つくる・そして楽しむ工房の記録

つくる・そして楽しむ工房の記録

埼玉県新座市にて趣味から資格取得ギフトなど、手づくりを楽しむ工房のいろいろアレコレ。


テーマ:

先日、フレンチメゾンデコールのお道具箱をつくりに来ていただきました。

お二人ともカルトナージュは初めて!お道具は初めての方には難しいのですが、とても器用なので上手に仕上がりました!!

 
 
 
お道具に何を入れようか考えるのも楽しいですね。もちろんカルトナージュの道具入れにピッタリです!
 
 
 
イキとスイでは、作りたいものを楽しく作っていただきたいと考えてます。
どうしても難しい時はサポートしますのでご安心ください。
 
 

テーマ:

こんにちは。

今日は雨が降りどんより。シトシト雨が降る音を聞きながら、ホームページの手直しとブログを書いております。

 

ホームページを作るのに、3冊の本を購入したのですが、結局1冊の本を熟読しながら作成してみました。

正直、ほぼ適当。グラフィックデザインの仕事をしてたから、なんとか形になっているのかな?と思っております。

ホームページをつくるのにも、まず最低限の知識を持っていないと厳しいですね。サーバーやドメイン取得せずに簡単なホームページにすれば良かったかな?と思ったりしましたが、少しずつ理解していくと楽しいし大事にするものです。

他の2冊は初心者の私にはまだ理解できず。もう少し寝かせておきます。

 


 

アメブロ作成はできたのだけど、便利に使いこなしたいと思いなんとなくこの本を購入しました。

初心者に丁寧でわかりやすい!順を追って行けばすぐに始められおすすめです!

 


 

まだまだやることはたくさんですが、頑張って育てていくぞー!

お読みいただきありがとうございました。

 


テーマ:
認定講師になって1年も経ってしまいましたが、これからしっかりお教室をするために、先週の金曜日にルルベちゃん®︎本部研修in東京に参加してきました!

あっという間に満席になってしまったので、参加できて本当にラッキーでした。

研修会資料と可愛いノートもいただきました💓


何より本部の代表取締役のYukie先生とジャッジディレクターYuko先生、クリエイティブディレクターAya先生と北海道支部長のMiki先生、東京支部長のAyako先生とSatoko先生にお会いできました。


Aya先生のバレンタインルルベちゃん←って言うのかな?実物もめっちゃ可愛いかったです😍そして触ってもしっかりしたつくりで流石でした!

 

クオリティを高めるための技術などたくさん学べ、また認定講師さまの素敵なルルベちゃん®︎を拝見できとても勉強になりました。



残念ながらランチ会には出席できませんでしたが、またこのような企画には参加して皆さまとお話しできたらと思います。

 

さて!私はまだスタート地点に立ったところ!たくさん引き出し持って、それを開けれるようにいろいろ頑張っていきます!

 

お読みいただきありがとうございました。

 


テーマ:

こんにちは!みなさんカルトナージュってご存知でしょうか?

私は、全く知らなかったのですが、幼い頃に母がつくっていた『厚紙に和紙を貼ってつくる引き出し小箱』を私もつくってみたいと思い検索してたどり着いたのがカルトナージュでした。

 

そこから、日本ヴォーグ社のフレンチメゾンデコールという厚紙に美しい布を貼るカルトナージュを中心に、フランスの伝統クラフトを学びながら素敵なインテリア小物が作れるカリキュラムレッスンをみつけました。カルトナージュのレッスンと並行しながら学び、あれよとはまってディプロマ認定を取得できました。

仕上がっていく工程と、どこに飾ろうかと考えつくる過程も楽しく、出来上がりの達成感は最高にウキウキです!

 

ご自分のお気に入りの布を使って素敵なインテリア小物をつくってみませんか?お家のインテリアやお祝いのプレゼントなどにいかがでしょうか?もちろんディプロマ認定を取得してお教室をはじめたい方やスキルを増やしたい方もお待ちしております。

 

 

只今、生徒様募集中です!

体験レッスンも随時開催しております。

詳しくはホームページをご覧ください。

 

 


テーマ:

数週間前に息子が寒いと言い出し、あっという間に39度の高熱に。怪しい。。。

早く病院へ行きたいと苦しむ息子を発症後6時間の経過を待ち病院へ。やはり出ちゃいましたね。インフルエンザA型。

 

「お薬はタミフルだしますね。」

「前にタミフル飲んだら、幻覚症状みたいになったので違う薬がいいです。」

「そう言われてましたが、薬ではなくインフルエンザの高熱で起こってるのではと言われてます。」

「そうなんですね。でも今回はイナビルでお願いします。」

 

と解熱剤と鼻の薬を処方してもらいました。

この翌日4回も幻覚症状が起こりました。

 

帰宅してイナビルを吸入し寝込む。少し下がったが気がしたが、さほど下がらずその晩はそのまま就寝。

翌朝、まだ熱が下がらず辛い時に飲んでくださいと出された解熱剤を飲み一寝入り。

 

1回目

数時間後、「わー!!!ママママママー!!やめてー!わー!」天井の方を見上げ怯えながら何かと戦ってるように暴れる。

そして熱性痙攣のように足だけガタガタひきつってるのが5分程。そしてやっと意識が戻りまたすぐ寝込む。

前と似てるけどちょっと長いがとりあえず治ったからホッとした。

 

2回目

やはり目覚めてからも何も覚えてなかった。少しスッキリしたようで、お腹空いたとうどんを少し食す。

熱は38度6分まだ辛そうなのでまた薬を飲んで寝かせる。

数時間後「ママママママー!怖い怖い痛い痛いウオー!!痛いって!痛いー!」と足を押さえながら叫び暴れる。「どこが痛いの?」何も答えず手足が痙攣。抱きしめようとしても跳ね除ける。この状況が5〜10分も続いたが、我に帰り名を呼ぶと返事をし、また寝に入る。怖くなり、インフルエンザの幻覚、インフルエンザ脳症の症状などネット検索をしてみると、悲しい結果までいろいろな症例があり、今の判断を迷った。手遅れにはならないよう焦る。でもたくさん調べていたら、15分くらいなら大丈夫との掲載をみてちょっと落ち着く。何回もなるようなら危険ともかいてあったので、また様子をみる。

この後の目覚めは普通に。たくさん水分を取りこの夜は朝まで就寝できた。

 

3回目

起床。喉乾いた。お腹空いたとお粥を3口ほど食べる。まだ下がらず。ご飯を食べたからまた解熱剤を飲ませ寝かせる。

数時間後「ママママー!ママー!!!ママー!」「ここだよ!いるよ!」「ママーママー!」と叫び続け私の存在がわからないようで「痛い!痛い!ヤダー!」とまた怖がる。その後ボーッと一点を見つめ、家族の声かけひとつも答えずボーッと。流石の3回目はしっかり時間を測る。意識戻るまで13分。長い。怖くなり子ども医療電話相談の♯8000に電話するが繋がらない。そうこうしてる間にまた寝に入る息子。

熱のせいなのか、もしかして解熱剤のせい?かと調べる、”インフルエンザの高熱症状、小児の場合、解熱剤は慎重に!発熱に対し解熱剤を使うことでかえってインフルエンザ脳症という最も重い合併症のきっかけになる可能性も指摘されてる”と。アセトアミノフェンという解熱剤は安全性が高いということだが、今回はその解熱剤。

 

4回目

今度は薬は飲んでない。が「ワー!怖いー!足が足が!」「ママー!」目の前にいるのに気づかない。

救急車を呼ぶか迷った。またこの症状が5分ほど。我にかえった息子を強く抱きしめる。涙が出た。

そして子ども医療相談♯8000がすぐ繋がった!

急いで聞きたい気持ちだけど、落ち着かせようとしてくれてるのか、「どちらにお住まいですか?何歳のお子さんですか?男の子?女の子?お母様の年齢は何歳代ですか?」確かこんな内容をおっとり口調で質問される。

「どうされましたか?」「インフルエンザA型にかかり、幻覚症状が4度も…」と説明。「それは心配でしたね。」「インフルエンザの高熱で幻覚起こしてるのですね」「病院は行った方がいいですか?」「今の状態で行っても様子見ましょうとなると思うので、熱が下がれば落ち着くと思います。お家で寝かせてあげてください」とのことでした。

何も知識がないから電話繋がって良かった。そして判断していただきすごくホッとしました。

 

その後、熱も下がり回復。食欲も出ていつもの芸人息子に戻りかなりホッとしました。

熱がぶり返しましたがたくさん寝て完治。

来年は予防接種を家族全員受ける決意をしました。恐るべしインフルエンザ高熱。

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス