田野畑駅399


北リアス線田野畑駅に到着した36-200形気動車
(Pentax K-5Ⅱs・PENTAX-DA18-135・F6.3・1/40秒)

その4 より
今回は年末年始の大旅行。
3日目の12/31(月)は、岩泉を出発して代行バスで宮古までやって来ました。


☆三陸鉄道北リアス線
宮古→小本 25.1km

 宮古では2時間弱の待ち合わせで北リアス線に乗り換えです。
宮古駅352

結構時間があるものの駅前は喫茶店が少なく、駅の売店で教えてもらったお店に入りました。年末の大掃除の最中でしたが、中に入れてもらえました。

で、車中でランチタイムを迎えることになるので駅弁を探しますが、震災以降販売してないそうです。
駅前にスーパーがあったのでおにぎりを買い込んで、結局発車時間ギリギリになってしまいました。

それでは出発です。
宮古駅356

北リアス線はできるだけ内陸を通るように敷設されていて、トンネルが多くなってました。
駅周辺は少ない平地を走ります。
田老~摂待358

このトンネルを抜けると小本に到着です。田野畑方は車両でトンネルを塞いでますね。
摂待~小本361 小本駅362


☆三陸鉄道北リアス線代行バス
小本→田野畑 10.5km

 ここ小本は実は岩泉町にあります。駅前からは朝出発した岩泉行きのバスも発着してますが、先に進むため不通区間の代行バスに乗り込みます。
小本駅366 小本駅365

バスは駅を出るとほどなくして国道45号線のバイパスに乗っかります。
三陸海岸と言えばリアス式海岸の代名詞になってますが、宮古から北はそうではなくて海岸段丘が発達した地形になってます。

バイパスは段丘の高台を走っていて、ときおり谷を橋で跨いでいきます。
小本~田野畑371

松前沢を跨ぐ思惟大橋からは遠く太平洋が見えました。ちょうど島越から内陸へ入ったあたりになります。
小本~田野畑374

バイパスを降りて、田野畑の集落へと下っていきます。三鉄の車両が乗っかってるように見える水門の横を通って田野畑に到着です。
小本~田野畑375 田野畑駅381


☆三陸鉄道北リアス線
田野畑→久慈 35.4km

 田野畑では小1時間の待ち合わせ。
田野畑駅385

宮古で聞いた駅舎内の喫茶店では、カレーなどの軽い食事もあったようです。
ここで食べてもよかったかも・・・。
まぁ、まったりと過ごしましょう。

田野畑ではまだ硬券で売られてました。
田野畑駅392 田野畑駅395

構内踏切から小本方。運行再開が待ち遠しいですね。
田野畑駅389


しばらくして折り返しの列車が到着しました。久慈方にはこたつ車両が繋いでありましたが、久慈行きは回送扱いになってました。
田野畑駅401 田野畑駅403

それでは定刻に出発。やはり内陸部をいくつのトンネルで抜けて行きます。
田野畑~普代187 普代~白井海岸190


途中の大沢橋梁ではサービス停車がありました。太平洋を見下ろせます。
白井海岸~堀内191 白井海岸~堀内196

この橋梁は流麗なコンクリートアーチでブログなどでちょくちょく見かけますね。
"はしやすめ"的にはいいネタになるんですが、今回は素通りです。

堀内からは海沿い区間も増えてきます。遠くに段丘が見えました。
白井海岸~堀内407 白井海岸~堀内409

それでも海岸線間際を通る区間は少なくて少し高い位置から海を見下ろすような感じです。
堀内~野田玉川199 堀内~野田玉川200

野田湾沿いから再び内陸へ入っていき、長内川を渡ると久慈に到着です。
陸中宇部~久慈415 陸中宇部~久慈420

北リアス線は不通区間を残して完乗とはなりませんでしたが、ご紹介はこちら です。
久慈駅421


さらに進みますが、その6へ。


----------To be continue♪----------


路線紹介 更新してます。


東北の旅記録目次はこちら


鉄道コムに参加してます。
この記事が面白いと思った方は
鉄道コム
ぜひポチッとお願いします。


amebaユーザーのみなさまへ
ペタはこちらから どうぞ