テーマ:

頼んだ覚えがない本が届きました。

Photoshop 10年使える逆引き手帖」ですって。

 

 Photoshop 10年使える逆引き手帖【CS6/CS5/CS4/CS3 対応】【Mac O.../ソフトバンククリエイティブ

 ¥2,520

Amazon.co.jp


オットからのプレゼントでした。

 

私がここのところPhotoshopを使って

画像処理に取り組んでいるので

教科書が必要だろうと思ったんですって。

 

あら、ありがたい。

厚み3.5センチもあるテキスト

ちらっとめくってみると、

驚くようなテクニックがあります。

元画像とは全く違う結果もあって
そういうのは私はやりたくないんですけど…。

基本的な操作や色調補正など
参考になる部分が多々ありそうです。

ペタしてね
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「写真」 の記事

テーマ:
昨日、ステップアップ撮影講座から帰宅して
習ったことを復習しながらブログをUPしました。

ところが!
カフェの写真を画像処理したものの
どうも結果が伴わず。

授業中は先生の指示どおりに操作しました。
青をこうして、彩度をこうして…
走り書きながらメモをとったし
忠実に再現したつもりなのになぁ。

不本意に思っていたら、
見かねて(?)
ブログに掲載した写真に手を加えて
送ってくださいました。

{1CD0627B-43CC-4697-BDD1-00404462AEB0:01}


わー!
これです、これです!
お手間でなければ昨日掲載した写真と
見比べてみてくださいね。

画像処理は機械が何でもやってくれるのではなく、
色や光の感覚を持った人が操ってこそなのね。

漫画「YAWARA」じゃないけれど、
画像処理は一日にしてならずぢゃ!



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は私にとっては4期めになるステップアップ撮影講座
5 回目の授業でした。
講師はカメラマン 宮本陽先生
毎回、私が復習を兼ねて、
授業内容をかなり詳細にブログにアップすることも許して下さり
ありがとうございます。

今日のテーマは「画像処理は撮影とセットで考える時代」でした。

まず先生がおっしゃる「画像処理」の定義について。
画像処理というと最近では、写真を既成のフレームで囲んでみたり、
テンプレート的なエフェクトをかけてみたりすることと解釈されることもあるけれど
そうではない、とのこと。
宮本先生のおっしゃる画像処理とは、
明るさや色の階調をうまく調整して、より自然な状態にしたり
アピール度を高めたりすることを指します。

紙焼き時代の写真では
撮影者が意識しなくても
写真屋さんが現像の際に手を加えて整えてくれていたのですって。
その部分を今や、撮影者自身がソフトを使ってできるようになった…
というよりも、撮影者がやらねば誰も写真を整えてくれないと言ったほうが良いのかも。

もちろん構図をしっかり考えたり、光を生かすなど、
撮影時に出来ることはちゃんと考慮したうえで
「撮影70、画像処理30、そうして作品になると考えてもいいでしょう」

以前から宮本先生が画像処理も大事ですよと教えていただいていたので
私はこれまで、画像処理ソフトを使っていたのですが
せいぜい明るさやハイライトを上げ下げするか
「自動調整」におまかせしていました。

今日は、受講生が可能な限りパソコンを持参し、
実際に先生の指示に従ってその場で画像処理をして、
写真がどう変化するかを見ました。

例えば、このブログの2月5日にUPしたカフェの写真。
撮った後なにも手を加えていないのがこの写真。
20140217_CafeB
左下、暗い部分はつぶれて木目がわかりにくく
逆に右上の部分は白飛びしています。

それを画像処理ソフトを使って「自動調整」したものを
2月5日にUPしました。
これです。

140205_コムカフェ2

差がわかりにくいかもしれませんが、向こうの壁の色や
手前の茶色のチェストの色をご覧いただくと違いがわかると思います。

さらに、今日、教えていただいたように
赤や青といった細かい色の調整をしたらこうなります。
右手前の床の木目や赤いチェスト、椅子の色合いを比べていただくとわかりやすいかも。

140217_cafeA 
  いまひとつ分かりにくかった気もするので
帰宅してから画像処理してみた写真をあげておきます。

今年の初詣で撮影したものの、暗すぎて掲載できなかった神馬。
140217_ShinmeB 
  
暗すぎる部分のトーンを引き上げてみました。
ご神馬の脚もとが白すぎるのをもうちょっと整えないといけませんね。

140217_ShinmeA 

私が使っているのはPhotoshop。
「イメージ」の「色調補正」を使うだけでも
これまで没にしてきた写真のなかの
いくつかは生き返らせることができると
わかりました。
アーもったいないことをしてきたものだわ。

これからはまだ使っていない様々な機能の研究をして
しっかり画像処理にも取り組みたいです。
ああ、今日も実りある講座でした。

それにしても、宮本先生の写真講座は
受講生の皆さんがとっても良い感じの方ばかりなんです。
だから授業はいつもアットホーム。
今日などは画像処理に関して目からうろこが落ちることばかりで
受講生一同(もちろん私も)どんどん変わっていく写真を見て
「ほー」「ほー」「へぇー」連呼するばかり。
途中で、自分たちがあまりにも
へーへー、ほーほー言っていることに気がつて
笑い転げる一幕がありました。
そんな何気ない一瞬が、とても楽しい。
そのことも、私がこの講座シリーズを何度も続けて受講する理由の一つです。

だけど来月のステップアップ撮影講座は残念ながらお休みします。
だって~
3月17日は花組の千秋楽。
花組トップスター 蘭寿とむサヨナラショーがみられる千秋楽のチケットが
奇跡的に手に入ったんだもーん。

ということで次回は4月から始まる「ステップアップ撮影講座」5期目の
第1回目を受講します。
 

ペタしてね

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日、時間調整のために入ったカフェ「comm cafe」。
外国人市民が日替わりでシェフになり、出身国の家庭料理を提供するという
ユニークなカフェです。

私が入店した時間はランチタイムからカフェタイムにかわったときで
すでにお弁当を食べていた私には好都合でした。

2種類あるお菓子の どちらを頼むか迷った末に
両方を少しずつ食べられる「お試しセット」を注文しました。

140205_コムカフェ1

手前がフボーロスト、向こう側がチョコサラミですって。
どちらもロシアのお菓子。
フボーロストは「ロシアのかりんとうです」と説明してもらったけど
食べた感じではパイに似ていたわ。
おいしかった。

何も考えずに飲み物はホットコーヒーにしました。
食べながら改めてメニューをみて失敗したなぁと思いましたね。

ベトナムコーヒー、タンザニアのミルクティ、オミジャ茶と
気になる飲み物がいっぱいあったのに。

まぁ良いか、それは次回のお楽しみにします。

ちなみに、上のお試しセットとコーヒーで350円でした。
お得!

お店の方に許可を得て、店内の写真を撮らせていただきました。

140205_コムカフェ2 
手前の棚には さまざまな国のオブジェが飾られていましたヨ。
ほんの2つだけご紹介します。

140205_コムカフェ3 

140205_コムカフェ4 
上の写真、右手の三輪車にピントを合わせて撮ったのだけど失敗でした。
おうしてみると地球儀の字がちょっとぼやけ気味なのが気持ち悪い。
こういうときは字にピントを合わせるべきなんだなぁと反省デス。

居心地のいいカフェだったので、次はランチタイムに行ってみます。


ペタしてね
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は節分。
お買い物をしていたら、可愛らしい鬼を見つたので
連れて帰ってきました。

スーパーの出口には「ご自由にどうぞ」と柊の葉が。
季節感があって、濃い緑色の柊は写真映えしそう。

そこで和菓子と柊の葉を並べて、
久々に写真ブログをアップしようと思いつきました。

まずはアイ子(iPhone5s)。
140203_アイ子

続いては、先月もらいうけたデジカメのリコ。
(何にでも名前をつける私。このカメラの名前の由来は…。
 べたすぎて言えません)

140203_リコ 
 最後はニコラ(Nikon D5000)。
 
 140203_ニコラ

3つを比べるとアイ子は無難な感じ。

リコは鬼の顔色がちょっと悪いです。
蛍光灯は青みがかった光なのだそうで
その下で撮影すると白いものが緑色をおびることがあるそうです。
いわゆる「色かぶり」というヤツ。
実はリコ、もらったのは良いけれど取り扱い説明書がなくて
露出などの設定が全然わからず、適当に撮っています。
取扱説明書はインターネットでダウンロードできるそうで。
邪魔くさがらずにやろうっと。

ニコラで撮ると、数センチしか離れていない柊の葉が
もうボケています。

今回の結果だと、デジカメとアイフォンのカメラ機能、
どちらが良いか判断がつきかねます。

また別の機会にとり比べてみますね。

ペタしてね

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。