テーマ:
オットが仕事で使っていたコンデジ、
新しいものを買ったとのことで、
おさがりをもらいました。

この子、こう見えて一眼レフみたいなボケも撮れ
その上1cmまで接写可能なんですって。

なかなかUPできない写真ブログ、これからはこの子が活躍してくれるかも。
{A75B3255-1151-4360-B500-F69077A4E2AA:01}

ただ、iPhoneのカメラ機能がかなり優秀なので、
この子を持ち歩く価値があるのかどうか。

しばらくお試し期間が必要かもしれません。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「写真」 の記事

テーマ:
今日は西宮神社に行ってきました。
十日戎は9日が宵えびす、10日が本えびす、
今日11日が残り福です。

例年通り、昨日の本えびすでは午前6時に開門、
本殿までダッシュする福男選びが行われました。
そのスタート地点。

140111_西宮神社 
本えびすの午後などは入場制限が行われ
警察が出動するほど混み合うのですが、
まだ10時まえだったのですいすい通れました。

無事にお参りを済ませて、楽しみなのが屋台を冷やかすことだったのに
時間が早すぎて準備中のお店が多く、ちょっとさびしい。

140111_出店

オットは去年、屋台であぶり焼きしている肉を削ぎ切りにしたものと野菜を挟んだ
トルコのドネルケバブを食べたのがよほどおいしかったらしく、 
今日もキョロキョロお店を探していました。
3軒見つかったのに、どこも準備中でがっかりしていましたよ。

お留守番のわんにゃんのお土産は毎年ベビーカステラと決まっています。
阪神西宮駅近くの屋台はすでに営業していたので、無事買えました。

140111_カステラ焼き 
昨年9月に亡くなった ラブラドールのディディエがまだ2歳くらいの時に
初めて買って帰ったのが始まりでした。
その時に「えべっさんのお土産よ」と言いながらあげていたら
ディディエはすぐに「えべっさん」という言葉を覚えてしまい
「えべっさん行ってくるね」と言うだけで目を輝かせていましたっけ。

去年10月に我が家にやってきた くま吉にとっては初めての「えべっさん」でした。

いただいた残り福で 祈商売繁盛!


ペタしてね
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は私にとっては4期めになるステップアップ撮影講座
4 回目の授業でした。
講師はカメラマン 宮本陽先生
毎回、私が復習を兼ねて、
授業内容をかなり詳細にブログにアップすることも許して下さり
ありがとうございます。

今日のテーマは「ピントと露出を個別に決める」でした。

これまで学習してきた結果、
私たちステップアップ撮影講座の受講生は
デジタル一眼レフカメラの全自動・Autoモードを卒業して
半自動のPモードもしくは
絞り優先のAモード(機種によってはAVモード)で撮影するようになっています。
でもどちらも、ピントと露出は同時に決まってしまうので、
今日はそれを自分で分けて設定できるようになろうということ。

そのテクニックを学ぶ前に、なぜその必要があるかを
実感するための実験をしました。
今まで通り、PモードかAモードで同じものを
違う条件で撮るのです。

まず、真黒い紙の上に白いものを置きまして
それを遠くから撮影します。
つまり黒い部分が多くなるように撮るわけです。
今日は構図の良し悪しを度外視していますので
妙な写真かもしれませんが、お目こぼしをお願いします。

●写真1
140106_講座1

  次に、被写体に寄って、白い部分が多くなるように撮影します。
●写真2
140106_講座2 
 理論上は、黒い部分が多いと、カメラが勝手に「あ、暗すぎる!」と補正をおこなってしまい
黒色はグレーのように写り、白いものは白くなりすぎ、飛んでしまうはずでした。
 でも上の2枚だと、若干黒色に違いが見られるくらいで、あまり差がわかりません。
 どうも最近の一眼レフは賢すぎるそうで、差が小さいんですって。

 ということで、スマートフォンのディフォルトカメラで(アプリではなく)撮影してみることに。

黒色を多く撮った写真がこれ。
●写真3
140106_iPhone1 
  白い部分を大きくして撮った写真がこれ。
●写真4
140106_iPhone2 
 やっと、はっきり差が出ました。
黒い部分が多いと補正されて画面全体が明るくなりすぎ
クロはグレーに、白は飛んでしまって、書かれている文字が見えない状態に。
白い部分を多くして撮影すると、黒色も、白地に書かれた文字もはっきり写ります。

同じ部屋の中で、同じ被写体を同じ場所に置いて撮影しても
このように撮る方向を変えたり、構図の中に入れ込む色の比率を変えただけで
まるで違う明るさの写真が出来上がってくるわけです。

違いがよくわからないと感じた写真1と2ですが
データを見るとちゃんと差がありました。

写真1:シャッター速度 1/125 F5.3
写真2:シャッター速度 1/200 F5.3
*私はAモードで撮影、ISO感度は800に固定してありました。
これは自分が意図して変えたわけではなく、
カメラが勝手に変えてくれているのです。

さて、ここまでが本題に入る前の実験でした。
ここから、どんな撮り方をしても明るさが変わらない方法を学びました。

まずは、実験で撮った2枚のうち、どちらか好みの明るさを選び、
Mモードにして、自分でその数値を設定します。
私の場合は、写真2の色合いが好きだったので
Mモード、シャッター速度 1/200 F5.3 に固定します。

そして、いろいろな角度から3枚撮影しました。
●写真4
140106_講座4 
●写真5140106_講座3 
 ●写真6140106_講座5 
ちょっと暗すぎたか…という反省はあるけど、
黒も、白も占める面積にかかわらず、3枚とも同じ明るさという結果は出ました。
ホッ。

さて、この結果をどんなふうに生かすか、ですが
たとえば人物撮影などに生かすと良いそうです。

たとえばモデルさんを撮影する時に
撮り方によって、1枚1枚明るさが違っていては変ですよね?
ある1枚は黒いセーターを着ているようにみえるけど
他の1枚ではグレーのセーターに見える…とか
ある1枚は顔が真っ白に写っているのに
他の1枚では顔がうす暗く写っている…など。

もし仕事などだったら、1枚1枚画像処理で色を調整していかなければなりません。
でも、これが写真5~7のように、明るさが一定に写せていたら
1枚に施した画像処理のデータが他の全てに適用され
手間が少なくて済むというもの。
宮本先生などは1000枚単位で仕事をされているので
これは大変な問題でしょうね。

あ、一つ先生からのご注意がありました。
「Aモード、Mモードっていうと勘違いする人がいるんですが、
 レンズの横のA、Mではなくて本体のほうのA、Mですヨ」

  ↓ ここのAとMの話ではなくて…
140106_iPhone4 
 ↓ ここのAやMの話ですよ~。
140106_iPhone3 
  
今日の授業は理論の説明が多かったけど、
実践に使えそうなので、興味深かったです。
 
これからは、仕事で撮影する時
時間的余裕があればAモードで数枚撮ってみて
一番気に入った明るさの写真のデータを確認、
Mモードに変えて、その数値を設定する…というひと手間をかけて
同じ明るさの写真を撮りマス!

2月は「画像処理」を勉強します。
これまた仕事に役立ちそう!
楽しみです。

ペタしてね
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

さて、今日は我が友ニコラ(Nikon D5000)、
2014年の撮り初めです。
初詣に行ってきました。

140102_狛犬 

ご本殿の隣には神馬舎がありました。

140102_神馬 

神馬みくじ、どれにしようかナ。

140102_神馬みくじ

最上段、赤い馬具の子を選びました。

140102_大吉神馬 
くわえていたおみくじは大吉!
わーい。

しかし浮かれてばかりいてはいけません。
おみくじの最後に書いてありました。

「好調に慣れてうかつに欲を出したり、
 おごりたかぶることは、
 大きな落とし穴となるので戒めるように。
 この盛運を長く持続させるためには
 思いやりが必要です。」
と。

ラジャー!(^^ゞ

ということで、私の2014年は
「お・も・い・や・り」
を大切にしていきます。

ペタしてね

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。