あなたと相手と意見や考え方が違う場合、

 

大切なのは、

相手の意見を「理解」するように努めることです

 

相手の意見は、しっかりと理解するように努める

 

ただし、自分の意見と違うなら

意見は意見として、しっかりと主張する

 

それこそが、相手としっかりと向き合う姿勢となります

 

 

 

 

例えば、連休の過ごし方を話すとします

 

相手は、家でゆっくりしたい

あなたは旅行がしたい

 

お互いに意見が違えば、話し合うしかありません

 

 

 

 

この時、1番悪いパターンは、

最初から相手の意見を全否定して、自分の意見を通そうとすること

 

「せっかくの休みなんだから、旅行くらい行こうよ!」

というような

 

このように最初から出てしまうと、

最終的にはケンカに繋がってしまいます

 

 

だからといって、本当は旅行したいけど

意見を言うのを我慢して、家でゆっくりというのも悪い選択です

 

この我慢の積み重ねは、やがて爆発します

 

「あの人はいつも私の言うことを聞いてくれない」

 

そんな気持ちの積み重ねは、相手への不信感や

期待してもムダという気持ちへと繋がります

 

 

 

 

このような時は、まず相手の意見を「理解する」こと

 

相手は家でゆっくりしたい

 

では、なぜゆっくりしたいのかを聞きます

 

疲れていて、休息にあてたいのか?

連休で人が多いから、外出したくないのか?

もしかして、家であなたに料理をふるまいたいのか?

 

ゆっくりしたいという意見の理由を理解します

 

 

 

 

理解できたなら、次はあなたの意見の番です

 

相手の意見を尊重しつつ、あなたの意見も伝えましょう

 

その上で、お互いが納得できるポイントを

話し合いで見つけます

 

 

休息目的で、温泉に行くのもありですし

半分は家でゆっくり、半分は外出という選択もありでしょう

 

連休で人が多いのが嫌なら、

人が少ない穴場へ向かうのもアリです

 

あるいは、今回は家でゆっくりして

次の連休は旅行というのもありでしょう

 

 

 

 

お互いに意見が違うからといって、

どちらの意見を押し通せるかの勝負ではありません

 

ましてや、相手を責めたりは

絶対にしてはいけません

 

意見が違うのは当然ですので、

お互いが納得するまで何回でも話し合えばいいのです

 

お互いが納得する結論が出るかもしれないし、

どちらかが心変わりすることもあります

 

 

わたしもあなたも意見がある

まずは話を聞かせてほしい

 

そんなスタンスで向かうことは

意見の違いが、より良い関係構築への材料になります(´∀`)

 

 

 

 

↑↑↑

 

この記事がお役に立ったら、応援お願いします(´∀`)

 

↓↓↓

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ

 

 

 

 

言葉で伝えるのって、簡単なようで難しいです

 

だからこそ、自分の思いを伝えたいなら

しっかりと言葉を尽くさないといけません

 

それができない人ほど、感情で伝えようとします

 

前者は信頼を持たれ、後者は軽蔑を持たれます(´∀`)

 

 

 

 

例えば、『天気が良い』ことを伝える場合

 

ただの晴れなのか、

雲1つ無い青空なのか

 

湿度も低くカラッとしてるのか、

単純に晴れてるだけなのか

 

そもそも、晴れのことを指しているのか、

雨が降っていないだけなのか

 

人によって考え方、捉え方が違います

 

 

 

 

自分と同じ感覚を伝えようとするなら

 

お互いに同じ前提を確認して、

更に事細かに伝えるしかありません

 

面倒でも、そうしないと

「伝えること」はできません

 

 

 

 

しかし、

 

この同じ感覚を理解してもらえるように

説明すること自体が手間で、難しいことです

 

さらに伝え方が下手だと、

ますます伝わりにくく、難しくなりますよね

 

 

 

こうなると、

 

人によっては言葉を尽くさず、

感情で自分の気持ちを伝えようとしてしまいます

 

 

 

 

例えば、相手に対して怒っているとき

 

自分が怒っていること

何に対して怒っているか

どうしてそれが怒ることになるのか

 

…など伝えないと、相手には怒りの理由が伝わりません

 

それに、内容がしっかり伝われば

相手の反省を促すこともでき、改善にも繋がります

 

結果的にお互いにプラスの結果となります

 

 

 

 

しかし、これが感情で伝えようとしてしまうと

 

「なぜこんなことをするのか?」

「なんで、こんなことも分からないのか?」

 

…など、怒りが先に来て、言葉が着いてきません

 

人間は、感情的な相手に感情的になります

 

怒りで向かってきている相手には

自分が悪いと思っても、やっぱり怒りの感情が湧きます

 

これでは反省も改善もなく、

ただ「相手がむかつく」程度のことにしかなりません

 

感情的なしこりが残るだけで、マイナスにしかなりません

 

 

 

 

感情に頼る方が簡単です

怒ってるな、悲しんでるな、というのは分かるからです

 

でも、それだけです

お互いにとって、プラスになることは少ないです

 

だからこそ、言葉で伝える

言葉を尽くすようにすることは大切です

 

恋人、家族、友人は距離が近いからこそ、

言葉を尽くしてお互いにより良い関係性になれるように

 

仕事の関係なら、距離が遠いからこそ

必ず言葉を尽くして信頼関係を構築するようにしましょう(´∀`)

 

 

 

 

↑↑↑

 

この記事がお役に立ったら、応援お願いします(´∀`)

 

↓↓↓

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ

 

 

 

◆ 他人に不満があったとして

 

「Aさんはこんなところがダメだ」

 

とか

 

「Bさんのこんなところがいけない」

 

と批判する人がいます。

 

 

でも、他人に対して

不満を言っても仕方ありません。

 

他人を変えることはできないのですから(´∀`)

 

 

 

◆ 個人的な例で言うと

 

むかし、職場に寝癖そのままで出勤してる同僚がいました

 

さすがに寝癖はどうなのか?、と言うと

 

「だってヘルメット被るから関係ない」

「規則に違反しているわけでもないし」

 

という答え

 

 

 

◆ 確かに、違反はしてません

 

でも、マナーというか仕事への姿勢としてはどうか?

 

私が気になった点はそこです

 

 

しかし、マナーとか仕事への姿勢というのは

その人自身の内面の問題になります

 

そうすると、そこを批判や指摘をすることは

その人の内面に踏み込んでいく形になります

 

人間関係のトラブルは、

お互いの内面の領域に踏み込みすぎた時に起きます

 

これは間違いなく、トラブルへと発展する内容ではあります

 

 

 

◆ 結局どうしたかというと

 

違反していないのなら、それ以上、私が言えることはありません

 

また、その人が周りの人にどう思われるかは

その人自身の問題であり

 

忠告にするにしても

トラブル覚悟で真正面から向き合うほどの関係もありません

 

私は一定の距離を取って付き合うことにしました

 

 

 

◆ 誰もが自分の価値観や、考え方があります

 

その価値観や考え方から見て

他人のしていることが「違う」と思うことはあります

 

内容によっては、

「それは絶対に無いわー」ということもあるでしょう

 

それがきっかけで、その人のことを悪く言ったり

不満を言ってしまうこともあるでしょう

 

 

 

◆ しかし、

 

結局のところ、他人は変えることができません

 

あなたが何かを話すことで、

それがきっかけとなり、相手が変わることはあります

 

それは、あなたの言葉がきっかけで

相手自身が変わったのです

 

あなたの言葉で変わったのではありません

 

 

 

◆ もし、

 

不満を言いたくても、

相手に伝わってしまったら、それはマイナスでしかありません

 

相手をそれで変えることはできないし、

逆に恨みを買うことがほとんどです

 

 

アドバイスという形で伝えるはありだと思います

それがきっかけで、相手自身が気が付くこともあります

 

でもそれを聞き届けないのなら、

もうあなたにできることはありません

 

あとはどんな距離感で付き合うか、

それを選択するくらいしか、あなたはできません

 

 

 

◆ どちらにせよ

 

他人に不満を言っても仕方ありません

 

あなたが不満を言われても嬉しくないように

相手だって嬉しくありません

 

アドバイスをもらっても、

あなたが聞く耳を持たないこともあるように

 

相手も聞く耳を持たないこともあります

 

 

不満は言わず、アドバイスを言う時は言って、

それでもダメなら一定の距離を保って付き合いましょう(´∀`)

 

 

 

 

↑↑↑

 

この記事がお役に立ったら、応援お願いします(´∀`)

 

↓↓↓

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ