鎌倉の、いけばな教室のおはなし

鎌倉の、いけばな教室のおはなし

教室は、鎌倉の若宮大路に面していて、段葛の桜並木を見下ろすところにあります。
 お花が好きで、素敵にいけたいと思っていて、それによって和む人たちの集まる場です。
https://fiore24cosmos.com/

Amebaでブログを始めよう!
いよいよ今年も梅雨入りしましたね。みなさまご体調いががお過ごしでしょうか。
 6月6日に、鎌倉駅の花席にいけて参りました。
 蒸し暑い日の駅の花席は、花選びが大事です。
 今回は見ごろを迎えた庭の柏葉紫陽花、下野草、楓を使いたいと思い、特に紫陽花の水揚げが心配でしたが、
 桔梗と鳴子百合を取り合わせてみました。


 写真の通り、彩りもよく、通りかかりの観光客にも「いいわねぇ~」と褒められたりしました。
 しかし、心配でした。日中の気温が30℃を超え、花席内は蒸しぶろ状態になるからです。

 7日の朝、行ってみると、案の定紫陽花はすっかり萎れて、まさかここまでと思うほど無残な姿でした...(涙)
 
 あわてて花屋へ行き、取り合わせに合いそうなシベリアンリリーを購入し、挿し替えました。
 幸い、気温も30℃を下回るので、あと一日何とか維持できるかと思っています。


 次回の駅の当番は9月13日から3日間ですが、残暑が考えられるので、花選びは慎重に考えたいと思います。

鎌倉宮に小原流鎌倉支部として新年の献花をしました。

1月3日まで境内休憩所にありますので、初詣の折にお立ち寄りくださいね。

 

写真をクリックすると大きな画像で見ることができます

 寒さ厳しいこの頃です。
 皆さま、お元気でしょうか。
 ここ鎌倉では、空気が冷たい日がずっと続いていて、
先週始めに降った雪が日陰ではまだ残っていますが、
今週も雪の予報が出ています。
 このような寒さの中でも、藪椿の花が
眩しいほどの輝きを放っています。
 その美しさを今朝、鎌倉駅(JR側構内)に
設けられている花席に、いけて参りました。

 山茱萸(サンシュユ)と取り合わせて、
春の訪れを告げています。

 

 通りかかりの観光客の男性に

    「さすが、鎌倉だね」

と褒めていただきました。

 この土地の自然のいのちを感じ取って頂けて、
とてもうれしかったです。

 

 2日の夜まで、椿の花が散らないようにと願うばかりです。
 

 空気が凛としている今だけの季節、暖かい格好をして、
鎌倉まで、ちょっと足を伸ばしてみませんか。
 

 もし、私のお花が皆様をお迎えすることが出来たのなら、
どうぞご感想をこのブログに書き込んでみてくださいね。


 お待ちしております。