テーマ:

昨夜、レイトショーで『ナミヤ雑貨店の奇蹟』を見てきました。

 

原作は東野圭吾さん。

 

 

私は2012年に読んで、オススメ度 星4つをつけています。

(当時は☆をつけていたのです。生意気にも)

そして、ナミヤ雑貨店の奇蹟の元は「愛だろ、愛」

とまとめております。

詳しくはこちらをお読みください。

旧・茶々吉24時 東野圭吾「ナミヤ雑貨店の奇蹟」読了

 

さて、映画はどうだったのか。

 

同じ東野圭吾さん原作の映画『容疑者Xの献身』では、

堤真一演じる容疑者Xの覚悟の深さと、結末での絶叫に

思わず泣かされてしまったものですが、

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』はそういう激しいものはなく、

じんわり、じわじわ温かいものが 湧いてくる感じでした。

 

ネタバレすると面白味がなくなると思うので、

ストーリーについては語りません。

(上のリンクを読んでいただくと、

 物語の導入についてはまとめてあります)

 

私は、この映画の一番のテーマは

「人は希望によって生かされている」

ではないかと思いました。

 

次に感じたのは

「人は一人で生きているのではない」

ということ。

自分と同世代の人だけではなく、

その上の世代、もう一つ上の世代……と、

ご縁がずっとつながって一人の人が存在しているのだと

感じさせてもらいました。

 

この物語で鍵を握るのは「悩み相談」。

よく、人にものを教えることで

自分自身が教えられる、と言いますが、

人の悩みに一生懸命答えようとすることで、

自分自身の悩みに答えが見つかるのかもしれません。

 

主役のワルガキ三人がイケメンであることも、

映画の楽しみの一つかも。

私は特に幸平役の俳優さんが好みでねぇ。

見終わった時に夫に

「あれ、佐藤浩市の息子やデ」と教えられてびっくり。

そうか、道理でと思いました。

私は高校時代から佐藤浩市のファンだったんですよ。

そうとは知らねど、似たタイプに目がいくものですね。

芸名は寛一郎さん。

この映画がデビュー作なのだそうで、

今後注目だわ。

 

ただし、ファンタジー映画が苦手な人は

最後まで物語世界に馴染めないかもしれません。

そもそもの「不思議」を深く考えて

「そんなことあるわけないやん!」と思う人には

最後まで楽しめない映画ではないかと。

 

ちょいとネガティブな感想も書かせていただくと、

感覚的に違和感を覚えたのは、季節感。

「昨日、ジョン・レノンが死にました」

という場面の温度感が私の記憶と違う……。

ジョン・レノンが殺されたのは12月。

今でもはっきり覚えているのだけど、

もっと寒かったように思うのよね。

映画の登場人物たちの服装が、

あんまり寒そうじゃなくて

「あれれ?」と思いました。

 

もう一つ、これは私の個人的な感想ですが、

映画の中で一箇所、物語世界から離脱してしまう場面がありました。

「なんでこの場面にこんなに時間を使うのだ〜。

 映画の筋に全く関係ない

 プロモーションビデオを見せられている気分。

 よほどセリ役の門脇麦ちゃんを売り出したいのかなぁ」

なんてことを考えてしまいました。

はっきり言ってあれは おとなの思惑が透けて見える場面でした。

子ども時代のセリ役 鈴木梨央ちゃんの演技は流石でしたが。

 

西田敏行、小林薫、萩原聖人といったベテランは安定の演技力、

それに比べて若手の演技は……

正直に言うと俳優の力量という点では

全体のバランスがちょっと悪い気もしました。

 

 

 

ブログランキングに挑戦しています。

もし記事を気に入っていただけたなら、

ポチッとクリックよろしくお願いします。


人気ブログランキング

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

茶々吉さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。