テーマ:
昨日、フォト講座の復習として
フルーツババロアの写真を編集したのですが
一夜あけて見たら、編集過多。
やり過ぎでした。

目の疲れとも微妙に関係がある気がします。
できあがりを正しく見極められるように
「目」を大事にしないとダメなんだなァ。

ところで、昨日の授業は
あらかじめ各自が画像処理したいデータを持参すること、となっていました。
そこで私が持って行ったのはこれ。

140819_BikeB

このバイクは、去年亡くなった叔父の形見。
元モトクロスレーサーだった叔父のバイクの中から
父が譲り受けたものです。

赤白緑と、イタリアらしい色合いのバイク。
撮影の際、目で見た印象では緑や赤がもっと鮮やかだったに
私の腕前ではここまでしか再現できません。

それを、画像処理することになったのだけれど
私のパソコンに入れてある画像処理ソフトのバージョンでは
再現性に限度がありました。

そこで、講師の宮本陽先生が画像処理してくださったら
ここまで色が再現されました!!

140819_BikeA

赤や緑の鮮やかさだけではなく、
タイヤの溝までが生き返った!
すごい。

プロカメラマンは画像処理のプロでもある。
当たり前のことですが、改めて認識しました。

宮本先生、ありがとうございました。

ペタしてね

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「写真」 の記事

テーマ:
カメラマン宮本陽先生に教えていただく「ステップアップ撮影講座」
5期目、第5回の講座を受講しました。

デジタルカメラで撮った写真をそのまま使用することも良いけれど
画像処理をして、よりアピール度の高い写真に仕上げることの大切さを教えていただきました。
それはデータを捻じ曲げたり、安直にエフェクトをかけたりすることとは違います。

授業では、パソコンを持参した受講生が、
それぞれの画像処理ソフトを使い
宮本先生のアドバイスを受けながら、画像処理を行い
ビフォーアフターをみんなで見比べる形式で行われました。

ソフトが違うと処理が微妙に違いましたので
具体的な処理はここには書きません。(というか、書けない(^^;)

どんなソフトを使うにせよ、大切なことは
まず最初にその一枚に足りないものは何か、
そしてどんな写真に仕上げたいかを見極めること。

いきあたりばったりに露光やハイライト、シャドウなどを変えていくと
だんだん何が何やらわからなくなる上
いじった分だけデーターがすり減り、画面にノイズが現れたりしますものね。


帰宅後、画像処理の復習をしました。

iPhone5sで撮影したフルーツババロアの写真。
一応これまでに習った、光の角度や露出を考慮に入れて撮ってはいます。

140818_SweetsB

これを画像処理してみます。
あ、まず最初にどんなふうに仕上げたいかのビジョンを明確にしないと…。
うーん、そりゃスイーツだもの「おいしそうに!」だね。
チェリーの赤さと、ミントの緑を引きたてたい。

140818_SweetsA

若干、やり過ぎの感はあるけど、撮っただけの写真よりは食欲をそそるのでは?


来月の講義はカフェで撮影会です。
楽しみ~。


ペタしてね

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。