呼び方が違うだけ?

テーマ:

今日はフランス国旗フランス料理店を区別する話

 

フランスでは業態として

【レストラン】

【ビストロ】

【ブラッスリー】

【カフェ】

【オーベルジュ】

という風に分けられたりしています。

 

みなさまどう違うか説明できますか?

 

 

 

日本日本ではこの区別が曖昧なんですよね。

 

それと【オーベルジュ】というのがまだ日本では一般化してないですね。

 

 

では先ずその【オーベルジュ】からお話ししますね。

オーベルジュは基本宿泊付きレストランのことです。

決してホテルのレストラン付きでは無いのです!

 

レストランがメインなのです。

 

分かりやすく書くとミシュランミシュランガイドミシュランの星では

ミシュランの星そのカテゴリーで特に美味しい料理

ミシュランの星ミシュランの星遠回りしてでも訪れる価値のある素晴らしい料理

ミシュランの星ミシュランの星ミシュランの星そのために旅行する価値のある卓越した料理

となっています。

 

ミシュランの星付きのお店などはフランス国旗フランスでは意外と郊外の小さな街にあったりします。

そして、ワインアルコールを飲んだりすると車車では行きにくい、ヨーロッパ諸国では遅めにディナーが始まります。夜8時ぐらいから二時間ほどをかけていただくので夜10時過ぎになるのです。

それならホテルキー宿泊もあると便利ですよね。

それがオーベルジュなんです。

 

 

 続いては【カフェ】にしますか。

カフェは喫茶や軽めの食事が出来るお店です。日本のようにケーキと飲み物主体とは少々意味合いが違うようです。そして夜はアルコールを出すお店が多いようです。

 

 

続いて【ブラッスリー】についてです。

ビールアルコール類を出していてそれと一緒に食べる軽い料理も出すお店のようです。

※ブラッスリーの本来の意味は『ビール醸造所ビール

 

 

次は【ビストロ】です。

日本でも結構この名前【ビストロ】はお目にかかる事が多くなってきましたね。

ビストロは居酒屋といったところです。

カフェやブラッスリーと同じく気軽に入れます。

 

 

次は一番日本人が使う言葉【レストラン】です。

日本では少し気が張る食事をするお店という感じで使われますが(ファミリーレストランはもっと気軽に入れるお店)フランスではもっと【レストラン】の地位が高いです。↑

予約をして来店する高級なフレンチレストランで、ネクタイ*ドレスコードワンピースもあるようなお店が多いです。子供の入店年齢も決められている場合も多いようです。

 

 

れすとらん【グランメゾン】という言葉もあります。

これは現地フランスでは使われないそうですが、超高級フレンチレストランという意味合いで日本で使われています。

もちろんこちらもドレスコードがあります。

 

 

以上フランスの飲食店事情です。

もし、フランスに行かれる事があるならこれを参考にして選んでみては?

◎『子供連れか?』

◎『ドレスコードがあるか?』

◎『予算はいくらか?』

◎『どんな雰囲気で食事をしたいか?』

 

 

日本では多彩なお店の形態がありますから選び放題ですが、言葉の分からない、作法も知らないと心配ですからね。そう考えると飲食店で困っている外国人にも優しく教えてあげたいものです。おねがい

 

 

 

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*
 

たのしい!キラキラ おいしい!キラキラ体験ができるオープンキャンパスは、

3月24日(日)です!!ウインク

 

調理 「カレーシュウマイ&卵スープ」マンゴープリン付き

 

製菓 「レアチーズケーキ」 

 

を作りまーす!!ニコわくわくわくわく

 

調理か製菓の片方でも、両方でも、ぜひ参加してくださいねはぁと

 

金沢駅 ⇔ 本校の送迎もしています(要予約)

 

お申し込みは、ホームページ、電話お待ちしてます!おじぎゆらゆら

 

シェフ 金沢製菓調理専門学校

ホームページ https://www.kit-es.co.jp/

電話 076-262-7455