地元町内の横谷会長を講師にお招きし、護身術教室を開催致しました。

第1回目のテーマは“不意に他人に腕を掴まれた際の対処法”です。

 

まずは先生の解説から。

向かい合った状態で腕を掴まれたら!!(相手の右手で自分の左手を掴まれた場合)

①掴まれた手をパーに広げ、手のひらを反対側の肩へ素早くひく。

②その後 素早く手を相手の顔へ持っていって攻撃!

身長差があっても顔やのどが急所になるので攻撃できるそうです。

 

 

腕を掴まれたら手をグーにして振り払おうとしてしまうと思いますが、手をパーにすることで一瞬だけ余裕が出来るんだそうです。

腕を掴まれた時に逃げようとして引っ張り合ってしまうと力のある方が有利になるので、逆に力を預けてしまうこともポイント!そうすることで、相手は力が入らなくなるようです。

 

 

『何回も練習しないと反射的にできない、不審者対策に子どもにも教えたい。』

『身を守る方法を知らないと怖いなと思った。』

『グーとパーでこんなに違うんだと思った。』

…と実践練習を通して気づくこともありました。

 

それほど暑くない日でしたが、エアコンを入れても汗をかくほど熱のこもった指導をしていただきました。

今回教わったのは、向かい合った状態で肘より下を掴まれた場合に有効な手段です。次回は安全な転び方・倒れ方を教えて頂く予定です。

 

採用ブログ始めました

生陽会ホームページはこちら

採用ページはこちら