家を出て、第一回離婚調停まで約2ヵ月……。


どうしようもない夫だったが一応生存確認は毎日していました。

よく死ぬ死ぬ詐欺をしていた夫……。

この手のタイプは口だけで決して自分から死にはしない。

なんなら誰かを犠牲にしても自分だけは生き残る、そういう人間です……。

でもこの頃の私にはまだ甘さがあり、もしかしたら……なんて考えたりもしていました。

そこで毎日夫の生存確認。

生存どころか元気かどうかも分かってしまいます。

毎日電話や、メールで確認……、

なんてことは勿論しません。

それではどうしたか?

答えは夫の大好きなスマホゲームです。

夫の生活には切っても切り離せないスマホゲーム

どんなに忙しい朝だって、まずはタバコとスマホゲーム。

どんなにこちらが待っていようと欠かせません。

夫と息子はゲームの中でフレンドになっていて、
相手がいつゲームをしていたのか確認することが出来ました。

夫は毎日ゲームに勤しんでいました。

毎日欠かさず、日に何度か確実にログインをしてゲームを楽しんでいます。

それは私達が家を出た後も変わることなく、毎日のルーティンとでも言いましょうか……。

とにかく毎日元気にゲームは出来ているようです。

とても子供達の荷物を運び出していいかも判断がつかない人間には思えません……。

娘が机がなくてとても困っているのですが……。

まさか受験生って知らない……?

確か夫は
『今後は自分自身を捨て、気持ちだけではなく行動で示し、夏子、娘、息子の為に努めていきます。』
と、言っていたような……。

そうか……!
夫にとっての自殺行為とは……
「家族の為に自分自身を捨てること」
だったのか……。
だから自らの身を守る為に致し方なく……。

これで夫の今までの行動全てが腑に落ちました。