【長野県】3/21 11時現在
http://www.pref.nagano.jp/kanko/kankoki/hinanukeire/hinanukeiretop.htm
東北地方太平洋沖地震の避難者受入対策チームの設置について
長野県では、東北地方太平洋沖地震の避難者の皆様を県内に受け入れるため、東北地方太平洋沖地震長野県災害対策支援本部に関係部局による「避難者受入対策チーム」を 3月18日に設置しました。
1 主な業務内容
 (1) 受入施設の調査、とりまとめ 
 (2) 受入施設に関する情報提供
       ⇒長野県内震災避難者受入可能宿泊施設一覧(PDF形式)
2 体制・メンバー
  【統括】観光部長
  【関係課】危機管理防災課、職員課、管財課、市町村課、健康福
       祉政策課、産業政策課、観光振興課、住宅課、 企業
       局、教育総務課
  【事務局】観光企画課
3 基本的な考え方
 (1) 受入施設については、行政機関の施設だけでなく、民間の宿泊施設等も対象とします。
 (2) 受入にあたっては、
    ① 医療行為が必要な方
    ② 災害により住宅を失った方
    ③ 被災地において避難指示を受けている方
    などを優先します。
4 当面の対応
(1)緊急を要する人工透析患者などの受入については、優先的に対応します。
(2)県営住宅への受入については、以下の方を対象とします。
  ① 東北地方太平洋沖地震の被災者で住宅を失った方。
  ② 東北地方太平洋沖地震に伴い避難指示を受けている避難者。(高齢者、障害者等の生活弱者とその家族を優先。)
(3)自主避難をされた方々については、旅館ホテルでの受入を基本とし、長野県旅館ホテル組合会と連携して、受入可能施設をリストアップし、情報提供します。
お問い合わせ先
長野県観光企画課 電話:026-235-7251 / Fax:026-235-7257
メール : kankoki@pref.nagano.lg.jp

(長野県 県営住宅)
http://www.pref.nagano.lg.jp/jyuutaku/jyuutaku/index.htm
長野県では、東北地方太平洋沖地震で被災され、住宅を失った方々等の県営住宅等への受け入れを行っています。
1 県営住宅等へ入居できる方
      当面、以下の方とします。
     ① 東北地方太平洋沖地震の被災者で住宅を失った方
      または、
     ② 東北地方太平洋沖地震の被災者で避難指示を受けている方
      なお、高齢者、障害者等の生活弱者及びその家族を優先させていただきます。
2 当面の提供可能戸数 (3月18日現在)
      県営住宅・長野県住宅供給公社住宅  計108戸
3 入居可能期間 6ヶ月または1年間
4 使用料 無料(共益費等が必要となる場合があります)
5 受付期間
      平成23年3月19日(土)から当面の間
      受付時間は午前9時から午後5時まで
6 受付
      建設部住宅課住宅管理係  TEL:026-235-7337(直通)




【伊那市】3/21 11時現在
http://www.inacity.jp/view.rbz?nd=129&of=1&ik=1&pnp=40&pnp=129&cd=9246
●伊那市の被災された方の受け入れ体制
 平成23年3月20日(日)午後5時現在、伊那市では、下記の受け入れ態勢を整えています。
 ○市営住宅等   32室 138人
 ○その他の施設  5施設 140人
 ○民間の旅館・ホテル等  長野県で調査した施設を伊那市のホームページで公開中
 ※会津若松市からの要請を受け、伊那市と国立信州高遠青少年自然の家で協議した結果、100名程度が受入可能となっています。
(対象者は会津若松市へ一時避難している人を想定 4月12日(火)まで 受入の調整は伊那市で行います。)

・避難者向け 受け入れ可能(有料)伊那市 宿泊施設情報について
http://www.inacity.jp/download.rbz?cmd=50&cd=9274&tg=1



【秋田県】 [2011年3月20日登録]
http://www.pref.akita.lg.jp/icity/browser?ActionCode=content&ContentID=1300334418247&SiteID=0000000000000

被災者の受入について
○東北地方太平洋沖地震被災者の受入について
  本県では東北地方太平洋沖地震で被災した方々について、県有施設等、約570施設において約2万4千人の受入準備が整ったところであり、岩手県に派遣している防災監を通じて調整に着手しました。
 旅館ホテル生活衛生同業組合から全面的な協力が得られることとなったことから、当面、食事の提供が可能な民間宿泊施設において優先して受け入れることし、順次、県有施設や市町村有施設での受け入れを追加してきます。
  また、今後、長期滞在を希望する被災者について、公営住宅、職員住宅等における受入れを追加していくこととしております。

○被災者受入支援チームの設置について
 3月17日(木)、午前9時、秋田県災害対策本部内に被災者受入チームを設置しました。
  【主な業務】
   ・被災者等の受入にかかる総合的な相談窓口 
   ・被災者等の受入にかかる被災自治体、地域振興局、市町村及び民間団体等との連絡調整
   ・受入施設の提供にかかる庁内関係各課、地域振興局、市町村及び民間団体等との連絡調整 など

○秋田市における受入者について
 3月18日(金)より、体制の整った秋田市において受入可能(協力)民間施設(食事付き)へ、被災者等の受入を開始しました。
 なお、被災者の受け入れについては、受入施設等との調整が必要となりますので、秋田に来られる前に、被災者受入支援チームへ事前に連絡のうえ、次の受付場所までお越しください。
[受付場所]秋田市民交流プラザ アルヴェ
       2階 多目的広場
[受付期間]3月19日(土)~21日(月)
       15時~20時(予定)
       ※連休以降は今後検討

【受入対象者】
・東北地方太平洋沖地震の被害により避難所生活を余儀なくされた方
・福島原子力発電所の事故により避難指示のあった地域から避難してきた方
 (参考)受入可能施設について(平成23年3月16日17時現在)
施 設 数  受入可能人数
県有施設  50程度 2,500人程度
市町村有施設  270程度 11,500人程度
民間宿泊施設  250程度 10,000人程度
合  計 570程度 24,000人程度

※上記施設については、食事付き施設と居住のみ施設がある。
 民間宿泊施設については、受入可能と回答した定員数の合計である。

<問い合わせ先>
 被災者受入支援チーム
 電話:018-860-4504,4505
 FAX:018-860-4520

【山形県】
http://www.pref.yamagata.jp/ou/kendoseibi/180025/koueijutaku/mokutekigai.html
県営住宅の募集予定について
山形県では、県営住宅を被災者の皆様に提供します。
申込方法や入居要件等については、改めてお知らせしますので、ご検討くださるようご案内いたします。
募集戸数 30戸
(募集する県営住宅のリスト)
http://www.pref.yamagata.jp/ou/kendoseibi/180025/koueijutaku/kenneijuutaku_list.pdf
入居の期間 原則1年間以内
使用料・敷金・駐車場使用料は原則免除となります
電気、水道、ガス料金、食料費等は入居者の負担となります

この記事に対するお問い合わせ
担当課:建築住宅課
担当:公営住宅担当
TEL/FAX: 023-630-2649,2638
E-Mail: d85U78bL@pref.yamagata.jp

電話相談窓口リスト
http://www.pref.yamagata.jp/ou/somu/020020/03/fukkou/soudanmadoguti.html