おはようございます、kikoです。


あっつくなりました!!

月1の教室が終わった後、スタッフみんなでふりかえりをするのですが

7月23日は全員腹ばいでやってました。


べびぃちゃんたちと一緒やん

急な気候の変化は体がついていきづらいですね

こういう時は、不快なことはしない


なので、座ってるのが不快だった私たちは寝転んでの会議だったわけです

失礼!!


さて、報告が後手後手になっております6月武岡先生の講演会のアンケート

ご質問が2つありましたので、

この場でお返事いたします。


★寝ているとき、頻繁に回転したり、動き回ったりしているのですが、寝相が悪いだけ?寝心地がよくない?


みなさん。

御自身が眠っているとき、どうしてますか?


じっと上向いたまま8時間寝ている人ってどのくらいいるんでしょう?

私たちは眠っている間にも

身体は活動しています。

それに合わせて、寝返りします。

べびぃちゃんたちは、私たちよりしなやかで

支持力弱いですから

向きをかえないと、あちこち負担がかかってつらいのではないかなあと思います。

寝返りできるころまでのべびぃちゃんって

1,2時間で起きますよね。

あれって、同じ姿勢が疲れてきているのもあるかなあと思います。

自然の摂理ってすごいですね





ただ、あんまりにも動きまわる場合には

身体的、気持ち的に落ち着かない要素があるかもしれません。

そこは、昼間のべびぃちゃんの生活をよっく観察していただくと

ヒントがあると思います。

これは、親が一番わかっているところだと思います。

べびぃちゃんとよく相談してみてくださいね


そして

寝相が悪い という言葉はだれ目線?

寝心地がよくない、という言葉はだれ目線?


反抗期、ってことばとおんなじ感じですね。



★歩き初めごろからのべびぃケアを知りたいです


べびぃケアは独歩開始前のお子さんのケアとしています。

私たちの身体の動きって、実はべびぃ時代にやってたこととおんなじです。

そこにいろんな就職がついて、違うように見えるだけ。

分析して単純化すると、すべて、べびぃ時代の動きの統合です。


歩き始めたから、ってすることがかわるわけではない


不快なことはしない

「いかがですか?」って聞いてみる


どんなに小さいべびぃちゃんでも、ちゃんと自分で選択して自分で決定しています。

それをずっと続けていってる皆さんは

歩き始めてからのべびぃちゃんとも

身体で心で

ちゃんと対話できてます


歩き始めたから

今までのことがすぱっとおわりではないですよね。

べびぃちゃんたちの生活はずっと連続して続いています。


今まで親子でつみあげた

気持ちよい探し


どうぞ、計測していってください