今日は10月4日からの15周年作品展の打ち合わせに中目黒に行ってきました。

 

 

代官山時代は徒歩圏内だったので、よくお散歩もしていた中目黒。
最近は打ち合わせの時くらいしかなかなか行けずですが、早めに着いたので高架下の蔦屋書店さんに初めて入りました。
こんなおしゃれな高架下はここだけでしょう。
 
そして打ち合わせ先のマナトレーディングさまへ。
マナトレーディング株式会社さまは、
今回の作品展の協賛をしていただいている会社さまの一つですが、
上質で洗練されたテキスタイル・壁紙を中心としたインテリア素材を
輸入・企画・販売されている企業ですが、
ウィリアム・モリスのファブリックや
壁紙を日本に紹介したことでも有名です。
今日は作品展で一緒に展示していただく
新作のオリジナルコレクション、

『SATELLITE』を拝見してきました。

 

 

今回の作品展は15周年の節目に
みなさまに楽しんでいただける
ものにしたく、気軽に来ていただけ、
さらに豊かさを感じる空間で行いたいと考えていたことが実現しました。
コスチュームジュエリーはファションアイテムですが、着けている私たちは生活空間にいるわけで、
当然インテリアとは切り離せません。
 
今回の作品たちは、そうした豊かな場所と空間の中で楽しんでいただきます。
 
そのイメージにマナトレーディングさんの
上質なファブリックはかかせないものです。
 

 

 

美しいファブリックに囲まれてしあわせな時間でした。
あとは、本番に向けてディスプレイの構想を固めていきます。
 
次は素敵な会場を提供くださる、
ゼロファーストデザインさまを
ご紹介いたします。