【100%目標達成する方法】高卒の僕でも、情報と道具を上手に活用するだけで、最短最速出世し、自分ブランドを確立した方法

キーワードは、モバイルとインターネット。高卒でも、機械音痴でアナログ人間でも、情報と道具を上手に使うだけで、成果が倍増します。さらに、成功者も知らない最新のオンラインサービスの情報を発信しているので、最先端の情報を入手し、成功者の心を鷲掴みにしてください!


テーマ:

最強の凡人 いいづかゆうじです。

プロフィールはこちらです

 

なぜ、最強の凡人かと言うと、

 

基本的には凡人なんですけど〈情報と道具を上手に活用することで必要とされる人材なれる〉からです。

 

 

高校を卒業してすぐに就職した私は、

お取引先から軽視されていました。

あなたもこんな経験ありませんか?

僕は、あの時の悔しさは今でも忘れません。

 

ビジネスの話は僕を飛び越えて上司のもとへ。

そして僕の仕事はコピーや、FAXをすることだけ。

何度、こんな会社を辞めてやる!と思ったことか。

 

それでも、踏みとどまれたのは優しい先輩に囲まれていたから。

毎日、励ましてもらっていました。

 

私は、毎日毎日どうすれば取引先に認めてもらえるのか?を、

一生懸命考えていました。

 

何人ものお取引先の営業マンと会話を重ねるうちに、

ある共通点が見えてきました。

 

「あれ?!どの営業マンも情報をほしがっているぞ」

 

それに気づいた私は、

情報の発信源になることを心掛けました。

 

最初は自分が持っている情報をとことんアウトプットしました。

引き出しから情報を取り出しては、必死に語りました。

 

しかし、

 

「それ、知ってるよ」

「若い頃は、そんなもんだよね」

 

という大人たちの冷めた反応。

がっかりでした。

自分の持っている情報はこんなにも価値がないのか、と。

この時に改めて気づいたことがあります。

それは、

 

情報の量と質=その人の価値

 

このことに気づきました。

 

どうすれば情報の質をあげることができるのか。

 

ある夜、

 

僕は5年前に人生で初めて買った経済誌を読んでいました。

少し懐かしかったけど、どれも知っている情報ばかりでした。

 

その雑誌を読むうちに、読むことが楽しくなったので、

翌日は最新号を買って帰宅しました。

 

当然ながら最新号の情報は新しく、

どれも知らない情報ばかりでした。

どの記事も新鮮でした。

 

この時に気づきました。

 

「古い情報には価値がない。

 新しい情報に価値がある」

 

そうか、

僕が持っている情報は鮮度が落ちているのか!

どうすれば新鮮な情報を取れるのか。

僕は、情報は生物だと悟りました。

だから、すぐに旨味がなくなるし、腐るんだ!

 

こういう時は原理原則に立ち返るといいのです。

 

水は上流から下流に流れるように、

情報も上流から下流に流れるんだ。

 

そうだ!

 

社長や取締役こそ、新鮮で鮮度のいい情報を持っているんだ!

と気づいたのです。

 

その日、僕は行動を変える決意をしました。

自分に掲げた目標は、

「毎日、部長以上と会話をする」でした。

 

どうすれば会話ができるのだろうか。

しかし、みんな忙しそうで、そして恐い。

 

当時20歳の僕は、

手始めに、業務に集中してるある部長に声をかけた。

 

「あのー、すみません」

 

パソコンの画面から目線をずらし私の顔をギョロッと見たある部長。

声を発さずに、僕の次の言葉を待っているようだった。

さらに、「邪魔だ、とっとと失せろ」というオーラ全開でした。

その迫力に私は言葉が出せず「失礼しました」と言って、去りました。

 

怖気付いた私。

 

数週間経ったある日、先輩の喫煙に付き合うために、一緒に喫煙ルームに行きました。

当時、私はタバコが吸えませんでした。

タバコを吸うとクラクラするし、何よりも臭いが嫌いでした。

 

小さなタバコ部屋にはすでに6人が吸っていて、ギュウギュウ且つ、不快なタバコ臭で満ちていました。

とても、居心地が悪かったです。

が、その6人のメンバー構成が圧巻で、

その6人は役員2人と、部長2人、課長2人でした。

この時に気づきました。

 

「そうか。喫煙ルームにはお偉いさんがいるし、しかも穏やかだぞ!」

 

僕は苦手なタバコを吸うことを決めました。

情報収集の場を喫煙ルームに定めたのです。

 

大嫌いなたばこを1日1箱吸いました。

吸うたびにクラクラする体質なのですが、何よりも情報がほしかった。

 

偉い人の様子を伺ってはタバコルームに飛び込みました。

 

こうして新鮮な情報を大量に仕入れることに成功した僕は、

取引先に情報をシェアすることでみるみる信頼を得ていきました。

 

この出来事から、

人は情報に群がることを知りました。

情報を持つ人間の強さを知りました。

僕はこの時に「ビジネスは情報だ」と悟りました。

 

以来、高卒で軽視されつづけた僕は情報の質にこだわって、

どの同期よりも、大卒よりも、先輩よりも、

鮮度のいい情報を手に入れることで

出世街道を駆け上ってきました。

 

その結果、高卒にもかかわらず、異例の人事で最速最短出世を果たし、

社内のキーマンとして認められるようになりました。

 

この経験をもとに、このブログでは、

僕が情報をどのように集め、そしてどのように使っているか、

そして、情報を加工する道具や、情報を作り出す道具などを紹介していきます。

 

情報こそ、あなたの人生を一変させます。

 

このブログがあなたのお役に立てれば嬉しいです!

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

****************************************************************************************************

◎感想やコメントを頂けると励みになります!

 

◎Facebookのお友達を受付けています。

いいね!やコメントをドシドシお待ちしています!

https://www.facebook.com/profile.php?id=100012780880038

 

◎Twitterのフォロワーを受付けています。

どしどしフォローしてくださいね!

こちらはプライベートな感じで活用しています!

https://twitter.com/Izzy_UG

 

◎実は、コミュニティ構築の専門家なのです。

コミュニティを創りたい方はこちらをご覧下さい!

→工事中

 

◎3分でお客様の心をがっちり掴みたい方はこちらをご覧ください!

こちらも私のブログです!

→工事中

****************************************************************************************************

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最強の凡人 いいづかゆうじです。

プロフィールはこちらです

 

なぜ、最強の凡人かと言うと、

 

基本的には凡人なんですけど〈情報と道具を上手に活用することで必要とされる人材なれる〉からです。

 

 

高校を卒業してすぐに就職した私は、

お取引先から軽視されていました。

あなたもこんな経験ありませんか?

僕は、あの時の悔しさは今でも忘れません。

 

ビジネスの話は僕を飛び越えて上司のもとへ。

そして僕の仕事はコピーや、FAXをすることだけ。

何度、こんな会社を辞めてやる!と思ったことか。

 

それでも、踏みとどまれたのは優しい先輩に囲まれていたから。

毎日、励ましてもらっていました。

 

私は、毎日毎日どうすれば取引先に認めてもらえるのか?を、

一生懸命考えていました。

 

何人ものお取引先の営業マンと会話を重ねるうちに、

ある共通点が見えてきました。

 

「あれ?!どの営業マンも情報をほしがっているぞ」

 

それに気づいた私は、

情報の発信源になることを心掛けました。

 

最初は自分が持っている情報をとことんアウトプットしました。

引き出しから情報を取り出しては、必死に語りました。

 

しかし、

 

「それ、知ってるよ」

「若い頃は、そんなもんだよね」

 

という大人たちの冷めた反応。

がっかりでした。

自分の持っている情報はこんなにも価値がないのか、と。

この時に改めて気づいたことがあります。

それは、

 

情報の量と質=その人の価値

 

このことに気づきました。

 

どうすれば情報の質をあげることができるのか。

 

ある夜、

 

僕は5年前に人生で初めて買った経済誌を読んでいました。

少し懐かしかったけど、どれも知っている情報ばかりでした。

 

その雑誌を読むうちに、読むことが楽しくなったので、

翌日は最新号を買って帰宅しました。

 

当然ながら最新号の情報は新しく、

どれも知らない情報ばかりでした。

どの記事も新鮮でした。

 

この時に気づきました。

 

「古い情報には価値がない。

 新しい情報に価値がある」

 

そうか、

僕が持っている情報は鮮度が落ちているのか!

どうすれば新鮮な情報を取れるのか。

僕は、情報は生物だと悟りました。

だから、すぐに旨味がなくなるし、腐るんだ!

 

こういう時は原理原則に立ち返るといいのです。

 

水は上流から下流に流れるように、

情報も上流から下流に流れるんだ。

 

そうだ!

 

社長や取締役こそ、新鮮で鮮度のいい情報を持っているんだ!

と気づいたのです。

 

その日、僕は行動を変える決意をしました。

自分に掲げた目標は、

「毎日、部長以上と会話をする」でした。

 

どうすれば会話ができるのだろうか。

しかし、みんな忙しそうで、そして恐い。

 

当時20歳の僕は、

手始めに、業務に集中してるある部長に声をかけた。

 

「あのー、すみません」

 

パソコンの画面から目線をずらし私の顔をギョロッと見たある部長。

声を発さずに、僕の次の言葉を待っているようだった。

さらに、「邪魔だ、とっとと失せろ」というオーラ全開でした。

その迫力に私は言葉が出せず「失礼しました」と言って、去りました。

 

怖気付いた私。

 

数週間経ったある日、先輩の喫煙に付き合うために、一緒に喫煙ルームに行きました。

当時、私はタバコが吸えませんでした。

タバコを吸うとクラクラするし、何よりも臭いが嫌いでした。

 

小さなタバコ部屋にはすでに6人が吸っていて、ギュウギュウ且つ、不快なタバコ臭で満ちていました。

とても、居心地が悪かったです。

が、その6人のメンバー構成が圧巻で、

その6人は役員2人と、部長2人、課長2人でした。

この時に気づきました。

 

「そうか。喫煙ルームにはお偉いさんがいるし、しかも穏やかだぞ!」

 

僕は苦手なタバコを吸うことを決めました。

情報収集の場を喫煙ルームに定めたのです。

 

大嫌いなたばこを1日1箱吸いました。

吸うたびにクラクラする体質なのですが、何よりも情報がほしかった。

 

偉い人の様子を伺ってはタバコルームに飛び込みました。

 

こうして新鮮な情報を大量に仕入れることに成功した僕は、

取引先に情報をシェアすることでみるみる信頼を得ていきました。

 

この出来事から、

人は情報に群がることを知りました。

情報を持つ人間の強さを知りました。

僕はこの時に「ビジネスは情報だ」と悟りました。

 

以来、高卒で軽視されつづけた僕は情報の質にこだわって、

どの同期よりも、大卒よりも、先輩よりも、

鮮度のいい情報を手に入れることで

出世街道を駆け上ってきました。

 

その結果、高卒にもかかわらず、異例の人事で最速最短出世を果たし、

社内のキーマンとして認められるようになりました。

 

この経験をもとに、このブログでは、

僕が情報をどのように集め、そしてどのように使っているか、

そして、情報を加工する道具や、情報を作り出す道具などを紹介していきます。

 

情報こそ、あなたの人生を一変させます。

 

このブログがあなたのお役に立てれば嬉しいです!

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

****************************************************************************************************

◎感想やコメントを頂けると励みになります!

 

◎Facebookのお友達を受付けています。

いいね!やコメントをドシドシお待ちしています!

https://www.facebook.com/profile.php?id=100012780880038

 

◎Twitterのフォロワーを受付けています。

どしどしフォローしてくださいね!

こちらはプライベートな感じで活用しています!

https://twitter.com/Izzy_UG

 

◎実は、コミュニティ構築の専門家なのです。

コミュニティを創りたい方はこちらをご覧下さい!

→工事中

 

◎3分でお客様の心をがっちり掴みたい方はこちらをご覧ください!

こちらも私のブログです!

→工事中

****************************************************************************************************

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。