テーマ:
コミュニティ放送で情報を発信する身として、
浜村淳さんには尊敬の念を抱いています。
毎朝の生放送『ありがとう浜村淳です』を長く続けておられることと、
聞き取っていただかなければ情報が伝えられないラジオにおいて
一言ひとこと、ていねいに伝えておられることに。
時々は、少々くどい気はするけれど、
何か用事をしながら聞いている人にはこれくらい丁寧でもいいのかも。

浜村さんがすごいのは伝えかただけではありません。
その圧倒的な情報量!
映画、舞台、文化などさまざまなジャンルのことに精通しておられます。
これが尊敬せずにおられようか!

そんな浜村淳さんが、いつもの語り口で京都案内をしてくれるのが
『京都人も知らない京都のいい話』。
浜村淳さんは京都生まれの京都育ち。
いわゆるガイドブックに書かれているのとは
ちょっと違う京都を案内してくれます。

たとえば、冒頭に披露されるエピソードが圧巻。
まだ浜村さんが5歳くらいの頃、
近所に住んでいたおばあちゃんがいつも話してくれたのが
「沖田はんはしょっちゅう、うちら子どもと一緒に
石蹴りをやったり、かくれんぼやったりして」。
(第一章「京都・歴史を変えた人たちの秘話」より転記)
「沖田はん」とは、新撰組一番隊長沖田総司のこと。
壬生から西本願寺に屯所が移った後の話だそうで、
西本願寺の境内にある大銀杏が夕日に染まる頃
また明日遊びましょうなァとお別れしたものだと。
浜村さんが幼少の頃80歳を越えたおばあちゃんが語っているので、
それは実際にあった話なんでしょう。
その風景が目に浮かぶではないですか。

もう一つ、印象に残るエピソードは、
京都の花街を彩る芸舞妓さんたちの話。
彼女たちはいわゆる遊女ではありません。
芸事の粋を身につけ、伝統的なおもてなしを
お座敷で披露するわけです。
そんな芸舞妓さんたちのとって、最大の恥は何か?
それはお座敷で話題を途切れさせることなんですって。
政治経済、スポーツ、文化、芸事など、
あらゆる話題を身につけ、
お客様を鼻白ませることのないよう
さりげなく話題を盛り上げる…
それこそが京都の花街の女性のたしなみなんですね。
ふーむ。すごいぞ。

この本では、神社仏閣、おいしいお店など、
丁寧な地図つきで紹介しているのがとても親切です。

また、浜村淳さんと言えば映画。
京都の太秦を初めとして、
映画の撮影で使われた場所、
エピソードなどもおもしろく紹介されています。

学生時代から司会などの仕事をしてきた浜村さんなので
売り出す前のジュリー(沢田研二)たちのこともご存じで、
昭和世代には懐かしい名前やエピソードもいっぱい。

ひと味違う京都案内、これはお勧めです。


ブログランキングに挑戦しています。
もし今日の記事を気に入ってくださったら、
ポチッとクリックお願いします。
     ↓

人気ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
本日2回目の更新です。

子どもの頃、毎週楽しみに見ていた時代劇「必殺シリーズ」。
ふだんはダメ夫、ダメ役人の中村主水。
しかしそれは人を欺く仮の姿で、
夜になると仲間とともに、
晴らせぬ恨みを晴らしてくれる闇の仕事人だった…というやつです。

初めて放映されたころには、
それまでの時代劇の概念を覆すものでしたが、
ヒットにヒットを重ね、
シリーズごとに新たな必殺技とスターを輩出してきたものでした。

ヒットの原因はいろいろあったのでしょうが、
世の中には「誰か天罰を与えてくれっ!!」と
叫びたくなるような、
悪が栄えて善者が痛い目にあう事態がある、と、
みんなが感じていたからではないでしょうか。

それに鉄槌を与えること事態が犯罪ではあるものの、
「よくぞやってくれた」と思う気持ちの方が大きい。

佐々木譲さんの『回廊封鎖』は現代の仕置人といった小説でした。

「法では裁かれない罪に鉄槌を。」ですから。
(本の帯から転記しました)
***
連続する殺人事件。
事故を装おったりせず、
まるで見せしめのような殺し方の連続殺人事件の
被害者には共通点があった。
破綻した大手消費者金融会社の元社員たちだったのだ。
それに気がついた刑事・久保田は、
次に狙われるであろう人物をマークし、
事件を未然に防ごうとするが…。
***

帯に書かれている範囲で犯人を紹介すると、
消費者金融に破滅させられた者たち。
職を失い、家族も失い、
自分自身も、一歩間違えれば死を選んでいたかもしれない人たちです。

その動機はわからんでもないのですが、
一人また一人と、
鉄槌を下すモチベーションが
こんなに続くものかなぁと思いました。
私なら1人殺した時点でヘナヘナしちゃうと思う。
それは私が追い詰められたことがないからかも知れませんが。

子どもの頃「サラ金地獄」という文字を新聞で見ることがよくありました。
消費者金融で借りたお金を返せない人に、
ヤクザもびっくりするような取り立てが繰り広げられ、
それを苦にして自殺する人が大勢いたわけです。
もちろん借りたお金は返さなくてはならないわけですが、
行き過ぎた取り立てがあったことは事実。
そういう意味では、この小説はリアリティがあります。

でも「最後のターゲット」を狙う状況が華やか過ぎて、
なんだか映画「ダイハード」を見せられているよう。
もしかして、すでに映画化(あるいはドラマ化)が
決まっているのかな?と思えるくらいでした。
途中までのリアリティがそこで一気になくなり、
娯楽映画っぽくなったところが私にとっては残念でした。
でも映画にしたら面白いとは思います。
(どっちやねん!!)


ブログランキングにエントリーしています。
もし記事を気に入っていただけたなら、
ポチッとクリックよろしくお願いします。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
毎週日曜日にお届けする書評コラム「千波留の本棚」。

第96回はテリー・ケイさんの『白い犬とワルツを』。
親しい人を亡くしたあと、何を支えに生きていくのか?
洋の東西を問わないテーマがここにあります。

詳しくは本編で。
ブログランキングに挑戦しています。
もし記事を気に入っていただけたなら、
ポチッとクリックよろしくお願いします。


人気ブログランキングへ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は京都劇場に劇団四季『コーラスライン』を見に行ってきました。

{A7831F7C-9596-46EF-B43F-E5FB84F3E92C:01}

今年1月末にインタビューさせていただいた
ディアナ役のお一人町真理子さんを拝見するのが一番の目的でしたが、
キャスト表にもう一人、注目すべき人が!


2009年にインタビューさせていただいた斎藤ツインズのおひとり
斎藤洋一郎さんがポールではないですか。
これは刮目せねば。

{CBCBBCB5-6F45-4BF1-9C1A-10B22CB2B066:01}

『コーラスライン』はあるミュージカルのオーディション現場が舞台のミュージカル。
応募してきた一人一人が「この仕事を取れますように!」と
祈りながらその場にいます。

キャストの決定権を握るザックは、
通り一遍のオーディションではなく、
応募してきた一人一人の過去や経験を
語らせようとします。
それに答えるうちに、応募してきた一人一人の人生が浮き彫りになってきて
人間って今を生きているものだけれど、
それは過去からの積み重ねの上に成り立っているんだなと考えさせらることになります。

ましてや、決して恵まれた環境で育った人ばかりではなく、
コンプレックスや、家庭の悩みからの脱出のために
ダンスやミュージカルにのめり込んだ結果、
このオーディションの場にいる人もいて、
思わず「頑張れ!」「合格しますように!」と
応援する気持ちが湧き上がってくるのでした。

また「もし踊れなくなったら」「舞台に出られなくなったら」と、
将来の不安にまで話は及び、
「それでも、これまで打ち込んできたことに
 悔いはないのだ」という結果に、
じーんとするのでした。

オーディションは慈善事業ではないので、
最後には「勝ち組」と「負け組」に分かれてしまうのですが、
今日勝ち組に残った人たちも、
また次の機会には負けるかもしれないという
示唆を残しての幕切れとなります。
それこそがショービジネスの厳しさであり、
だからこそ、みなまた精進するのだという
思わず身震いするような世界を垣間見せてくれる『コーラスライン』。
普通の、ゆめゆめしいミュージカルとは一線を画した作品です。

町真理子さんは、なかなか堂々としたディアナでした。
もともとダンサーさんだったということで、
踊りの実力はもちろんですが、
最後のナンバー『愛した日々に悔いはない』は
堂々としたものでした。
素晴らしい。

ポール役の斎藤洋一郎さん。
初めてお会いしたときから7年。
ずいぶん立派になられました。
セリフもお芝居も落ち着きがあり、
斎藤さんではなくてポールとしてそこにいると感じられました。


それ以外のキャストさんとはこれまでお話しする機会がなく、
あまり存じ上げないのですが、
若干歌が弱いかたが多いような気がしました。
また、これまでは押しも押されもせぬベテランが演じていたザックを
田邊真也さんが演じているのが新鮮ではありましたが、
私の中のザックと少しイメージが違ったので戸惑うところがありました。

とはいえ、再演を繰り返す間には
若返りも必要なわけですから、
今後を楽しみにしたいものです。


劇団四季『コーラスライン』はこのあと3月13日(日)まで京都劇場で。
そのあとの日程は下記の通り。
3月15日(火)16日(水) 仙台 東京エレクトロンホール宮城
3月18日(金)       秋田 秋田市文化会館 大ホール
3月19日(土)       森岡 盛岡市民文化ホール 大ホール
3月20日(日)       会津 會津風雅堂

人生とは、夢とは…いろいろなことを考えさせてもらえるミュージカルです。


【おまけ】
今日、客席の2列前に、目を惹く美しい女性が。
うーむ、どこかでお会いしたかただ…。
あ!
京都造形芸術大学の田口章子先生だ!!

8年ほど前にフェリシモのイベントでお会いして、
ターコさん(宝塚歌劇団 元雪組トップスター麻実れい)に似た面差しに
憧れておりました。
また、田口先生が主催されている
日本文化に関するオープン講座受講のため、
月に一度 京都造形芸術大学に通ったこともありました。

ということで、こちらからは一方的に存じ上げている田口先生に
ご挨拶申し上げましたところ
「(日本文化のオープン講座に)またおいで下さいね」と
笑顔で返して頂き、嬉しかったです。
田口先生、突然のお声がけ、失礼いたしました。


ブログランキングに挑戦しています。
もし記事を気に入ってくださったら、
ポチッとクリックお願いします。
      ↓

人気ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本日2回目の更新です。

今日は年に一度の定期健診の日でした。
前回の検診では「メタボ予備軍の恐れあり」と診断されました。
それで、気合を入れて1年間ダイエットに励んだ結果、
マイナス6キロ。

おかげで今日の問診では
「身長と体重の比率が完璧です!
 今のまま痩せもせず、太りもせず、
 状態をキープしましょうね」
と言っていただけました。

わーい、わーい。

でも喜んでばかりいられません。
特これといって運動をしていないと言うと
「それはいけません。
 運動不足は老化の始まり。
 運動習慣を身につけましょう」とのこと。

あとになってから、
週に一度ストレッチレッスンを受けているのだったわ、
と思い出したのですが、
それ以外にも何か運動を始めた方が良いのかしら。
走るのは苦手だからウォーキングかなぁ?


ブログランキングにエントリーしています。
もし記事を気に入っていただけたなら、
ポチッとクリックよろしくお願いします。


人気ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。