結婚占技/男女の配偶者像「玉堂星」 | イケジイのおもしろ玉手箱

イケジイのおもしろ玉手箱

*おもしろ統計学/見えない現象を事前にキャッチ!!
*おもろい交際/素敵な人間関係!!
*おもしろライフ/自分流に生き、思い切り楽しもう!!
*おもしろ情報/小さく産んで、大きく育てる!!

 

男女の配偶者像「好みの相手」

西の星が「玉堂星」

 

自分の好みや相手の好みは、一種の想念であり、精神的なものですから、使用できる技術は「陽占法」になります。

そこで陽占法をベースとして、「配偶者の場所」を探し出すことになりますが、これは「西方」が配偶者の場所と定義されております。

 

上図の「西」の場所が該当します。

 

*例題(女性)28歳

年干支=庚 午

月干支=乙 酉

日干支=癸 巳

 

*陽占

鳳閣星 玉堂星 天馳星

司禄星 龍高星 車騎星

天報星 鳳閣星 天胡星

 

西方=司禄星(配偶者像)=家庭的な人、蓄財意欲のある人

東方=車騎星(恋愛相手)=仕事のできる人、積極的な人

 

*****

 

*「東の星」の理想的な恋愛像

*貫索星

男性=頑固でマイペース、男らしい振る舞いで一見頼もしい感じ。

女性=芯が強く、何事も自分の信念を貫き、守勢の強い人。

 

*石門星

男性=社交的でリーダー的、何かと仕切ったりする。

女性=柔軟な和合性、穏やかで人に囲まれやすい人気者。

 

*鳳閣星

男性=明るくお喋り上手。何かと冗句が飛ばし回りを和ませる。

女性=品のある表現力が得意。飲食系に自信があり料理も上手。

 

*調舒星

男性=個性的な感じで芸術家タイプ。アイデアや閃きで対応。

女性=個性的で人を選ぶ場合もある。打ち解ければ親友に。

 

*禄存星

男性=何かと奉仕的な役割を好む。時にはお節介なことも。

女性=自意識が強く、存在感を意識して奉仕とサービスに励む。

 

*司禄星

男性=吝嗇家で、無駄な出費は避けようとする。割り勘タイプ。

女性=目標に対して、コツコツと地味な努力の積み重ねが得意。

 

*車騎星

男性=精神よりも行動が最優先。積極的で犠牲的精神の持ち主。

女性=良く気が利くタイプ。何事も率先して行動に移そうとする。

 

*牽牛星

男性=プライドが高く特別意識が働き、品性と美意識が強い傾向。

女性=中途半端やだらしのない人は嫌。実力と中身を重視する。

 

*龍高星

男性=好奇心旺盛で、常に新しいものに興味をもつ。マンネリは嫌。

女性=旅行や放浪性のある人に魅力を感じ、不安定な人を好む。

 

*玉堂星

男性=保守的で仕来りや常識にこだわりやすい。一見マザコン的。

女性=母親の星であり、母性愛に長けている。年下を好みやすい。

 

*****

 

*男性=西の星が「玉堂星の配偶者像」

西方に玉堂星が表出した男性は、好みの基準としては知性的、清潔感というものが基準になりますが、煌びやかなムードより、むしろ簡素さに魅力を感じるようです。

 

外見的な好みは小作りで知性的なムードのある人ですが、庶民的な好みは所有していないのが特色です。

 

家庭の形成においては、常に一定のルールを設け、制約、規約的なものを根底に置くと言う特色があり、お互いの生き方が情的な生き方ではなく、「役目に生きる」ような形になりやすいのです。

 

そのために、子供さんの教育やしつけにおいても、非常に厳しい家庭環境が出来上がっていくのです。

 

このような気風が、結婚相手にも影響し、常に緊張感のある神経的には張り詰めたような感覚が加わって参ります。

 

従って、肉親愛、人情などをたくさん所有する星(禄存星、司禄星)を持った女性にとっては、長い年月において、耐え難い一面が生まれやすくなります。

 

端的に言えば、親しい関係にも常に礼儀や礼節を重んじるような、堅ぐるしいムードを作り出していきます。

 

*女性=西の星が「玉堂星の配偶者像」

西に玉堂星が表出する女性は、結婚としては順当と言えますが、恋愛など情的な出発をしないところに特色があります。

 

それだけに結婚相手を選ぶ場合には、慎重になりすぎたり、考えすぎたりと迷いの多い人に見られやすくなります。

 

しかし最大の特色は、男性に対して結婚前は理性的で、結婚後は情性的になるところです。

 

つまり結婚を境地として変身するのです。

結婚前の好みは知性や教養などを重視するのは男女とも共通ですが、多くの場合才能豊かな人を選ぶものです。

 

しかし身内(親、兄弟)の心を大切にするところから、女性の場合は周りに捕らわれ過ぎて婚期を逃してしまうことも多いのです。

 

ところが結婚後の家庭形成にあたっては、相手を精神的に成長させるという力をもち、自分自身は平凡さが加わるという状態が生まれます。

 

そのために夫婦間の精神世界が年齢と共に開きやすいだけに、子供の多さを最大の救いとするものです。

また子供が少ない場合、夫あるいは自分の両親との同居も同じ効果が現れるのです。

 

*****