愛知・名古屋・瀬戸☆育笑net・湯浅亜紀のホームページ/ブログ

愛知県瀬戸市で温熱療法イトオテルミーサロン「育笑空間」のオーナー。ベビー講師、放ディ講師、ママ向けイベント開催も随時展開中。ご予約日程も随時更新中(*^-^*)


テーマ:
こんにちは、瀬戸シビックマルシェの湯浅亜紀です。

市民力UP講座、本日は3回目。
柴田朋子さんからのバトンをひきつぎご登壇。


「この中に本気の人はどれだけいますか?」

と初回の名ゼリフが記憶に新しい方も。

グリーンシティケーブルテレビ様の取材も入り、いつもとちょっと違った雰囲気の会場。
インタビューを受けるかわのさん。
ワタシもカミカミしながらお答えさせていただきました。




自分にフォーカスした後は、まちづくりについての学び。

冒頭、かわのさんは目の前に迫っている危機的な将来に向けての提言からスタート。

「超高齢化社会へ突入していく今の時代。

行政任せでなく、自分の頭で考え行動できるようにしていくことが大事。」


 


 

NPO法人あっとわん代表理事を務められているかわのさん。

講座のテーマにリンクさせながらあっとわんでの活動実績を語ってくださいました。

 


設立から16年、やみくもに走りつづけてきたのではなく。 

事業を展開するにあたり、社会のしくみを正しく理解し

その都度「なぜそれをやるのか、必要なのか」根拠や理論を明確にしてきた。

だからかわのさんの方位磁石は狂うことがなく目指す目的地へ到達する。



「ぼーっとやっていてはダメ!」とかわのさん。


変化に敏感であれ。
そして問いをもつこと。
さらにモノゴトを多面多角にみる視点をもつこと。

うまくいかない理由を見過ごさない。
徹底的にリサーチしていくこと。

そして

考えや思いを具体的に行動であらわすこと。


「ふわっとした言葉はいりません!」 


やってきた人だからこその言葉。

スタッフを30名近くかかえている経営者ならではの言葉が会場内にとびまくります。

 

そしてこの言葉。

がつんときた人が多かったのでは。(私もふくめ)

 

”あなたがやりたい(やっている)ことは
本当に求められていますか?”



私のやりたいことと社会から求められていることはマッチングしてる??

考える皆さん。

自分の持ち物と社会とのすりあわせ、街の課題も加えて。



プチ起業、ママ起業、それに関連したイベントが活発な今日この頃。
規模に関わらず、有形無形の商品やサービスがそこらじゅうに流通しています。


それは地域課題解決につなげ社会と連動できている?

私自身、たくさんの課題を突きつけられました。

それは自己満足の押し売り?
それは趣味?
その時間が楽しければそれでいい?


頭がぐるぐる…!!!

 


なかには頭から湯気が出てた人もいたかもしれません。(私、でてました)
何も出てこなかった人もいたかもしれません。
もちろんサクサク考えることができた人も。



やってみたいからはじめたこと。
こんなことをやってみたい。
一歩を踏み出すことはとても尊いと私は思います。

そこを新たな視点でもってたな卸ししてみる。

問うこと、考えることはいつでもセット。
歩みをとめて考えてみることの大切さ。

まずはそこから。


そんな機会をかわのさんはあたえてくれました。

 


 柴田さん、かわのさんの絶妙なバトンリレーはいよいよ佳境に入ります。

番外編。
お子様連れOKのこの講座。
赤ちゃんコーナーにこんなん準備してみました。



飽きちゃうと脱走を試みておりました。
かわいかったな…。





 皆さんの感想

 

キラキラかわのゆみこさん、面白い人だった!

 

キラキラ自分の内面を振り返り、強みを見つける柴田先生のワークのあと、その強みをどうやって活かして行くか精査するかわの先生への絶妙なチームプレイだと思いました。

 

キラキラどんな事から始めてどんな思いで今に至ってるのか。
成功者の話は、本当に面白い!しかも、大阪弁の2時間ぼー

 

キラキラ何かあると瞬間湯沸かし器のようにワッ!と暴走しがちな私。
でも、そんなやり方では自己満足で終わってしまう。
結局、自分も含め誰のためにもならなくなってしまうんだと気づき、
問題解決のためにどう行動していけば良いか?を冷静に考えることが
できた講座でした。

 

キラキラ≪まちの課題≫という言葉の捉え方ひとつとっても、各自違うことが面白い。



キラキラ受動(してもらう・やってもらう)姿勢から能動(しよう・やろう)姿勢にするためには、まずは自分のスタンダード(基本的に私は・・・という部分かな!)を知ることです。そして、それから参画(参加して企画する)側にいけばいいんだと思いました。すてきな学びをありがとうございました。

 

キラキラ自分に問いかけ、多面的多角的に物事を捉え、あらゆる想定をする。
練習が足りてませんでした…。と鈍器に殴られた気持ち(笑)でワークに取り組みました。

 

キラキラかわのさんのお話をただ受身で聞いているうちは『難しい』と感じるかもしれません。当事者意識を持って自分の立場に当てはめて考えるのがとても重要だと思っています。






今日も白熱の2時間でございました。

かわのさん、ありがとうございました~。

ケーブルさんの放送時間はこちらです。


次回もお楽しみに!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。瀬戸シビックマルシェの湯浅亜紀です。

市民力UP講座2回目が開催されました。

このお方が登壇する日は雨率が高い???


柴田朋子さん


教祖様のようにみえますが、壷は売られませんでしたよ素焼きの壷





2日目のテーマは

「自分が持っているもの」を地域課題解決の「種」にすること。

「前回と同じテンションじゃないですよー。今日は忙しいです!」

といさめられる女子たち。


受講者の皆さんの頭はフル回転だったのではないでしょうか。


地域課題というテーマのもとで


自身の内面に問いかけ&シェア。





 「地域の課題???」投げられるととても大きなものに感じるかもしれません。


…が、意外にとても身近にたくさん転がっているのかも。



問われます、考えます。



そして「自分のもちもの」ワークでは

「軽トラもってたらそれも強みになるのよ」と柴田さん。


 その人にとって標準装備であたりまえなことは強みである!!


無意識を意識のうえにあげること、例えのうまさで絶妙に受講者さんにおとしこみをするのは柴田さんのテッパン技!!

ちなみに私のお隣にすむYさんは、強みの中に

「亜紀ちゃんのお隣にすんでいること」をあげたとのこと。(うれしいおことばWハート

そうですね、まちがいなく人も資源。

受講者のみなさんにとっても

柴田さんはもちろん、


かわのゆみこさん

前田恭子さんの話をきけることも


資源や強みにつながるよなあ。



「あっという間だった」
流れ星


「忙しかった」砂時計_青


 「盛りだくさんで頭つかった」へとへと。


などなど…

一気に駆け抜けた2時間だったようです。


最後に柴田さんは

「かわのさんからは必要なことを具体的に学べる時間になるはず。

みんな「ホンキの人」になりましょう」

エールを送りつつかわのさんの講座へとバトンタッチ。


その後は

先生を囲み、お手伝いスタッフ+αの皆さんとランチで講座の感想をシェア。



シェアを重ねていくたびに深まり、発見、気づきをいただく。

そんな機会が多いこの講座。

人数が多いぶん、収穫も大きい!!!

 受講者様80名ですから…!!!


先生方はさばきが大変かもしれませんが…


大人数の講座ってこういう醍醐味があるんですね。


実り多い時間となりました。


今回の感想 FBやシェア会より


・私も「市民としてできることがある」その気づきが手に入りました 。

・楽しかった!妄想しまくり!先生が言ってみえたように

”このきっかけを活かして ゆるやかに したたかに 繋がって 動いていきたい”


・恵まれていると思っていた地域では、想像もしていなかった悩みがあったり、聞いてみないと分からないものですね。

・今の立ち位置がママ世代なので、子育て環境だけを考えがちだけど、他にもいろんな課題があったり、横のつながり縦のつながりの重要性もわかりました。


・視野を広げ、課題を考えることに価値を感じ、長期的にものを見ることができるようになった。


・自分の足元から、もっと自分のできることから始めてみることができるような気がする。


・自分の強みを知って、弱いところを助けてもらうことに気づき、叶えたいことが実現できそうな気がした。


・行政へもっていくことと、市民でできることがある。普段地域について考えたことがなかった。


・時間制限があることで時間を区切って話し合うことができた。緊張感がよかった。





一回目の楽しい~という感想から一転。

地域の課題を考えていくアナリストたちの産声が聞こえてきそうなコメントの数々。

市民力…あがっています!!!

さすが柴田さん。ありがとうございました~。



番外編写真その1

カワイコちゃんたちのお世話をする柴田さん。

彼の号泣の理由は

子どもゴコロに先生がこわいからではわけでなく、

お腹がすいていていたそうです。



番外写真その2

なぞのカメラ小僧が出現。



ツクルスクール主宰、一尾塾塾長の一尾さん。

様子をみがてら柴田さんと悪巧みをしにきたそうです



次回このバトンはかわのゆみこさんに渡されます!


 


楽しみです。

受講者の皆様、乞うご期待!!








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)