家族旅行。

テーマ:

 

みなさま こんにちは!

火・水と有馬温泉まで一泊二日の家族旅行に行ってきました。

片道2時間ほどなんですが、帰りに三田アウトレットに寄る以外は特に予定もなかったので、行きは高速で1台も追い越さずにのんびりと走行車線を走りました。

ぼくは長距離運転が苦手で、いつも首が疲れるんですけど、おかげで今回は初めて何ともありませんでした。家族も乗っているので安全第一ですし、煽られる心配もなく、捕まることもなし。子供向けのDVDをかけて一緒に歌ったりしていれば眠気もストレスもなく、結果いつもよりずっとゆっくり来たのに、むしろ早く着いたような気がしました。いい事ずくめですね。いつもこんな風だといいんですが、これがなかなか。苦笑

 

ホテルに到着してまずはひとっ風呂。最近テレビで知ったんですけど、温泉マークに湯気が3本あるのは、3回入るって意味があるそうです。とはいえ、佳恋はまだオムツが卒業できていないので部屋風呂です。

 

 

(ぼくがゆっくり温泉に入りたいので)妻を先に行かせ、佳恋と館内を散歩していたら、売店でアンパンマンのバスをねだられました。赤と黄色の二種類あって、2つとも買わされそうになりましたが、何とか1つにしてもらい、会計しようとしたら何と2,200円!

紳士ぶって妻に順番を譲ったつもりが、まさかこんなことになるなんて。笑佳恋の誕生日が近いから、この旅行とバスでプレゼントってことにしてもらおう。我ながらせこいな。あはは・・・

 

  

 

夕食はイタリアン。いつもと雰囲気が違うからか、澄まし気味の佳恋。子供用のコースを頼んだら大喜びで、一口ごとに満面の笑顔で「おいしいね~」とコメントしてくれます。

デザートでは大好物のイチゴがたくさん出て感嘆の声を上げていました。

 

それにしても、日常から解放され、贅沢して、時間に余裕があることの何と素晴らしいことでしょう。家事を一切せずに、ご馳走が出てきて、温泉に入れるなんて夢のよう。

ふと家族が喜ぶ様子を見て幸せを感じ、それは仕事があってこそだと改めて感謝。

 

有り難いことに年明けから賃貸の繁忙期を迎えておりまして、ついつい夕飯が手抜き気味になっていたんですが、美味しいものを食べたら自分も作ってみたくなるというか。良いおもてなしを受けたことで自分ももっと今以上に!と思ったり。何だかいつもと違って、食った・飲んだ・温泉入った以外の得るものがあった気がします。この調子が続けばいいんですが、どうかな。

とりあえず、3月末まで駆け抜けます。