9月離乳食教室で伝えたいこと

テーマ:

こんにちは kikoです。

 

ひっさしぶりのブログ投稿、失礼いたします。

今回raikuとして初めて

「離乳食教室」なるものを行います。

 

きっかけは

からだの動きと舌の動き

が体感できたこと。

 

私たちのからだの機能には

無駄なことはひとつもありません。

 

よくぞここまで精巧にプログラムされている

と感動することばかりです。

 

その中の一つがおなかの中のゆびしゃぶり からはじまる

おっぱいを飲むこと

そして

食べること。

 

食欲、という本能をみたすことが

その後の

話す

書く

につながること

 

そして何よりも「生きる」につながること。

 

ここがわかったら

より 自分の思い通りに動けるように

助けたくなるではありませんか。

 

ひとつひとつを積み上げていく赤ちゃんの成長

まどろっこしく思うと思います。

繰り返し繰り返し行うことの大事さ

でも、面倒だなと思います。

 

でも、その意味がわかったら

育児、すごく楽しくなると思います。

 

そんな一端を離乳食、というキーワードで

お伝えできたらと思います。

 

9月にお会いできること

楽しみにしています。

AD