ためになる健康情報 第13回 パーキンソン病と寝汗

 

          北本中央クリニック 神経内科 藤本健一

 

真冬なのに寝汗をかく、寝汗で身体が冷える、

夜中何度も着替える必要があり大変、

パーキンソン病の患者さんの訴えです。

 

寝汗の原因は、感染症からホルモン異常、

精神的ストレスまで様々ですが、

パーキンソン病では

自律神経にレビー小体が蓄積することが原因です。

 

ミュンヘン大学の神経病理学者だったレビー博士は

パーキンソン病で亡くなった患者さんの脳を顕微鏡で観察し、

ドパミン細胞内の封入体を発見。

1912年に報告しました。

 

封入体はレビー小体と呼ばれるようになり、

パーキンソン病の病理学的指標とされました。

 

1990年の終わりに、レビー小体はα・シヌクレインという

異常な蛋白が凝集したものであることが分かりました。

 

パーキンソン病が進行すると、

レビー小体はドパミン細胞のみならず全身に溜まります。

 

自律神経に溜まると、

血管の収縮拡張の調整が出来なくなり、

寒いのに寝汗をかくことにつながります。

 

逆に暑いのに汗をかかなくなると、

体温が上がり熱中症になります。

 

残念ながら、自律神経障害による寝汗の良い治療法はありません。

身体が冷えないよう、頻回に着替えて下さい。