4/15(日)にこやかハウス大谷で家族会が開かれました。

今回初めての家族会でしたが、前日からの大雨で、集まっていただく皆様には申し訳ないな…なんて思っていましたが、雨も上がり晴天に恵まれました。

 

家族会は、社長のご挨拶と歌から始まりました。社長の作詞作曲した『私の故郷てるてるぼうず』は皆様聴き入っていました。

 

 

DVDで入居者様の一日の様子やこの一年の様子をご紹介し、『みんな楽しんでいるね。』とのお言葉もいただきました。入居者様が楽しく笑顔で過ごされている事が、ご家族にも伝わったのではないかと思います。

普段ご家族同士の交流の機会はありませんが、お話が盛り上がっていたようで、コミュニケーションの場にもなって良かったなと思います。

 

 

皆様の支えがあって、にこやかハウス大谷は1周年を迎えることができました。これからも、より良いサービスを提供できるよう努めてまいりますので、ご協力よろしくお願いします。

 

 

 

にこやかハウス大谷は平成29年3月にオープンした施設で、認知症の症状を抱えた高齢者の方が、スタッフの援助を受けながら、家庭に近い環境で共同生活をしています。

”ただの”共同生活の場ではなく、認知症ケアのプロフェッショナルとして、「認知症を何とか食い止めたい!」「少しでも良くしたい!」というご本人と家族の「想い」を応援し、認知症改善に向けて積極的なケアを行っています!

生陽会ホームページはこちら