ムチ打ちと失神つづき | Parisの怒りマンボーのフランス愚痴日記

Parisの怒りマンボーのフランス愚痴日記

あこがれの花の都パリ、フランスの優雅な生活~~と現実は大違い。
8年のパリ生活で、穏やかだった私は怒りマンボーへ変身し、お馬鹿で自己チューなフランス人に怒り狂う毎日。
きらびやかなフランスのダークな面々をまきちらす、怒れるフランス愚痴日記です。

https://ameblo.jp/ikari-manboo/entry-12505978093.html
ムチ打ちと失神つづきです。

先日娘がバカンス中に乗ったバナナボートで、首が痛くなり、パリに戻ってきてから浴室で失神したお話の続きです。

夏、特に8月はお医者さんもバカンスに行ってしまってなかなか医師の予約がとれませんが、誰かがキャンセルしたと思われる隙間に予約ゲットしました。
娘はその場でレントゲンをとってもらいましたが、骨には異常がなかったそうです。
失神したことについて先生に聞くと沈黙・・・疲れてたんじゃないか、とのことです。
疲れてたぐらいで失神してたら、わたしゃ毎日失神じゃよ!怒
テキトーな医者め!

娘が以前にガストロ(ウィルス性胃腸炎)でひどい嘔吐と下痢を繰り返し、低血糖になって2回ほど失神したことがありました。
低血糖は脳に影響を及ぼすので、危ないことを当時は知らず。
脳に損傷を起こしたりしたかもしれないけれど、もう後になって検査してもわからないといわれ・・・後悔が残りました。

今回は低血糖ではないけれど、失神するには理由があるのではと思っていろいろ調べましたら、むち打ちなど首の筋肉や神経に損傷を起こすと、それが引き金となって、自律神経失調症になることがあるのがわかりました。
症状としては、動悸や発汗、めまい、失神などだそうです。
もしそういう症状がまた出たら、自律神経失調症の治療が必要ですし、様子を1週間ほどみてからいけるように、別のお医者さんの予約を取りました。

私は医学の知識がなくド素人ですが、結構ネットで検索して病名とか見つけるんです。旦那の胆石も私が見つけましたし、私が目と顔面が痛くて歯医者や眼医者、一般医に通ってもわからなかった原因が、副鼻腔炎というのもネットで見つけましたし、娘の紫斑病も、珍しい病気ですが見つけました。
インターネットってありがたいです。
娘の様子見てみます。