個性豊かな陽占の星*「日干と玉堂星」 | イケジイのおもしろ玉手箱

イケジイのおもしろ玉手箱

*おもしろ統計学/見えない現象を事前にキャッチ!!
*おもろい交際/素敵な人間関係!!
*おもしろライフ/自分流に生き、思い切り楽しもう!!
*おもしろ情報/小さく産んで、大きく育てる!!



個性豊かな陽占の星

「日干と玉堂星」

 

玉堂星は、「習得の本能」を持つエネルギーですが、これは龍高星と同じです。

しかし玉堂星は同じ学びでも直接的な学びではなく、「間接的な学び」に特長があるのです。

 

玉堂星の学びは、静の中で未知なるものへの探究心であり、そこには「座して学ぶ」という行為となり、保守的な「待ち」の思考法となるのです。

 

書物により未知なる世界を知り、聴くことにより知るわけですが、先人から残された一つの知識をさらに深く、広く解釈してその内容を完璧なものへ仕上げていくエネルギーです。

 

玉堂星が所有する「学び」、「知る」と言う本質は常に完璧さを求め、長い時間の線上に存在しているのです。そこに「伝統」、「知性」、「古典」などの意が現れてくるのです。

 

龍高星が未知なるものへの探究心で、改良、改革につながったものが、玉堂星は未知なるものを知り得たがために、知り得たものの「完璧さ」を創り出すのです。

 

玉堂星の創造には伝統に支えられ、原理、原則を踏まえた創造性になります。しかし人間の創造性とは何かを学ぶために生まれる力であり、学ばずして創造性のみが生まれることはありません。

 

また学問的なことだけではなく、実生活の不便さなどにより学ぶことが多く、そこに新しい創造性が生まれるのです。

 

しかし、自然界の法則は、人間の動なる知恵が時代の変動を生み出し、静なる知恵が時代の安泰を生み出すものです。

 

ひとつの民族が生まれ変わろうとすれば龍高星の知恵に頼り、平和な安泰を作り維持していこうとすれば玉堂星の知恵を拝借すべきでしょう。

 

それぞれに役割があり、全ての星が一堂に会して初めて世の中が成り立ち、人間社会の存続が可能なのです。

その中には善も悪もあり、吉も凶も、陰も陽も共に存在しなければ成り立ちません。

 

そこに真の人間生活があり、人間の運命を作り出す原動力となるのです。

 

*****


*日干が「甲」から生まれた「玉堂星」は
直なる知恵、伝統を受け継いで行く知恵。
①大河の流れの一部分で古典的。
伝統を守る民族意識が強い。


②世渡りの知恵、精神世界より現実世界で発揮される知恵。

*日干が「乙」から生まれた「玉堂星」は
曲なる知恵。どんな環境にも順応する知恵。
①生活上のアイデアが豊富で、変化に強い要領の良い知恵。


②清濁・善悪両面を持ち、知恵は真の人間性が理解されない。

*日干が「丙」から生まれた「玉堂星」は
明・暖の知恵。明るい臨機応変な知恵。
①根底は「応用の知恵」。「有」から新しい「有」を創造する。


②「改良・再生の知恵」古い知恵を新しい知恵に改善する。

*日干が「丁」から生まれた「玉堂星」は
孤・明の形をした知恵。「市井の哲学者」。
①独特の説得力から、精神的な交流を保つ仲間が多い。


②「孤・明の知恵」は、精神界、現実界も同じ度合いで発揮。

*日干が「戊」から生まれた「玉堂星」は
不動の知恵。揺るぎない知恵。一途な知恵。
①環境の役割が大きく、成長する環境で後年の姿を変化させる。


②「静なる知恵」固定観念が強く、伝統性は強く維持する。

*日干が「己」から生まれた「玉堂星」は
広平な知恵。道徳的な常識の知恵。
①日常生活に欠かせない知恵となり、バランスを保つ知恵。


②万人に理解される知恵で、逞しく即効性のある知恵。

*日干が「庚」から生まれた「玉堂星」は
鋭・剛の知恵。行動と知恵が一体化。
①実践的な知恵となり、行動を意識した知恵となる。


②職業や仕事に直結する学問など、創造的な芸術の道を歩む。

*日干が「辛」から生まれた「玉堂星」は
柔・鋭の知恵。特別意識に支えられた知恵。
①他人より自己の知恵が優位という自覚に安住を得る。


②創造力は大きく、企画性や計画性では最大の力を発揮。

*日干が「壬」から生まれた「玉堂星」は
流動の知恵。人生の多面性など波乱の中から知恵を得る。
①体験で得るものが大きく、導きや助言では最大に燃焼する。


②本質の中に無欲な一面があり、人生と知恵は
区切られる。

*日干が「癸」から生まれた「玉堂星」は
暗・流の知恵。加齢するごとに集積する知恵。
①時間を掛けて諸々の知恵を集め、やがて大海の知恵となる。


②学問や芸術には良さがあるが、企画や計画には弱い。

*****