こんばんは。島根県益田市の社会保険労務士池口由里絵です。
 
 
 
 
 
 
厚生労働省は、新型コロナウイルス感染による労働災害と認定された場合、労災保険料を支払う事業主の負担を特例として軽減する方針を決めたと報じられています。
 
 
 
 
厚生労働省の「第101回労働政策審議会労働条件分科会労災保険部会資料」によると
 
 
 
 
■ 新型コロナウイルス感染症関連給付(令和2年度)
 
 
 
 
・全業種合計:6,457件(うち、医療:59.4%、介護:24.0%)
 
 
 
 
・1件当たり316,456円(全業種平均)
 
 
 

・総額 約20億円(令和2年度の総給付額 8,243億円の約0.24%)
 
 
 
 
とコロナによる労災給付の約8割を、医療従事者と介護従事者で占めていたといたということです。
 
 
 
 
 

労災保険料は、原則として
 
 
 
 
「すべての労働者に支払う賃金総額×労災保険料率」
 
 
 
 
で計算します。
 
 
 
 
 
 
賃金総額を正確に計算するのが難しい請負による建設業などでは
 
 
 
 
「請負金額×労務比率×労災保険率」
 
 
 
 
と特例による賃金総額の計算が認められています。
 
 
 
 
 
 
労災保険の保険料率は、「金属鉱業、非金属鉱業(88/1000)~金融業、保険業、不動産業(2.5/1000)」と業種ごとに決まっています。
 
 
 
 
 
 
そして労災リスクが高い業種は、保険料率が高くなっています。
 
 
 
 
 
 
労災保険には、その事業場の労災が多い少ないに応じて、*一定の範囲内で労災保険率や保険料額を増減させる制度(メリット制)があります。
 
 
 
 
*一定の範囲内(基本:±40%、例外:±35%、±30%)
 
 
 
 
 
 
今回、労災保険の給付額と保険料額との割合(メリット収支率)の算定で、コロナによる労災で支給された保険給付については、
 
 
 
 
「その額に厚生労働大臣が定める率(新型コロナウイルス感染症に係る調整率=0)を乗じて得た額を算入する」
 
 
 
 
とされました。(全業種対象)
 
 
 
 
 
 
つまり「コロナによる労災保険給付および特別支給金の額は、メリット収支率の算定に入れない=労災保険料を抑える」ということです。
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
コロナの感染リスクが高い医療従事者や介護従事者などは、労災認定基準が他の業種の労働者より緩やかになっています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もご覧ください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 
 
 
もご覧ください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

 

 



 


にほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ
にほんブログ村

 
 
    
 

 

■無料メールマガジン「人材定着率がグングン上がる方法」

 

 

 

 

 

 

法改正や労務管理に役立つ情報をメールでお伝えしています。

 

 

 

 

 

 

 

最新号は、

 

 

 

 
「令和4年10月1日から始まる産後パパ育休、給付金の支給要件・支給額は?」  です。
 
 

 

 

 

 

スマートフォンの方はこちらからご登録ください。

 
 
 
 
 

 

■PCの方はこちらから→メルマガの登録・解除

 

  

      
    
 

オンラインで全国に対応

 

労務のご相談・研修講師・執筆などをご希望の方法(Zoom、Skype、Chatwork、LINE、メール、FAX、電話、訪問)承っています。

 

お問合せはこちらをクリックしてください。 

ホームページからも受け付けています。

 

 


にほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ
にほんブログ村

 




 



 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村