今回、第44回日本作業療法学会IN仙台2010年6月11日(金)~13日(日)にて「自動車運転再開に向けてOTの視点から何が出来るか考えよう」という演題でワークショップを開催させて頂く事になりました。当院での自動車運転評価の取り組みは2006年から自動車学校との連携をとり、高次脳機能障害者に対しての自動車運転評価【「包括的リハビリテーション(CARDアプローチ」】を実践しています。紙面での検査にあわせて、教習車輌を運転し、公道での運転状況の確認が可能となりました。現在3年目となり、国際学会、論文(総合リハビリテーション)等などで発表、紹介されています。
 今回のワークショップでは当院が実践している自動車運転評価の紹介に併せて、実践報告者と参加者との意見交換の場となり、多数の反響がありました。現在も全国多数の施設との連絡をとっており、自動車運転評価の事なら「井野辺病院」となるよう頑張っていきたいと思います。


医療法人 畏敬会のブログ-発表の様子
【発表の様子】



医療法人 畏敬会のブログ-作業療法士 末綱隆史
【作業療法士 末綱隆史】

AD