ボヤっと生きてるだけでは、生きてるとはいえない。 | 21世紀型の幸福主義型起業支援【イキビジ大学】公式アメブロ

21世紀型の幸福主義型起業支援【イキビジ大学】公式アメブロ

20世紀型の合理主義経営ではなく21世紀型の幸福主義経営の起業を支援するイキビジ大学の公式アメブロです。勉強会、講習会等の情報や、各種連絡事項について発信していきます。


テーマ:

 

 

 

こんにちは。イキビジ生のエベレディア(株)代表取締役 中島優太です。

突然ですが、戦略って何でしょうか?
 
・戦いを省略すること?
・勝つための作戦?
・チームが団結するための目的?
 
人によって、それぞれ解釈があると思います。
 
あらためて聞かれると、「あれ?なんて説明すればいいのだろう?」と考えてしまいます。戦略って明確に断言しにくいですよね。
 
ちなみにイキビジ勉強会でも、戦略という言葉の定義は十人十色。ほぼ全員が違う答えを述べていました。
 
あなたにとって、戦略とは何でしょうか・・・?
 
 
やっぱり他のセミナーとは違いますわ

 

 

 


 

 


今回のイキビジ勉強会は、「仏陀視点からの戦略思考」。
”仏陀”という難しい言葉、さらに”戦略”という解釈が難しいテーマです。

課題図書はこちら
 
参加前は正直、頭が混乱するだろうな?と思っていました。しかし、やっぱりイキビジ!内容はわかりやすく、そして実践的。
 
ノートをとって納得して終わるだけでなく、勉強会中に体で理解してしまうのがイキビジの特徴ですね。最近では、ノートをとることすら減ってきました(笑)
 
それだけ集中してしまうのです。
 
 
■学長式「戦略の定義」とは?


 

 


それでは、冒頭で質問した戦略の答えの発表です。
 
イキビジ創立者の学長が考える戦略とは、「永続的に勝利をもたらすためのルールや仕組み」です。
 
例えば、男子ワールドカップで優勝したドイツ。ドイツでは、なんと幼少の頃からサッカー選手を育てる仕組みがあるそうなのです。
 
いわゆる「飛び級」のようなもので、強い選手はどんどん育っていきます。さらに、優秀な選手が引退しても、すぐ代わりが育っているのです。
 
これは、永続的にワールドカップで勝てるドイツ国の「ルールや仕組み」です。
 
対して、期待されていた開催国であったブラジル。ネイマールというワントップが崩れてしまったために、一気に負けてしまいました。
 
つまり、ネイマールがいなくなったら勝てないチームだったわけですこれは、「永続的な勝利」をもたらすことはできませんでした。
 
もしドイツでしたら、ワントップがいなくなっても、すぐ次の選手がいたことでしょう。

「何があっても、常に勝利を維持している。」これが、学長式の戦略の定義です。
 
■では、これを経営に置き換えると?
 

 

 

99%の会社が戦略がありません」と断言する作野さん。
 
これが本当だとしたら、戦略思考さえ身につけば・・・上位1%になれます。そうすれば、経営は安定しますし、起業のリスクも減るでしょう。
 
また、学長は「戦略の定義を間違えている会社も多い」とも言っています。
 
例えば、「トップ営業マンがいる」というのは典型的な戦略がない会社だそうです。いわゆる、ブラジルでいうネイマールのような存在ということです。
 
トップ営業マンが、入院したり、ヘッドハンティングされたり、独立されてしまったら・・・その会社はどうなるでしょうか?
 
経営者、あるいはこれから独立をしようとする方であれば、しっかりとした戦略を考えておく必要がありますね。
 
■戦略のさらに上の階層もある?!
 
課題図書にも書いてありましたが、戦略は階層の1つでしかありません。
 
下図のように、5つの階層から成り立っています。
(説明の関係上、あえて5つとしています。詳細は課題図書を参照ください。)
 

 
そもそも、世の中はチャンスだらけ。
 
やろうと思えば、副業でもそれなりに稼ぐことができます。
モテようと思ったら、モテる本や商材はいくらでもあるわけです。
発展途上国のように、食べ物に困ることだってありえません。
 
しかし、人類に平等に割り振られている時間というものをどう使うか?これが、人生の大きな課題でもあると考えています。
 
実は、戦略をはじめ、5つの階層をはっきりさせておくことで、やらないことを決め、やることに集中する」という発想が可能になります。
 
これは、経営に限らず、人生全般にも大事なことですね。
 
■戦略を学ぶためには、体験が一番!
 
イキビジでは、”その場で考え実践し、自ら気づきを得る”という、脳の深部までグサリと刺さる記憶を埋め込むことができます。
 
今回は、戦略を学ぶワークを行いました。そこで、これを読んでいる皆さんにも、戦略を考える体験をしていただきたいと思います。
 
いきますよ?

準備はいいでしょうか?
 
頭のなかで考えるだけでなく、紙とペンを持って考えると、より理解が深まると思います。
 
Q1、合コンでモテるためには、どのような戦略を考えますか?

 

 

 

 

 
さて、どうでしょう?
 
男性の方でしたら、「すみません、番号教えてください」と女性の方から言われるためには?

また、「このあと、2人で飲みなおそうか?」とキラーワードが100%成功するためには?

 
女性の方でしたら、「ね~、よかったら今度、食事に行こうよ?」とイケメンから誘われるためには?

また、「このあと、2人で飲みなおそうか?」というキラーワードを100%言われるためには?
 
 
さてさて。どうでしょう。
 
 
 
・・・
 
 
・・
 
 
 
 
 
はい。何かいい戦略は思い浮かびましたか?
戦略と目標はどう違うの?など混乱された方もいたかもしれません。
 
さて、正解は個人個人で違いますが、これを読んでくださった方の学びになると思いますので、恥ずかしいですが、あえて私の戦略を発表します(笑)
 

 

 

 

 

思想:かっこいい
目的:合コンでモテるため
目標:合コンで1番モテる。月に2人のアドレスゲット。
戦略:金持ちになりステータスをあげる。肉体を鍛え、見た目でも勝負する。
戦術:短髪、ブラックカード、六本木、筋トレ、スーツ、高級な靴、香水、ビジネス。
 
う~ん、恥ずかしい(笑)
 
しかし、これを見てなんとなく、戦略やその他の階層がイメージできたのではないでしょうか?
 
日本人は、思想という階層から考えることがあまり得意ではないようです。
私も、戦術ばかりの人生でしたので、「どう生きるべきか?」が全くわかりませんでした。
 
しかし、あえて突き詰めていった結果、「かっこいい」という思想に行き着きました。
 
そこから下のフェーズである「合コンでモテるため」という目的に落とし込むことで、
目標、戦略、戦術が決まってきます。
 
私の場合は、お金を稼げるビジネス力がある男でいるという戦略です。
実際、売れているお笑い芸人さんは、なぜか美女と付き合っていますよね。
 
なぜあの見た目で・・?!と誰しもが思うような方でも、売れているとモテるようです。
 
これが、私なりの「永続的に勝利をもたらすためのルールや仕組み」です。
 
■それでは、もう1ついきましょう。
 
さて、合コンという身近なレベルでの質問でしたが、次はより経営に近い内容の質問です。
 
Q2、自分の社員が、持ってきた高級ボールペンを社内で紛失しました。同じようなことが起こらないようにするためには?

 

 
あなたが社長だとして、自分のかわいい社員が持ってきたお気に入りの高級ボールペンがなくなった!

いじめられて他の社員に盗まれたのかも・・・。もしくは、本人のミスかも・・・。
 
さて、このような状態のとき、あなたは社長としてどのような戦略を持って対処しますか?
 
 
・・・
 
・・
 
 
 
はい。いかがでしょうか?
 
これも、十人十色で様々な答えがあると思います。これが正解!ということはありませんので、ご自身の考えを大事にしてください。
 
さて、またまた私の考えを暴露しようと思います(笑)
 
別に言いたいわけではありません^^;せっかく時間を割いて読んでくださった方へ、少しでもキッカケがあればと思いご紹介させていただくだけです。
 
私の答えはこれです。
 

 

 

 

 

 
思想:かっこいい
目的:2度と同じことを繰り返さない
目標:社内でトラブル”ゼロ”!
戦略:社内への私物持ち込みは禁止!
戦術:共用文具を買う。なくしたボールペンを買う。
 
 
そもそも、社内で私物をなくさない仕組みやルールがあればいいじゃん!と考えました。
そこで、「私物持ち込み禁止!」
 
「かっこいい」という思想があるので、安ぽい共用文具はNG。
快適な仕事をしてもらうため、むしろ社員に好きなものを選んでもらい事後報告でOK。
 
また、なくなったボールペンは、私のポケットマネーで購入します。
 
なぜなら、仮に社内でいじめなどあったとしたら、それに気がつかなかったのは自分の責任だと思うからです。さらに、社内の雰囲気そのものが社長の責任。
 
ですから、経費ではなく社長自らの購入がいいと考えました。
 
また、自分の部下や社員たちの責任は、「全て俺がとる!」というリーダーが育ってほしいという思いもあります。

もちろん自己犠牲ではなく、本当にかっこいいリーダーというのは、「いろんな意味で責任が取れる人」だと思うからです。
 
ときには、叱ることも必要です。
泣いて馬謖を切る」という有名な言葉があるように、時にきびしい責任をとることもあると思います。
 
しかしそのときこそ、「思想」という最上位の概念さえあれば、この先ブレずに進んでいけると思います。
 
 
あなたの答えは、何になりましたか??
 
 
まとめ
 
2015年6月のイキビジは、「仏陀視点からの戦略思考」でした。
戦略という概念を、ワークを通じて理解に近づけるのはイキビジの特徴です。
 
戦略はもちろん、その上の概念もしっかりとわかっていれば、経営や人生も後悔なく進んでいけると思いました。
 
実際は2時間にもわたる勉強会です。その場は、とても言葉だけでは表わすことができません。また、このように文書でお伝えするのは簡単ではありません。
 
やはり、参加した人にだけ、120%の学びがあるのは間違いありません。
ぜひ、興味がある方は、お試し参加もできますので、こちらよりどうぞ。
 
次回のイキビジは?
 
次回は、7月26日(日)17時~19時
なんと、またまたバーでやります(笑)
 
今回は、イキビジに参加してどう変わったか?をイキビジ生がプレゼンするという面白い企画です。
当日は私も発表します。楽しみですね。
 
それでは、最後までお読みくださりありがとうございました。
 
 

ikibizi2010さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス