1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2007年01月31日

「生む機械」問題。

テーマ:【怒りマンの備忘録】
井上晴美が柳沢厚生労働相「産む機械」発言に異議
 自民党の柳沢伯夫厚生労働相が女性を「産む機械」と例えた件は、野党3党だけでなく与党からも辞任要求が出たり、女性団体も抗議・辞任要求をするなど、大きな波紋を呼んでいる.......... ≪続きを読む≫

最初にニュースを聞いたとき


「機械(きかい)」を


「機会(きかい)」かと思い、


少子化時代に


「生む機会」を増やそうという話でもしているのかな?


と思った。


まさか機械(マシーン)とは・・・。


村上龍のエッセイで


「すべての男は消耗品である」


というタイトルの本があるのを思い出した。


女性が「機械」なら


男性は「消耗品」


といったところだろうか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2007年01月30日

世界で最も安全な乗り物。

テーマ:【怒りマンの備忘録】

交通手段の中で


航空機は


自動車に比べても


死亡事故率が低く


もっとも安全だ、という話があるが


それを聞いても


不安な人は大勢いる。


●Wiki「航空事故」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%AA%E7%A9%BA%E4%BA%8B%E6%95%85


●Yahoo!知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail.php?qid=1010443770
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail.php?qid=1410039084
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail.php?qid=146933264


一度、航空事故が起きると


犠牲者が多数でるという


インパクトが大きいのだろう。


航空機は


世界で最も安全な乗り物だ、と言えるが


そのことを


うまく表現するのは難しい。


私は


高所恐怖症なので


離陸時と着陸時が最もいやな時間だ。


そういうときは


自分がコックピットで


操縦しているのを頭でイメージして


いやな感じを


忘れるようにしている。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年01月29日

エレガントな解答って・・・

テーマ:【怒りマンの備忘録】

NHK特集 の影響もあるかもしれないが


考え抜くことの重要性を感じる。


昔の話だが


数学の問題で


1問をひたすら


3時間ほど考えていた事もあった。


あの行き詰まり感を今でも


はっきりと覚えている。


色んな切り口で


何度も何度もトライするのだが


なかなか突破口が開けない。


力技で


何とか答えらしいものを出して


模範解答と照らし合わせるのだが


その解答の


エレガントさぶりに閉口する・・・。


だが


そのエレガントさに騙されてはいけない。


普通の人間が


そのような解答に


一直線に行きつくことは


まずない。


地べたを這いずり回ったような


自分の答えが


現実に近いのである。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007年01月28日

インドの衝撃。

テーマ:【怒りマンの備忘録】

楽しみにしていたNHK特集。


インドの衝撃 第1回 わき上がる頭脳パワー


前週のグーグル革命 はつまらなかったが


今回の「インドの衝撃」は


まさに衝撃。


IIT(インド工科大学)は超エリート校で


トレーニングが徹底しているのだが


それよりも


インドでは、小さいころから


数学好き(興味を持たせるような)教育を


学校でも家庭でも


徹底しているということに


驚いた。


また国家としても


「頭脳」で勝っていこうという戦略が明確だ。


妻と二人で見ながら


とても適わないし、日本の教育は大丈夫?


という意見で一致した。


怒り娘に


インド人を家庭教師につけようかと


真剣に考えて始めている・・・


参考図書↓


フラット化する世界(上)
フラット化する世界(上)
posted with amazlet on 07.01.29
トーマス・フリードマン 伏見 威蕃
日本経済新聞社
売り上げランキング: 1
おすすめ度の平均: 4.5
4 平らになった地球
3 生活者の視点では
3 「フラット化する」って、ちゃんと翻訳しているの?
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2007年01月27日

サービス業15分の法則。

テーマ:【怒りマンの備忘録】

サービス業は


最初の15分が勝負、


だと思う。


なぜなら


サービスを集中して実感できるのが


15分程度のなので


その後30分やろうが1時間やろうが


評価があまり変わらないからだ。


もしかしたら


満足度や充実感も


変わらないかもしれない。


特にマッサージ店で


そう感じる。


最近は、サービス業の


提供される時間単位が細かくなってきた。


10分や15分というコースも増えてきている。


私は、はじめての店は


できるだけ短い時間のコースを


選ぶようにしている。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2007年01月27日

相矛盾する2つの志向性。

テーマ:【怒りマンの備忘録】

最近読んで


共感した記事↓


NBオンライン「危機的な状況下でどう行動するか 」~指揮者・大野和士~


 指揮者という職業は、芸術家でありながらプロジェクトリーダーの側面も持っている。そこが、批評家とか評論家とは違う。もちろん、オーケストラが出している音を聞きながら、ここはいいとか、ここはダメだとか判断できなければいけない。しかし、それを他人事としないで自分のこととして引き受ける。

 だから難しい。大抵、「皆でやろうぜ」といった当事者意識がある人は、批評的な目が無いことが多い。逆に、どこの会社でもいる批評家のような人は、他人を率いていく力が無かったりする。その両方を持っていないといけない。

 単にガッツとか精神論だけでやるわけではなく、ちゃんと何が良い仕事かを分かっている、そういう批評家としての目も持っていながら、当事者としてプロジェクトを引っ張っていく力を持つ。

 両方の資質を持つのは難しいが、相矛盾する2つの志向性を自分の中にどう引き受けるか。これは、いろんな職業で実は大事なことだと思う。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2007年01月26日

モバイルコップ。

テーマ:【怒りマンの備忘録】

違法駐車の取り締まりが強化されたが


相変わらず悪質な駐車が多い。


携帯で写真をとって


GPS情報を添付して


メールで送れば


すぐに警察が取り締まってくる、


という仕組みはどうだろうか?


たとえば


こういうかんじ↓


URL

【GPS情報URL】
http://eznavi.duogate.jp/map/?ctl=0190&keyword=%8fa%92J&name=%8fa%92J&lat=128358563&lon=502936483&SCode=00003544&type=1


パトカーで


うろうろするより効率はよい。


モバイルコップというべきか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年01月25日

癖というのは恐ろしい。

テーマ:【怒り度】★☆☆☆☆

営業ロープレをやっていて


あるメンバーが


スー、スーという息の音を立てるのが


気になった。


本人は気づいてないが


回答に窮すると


自然にその音が出るようだ。


「●●君、自分が


 スースーと言っているのに


 気づいている?」


と聞くが


本人は全く気づいていない。


実は私も


むかし同じ事を指摘されたことがある。


そのときは


「何だこの先輩うるせえなあ」


と思ったが


意識して数えてみたら


1分間に何度もやっていた。


癖というのは恐ろしい。


それをしないと落ち着かない。


たまには


自分の癖を他人から見てもらう、


ということもよいことでないかと思う。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2007年01月24日

自己コントロール。

テーマ:【怒りマンの備忘録】

人間というのは


誘惑に弱く、


ついつい甘えてしまう。


自己コントロールというときに


いつも思い出す文章↓


戦闘機乗りの体験からきた言葉だが


私にとってはいつも新鮮だ。


 飛行機乗りは、両手、両足、両眼、鼻孔、両耳、あらゆる器官の全部を、いちどきに働かせなくてはいけない。しかも平均に、敏感に働かせなくてはならない。手足はもちろん操縦のため、両眼はもちろん敵機を発見するためであり、同時に飛行機内の諸装置、諸計器を満遍なく敏速に見なくてはいけない。耳はいうまでもなく、エンジンの爆音やプロペラの音、敵の機銃音、そういうものを敏感に聞き分け、飛行機の横すべりを感じ取らなければならない。鼻はエンジンから若干はいってくる排気の臭いに注意する。これは多量にはいってくると、一酸化炭素でまいってしまうので気をつけねばならない。また、ガソリンの漏れる臭いや、漏電して電線が燃える臭いなども敏感に嗅いで的確な処理をしなければならない。それから全身の皮膚は、つねに飛行機の振動を感じていなくてはいけない。この振動を敏速に掴まないと、飛行機の故障のもとになる。こんなふうにあらゆる器官が動員されるので、優秀な飛行気乗りになるためには、日頃から五感を敏感に働かし、それを的確に判断し、処理しなければならないのだ。


(中略)


 人間の持って生まれた先天的性能というものは、何万分の一と言われているような天才や奇人は別として、私たちのような普通の人間は、ほとんど同じだと私は考えている。しかし、人間の後天的な性能というのは、その人の環境や職業、生命の危険に遭遇する危険率、その他いろいろ自己にかかってくる外力と闘う必要にせまられた場合には、自分では考えてもいなかったような力が出るものである。その力も、日頃から考えて、その必要に応ずるための訓練を、たゆまず行った場合には、さらにその力を向上させることができるものである。


(中略)


 私は思う。普通の人間と言われる大部分の人たちが、果たして生まれてから自然に死んでゆくまでの長い期間に、自分が持って生まれた人間としての性能の何パーセントを使って、この世から去って行っているんだろうか・・・・・と。私は、平均三十パーセントくらいだと考えている。あとの七十パーセントは捨てているのである。


 私は、戦闘機乗りとして、喰うか喰われるかの空中戦を経験した結果であるが、そのようなことでは生命力がもったいないと思う。さいわい、あのすさまじい戦争を生き抜き、勝ち抜いた私は、これから後といえども、この心構えを持ちつづけ、自分の力の最大限を燃やしつづけていきたいと思う。また、そうすることを、みなさんにおすすめする。


(出典:坂井三郎「大空のサムライ」あとがきに代えて)

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2007年01月24日

注意力散漫。

テーマ:【怒りマンの備忘録】

最近、


注意力が散漫な自分に


腹が立つことが多い。


注意力が働いているときには


先回りして


物事が考えられていて


失敗が少ない。


だが散漫なときは


気づいた時には問題が発生していて


対処するに精一杯だ。


昔読んだ本には


注意力をキープするには


精神だけではなく


健全な体が


大切だと書いてあった。


確かにそうで


まず外部に一番先に接する部分の


体が鈍っていては


どうしようもない。


そういう意味では


正月以降の不摂生がたたっているようだ。


生活を立て直したい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。