結婚占技/男女の配偶者像「調舒星」 | イケジイのおもしろ玉手箱

イケジイのおもしろ玉手箱

*おもしろ統計学/見えない現象を事前にキャッチ!!
*おもろい交際/素敵な人間関係!!
*おもしろライフ/自分流に生き、思い切り楽しもう!!
*おもしろ情報/小さく産んで、大きく育てる!!

 

男女の配偶者像「好みの相手」

西の星が「調舒星」

 

自分の好みや相手の好みは、一種の想念であり、精神的なものですから、使用できる技術は「陽占法」になります。

そこで陽占法をベースとして、「配偶者の場所」を探し出すことになりますが、これは「西方」が配偶者の場所と定義されております。

 

上図の「西」の場所が該当します。

 

*例題(女性)28歳

年干支=庚 午

月干支=乙 酉

日干支=癸 巳

 

*陽占

鳳閣星 玉堂星 天馳星

司禄星 龍高星 車騎星

天報星 鳳閣星 天胡星

 

西方=司禄星(配偶者像)=家庭的な人、蓄財意欲のある人

東方=車騎星(恋愛相手)=仕事のできる人、積極的な人

 

*****

 

*「東の星」の理想的な恋愛像

*貫索星

男性=頑固でマイペース、男らしい振る舞いで一見頼もしい感じ。

女性=芯が強く、何事も自分の信念を貫き、守勢の強い人。

 

*石門星

男性=社交的でリーダー的、何かと仕切ったりする。

女性=柔軟な和合性、穏やかで人に囲まれやすい人気者。

 

*鳳閣星

男性=明るくお喋り上手。何かと冗句が飛ばし回りを和ませる。

女性=品のある表現力が得意。飲食系に自信があり料理も上手。

 

*調舒星

男性=個性的な感じで芸術家タイプ。アイデアや閃きで対応。

女性=個性的で人を選ぶ場合もある。打ち解ければ親友に。

 

*禄存星

男性=何かと奉仕的な役割を好む。時にはお節介なことも。

女性=自意識が強く、存在感を意識して奉仕とサービスに励む。

 

*司禄星

男性=吝嗇家で、無駄な出費は避けようとする。割り勘タイプ。

女性=目標に対して、コツコツと地味な努力の積み重ねが得意。

 

*車騎星

男性=精神よりも行動が最優先。積極的で犠牲的精神の持ち主。

女性=良く気が利くタイプ。何事も率先して行動に移そうとする。

 

*牽牛星

男性=プライドが高く特別意識が働き、品性と美意識が強い傾向。

女性=中途半端やだらしのない人は嫌。実力と中身を重視する。

 

*龍高星

男性=好奇心旺盛で、常に新しいものに興味をもつ。マンネリは嫌。

女性=旅行や放浪性のある人に魅力を感じ、不安定な人を好む。

 

*玉堂星

男性=保守的で仕来りや常識にこだわりやすい。一見マザコン的。

女性=母親の星であり、母性愛に長けている。年下を好みやすい。

 

*****

 

*男性=西の星が「調舒星の配偶者像」

西の調舒星は、鳳閣星とは正反対になり、好みのムードは落ち着きのある静かな人と言う感じです。

 

もともと清潔感や清楚といったものを好み、簡素で落ち着きのある雰囲気の女性が理想像とも言えます。

そのために交際中にも、小さな気品や些細な言葉遣いによっても、好き嫌いの対象にする要素もあるでしょう。

 

女性としての体型的な好みは、目の光などに惹かれる要素があり、孤独的なムードの中に細型の身体、二重まぶた、手足の気品さなどにも神経が及びます。

 

このような男性と共に暮らすようになる妻は、結婚後においては服装や趣味的なものが簡素なものとなり、自然と気品を重んじるような考え方が加わることになるのです。

反面、形のみの品性にこだわり、人間味が薄くなる恐れもあります。

 

このような行程が、家庭の中にあっても地味な反面、明るさが消えるという欠点も伴うでしょう。

 

*女性=西の星が「調舒星の配偶者像」

西に調舒星が出現する女性は、ある種の夢が多いために、好みの種類が鮮明な形で現れるでしょう。

 

どちらかと言えば、自己本位の好みになるところが特色ですが、対社会、対人関係という発想が小さくなる傾向にあります。

 

そのために社会的地位や仕事の内容には捕らわれず、その人の中身のみに着目することになるのです。

 

それ故にこの形の女性には、大成した人の配偶者になる人も多い反面、人生の浮き沈みが激しい人の配偶者にもなりやすく、極端な人生を作り出すことになるのです。

 

総体的にあげれば、目に光をもち、品性があり、相当に神経質な男性を好むようですが、最も嫌うところは粗野な一面を持つ人のようです。

このような気風が家庭の形成にあたっても、品性を重んじる家風を作り、静かなムードを作り上げるようです。

 

もともと学者や芸術家など、常に細かい神経を必要とする分野で働く人の配偶者となるには理想の形ですが、商家などにおいては自己の持つ質が、充分に発揮することができにくくなるようです。

 

*****