今日の図書館サロンは今年度三回目の患者体験発表の勉強会でした。

発表者は肺がん歴6年半の東山さんです。

NHKで放送された「帽子で希望を届けたい」のビデオ紹介から始まり

自身の病歴紹介、治療を決心した家族との絆

辛い闘病生活・・・治療に伴う副作用とのたたかい・・・

仲間の出会いからサロンへの参加、NPOへの活動参加へ・・・

それぞれの思いを熱く語られました。

 

今日の参加者は「リビング和歌山」や「ニュース和歌山」を見て

初めての参加者数名をはじめ36名の参加でした。

この図書館サロンの勉強会で今までに二番目に多い参加者です。

 

患者が自らの体験を語ることで「夢を持ち前向きに病気と向き合う」

そんなに思いを共有できるサロンであったらいいなーって思いました。