資を生むものは、無限にあるのかもしれない。 | 21世紀型の幸福主義型起業支援【イキビジ大学】公式アメブロ

21世紀型の幸福主義型起業支援【イキビジ大学】公式アメブロ

20世紀型の合理主義経営ではなく21世紀型の幸福主義経営の起業を支援するイキビジ大学の公式アメブロです。勉強会、講習会等の情報や、各種連絡事項について発信していきます。


テーマ:

 

こんにちは。イキビジ生のエベレディア(株)代表取締役 中島優太です。

今回のイキビジは、「20代のための金融資産運用基礎知識」。

金融資産運用・・・。これ、どんなイメージですか?
 
なんだか難しそう。自分には関係ない。ギャンブルだ。
 
いろんなイメージがあると思いますが、きっとマイナスイメージなのではないかと思います。
 
実際私はこの先、ビジネスだけでいいんじゃないかと思っていました。
 
しかし、今回のイキビジを聞いて、やっぱり資産運用大事じゃん!と思うようになりました。(我ながら単純です笑。)
 
今回のセミナーの冒頭部分です。
18:40あたり、「大暴落で儲かる秘密」は必聴です!
 
 
人生で役に立つこと間違いなしの今回のセミナー。
 
さてさて、いったいどんな内容だったのでしょうか?
 
なぜ金融資産の運用が必須なのか?
 
 
まず今回の課題図書は、こちら
 

 

読んだことありますか?これ、衝撃が走りましたよ。
 
なぜなら、「ビジネスを完成させても、その先に投資が待っている」ということが書いてあったからです。
 
有名なこちらのチャート。ご存知の方も多いと思います。
 

 

 

 
なんと、ビジネスオーナーになっても、I(投資)もやっておきましょう。ということなんですね。
 
「ビジネスもできて、投資もできて・・・スーパーマンにならないといけないの?!」
 
しかし、今回のイキビジでは、「SもBもIも、すべてやりましょう。」というメッセージがありました。
 
バランスよく生きないと、生きている感じがしないとのこと。
 
(例えば、ビジネスオーナーになったとしても、自分がいなくても会社がまわります。そうなると・・・自分の存在がわからなくもなりそうですね。)
 
ということで、バランスよく生きて人生を謳歌し、いつでも救いの手を差し伸べられる人材になるためにも、基礎知識はしっかり付けていかなければなりません。
 
年金もあてになりませんしね。
 
 
いま、お金はあまっている
 

 


現在、どこの国でも輪転機で紙幣増刷をしまくっています。
 
噂によると、全ての紙幣を集めると地球が10個買えるほどだとか。
 
つまり、お金は行き先を失っているため、暴落するときは一気に暴落するとのこと。
 
それを知っていれば、確信犯で投資で利益も出せるとのことでした。
 
ん~、なかなか深いですよね。でもどうやって投資するんでしょうね?
 
 
国際分散投資は危険!
 

 


近年、SNSで国家レベルの暴動が起こるくらい、超情報化社会になっています。
 
そんななか、投資のリスクヘッジとして、分散投資という方法があります。
 
つい最近までは、国際分散投資(=イギリス、インドなど、複数の国に投資すること)がいいとされていました。
 
しかし、現在なんと!こんな現象が発生しています。


日経平均株価推移(1か月)

 

参照:http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=998407.O&ct=z&t=1m

FTSE推移(イギリス)(1か月)

 

参照:http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=^FTSE&ct=z&t=1m

NYダウ(アメリカ)(1か月)

 

参照:http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=^DJI&ct=z&t=1m
 

なんと海外の推移が、日経平均と推移がほとんど一緒なのです・・・!

これ、すごくないですか?!世界はつながっているんですね(笑)!!
 
ですから、複数の国に分散投資しても、一緒に下がるし上がるので意味がありません(笑)
 
ではでは、どうしたらいいのでしょうか?
 
 
日経平均が下がったときチャンス
 

 

具体的な策としては、「日経平均などが下がったときに、得をする投資をする」ということだそうです。
 
つまり、こういう投資へ分散しておけば、はじめてリスクヘッジになるんですね。
 
いや~そんな投資方法があったんですね(笑)これを知れただけで、セミナーに出た価値があります。
 
話を聞けば聞くほど、本当に投資は奥が深いですね。
 
 
アベノミクス失敗?
 

 

話は変わりまして、メディアでは明るいイメージのアベノミクスですが、今回のセミナーで失敗疑惑が浮上です!
 
そもそも日銀の黒田さんは、円を流通させ物価をあげたいと計画。
 
そこで、銀行が持っている国債を買取。そして、銀行はあまったお金を貸したい。
 
しかし現在、元手無しでビジネスができる環境が整っているため、なかなか借り手が見つかりません。
 
そこで銀行は、また国債を購入(笑)。結果、お金が流通していません。
 
スマホアプリや、ネットビジネスが主流になってきている現代の象徴的な現象かもしれませんね。
 
結局、アベノミクスで景気回復のようなイメージですが、前述したように世界全体の動きに日本も同調しただけ・・・。
 
う~ん。メディアってこわい。
 
 
チャートを見るだけではダメ
 

 

投資となると、避けて通れないのがチャート分析。
 
いろんな流派があるそうですが、忘れてはいけないのが「人間の心理」だそうです。
 
急に下がっているときは「みんな焦って売っている」とか、下がりきったら「そろそろ買おうかな?」と考えているとか。
 
そのような大衆の心理を理解しているという前提で、国際情勢やチャートの分析をすると、良いとのことでした。
 
んん、深い。ほんとうに。
 
チャートを追っていくのは、なんだか興奮しますよね。
 
私のような初心者は、ゲームなどで試してみるのがいいかもしれませんね。
 
 
資産は金融だけじゃない
 

 


最後にこんなワークをやりました。B/SとP/Lの作成です。
 
B/Sとはバランスシートとのこと。つまり貸借対照表
 
つまり、資産と負債の関係性ですね。
 
そして、P/Lは損益計算表。簡単にいうと、収入と支出の関係です。
 
これをこんな感じで並べてみます。
 

 

 
そして、生涯に渡り「資産」の構築をしていきましょう。というもの。
 
この資産にどんどん投資して、キャッシュを生み、また収入に回す。
 

 

これこそ、真の資産運用だと言えるかもしれませんね。
 
さて、いまやっていることは、資産になっているでしょうか?
 
また、他にもキャッシュだけでなく、友人や人脈、頭脳への知識なども投資だとしています。

以下に、セミナー中にあがった資産をいくつかあげておきます。

 
~資産の例~
 
・長期的に使える資格
・人脈(友人、知り合い、FBの友達数など)
・印税(出版など)
・不動産
・ビジネス
・アクセスのあるサイト
・キャッシュを生み出すサイト
・メルマガのリスト
・経験(失敗、成功体験など)
・知識
・チャレンジ
 
この図を書いていくと、「そうか!ここに時間とお金を投資すればいいんだ!」とわかります。
 
ある意味、ムダなことに時間を使うことがなくなるように感じますね。
 
人生1回です。

自分の人生を生きるため、そして多くの人を救うためにも、資産の運用を長期的に(死ぬまで?)やっていきましょう!
 
 
 
まとめ

今回もかなり深い内容でした。
 
正直、これまでで一番理解が困難でしたね(笑)
 
私自身が、資産運用の知識が全くなかったためです^^;
 
長い時間かけて勉強必要だな~と、しみじみ感じました。
 
しかし、なんとなくイメージができたので、あとはじっくりやっていくだけ。
 
ここまでお読みになってくださったあなたも、ぜひ資産運用を意識してみてはいかがでしょう?
 
 
ご覧いただきありがとうございます。

イキビジ公式ページはこちら


執筆:中島優太

ikibizi2010さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス