによる臨床試験

ところがザガーロに関しては日本皮膚科学会が2017年に推奨度Aとして発表をしています。

 

ザガーロを推奨度Aと判定するに当たり、日本皮膚科学会は1件のメタアナリスによる検証。3件のランダム化比較試験。1件の非ランダム化比較試験などからその効果を認めたと書いています。

 

この中で多きな疑問が存在します

 

3件のランダム化比較試験および、1件の非ランダム比較試験、7段階のエビデンスレベルの中でも上から三番目の(randomized control study)が3件で、1件はcohort study (コホート研究)レベルであることです。

 

そして、ザガーロを日本皮膚科学会が推奨度Aとした根拠として、メタアナリシスが1件含まれていると記載されていますがこれは2006年にOlsen 博士が発表した論文です。

 

韓国と日本で承認されて以降、またアナリティクスどころか、2番目に信憑性が高いと言われているシステマティックレビューもザガーロでは行われていません。

 

システマティック・レビュー(systematic review)とは、文献をくまなく調査し、ランダム化比較試験(RCT)のような質の高い研究のデータを、出版バイアスのようなデータの偏りを限りなく除き、分析を行うことです。

 

日本が参考にした2006年に海外で行われたザガーロのメタアナリシスの具体的内容です。

 

The importance of dual 5alpha-reductase inhibition in the treatment of male pattern hair loss: results of a randomized placebo-controlled study of dutasteride versus finasteride

 

https://vipadenievolos.ru/files/2016-07/research/dutasteride/Dual-5-a-reductase-inhibition.pdf

 

417人、21歳から45歳を対象に24週間,デュタステリド濃度は以下の4通りです。

005mg

0.1mg

0,5mg

2.5mg

 

注.1 メタアナリシスによってザガーロのデュタステリドがプロペシアのフィナステリドよりも効果的と説明されていますがもっとも注目するべきはこの論文ではフィナステリドがデュタステリドよりも優位に作用するのは2.5mgのデュタステリドであると結論つけていることです。

 

これは皆さんがAGA治療で処方されているザガーロの5倍の濃度で.はじめて、デュタステリドがフィナステリドよりも効果的だと結論が出されています。

 

 

 

ザガーロなどのデュタステリドを育毛薬として承認していないヨーロッパでは2.5mgのデュタステリドの服用が現実的ではないと考えているからこそ、日本と韓国以外の国ではAGA治療薬として承認されておらず、製薬会社も治験すら初めていない事情があります。

 

どちらにしろ、2006年に海外で発表された論文を元にしておりますが、それから12年経過した今でも日本と韓国を除いて、ザガーロを育毛薬として承認していない事実や、メタアナリシスではないにしてもシツテマティックレビューなどで効果の検証を行うべきだと思います。

 

ザガーロについては他にも数々の疑問が存在します。

ご興味のある方は以下にまとめているのでお読みください。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/theme-10105970246.html

 

他にもプロペシアについて日本では知られていない副作用などについての最新情報を以下にまとめています。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/theme-10105970244.html

 

2019年に新たに発表された低出力レーザ―の育毛効果を証明する最新の2つの学術論文があります。

 

1つ目は国際毛髪学会で2017年に最優秀賞を受賞した研究者が追加の臨床試験を元に、新たな論文を発表。

その研究者の方は現在、市販用で最多のレーザーを搭載する、CapillusRX 312を研究にご利用いただいてます。

 

2つ目は「最強の科学根拠」とされるメタアナリシスで低出力レーザ―の育毛効果が証明された2例目の学術論文が発表されました。

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12463065109.html

 

日本で用いられているミノキタブレットやザガーロが欧州皮膚科学会がどのように考えているか以下でご紹介しています。

 

欧州皮膚科学会 男/女性型脱毛治療のガイドラインで低出力レーザ―器を推奨とミノタブやザガーロなどの内服育毛治療の見解

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12360438448.html 

 

 

 

アメリカでもっとも権威のある皮膚科学の医学論文を発表しているJournal of the American Academy of Dermatologyに2017年4月にAGA型脱毛の治療の有効性を過去に発表された学術論文をメタアナリスによって検証した結果が発表され、低出力レーザ―の有効性が認められました。

 

The effectiveness of treatments for androgenic alopecia: A systematic review and meta-analysis

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28396101 

 

メタアナリス(meta-analysis)とは、複数の研究の結果を統合し、より高い見地から分析すること、またはそのために手法や統計解析のことです。

 

ランダム化比較試験(RCT)のメタアナリシスは、根拠に基づく医療において、もっとも質の高い根拠とされる検証とされています。

 

この中でAGA治療として今回のメタアナリシスで検証が行われたのは塗布用ミノキシジル、フィナステリド、低出力レーザーです。

 

メタアナリスを行うに当たり、過去に発表された学術論文上のデータが明確であることが不可欠です。

さらにはそのデータはダブルブラインドテストなどを用いり、公平性が保たれていなくてはなりません。

 

低出力レーザー育毛器の役割とCapillus特有の効果について、一つの記事にまとめました。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12369252990.html  

 

AGA 男性型脱毛症のメカニズムとDHTの抑制とATPの増加させる、低出力レーザ―の育毛への役割の違い

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12369284172.html

 

低出力レーザーが承認され、改定された男性・女性型脱毛症治療ガイドラインの内容については以下で詳しく説明しています。

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12347022098.html 

 

 

7年ぶりに改定された日本皮膚科学会、男性型および女性型脱毛症治療ガイドライン2017年版に低出力レーザ―が男性、共に有用性を示す十分な根拠があるとされる推奨度B。

 

 

育毛薬として世界で承認されている塗布用ミノキシジルやプロペシアのフィナステリド以外でAGA治療に対し、有効性が証明されたのはCapillusやTheradomeなどの低出力レーザーのみです。

 

アメブロ限定値引キャンペーン

 

Capillus312・Capillus272限定 ハイエンドモデル 値引キャンペーン 2020年1月7日まで延長

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12372685561.html

 

Capillus202・Capillus82の割引と下取りキャンペーン 2020年1月7日をもって値引額の減額が決定https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12340924963.html

 

2019年の国際毛髪学会の最高賞受賞ドクターと全米で自毛植毛手術のトップ10ドクターであり、同学会の前会長がCapillusを利用

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12547619891.html

 

商品代金のお値引に加え、弊社限定の育毛剤プレゼントはそのまま継続いたします。

 

Capillus  82  119000円 → - 7000円   112000円

Capillus 202 265100円 → -15100円   250000円

Capillus 272  404580円 → 34580円   370000円

Capillus RX 312 490600円 → 50600円  440000円

 

他社で購入されたHairmax LaserBand82からの買い替えをご希望の場合は一度ご連絡ください。

 

Capillus 202  265100円

下取り    -100000円

お支払価格 165100円

 

Capillus 272  404580円

下取り    -117720円

お支払価格 286860円 

Capillus 312 RX  6分モデル 490600円 → 下取り価格についてはメールまたはお電話でお問い合わせください。

 

Capillus 202  265100円

下取り      -56500円

お支払価格  208600円  

 

Capillus 272  404500円

下取り      -56500円

特別値引き   -8000 円

お支払価格 340000円 

 

Capillus 312 RX  6分モデル 490600円 → 下取り価格についてはメールまたはお電話でお問い合わせください。

 

商品代金のお値引に加え、弊社限定の育毛剤プレゼントはそのまま継続いたします。

 

 

2019年6月 TBS「王様のブランチ」でCapillusをご紹介いただきました。

 

ブラックマヨネーズの小杉様が司会をされている読売テレビ 2018年11月9日放送の「マヨなか笑人」の企画で「人生コレを知らないと損をする!騙されたと思ってやってみぃ大会」で小杉様がCapillusをご紹介いただきました。

 

放送内容を紹介したブログの記事をご欄いただけます。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12417831285.html

 

Amazonではなく公式サイトでご注文をいただいたお客様限定キャンペーン 

Capillus82 をご注文いただいたお客様にNanogen3x 1本をプレゼントさせていただきます。

Capillus202 をご注文いただいたお客様にNanogen3x 2本をプレゼントさせていただきます。

Capillus272をご注文いただいたお客様にNanogen3x 3本をプレゼントさせていただきます。

CapillusRX 312をご注文いただいたお客様にNanogen3x 4本をプレゼントさせていただきます 

 

Capillusの回復例


 

Capillus 4モデルのレーザー照射個数の比較画像です。より多くのレーザーを搭載している機種をご利用いただいたほうが同じ使用期間でも照射ムラがなく、早期の回復が期待できます。

 

 

 

 

Capillusはこれまで以下の7誌でご紹介いただきました。

詳しくは以下をご欄ください。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/theme-10105970170.html

 

 

 

 

お支払方法は銀行振込、代金引換(代引き手数料無料)、クレジットカード(STRIPE)で承っております。

 

Capillus Japan

日本オフィス

名古屋東区泉3丁目1710号     

電話番号 052-766-3351

 

HP https://www.capillusjapan.com

Email info@capillusjapan.com  

 

 

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へにほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へにほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 植毛・自毛植毛へにほんブログ村

 

無断転載禁止

無断転載禁止

 

 

世界的なニュースメディアとして知られる、ロイターがプロペシアの副作用や後遺症の問題として、「メリク社の秘密を守る手助けを裁判所がする」というタイトルの記事を発表しました。

 

https://www.reuters.com/investigates/special-report/usa-courts-secrecy-propecia/

           

今回の報道はアメリカで起こる様々な裁判において、証人の証言やデータが原告または被告代理人の意見を元に、裁判官の判断で、一般に開示されない事例があまりにも多すぎること。

 

仮に情報の開示がされていれば、それ以上の被害者を防げるにも関わらず、裁判官が十分な熟慮をしないまま、多くの内容が非公表になっている問題を追及する記事の一環で報じられました。

 

証言内容や証拠の封印は、プロダクトライアビリティ、 PL法の裁判で、特に見られます。(製造物責任法について 製品の欠陥によって生命,身体又は財産に損害を被ったことを証明した場合に,被害者は製造会社などに対して損害賠償を求めることができる法律)

 

正当な理由がなく、十分な検証が行われないまま、様々な証言や証拠が一般開示されないことを問題視した、アメリカの連邦下院議会司法委員会が連邦裁判所の透明度が欠如している点の委員会を9月26日に実施することになりました。

 

この問題を追及していたロイターが、偶然にもプロペシアの副作用や後遺症の裁判の中で、プロペシアが承認された当時の臨床開発プログラムのトップのカフマン氏やメリク社の元上級取締役のメリット氏。広報担当のハウズ氏の封印されていた証言が、連邦裁判所の事務の不手際により、黒塗りで内容が確認出来なかった裁判記録をロイターの記者が読むことができたことで大きく報道されました。

 

 

特に問題視されているのが、1997年にプロペシアが承認されてから、2002年に初めてプロペシアの注意書きが改定された際、メリク社の上層部が「長期服用による、性的な副作用や後遺症の発症率を0.3%以下と注意書きに記載するにはデータをどのように用いるべきか?」と議論があったと開発責任者のカフマン氏は証言。

 

「5年の服用の発症率で、0.3%以下としながら、実際には1年目時点でのデータを元に、改定された注意書きは書かれていること。

 

実際5年間服用した、治験参加者の中で3年目以降、性欲減退などを23名が訴えているとの報告をメリク社のアナリストが上級役員に報告をいれたメールが存在したこと。

 

5年の治験期間中に、治療を中断し、離脱した参加者や、実際、副作用に悩み、離脱した6名の患者のデータを反映させないまま、2002年の注意書きの改定がおこなわれた。」とカフマン氏は証言。

 

「プロペシアの5年間の治験期間に、離脱した患者や副作用を発症し、棄権した患者を除外したデータでは、正確な副作用の発症率を確認できないと会社に報告したが取り合ってもらえなかった。」

 

会社としてはどうしても、5年の長期服用による発症率を低くする為に、本来は考えられない、方法で採取したデータを元に注意書きを書いた」とも証言している。

 

これに対し、元メリク社の上級役員の1人であった、メリット氏は、「当時メリク社では、途中離脱した患者や副作用を発症した患者の継続調査を行う考えや、中止後に改善に至ったかの調査を行う考えは社内になかった」と証言。

 

また裁判の中で、メリット氏に「2002年に改定された注意書きに性機能の低下の発症や、服用中止後も症状が継続した明記することはできたか?」と尋ねられると、メリット氏は「もしメリク社がデータの元ついて、注意書きを書かなくてはいけないと考えていれば、そのように記載できたであろう。なぜ、そうしなかったかは、私にはわからないと」証言をした。

 

 

1999年のメリク社の社内文書で共有されたデータを元に広報担当責任者のハウズ氏に対しおこなった質問の中で、「もし、プロペシアに一時的または、継続的な副作用や後遺症が生じる恐れがあると公表した場合、それがプロペシア離れを起こすことをメリク社は危惧していたか?」という質問に対し、ハウズ氏は「はい」と回答。

 

さらに「メリク社は副作用や後遺症についての問題を重要視し、どのように公表するべきかとの懸念をもっていたか?」という質問に対しても、ハウズ氏は「はい」と回答した。

 

直接関与した、責任者の重要証言や証拠が裁判官の判断により、非開示扱いとされていることにロイター社は問題提起をしており、もし公表されていれば、もっと多くの被害者を防ぐことができるはずだと締めくくっています。

 

連邦下院司法委員会も問題視しており、非開示になる資料の判断についての会合が行われる。

 

マイケルジャクソンが亡くなった原因とされるオピオイドの中毒性や死亡事例など、正確な情報の開示義務を怠った、製薬会社が、被害者に対し、4000億円にも及ぶ、慰謝料を払うことで示談を持ちかけているのが大きく報道されています。

 

メリク社も以前起こされた、集団訴訟の原告の一部との示談を成立させており、示談金の支払と引き換えに、裁判中に開示された証拠や証言などについて公表をしないことを条件としているようです。

 

今回、ロイターが偶然に発見した、裁判の公文書の黒塗りされた、関係者の証言も驚くべき内容だが、もし、この裁判が公開裁判で行われていれば、さらに衝撃的な内容になると思います。

 

何より、今回の裁判での証言だけでも、これまでの製薬会社の説明やデータに疑問が残り、「プロペシアやフィナステリドなどのジェネリック薬に書かれた注意書きや、製薬会社から提供されたデータを元に行われている医師の説明」の信憑性にも懸念が生じます。

 

以前、週刊現代で、大阪の医師が実名報道で「プロペシアの危険性」を告白した記事もあるように、医薬品は各国が承認したものなので安全だと考えるのは大変危険です。

 

週間現代の記事の内容やⅡ型糖尿病の発症の問題。過去に発表されたプロペシアやザガーロの記事を以下のカテゴリーからご欄いただけます。

 

プロペシア記事の一覧

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/theme-10105970244.html

 

ザガーロ記事の一覧

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/theme-10105970246.html 

 

プロペシアのように、ザガーロは育毛薬として世界的に承認された薬ではありません。デュタステリドは海外では、主に前立腺肥大治療薬としてのみ使用されています。

 

プロペシアなどのフィナステリドと比べ、ザガーロは1.6倍の育毛効果が期待できるという説明を見たまたは聞いた方は多いと思います海外で育毛薬として治験内容についてはあまり知られていません。

 

過去にも紹介しましたがザガーロによって育毛効果を得るには現在日本で処方されている0.5mgの5倍の2.5mgを内服しなくてはフィナステリドよりも優位に作用しないことがOlsen博士のメタアナリシスによる臨床試験

ところがザガーロに関しては日本皮膚科学会が2017年に推奨度Aとして発表をしています。

 

ザガーロを推奨度Aと判定するに当たり、日本皮膚科学会は1件のメタアナリスによる検証。3件のランダム化比較試験。1件の非ランダム化比較試験などからその効果を認めたと書いています。

 

この中で多きな疑問が存在します

 

3件のランダム化比較試験および、1件の非ランダム比較試験、7段階のエビデンスレベルの中でも上から三番目の(randomized control study)が3件で、1件はcohort study (コホート研究)レベルであることです。

 

そして、ザガーロを日本皮膚科学会が推奨度Aとした根拠として、メタアナリシスが1件含まれていると記載されていますがこれは2006年にOlsen 博士が発表した論文です。

 

韓国と日本で承認されて以降、またアナリティクスどころか、2番目に信憑性が高いと言われているシステマティックレビューもザガーロでは行われていません。

 

システマティック・レビュー(systematic review)とは、文献をくまなく調査し、ランダム化比較試験(RCT)のような質の高い研究のデータを、出版バイアスのようなデータの偏りを限りなく除き、分析を行うことです。

 

日本が参考にした2006年に海外で行われたザガーロのメタアナリシスの具体的内容です。

 

The importance of dual 5alpha-reductase inhibition in the treatment of male pattern hair loss: results of a randomized placebo-controlled study of dutasteride versus finasteride

 

https://vipadenievolos.ru/files/2016-07/research/dutasteride/Dual-5-a-reductase-inhibition.pdf

 

417人、21歳から45歳を対象に24週間,デュタステリド濃度は以下の4通りです。

005mg

0.1mg

0,5mg

2.5mg

 

注.1 メタアナリシスによってザガーロのデュタステリドがプロペシアのフィナステリドよりも効果的と説明されていますがもっとも注目するべきはこの論文ではフィナステリドがデュタステリドよりも優位に作用するのは2.5mgのデュタステリドであると結論つけていることです。

 

これは皆さんがAGA治療で処方されているザガーロの5倍の濃度で.はじめて、デュタステリドがフィナステリドよりも効果的だと結論が出されています。

 

 

 

ザガーロなどのデュタステリドを育毛薬として承認していないヨーロッパでは2.5mgのデュタステリドの服用が現実的ではないと考えているからこそ、日本と韓国以外の国ではAGA治療薬として承認されておらず、製薬会社も治験すら初めていない事情があります。

 

どちらにしろ、2006年に海外で発表された論文を元にしておりますが、それから12年経過した今でも日本と韓国を除いて、ザガーロを育毛薬として承認していない事実や、メタアナリシスではないにしてもシツテマティックレビューなどで効果の検証を行うべきだと思います。

 

ザガーロについては他にも数々の疑問が存在します。

ご興味のある方は以下にまとめているのでお読みください。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/theme-10105970246.html

 

他にもプロペシアについて日本では知られていない副作用などについての最新情報を以下にまとめています。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/theme-10105970244.html

 

2019年に新たに発表された低出力レーザ―の育毛効果を証明する最新の2つの学術論文があります。

 

1つ目は国際毛髪学会で2017年に最優秀賞を受賞した研究者が追加の臨床試験を元に、新たな論文を発表。

その研究者の方は現在、市販用で最多のレーザーを搭載する、CapillusRX 312を研究にご利用いただいてます。

 

2つ目は「最強の科学根拠」とされるメタアナリシスで低出力レーザ―の育毛効果が証明された2例目の学術論文が発表されました。

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12463065109.html

 

日本で用いられているミノキタブレットやザガーロが欧州皮膚科学会がどのように考えているか以下でご紹介しています。

 

欧州皮膚科学会 男/女性型脱毛治療のガイドラインで低出力レーザ―器を推奨とミノタブやザガーロなどの内服育毛治療の見解

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12360438448.html 

 

 

 

アメリカでもっとも権威のある皮膚科学の医学論文を発表しているJournal of the American Academy of Dermatologyに2017年4月にAGA型脱毛の治療の有効性を過去に発表された学術論文をメタアナリスによって検証した結果が発表され、低出力レーザ―の有効性が認められました。

 

The effectiveness of treatments for androgenic alopecia: A systematic review and meta-analysis

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28396101 

 

メタアナリス(meta-analysis)とは、複数の研究の結果を統合し、より高い見地から分析すること、またはそのために手法や統計解析のことです。

 

ランダム化比較試験(RCT)のメタアナリシスは、根拠に基づく医療において、もっとも質の高い根拠とされる検証とされています。

 

この中でAGA治療として今回のメタアナリシスで検証が行われたのは塗布用ミノキシジル、フィナステリド、低出力レーザーです。

 

メタアナリスを行うに当たり、過去に発表された学術論文上のデータが明確であることが不可欠です。

さらにはそのデータはダブルブラインドテストなどを用いり、公平性が保たれていなくてはなりません。

 

低出力レーザー育毛器の役割とCapillus特有の効果について、一つの記事にまとめました。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12369252990.html  

 

AGA 男性型脱毛症のメカニズムとDHTの抑制とATPの増加させる、低出力レーザ―の育毛への役割の違い

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12369284172.html

 

低出力レーザーが承認され、改定された男性・女性型脱毛症治療ガイドラインの内容については以下で詳しく説明しています。

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12347022098.html 

 

 

7年ぶりに改定された日本皮膚科学会、男性型および女性型脱毛症治療ガイドライン2017年版に低出力レーザ―が男性、共に有用性を示す十分な根拠があるとされる推奨度B。

 

 

育毛薬として世界で承認されている塗布用ミノキシジルやプロペシアのフィナステリド以外でAGA治療に対し、有効性が証明されたのはCapillusやTheradomeなどの低出力レーザーのみです。

 

アメブロ限定値引キャンペーン

 

Capillus312・Capillus272限定 ハイエンドモデル 値引キャンペーン 2020年1月7日まで延長

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12372685561.html

 

Capillus202・Capillus82の割引と下取りキャンペーン 2020年1月7日をもって値引額の減額が決定https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12340924963.html

 

2019年の国際毛髪学会の最高賞受賞ドクターと全米で自毛植毛手術のトップ10ドクターであり、同学会の前会長がCapillusを利用

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12547619891.html

 

商品代金のお値引に加え、弊社限定の育毛剤プレゼントはそのまま継続いたします。

 

Capillus  82  119000円 → - 7000円   112000円

Capillus 202 265100円 → -15100円   250000円

Capillus 272  404580円 → 34580円   370000円

Capillus RX 312 490600円 → 50600円  440000円

 

他社で購入されたHairmax LaserBand82からの買い替えをご希望の場合は一度ご連絡ください。

 

Capillus 202  265100円

下取り    -100000円

お支払価格 165100円

 

Capillus 272  404580円

下取り    -117720円

お支払価格 286860円 

Capillus 312 RX  6分モデル 490600円 → 下取り価格についてはメールまたはお電話でお問い合わせください。

 

Capillus 202  265100円

下取り      -56500円

お支払価格  208600円  

 

Capillus 272  404500円

下取り      -56500円

特別値引き   -8000 円

お支払価格 340000円 

 

Capillus 312 RX  6分モデル 490600円 → 下取り価格についてはメールまたはお電話でお問い合わせください。

 

商品代金のお値引に加え、弊社限定の育毛剤プレゼントはそのまま継続いたします。

 

2019年6月 TBS「王様のブランチ」でCapillusをご紹介いただきました。

 

ブラックマヨネーズの小杉様が司会をされている読売テレビ 2018年11月9日放送の「マヨなか笑人」の企画で「人生コレを知らないと損をする!騙されたと思ってやってみぃ大会」で小杉様がCapillusをご紹介いただきました。

 

放送内容を紹介したブログの記事をご欄いただけます。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12417831285.html

 

Amazonではなく公式サイトでご注文をいただいたお客様限定キャンペーン 

Capillus82 をご注文いただいたお客様にNanogen3x 1本をプレゼントさせていただきます。

Capillus202 をご注文いただいたお客様にNanogen3x 2本をプレゼントさせていただきます。

Capillus272をご注文いただいたお客様にNanogen3x 3本をプレゼントさせていただきます。

CapillusRX 312をご注文いただいたお客様にNanogen3x 4本をプレゼントさせていただきます 

 

Capillusの回復例


 

Capillus 4モデルのレーザー照射個数の比較画像です。より多くのレーザーを搭載している機種をご利用いただいたほうが同じ使用期間でも照射ムラがなく、早期の回復が期待できます。

 

 

 

 

Capillusはこれまで以下の7誌でご紹介いただきました。

詳しくは以下をご欄ください。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/theme-10105970170.html

 

 

 

 

お支払方法は銀行振込、代金引換(代引き手数料無料)、クレジットカード(STRIPE)で承っております。

 

Capillus Japan

日本オフィス

名古屋東区泉3丁目1710号     

電話番号 052-766-3351

 

HP https://www.capillusjapan.com

Email info@capillusjapan.com  

 

 

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へにほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へにほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 植毛・自毛植毛へにほんブログ村

 

無断転載禁止

無断転載禁止

 

 

 

今年8月、ビジネスインサイダーで報道された、「スペイン国内で投薬ミスにより17名の子供が多毛症を発症」という記事が報じられました。

 

https://www.businessinsider.com/spanish-children-comntract-werewolf-syndrome-mislabelled-drug-2019-8

 

医師から、オメラプラゾールという胃酸の抑制剤の処方を受け、薬局で薬を受取、服用した小さなお子さんたちが突然、多毛症を発症したという記事です。

 

中には生後3か月後のお子さんの体毛が急激に増加した事例も報告され、掲載した画像は多毛症に陥ったものです。

 

オメラプラゾール(以下 オメラ)をインドの医薬品製造会社のシムラックス ラボラティーズから輸入していたスペインの製薬会社。

 

インドの製造元のミスで、ノタブだった錠剤に、オメラと記載してスペインに出荷し、それをそのまま、オメラとしてパッケージングした薬が、患者の手に渡り起きた事件でした。

 

ミノタブの副反応には多毛症は確認され、注意書きにも明記されています。

ところが、小さなお子さんが内服すれば、これほど、大きな影響を与えかねないのがミノタブです。

 

服用を中止すれば、多毛症は改善することも説明書には明記されています。

 

時折、プロペシアでも初期脱毛症や若干の副作用のような症状が出たほうが薬が作用しているのではないかと、お考えの方がいるようですようですが、ミノタブを飲んで浮腫みが出た時点で、かなり危険な状態に陥っています。

 

瞼や顔だけの浮腫み程度であれば安全かと誤解されているかもしれませんが、多毛症と同様に、薬の影響がどれだけ起こるかは全く予測できません。

 

結果として、浮腫みの原因の水の蓄積が心臓や肺で起これば命を落としかねないリスクがあります。

 

ミノタブがブラックボックス警告扱いを受け、製薬会社を含め、世界中の専門家が育毛薬としての利用を禁止しているのは、この強すぎる作用への懸念がある為です。

 

大人がミノタブを内服しても、ここまでの多毛症になることはありませんが、本来の薬が製造、承認された目的ではなく、副作用として、懸念されている、多毛症の影響が、頭髪に見られるかもしれないという僅かな可能性の為に内服していることに変わりはありません。

 

画像のような強い多毛症になれるのであれば、頭髪でも効果が期待できるかもしれないというのは全くの誤りです。

 

ミノタブを安全かつ効果的に育毛目的で使用することができないと分かっているからこそ、製薬会社や世界中の育毛の専門家はミノタブを利用を推奨していません。

 

実際、医師向けの医薬品説明書には以下のようなことが必須として書かれています。

 

1.ミノタブを処方する際は、水分量や脈拍をコントロールする為に、2種類の併用薬を必ず、処方すること。

2.毎月の心エコー検査や血液検査などを義務化する。

3.毎日の体重測定で2.3キロ以上の体重増加があった場合、すぐに処方を受けた医療機関を受診。

4.水分や塩分コントロールをせず、ミノタブを内服をした場合、生じる顔や体の浮腫みを放置すると、肺水腫や心包水腫を発症する懸念があること。

 

上記を守り、注意を払わない場合、心タンポナーデや狭心症、心不全の懸念が生じる製薬会社が医師に注意喚起している薬です。

 

ミノタブを飲んで、スペインで起きた、多毛症の症状だけを、自分に都合良く得ることはできません。

 

毛の増加が得られるのと同程度に、上記のリスクを抱えます。

併用薬や検査なく、服用すれば上記のすべてが起こりかねません。

 

何より、高血圧抑制剤として製造と承認されたミノタブを、製薬会社や皮膚科学会が育毛薬として禁忌としているにも関わらず、内服するべきではないと思います。

日本皮膚科学会や海外の育毛医療学会ではミノキシジルタブレット(以下ミノタブ)を育毛薬としては認めていません。

 

医学会だけではなく、この薬を開発した、ファイザー(旧アップジョン)の説明書やアメリカ食品医薬局(FDA)に医薬品としての承認申請をされた際に提出した書類にも育毛目的での利用はしないよう言及しています。

 

また、育毛目的のフィナステリドも国内の正規ジェネリック薬は0.2mgと1mgのみを製造していますが、価格が安価な海外製のジェネリックなどになると、ミノタブを含め、正規薬では存在していないはずの容量の薬が、安全性の検証が行われないまま、製造されています。

 

現在も育毛治療を行う医師が、開発した製薬会社のファイザーが発表するミノタブの正式な説明書や承認時の要件を理解していれば、日本皮膚科学会が育毛薬としての利用を推奨できないと発表した理由も納得し、即時、中止するはずです。

 

元々安全性が担保されておらず、製薬会社や学会までが、反対をしている、治療目的で、処方を行っている医療機関や医師に、適切な助言を得ようのは困難であり、根本的な信憑性が欠如しています。

 

医療機関の受診を促すサイトの一つに「ミノキシジルタブレットの取扱いの説明書には1日の最大摂取量は50mgと書かれているので2mg,5mg,10mgは安全」かのような説明が書かれています。

 

薄毛が軽度であれば2mg。中程度は5mg。重症の場合は⒑mg。このサイトだけでなく、多くの育毛病院が上記のような基準で処方を行っています。

 

一部のクリニックでは、より細かく、増量が行えるよう、2,5mgずつの増量は、より安全性が高く、一部の医療機関でした行えない特別な治療法を行っているような印象を患者に説明していますが、根本的な問題として、この薬を開発し、販売を続けているファイザーが作成した16ページにも及ぶ、説明書には「育毛薬としての処方は不可」と明記しています。

 

 

 

2017年に発表された日本皮膚科学会の男性型・女性型脱毛症治療のガイドラインで薄毛治療の為にミノキシジルの服用は推奨できないとようやく発表されました。

 

内服ミノキシジルタブレットの実情と誤認 日本皮膚科学科 脱毛症ガイドライン 推奨度 D

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12350254976.html

 

育毛専門病院の内服ミノキシジルタブレットやAGA阻害薬の入手経路と今後

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12352144385.html 

 

 

根拠のない、女性の薄毛治療の実情 内服ミノキシジル パンドガール スピロノラクトン

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12351457350.html

 

ミノキシシジルタブレットが育毛薬ではないこと。服用した場合のリスクは命にもかかわる問題であるとこの10年説明してきましたがやっと日本でもこの事実が正式に認められました。



ファイザー製薬 ミノキシジルタブレット(ロニテン)の医薬品各条
http://www.pfizer.ca/en/our_products/products/monograph/192

 


上記医薬品各条の7ページの赤文字の中に明確にうっ血性心不全 を引き起さないために、使用しなくてはいけない併用薬の記述が書かれております。あえてその薬が何であるかを翻訳することはは控えさせていただきますが良く一般の方たちが目にするミノキシジルタブレットによる瞼の浮腫みなどもこれらの併用薬を使用しないままロニテンを使用されていたことが原因です。

 

 

 

Salt and Water Retention:

Congestive Heart Failure - Concomitant use of an adequate diuretic is required. LONITEN (minoxidil) must usually be administered concomitantly with a diuretic adequate to prevent fluid retention and possible congestive heart failure, a high-ceiling (loop) diuretic is almost always required. Hemodilution may occur leading to a temporary (during the first 28 weeks of treatment) decrease in hematocrit, hemoglobin, and erythrocyte count (by approximately 7% initially which then recovers to pretreatment levels). Fluid and electrolyte balance and body weight should be monitored closely.


これまでに何度も日本の医療機関でミノキシジルタブレットの処方を受けているが併用薬の存在など説明を受けたことがないが本当ですかというご質問を受けて参りました。これに対して、直接ご連絡をいただき、質問を受けた場合には回答をしておりましたが何方でも簡単にご覧いただけるブログでその根拠を紹介することを躊躇いましたがあまりにも体調不良のご相談が多い事や医師が十分な責任を果たしていないと考え公表いたします。

 

22ページ

以下のAdverse drug Reaction(医薬品の副作用
)の部分にようやく「毛」についての記述がありますが以下の赤字の部分でも服用後3~6週間目よりtemple(こめかみ)の位置のeyebrow(まゆげ)の間に毛の増加が確認され、その後、眉毛とhairline(生え際)の間の毛が増え、頬や背中、腕や足についでscalp(頭部)の毛が増加します。

服用を中止してから1~6か月ほどで服用前と同じような状態に戻ります。

と以下には書かれています。

Adverse Drug Reaction Overview

Elongation, thickening, and enhanced pigmentation of fine body hair (hypertrichosis), are seen in about 80% of patients taking LONITEN (minoxidil). This develops within 3 to 6 weeks after starting therapy. It is usually first noticed on the temples, between the eyebrows, between the hairline and the eyebrows, or in the sideburn area of the upper lateral cheek, later extending to the back, arms, legs and scalp. 

 

以下では「ミノキシジルタブレットを服用直後、hair growth(体毛や毛髪全般の成長)が顔の当たりで活発となりますが大半の毛の成長は服用を継続していくと共に(subsides)低下していきます」書かれています。これは毛の成長が一時的であり、持続するような「毛」は生え続けないという意味で書かれています。顔の髭や体毛だけではなく頭髪も当然含みます。

 

22ページ

You may have increased hair growth (hypertrichosis) after starting treatment; this usually emerges in the face but subsides with continued treatment.

 

ロニテンは服用することでミノキシジル成分が体の隅々まで行き渡ると考えられていますが塗布ではなく、服用するからこそ体毛や頭髪に同じような影響が及びます。ですがその影響も服用直後だけで継続して現れる副作用ではないと医薬品各条には明記されています。

 

23ページ 
以下の(
Side effect and what to do about them) は上記のような副作用が生じた場合どうするべきかが紹介されています。


上記でお話をしたように毛が増加した場合にはミノキシジルタブレット(ロニテン)の服用を中止して1~6か月ほどすれば元に戻りますと書かれています。

ロニテンを服用する場合には特に医薬品各条の24ページから25ページを読むよう強調されています。


Side effect and what to do about them

 This happened about three to six weeks after beginning treatment. The hair may first be noticed on the forehead and temples, between the eyebrows, or on the upper part of the cheeks. Later, hair may grow on the back, arms, legs, or scalp. Although hair   LONITEN (minoxidil tablets USP) Product Monograph Page 24 of 25 


今回ご紹介をした世界的な製薬会社のトップブランドのファイザー製薬が現在発売している医薬品各条(product monograph)には明確にうっ血性心不全 を誘発しないために併用薬の使用が書かれており、「毛」が生えるという記述の大半は体毛の増加であり、一番最後に副作用の影響によって生え出すのが頭髪だとメーカーが商品説明に記載しております。

上記でご紹介をした25ページに及ぶ医薬品各条の中で「hair」という言葉が検索しても「頭髪」に関連したhairという言葉の使用は生え際のことを示す「hairline」という言葉がありますがこれは眉毛とは生え際の間おでこ額)の位置の体毛が生えてしまうという意味で使われており、頭髪」 が生える可能性があるというのは副作用(Adverse reaction) の中で体中の体毛が生えた後にようやく(scalp hair)の記述がされ、これはたった1回です。


個々に考え方は様々ですので私の意見はここまでとさせていただきます。ただ上記の医薬品各条を十分理解した上で医師が患者に対しこれは育毛薬であり、検査や併用薬も必要とせず5分ほどの問診で処方していたり、ネットなどで体調不良を覚悟してまで服用する価値のある育毛方法であるとは思えません。

 

7年ぶりに改定された日本皮膚科学会、男性型および女性型脱毛症治療ガイドライン2017年版に低出力レーザ―が男性、共に有用性を示す十分な根拠があるとされる推奨度B。

 

ミノキシジルの内服は行うべきではない、推奨度Dとして紹介されました。

 

低出力レーザーが承認され、改定された男性・女性型脱毛症治療ガイドラインの内容については以下で詳しく説明しています。

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12347022098.html 

 

 

日本皮膚科学会に次いで欧州皮膚科学会も男性型・女性型脱毛症に対し低出力レーザ―を有効と発表しました。当然LEDは該当しません。

 

それと同時に、日本で用いられているミノキタブレットやザガーロが欧州皮膚科学会がどのように考えているか以下でご紹介しています。

 

欧州皮膚科学会 男/女性型脱毛治療のガイドラインで低出力レーザ―器を推奨とミノタブやザガーロなどの内服育毛治療の見解

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12360438448.html 

 

低出力レーザー育毛器の役割とCapillus特有の効果について、一つの記事にまとめました。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12369252990.html 

 

AGA 男性型脱毛症のメカニズムとDHTの抑制とATPの増加させる、低出力レーザ―の育毛への役割の違い

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12369284172.html

 

Capillusで直径3cmで一切隙間がなく血行促進された状態の動画を紹介したブログ

ミノキシジルタブレットでも集中的にこれほどまでに血行促進されることはありません。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12368539500.html

 

今回はCapillusを使用して、局所的にもどれほどの血行が促進されるかをご欄いただく為に、約直径3cmの面積を編集せず、頭皮を動画で撮影しました。

 

ミノキシシジルタブレットでも改善が見られなかった男性 2名のCapillsuを導入前と導入後の血流の改善とミノキシジルが効かなかった要因

 

詳しくは以下のブログで紹介しています。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12366463249.html

 

左側 ミノキシジルタブレット 6か月服用した39歳男性

Capillus312 を3か月服用

 

右側 ミノキシジルタブレット 1年服用した33歳男性

Capillus272を5か月服用

 

 

NHKで特集が組まれた、薄毛の原因として注目のゴースト血管に低出力レーザ―器Capillusの血行促進とCapillusを購入いただいた方にプレゼントしている、Nanogen3xの毛細血管の再生化の有効性

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12362563436.html 

 

新モデルのCapillus82/Capillus202/Capillus272の全4モデルの照射時間が6分に短縮されましたがCapillus312 RXのみは6分で週に3~4回のみのご利用ですが他の3モデルは毎日のご利用が必要である点が異なります。

 

最上級のCapillus 312 RX 6分モデルに関しては最上級モデルということもあり、他の6分モデルよりも特別大幅値引をご用意いたしましたのでご興味のある方は「ブログを見た」とお電話またはメールでお伝えいただき、お問い合わせください。

 

現行の値引額および下取り対応の最後のチャンスです。全モデルの値引額を減額し、買い替えキャンペーンの下取り額も改定します。

 

アメブロ限定値引キャンペーン

 

Capillus312・Capillus272限定 ハイエンドモデル 値引キャンペーン 2020年1月7日まで延長

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12372685561.html

 

Capillus202・Capillus82の割引と下取りキャンペーン 2020年1月7日をもって値引額の減額が決定https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12340924963.html

 

2019年の国際毛髪学会の最高賞受賞ドクターと全米で自毛植毛手術のトップ10ドクターであり、同学会の前会長がCapillusを利用

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12547619891.html

 

商品代金のお値引に加え、弊社限定の育毛剤プレゼントはそのまま継続いたします。

 

Capillus  82  119000円 → - 7000円   112000円

Capillus 202 265100円 → -15100円   250000円

Capillus 272  404580円 → 34580円   370000円

Capillus RX 312 490600円 → 50600円  440000円

 

他社で購入されたHairmax LaserBand82からの買い替えをご希望の場合は一度ご連絡ください。

 

Capillus 202  265100円

下取り    -100000円

お支払価格 165100円

 

Capillus 272  404580円

下取り    -117720円

お支払価格 286860円 

Capillus 312 RX  6分モデル 490600円 → 下取り価格についてはメールまたはお電話でお問い合わせください。

 

Capillus 202  265100円

下取り      -56500円

お支払価格  208600円  

 

Capillus 272  404500円

下取り      -56500円

特別値引き   -8000 円

お支払価格 340000円 

 

Capillus 312 RX  6分モデル 490600円 → 下取り価格についてはメールまたはお電話でお問い合わせください。

 

商品代金のお値引に加え、弊社限定の育毛剤プレゼントはそのまま継続いたします。

 

 

Amazonではなく公式サイトでご注文をいただいたお客様限定キャンペーン 

Capillus82 をご注文いただいたお客様にNanogen3x 1本をプレゼントさせていただきます。

Capillus202 をご注文いただいたお客様にNanogen3x 2本をプレゼントさせていただきます。

Capillus272をご注文いただいたお客様にNanogen3x 3本をプレゼントさせていただきます。

CapillusRX 312をご注文いただいたお客様にNanogen3x 4本をプレゼントさせていただきます

 

Capillus272よりも早期で回復効果を高める為に開発されたのがCapillus 312RXです。より早期の回復を望まれる場合、レーザーの数は回復効果に比例することが2年間の検証でも確認されました。

 

バンド型レーザー器 Laserbandにはない、全頭型タイプのCapillusやTheradomeの血行促進効果や低出力レーザーの頭皮への到達度合いの違いについて以下で紹介しています。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12357805167.html

 

HairmaxのHPや誘導目的のランディングページを拝見しているとHairmax以外の低出力レーザ―育毛器は照射部分がクシ状ではない為、現存する髪が分けとることが出来ず、頭皮にレーザーが照射されない為、効果が期待できないことを最大のポイントであると掲載しています。

 

全頭型タイプのCapillusやTheradomeの血行促進効果や低出力レーザーの頭皮への到達度合いの違いについて以下で紹介しています。〈動画でCapillusのレーザーの到達具合をご欄いただけます)

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12357805167.html

 

Capillus本体の前部を少し持ち上げ、レーザーが当たっていない頭皮とレーザーが当たっている頭皮の部分がどのように違って見えるかを比較していただけるよう撮影しました。

 

髪があっても確実に頭皮にレーザーが届いていることを確認していただけるよう、100倍の倍率で頭皮を撮影しました。

 

 

 

Hairmaxはクシ状でなくては光が通過していないような画像を掲載していますがどれだけ、クシで分けとっても髪が重なっている部分をレーザーが通らない程度の出力やレーザーの数では照射がムラができることになってしまいます。

 

 

バンド型の場合、限られた面積に82個のレーザーを一斉に照射しても、クシで髪が束になってしまうことから逆に髪の間に隙間がなくなり、照射具合にムラが生じる原因となり、レーザーが頭皮や毛根に届いていないことを上記のHairmaxの画像は示しています。

 

全頭型のCapillusのように、より多い数のレーザーをそのまま頭皮全体に照射すれば薄毛の箇所または髪が多く現存している箇所に関係なく,必ず髪と髪の間に隙間は存在しレーザ―が通り抜けることができます。

 

2019年6月 TBS「王様のブランチ」でCapillusをご紹介いただきました。

Capillusはこれまで以下の7誌でご紹介いただきました。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12354858299.html 

 

 

Capillusの最新の回復例

 

Capillus Japan

日本オフィス

名古屋東区泉3丁目1710号     

電話番号 052-766-3351

 

HP http://www.capillusjapan.com 

Email info@capillusjapan.com 

 

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へにほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へにほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 植毛・自毛植毛へにほんブログ村

 

無断転載禁止

 

 

アメブロ限定値引キャンペーン

 

Capillus312・Capillus272限定 ハイエンドモデル 値引キャンペーン 2020年1月7日まで延長

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12372685561.html

 

Capillus202・Capillus82の割引と下取りキャンペーン 2020年1月7日をもって値引額の減額が決定https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12340924963.html

 

2019年の国際毛髪学会の最高賞受賞ドクターと全米で自毛植毛手術のトップ10ドクターであり、同学会の前会長がCapillusを利用

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12547619891.html

 

商品代金のお値引に加え、弊社限定の育毛剤プレゼントはそのまま継続いたします。

 

Capillus  82  119000円 → - 7000円   112000円

Capillus 202 265100円 → -15100円   250000円

Capillus 272  404580円 → 34580円   370000円

Capillus RX 312 490600円 → 50600円  440000円

 

他社で購入されたHairmax LaserBand82からの買い替えをご希望の場合は一度ご連絡ください。

 

Capillus 202  265100円

下取り    -100000円

お支払価格 165100円

 

Capillus 272  404580円

下取り    -117720円

お支払価格 286860円 

Capillus 312 RX  6分モデル 490600円 → 下取り価格についてはメールまたはお電話でお問い合わせください。

 

Capillus 202  265100円

下取り      -56500円

お支払価格  208600円  

 

Capillus 272  404500円

下取り      -56500円

特別値引き   -8000 円

お支払価格 340000円 

 

Capillus 312 RX  6分モデル 490600円 → 下取り価格についてはメールまたはお電話でお問い合わせください。

 

商品代金のお値引に加え、弊社限定の育毛剤プレゼントはそのまま継続いたします。

 

 

2019年に新たに発表された低出力レーザ―の育毛効果を証明する最新の2つの学術論文があります。

 

1つ目は国際毛髪学会で2017年に最優秀賞を受賞した研究者が追加の臨床試験を元に、新たな論文を発表。

その研究者の方は現在、市販用で最多のレーザーを搭載する、CapillusRX 312を研究にご利用いただいてます。

 

2つ目は「最強の科学根拠」とされるメタアナリシスで低出力レーザ―の育毛効果が証明された2例目の学術論文が発表されました。

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12463065109.html

 

その反面、2019年、ザガーロとプロペシアの長期服用が引き起こす、2型糖尿病の発症リスクが最新の論文で発表されました。

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12454917517.html

 

CapillusRXに加えて、育毛剤を併用して育毛ケアが行われた海外のトップクラスの有名育毛病院での回復例です。

画像をクリックしていただくと詳しく説明したブログをご欄いただけます。

 

Capillus RXを世界トップクラスの米国植毛専門病院が男性・女性に使用しての回復例 更新

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12406741127.html

 

 

 

 

ブラックマヨネーズの小杉様が司会をされている読売テレビ 2018年11月9日放送の「マヨなか笑人」の企画で「人生コレを知らないと損をする!騙されたと思ってやってみぃ大会」で小杉様がCapillusをご紹介いただきました。

 

放送内容を紹介したブログの記事をご欄いただけます。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12417831285.html

 

Capillusの最新の回復例です。

上部の男性の回復例はCapillusを3か月ご利用いただいての回復例です。

 

 

Capillus(低出力レーザ―育毛器)を使用した回復例 2018年5月22日更新

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12338022667.html

 

 

 

 

Capillus RX (レーザー312個の最上級モデル)は2017年 国際毛髪学会(ISHRS)の学術ポスター展示で最優秀賞を受賞した博士も臨床試験でご利用いただいて内容をご紹介した記事。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12403019842.html 

 

これまでもアメーバブログ限定のキャンペーンを価格の対象はCapillusの上位モデルであるCapillus 312とCapillus 272 の2機種を限定し、各5台とさせていただきましたが大幅値引でご用意をしたハイエンドモデルは残り各5台となりました。

 

 

条件としては、ご購入いただいた前と、使用開始後、6か月目と12か月目に、お使いいただいての効果などの感想をお伺いいたします。

またご購入いただく際に、お客様の年齢や薄毛にお悩みの年数。これまで取り組まれた育毛ケアなどについてお尋ねいたします。

 

ご利用いただいての感想への回答は後日、お客様がお選びいただく、お電話またはメールのどちらかでお尋ねいたします。

 

(必須ではありませんが写真などのご提供にもご協力いただけるお客様には特別価格とは別に、機種に応じてプレゼントさせていただく育毛剤も1本追加いたします。)

 

ご注文に関してはメールまたはお電話のみとさせていただきます。(注文内容の確認と年齢やこれまでの薄毛履歴に対する聞き取りをさせていただく為です。

 

普段ご提供されていただいている以下の価格と比較しても大変お得にご購入いただけるチャンスです。

台数は限定させていただきますので完売次第、終了とさせていただきます。

 

 

 

Capillus Japan

TEL 052-766-3351

https://www.capillusjapan.com

info@capillusjapan.com

 

低出力レーザ―についてご存知ない方の為に

CapillusやTheradomeなどの低出力レーザ―の効果はAGAへの有効性は最強の科学的根拠とされているメタアナリスで証明されています。

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12390429678.html 

 

 

 

 

Capillus 82 

他の全頭型低出力レーザ―もレーザーの搭載個数が80個前後の中、Capillus82は十分な範囲をカバーする入門モデルです。

お値段は119,900円(税込)

1年保証

1日/1回 使用時間 6分

​コストパフォーマンスを重視したモデルです。

Capillus 82の詳細はこちら

 

 

Capillus 202 

メーカー推奨のフラッグシップモデル。他の全頭型低出力レーザ―器やCapillus82の2.5倍レーザーを搭載。他の低出力レーザ―器で、効果が得られなかった方も照射個数の密着密度の向上により、低出力レーザ―が頭部全体をカバーできます。

お値段は265,100円(税込)

2年保証

1日/1回 使用時間 6分

 

​これまでの低出力レーザ―育毛器と大きな差別化を図る目的で開発された売れ筋No1の製品がCapillus202です。

Capillus 202の詳細はこちら

 

 

Capillus Pro 272 

2017年10月に新たに発表されたCapillus RX 312が登場するまではCapillusの商品ラインアップの中で、最上位のハイスペックモデル。

Capillusで行われた臨床試験で用いられたのがCapillus272です。

Capillus82と比較して3.3倍のレーザーを搭載。

Capillus272はCapillus202と比較して、70個のレーザーの照射個数の違いですが、これまで発売されているバンド型や他の低出力レーザ―育毛器、1台分に匹敵する照射個数の違いあります。

いち早く、Capillusを導入いただいた専門機関ではCapillus272を業務用で使用いただいております。

お値段は404,580円(税込)

3年保証

1日/1回 使用時間 6分

 

​これまで,様々な育毛法を試しても効果がなかった方。薄毛や抜け毛に悩み始め、かなりの月日が経過し、一日でも早く、回復を希望されている方にお勧めのハイスペックモデル。

​高額な製品でも安心の3年保証となります。

Capillus Pro 272の詳細はこちら

 

 

Capillus RX 312 

2017年10月に新たに登場した、Capillus RX 312はCapillusシリーズの中でも最多の312個のレーザーを搭載。

Capillusの新たな最上位モデルとして発売を開始しました。

現在では全モデルが照射時間がすべて6分ですが、Capillus RX 312に限っては毎日6分ではなく、2日に1回の使用が6分とご利用いただく負担が大幅に軽減。

Capillus82と比較して3.8倍のレーザーを搭載しています。

 

​海外などで医療機関で用いられていたCapillus272 Office Proというスタンドタイプよりも40個、レーザーが多く、他の業務用低出力レーザ―でも300個を超える製品は他にありません。

2018年2月に新たに発表されたCapillus 352 Office Proが発売されて以降も、サイズ的に手軽なCapillus RX 312を業務用として、使用する医療機関がほとんどです。

専門機関以上の育毛ケアを、ご自宅で行えるCapillus シリーズの中でもCapillus RX 312は最上位モデルです。

お値段は481,680円(税込)

5年保証

2日/1回 使用時間 6分

業務用としての連続使用も可能な耐久性と、安心の5年保証です。

Capillus RX 312の詳細はこちら

 

低出力レーザ育毛器 Capillus(カピラス)の公式サイトや問い合わせ

 

Capillus のラインアップの詳細はこちら

 

AGA 男性型脱毛症のメカニズムとDHTの抑制とATPの増加させる、低出力レーザ―の育毛への役割の違い

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12369284172.html

 

年齢や性別に関わらず、薄毛や抜け毛で悩みを抱えている方が急増しています。

 

育毛薬の内服や育毛剤の塗布以外に、日本皮膚科学会・米国皮膚科学会・欧州皮膚科学会がAGA(男性型脱毛症)FAGA(女性の男性型脱毛症)に対し、育毛効果を認め、使用を推奨すると発表された「低出力レーザ―育毛器」をご存知でしょうか?

 

2010年に米国食品医薬局(FDA)で承認後、数多くの低出力レーザ―育毛器が開発されているアメリカで、業界最多個数のレーザーを搭載。照射時間も最短のCapillus(カピラス)が業界トップの製品として発売されています。

 

そこで低出力レーザ―育毛器、Capillusがどのような製品がご紹介いたします。

 

低出力レーザ―とは

 

低出力のレーザ―とは,650nm(±5nm)の発光ダイオードや毛髪内部や頭皮に照射することで発毛を促進するための機器です。以前はブラシなどはハンディタイプ型がほとんどでしたが、ご本人の使い方で照射ムラが生じることがなく、より均一に頭部全体に低出力レーザーが照射される全頭タイプが現在は主流です。

 

Capillusの低出力レーザーを頭皮に直接照射することによって発毛を促進するものです。

AGA型・FAGA型脱毛に問わず、髪の成長に不可欠なATP(アデノシン三リン酸)の生成を活性化させ、血行を促進させ、育毛効果が期待できます。

体に「レーザー」と使うと聞くと、大半の方が最初に思い浮ぶのは脱毛や手術の為に使う高出力レーザ―です。

脱毛に使用するのは高出力レーザ―で細胞を焼き切るような高い出力のレーザーを照射しています。

反面、低出力レーザ―はほとんど使用感がなく、少し暖かいという程度の体感しかありませんが頭皮の表面や毛乳頭に光が照射されることでDHT(デビトロテストしてロン)が引き起こすATP不足や血行不良が改善し、育毛効果が期待できます。

CapillusはFDA(アメリカ食品医薬品局)からの認可も受けている低出力レーザ―器の中で、現在最多個数のレーザー器を搭載し、照射時間も最短の製品です・

日本の厚生労働省に相当する機関がFDAですが近年では日本・米国・欧州皮膚科学会が低出力レーザ―の効果に注目。

プロペシアやザガーロ、ミノキシジル、植毛、と並び、Capillusは世界でもメジャーな薄毛治療と同等に男性・女性問わず、効果があると各国の皮膚科学会が推奨すると発表されました。

 

低出力レーザ―育毛器(Capillus)とミノキシジルやプロペシアのAGA治療を同時進行で行った場合の相乗効果を示す、臨床試験の内容

 

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12377331226.html

 

低出力レーザのメカニズム

 

低出力レーザーはどんな効果があるのか。

 

毛髪の主成分は血液中のたんぱく質です。加齢、生活習慣、食生活やストレスなどが原因で血行不良に陥ること近年高まっています。

男性型脱毛症のAGA。女性の男性型脱毛症のFAGAは体内のテストステロン(男性ホルモン)と5aリダクターゼが結合し、生じるDHTの増加が薄毛や抜け毛を誘発します。

毛細血管を通じ、毛乳頭まで到達した血液からたんぱく質が抽出され、毛乳頭内で細胞分裂を繰り返すことで毛髪は生成されます。

DHTが毛根内で増加すると、たんぱく質の細胞分裂に不可欠なエネルギー源であるATPが抑制されてしまいます。

低出力レーザ―は毛根内のミトコンドリアが活性化されることでATPが増加します。

プロペシアやザガーロのように、DHTの発生を抑制するのではなく、細胞分裂に不可欠なATPの増加を促進する点が他の育毛法と大きく異なります。

DHTの発生を抑制しても、ATPが増殖するとは限りません。

低出力レーザ―の最大の特徴がATPの増殖を促す効果が期待でき、他の育毛法と大きく異なる点です。

一定時間と適正な箇所に低出力レーザ―が照射されていれば血行促進作用も期待できますがすべての低出力レーザ―育毛器でできるとは限りません。

構造上や照射時間によってはATPの増加だけしか期待できず、血行促進効果が得られない製品もあります。

CapillusはFDAでの承認だけではなく、一般発売の開始前、2年間、毛髪医学の専門家の元、ATPの増加に加え、血行促進効果が一度に期待できることが確認されました。

毛髪の主成分である血液中たんぱく質の供給と毛髪の生成に不可欠な細胞分裂のエネルギー源であるATPの増加を一度に得られるのは低出力レーザ―育毛器でも限られており、他の育毛治療でも類を見ない効果があります。

臨床実験の結果

17週間をかけておこなわれた臨床実験の結果、利用者の95%の毛髪の増加を確認。

平均して、毛髪本数が51%増加との結果に至りました。

医薬品などに用いられる二重盲券法(ダブルブラインドテスト)は薬や治療法において、医学や研究者が効果などを検証する為に用いる手法です。

客観的な評価の為に、ランダム化比較試験(RCT)で参加者を選定。プラセボ(ダ三―器)なども用いり、思い込みなどがないように臨床試験を計画。

19mmほどの頭部の面積を3mmにカット。Capillusの使用前・使用後をFDAが選定した第三者機関がモニターし、結果が発表されました。

他の低出力レーザ―器よりも高い結果が出た最大の要因はレーザーの照射個数が多いことから、場所に関わらず、低出力レーザーが頭皮にムラなく照射されます。

同時に、頭部全体に一斉に低出力レーザ―が照射されることから、血行促進効果が大変高く、他の低出力レーザ―育毛器では得られない効果がCapillusでは期待できます。

低出力レーザ育毛器は日本・米国・欧州皮膚科学会が推奨

 

 

 各国の皮膚科学会が推奨

低出力レーザ―は2010年、米国食品医薬局(FDA)で育毛器として承認されました。

医療分野において、世界でも最先端の治療法や新薬などがアメリカで開発されています。

 

FDAとはアメリカでの医療品の開発や承認だけではなく、食の安全面も管轄する省庁です。

食品や医薬品、化粧品に医療機器などの許可や却下を下すだけではなく、FDAが承認すると世界でも多くの国がFDAの基準をクリアした製品の治験の免除を行うほど世界でももっとも厳しい基準を設けた機関です。

そのFDAにおいて、低出力レーザ―は認められてきましたが2017年に日本皮膚科学会。時同じくしてEU(欧州連合)54か国の医師や研究者、医療機関が属する欧州皮膚科学会において、低出力レーザ―を男性・女性共に薄毛に改善に対して推奨すると発表しました。

今回の発表がこれまで大きく異なる点として、毛髪学の治療に携わる医師や研究者が所属するISHRS(国際毛髪外科学会)やWCHR(国際毛髪科学研究会)のような専門学会ではなく、皮膚科学全般を管轄する学会が低出力レーザ―の育毛効果を認めたことです。

 

プロペシアやミノキシジルに次いで、B評価となり、医薬品以外では植毛手術と同等に薄毛や抜け毛に悩む方に対し、有効性が認められた点です。

​特に欧州皮膚科学会のように54か国がそれぞれに医薬品や治療法に対する基準や指針を設定している中、低出力レーザ―育毛器の有効性が認められました。

 

 

最新の低出力レーザ育毛器 Capillusのラインアップ

 

薄毛・抜け毛の進行度合いは人それぞれによって異なります。

年齢も若く、抜け毛の増加程度で悩んでいる方から頭皮が露出してしまい、これまで試したあらゆる育毛法で効果がなかった方。

Capillusは全商品が照射時間がわずか6分。

状況に応じてCapillus RX 312、Capillus Pro 272、Capillus 202、Capillus 82の4タイプをご用意しています。

レーザーの照射個数が多くなれば、その分、頭皮の照射ムラがなくなることでATPの増殖やより高い血行促進効果が期待でき、いち早い、回復が期待できます。

 

商品についてのご質問や保証対応。これまでの経緯や現在の状況に応じてどのモデルを自分に適しているかを公式ホームページからお問い合わせいただけます。

 

Capillus 公式サイト

 

 

Capillus(カピラス)低出力レーザ―育毛器のメリット

 

Capillus(カピラス)が他の低出力レーザ―器と異なり、いち早い回復を目指し、レーザーの照射個数や照射時間の短さ。照射ムラなどが生じないよう、綿密な設計の元開発され、値段に見合った効果と保証体制であることはご理解頂けたかと思います。

 

それでは他の育毛法とは異なる、メリットがどのようなものがご紹介します。

 

副作用が無く、他の育毛法との併用が可能

 

低出力レーザ―に説明書通りにご利用をいただければ副作用もありません。

その結果、他の育毛法との併用や植毛手術の前後に使用することで、移植した毛髪の定着率の向上や拒絶反応による、ショックロスの軽減にも繋がります。

近年の薄毛治療ではAGA(男性型脱毛症)の知名度が高まっています。

これまでは、唯一の治療法はプロペシアなやザガーロといった男性ホルモン抑制薬を使用することしか解決方法がないと言われていました。

 

日本皮膚科学会や欧州皮膚科学科が発表した男性型・女性型脱毛症に対し、低出力レーザ―が有効であると発表されたことで、Capillus単体での育毛ケアから現在ご利用中の育毛剤や育毛治療と併合してご利用いただくことで回復の可能性は大幅に向上が期待できます。

特に、これまで医療機関での治療を受けていた方が低出力レーザ―を追加することで、成長に伸び悩んでいた毛髪の成長が促進されます。

男性のように、育毛治療の選択肢がある方は専門治療の選択肢があります。

女性の場合にはプロペシアやザガーロのような育毛薬は使用できませんし、

薬である以上、体内への負担も考慮しなければなりません。

煩わしさが一切なく、わずか6分の時間で簡単に育毛ケアが行えます。

目視できなくても残存する産毛を成長

 

鏡を見て、薄毛箇所を見ると多くの方は、頭皮が露出し、毛根が死滅していると思いこんでいます。

​ここに一つ、大きな過ちがあります。

生え際・頭頂部にしても、毛髪はまだ生え出ているのにも関わらず、肉眼で確認できるような長さや太さまで成長ができなくなっている毛髪が残存している方がほとんどです。

目視できなくても、産毛状の髪が、以前と同様に太さや成長のスピードに戻すことは比較的容易です。

産毛だけではなく、頭皮の露出箇所に生えている、毛髪も以前と比べると、太さが半分または、3分の1になっていることでも、隙間が生じ、頭皮が透けてしまう原因です。

そのような産毛状態の毛髪や発育不良を起こしている毛髪の成長スピードを改善するのがもっとも得意とする育毛法が低出力レーザ―のATPの増加です。

そこに加えて、Capillusは血行促進効果にも長けていることから、他の低出力レーザ―よりも、以前は生え出ていた髪が再度、生え出る効果も同時に期待できます。

先ほどの臨床実験でも、17週間で51%の毛髪本数が増加したとのデータは、19mmの円形の面積に対し、使用前には存在しなかった毛髪が参加者の95%で51%の毛髪の本数の増加が確認されたというデータが示しています。

 

女性でも安心して使用出来る

男性にはAGA治療という治療が存在しますが、女性にははフィナステリドのような薬がなく、摂取が忌避されています。

男性の場合、フィナステリドやデュタステリドによって5αリダクターゼの働きを抑え、テストステロンが髪の毛を抜く作用をするDHT(ジヒドロテストステロン)へと変化することを阻害します。

女性の場合、閉経と共に、女性ホルモンの生成が減少して、男性ホルモンの割合が増えたとしても、更年期障害の治療で用いられる、ホルモン充填法でも薄毛は回復しません。

これは、FAGAとも呼ばれている症状です。

日本皮膚科学会・欧州皮膚科学会の双方において、女性の薄毛に対し、低出力レーザ―育毛器には効果があり、治療に用いることも推奨すると発表されました。

女性に対しての育毛効果において、低出力レーザ―を唯一、超えて推奨度Aの評価を受けたのは塗布用ミノキシジル(例 リアップジェンヌ)だけです。

 

個人差のある薄毛箇所

生え際生え際だけでは頭皮が露出している面積にも個人差があります。

範囲や面積に関わらず、均等にレーザーが照射されることが何より重要です。

ご欄いただける画像はスタンダードモデルのCapillus202を使った場合、どのように低出力レーザ―が照射されているかを示す画像です。

薬などを服用して、体全体のDHTが減少しては、思いもかけない影響が体に現れる可能性もあります。

ATPを増加させ、血行促進を図るなら、体全体で作用させるのではなく、薄毛箇所にピンポイントで作用させるほうが効率的的で効果もより高まります。

一部の低出力レーザ―器で、クシ状になっていないとレーザーが頭皮に届かないと説明されていますが、どれだけ髪が残存していても、髪の間には隙間があります。

Capillus 低出力レーザ―育毛器をメディアも注目

 

 

日本のメディアも、低出力レーザ―育毛器、Capillusに注目をしています。

 

 

 

Amazonではなく公式サイトでご注文をいただいたお客様限定キャンペーン 

Capillus82 をご注文いただいたお客様にNanogen3x 1本をプレゼントさせていただきます。

Capillus202 をご注文いただいたお客様にNanogen3x 2本をプレゼントさせていただきます。

Capillus272をご注文いただいたお客様にNanogen3x 3本をプレゼントさせていただきます。

CapillusRX 312をご注文いただいたお客様にNanogen3x 4本をプレゼントさせていただきます

 

Capillusは2回払いでお支払も可能

 

2回払いについては詳しくは以下をご欄ください。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12306308648.html

 

 

Capillus Japan

TEL 052-766-3351

https://www.capillusjapan.com

info@capillusjapan.com

 

無断転載禁止