この季節になると、一番最初にできたフレンドを思い出す。
2010年のクリスマス、か。彼と出会ったのは。

(このブログの「思い出のチュニック」という記事のもとになった人です。)

 


まだ駆け出しの黒魔道士だった自分を何かと気にかけてくれてね。

クリスマスの装備取った!っていったらすぐ駆けつけてくれて、一緒に何も言わずに写真を撮ってくれた。

 

2011091101380000.jpg
思えば、赤とか黒とかをメインキャラでやってるのは、この人をはじめとする、「最初に入ったLS」の先輩冒険者の影響だったなぁ。

2011083101360001.jpg

ほとんどの人が、もうヴァナを離れているんだけれども。

その時の経験がしっかりと自分の根底にある。恩師っていうんだろうか。一人一人のLSメンがね。

 

あれからもう、7年。

沢山の冒険者と交流して‥‥今、自分はまだブログ書きながら、ヴァナの世界を冒険しています。

 

色々な出会いのことも、色々な別れのことも。それらひっくるめてヴァナなんだ、と思う。