「自死遺族と共に生きる」 石倉紘子(こころのカフェきょうと代表)

  1. 自死の危機経路

     うつ病、家族の不和、生活苦、失業、過労、職場の人間関係

  2. 世界の自殺率(2016年)

     1年に80万人

  3. 日本の自死実態

     ・19982011年、14年間→3万人超

      2012年→減少

      2018年→20446

     ・交通事故者数の5倍以上

    ・イラク戦争、米兵の10

     ・国内で毎年200万人

     ・米国の2倍、英国の3

  4. 実態調査から見えてきたこと

    1)【生きよう】としてた→専門機関に70%相談してた

    2)期間

      ・男性、3.8→事業不振、過労

      ・女性、8.1年→家族との死別、育児の悩み

    3)経路→プロセスで起きてる

      ・失業

      ・職場のいじめ

      ・介護疲れ

      ・学校のいじめ

  5. 遺された人の感情

      ・自分を責める

      ・なぜ?

      ・受け入れられない

      ・悲しい、寂しい、悔しい、驚愕

  6. 社会の考え方

     1)・遺族は、社会的に孤立してる

      ・家族内でも孤立

     2)・親しい人→自責、喪失感

      ・遠い人→迷惑、他人の問題

      ⇒【偏見、疎外感、生きにくさ

  7. 遺族支援

     ・こころのケア→周りの人の理解、行政や医療現場から情報発信

     ・身体の不調

     ・生活の安定

  8. 「分かち合う」ことの意義

     ・辛い、苦しい体験は、自分だけでない

     ・繰り返し話すことで、自分の感情を整理できる

     ・人の体験を聞くことで、自分を客観的にみられる

     。感情のコントロール→泣き、怒りをはきだす

     ・【今後の人生を歩いて行くエネルギーをもらう

  9. 希望をもって生きる社会づくり

     ・関係者全員が総力をあげて取り組む

     ・智恵、実現に向けて行動する 

     

 Ⅱ)分かち合い

   ○参加者は、11

  ●「生きてくれた」ことが幸せ

   →お誕生日を一緒に祝う

   →気持ちの分かる人と話す

  ●回復期

   →言ってほしかった

    例)アルバイトに出て、現実とのギャップを感じた

  ●「分かち合い」

    ・息子と居られる場

    ・向き合える

     →話す⇒【心の解放

  ●薬のこわさ

   →薬、変えられた時、こうよう

   ⇒【精神科と内科が共有】

  ●「一緒に生きてる」感覚

   →これからどうしていくか?

     例)真宗のお経あげ、法話を聴く

 

 Ⅲ)今後の課題

  1. 人材育成

     古い参加者が新規者を育てていく。

     【人から学ぶ】【自分で気づく】

  2. 満足、期待感をもって、笑顔で散会させる。

 

次回案内  

1月16日(土)午後2時から
・ステーションN 3階

(阪急池田駅前より徒歩2分)

・事前申し込み不要

・無料