介護保険を利用している家族が担当のケアマネジャーに対して不満を言ってる方々を良く見かけます。

 

また、「ケアマネを変えないの?」と尋ねると「変えていいの?」と返ってきます。

 

介護保険を利用している家族でも多くの人がケアマネジャーを変えていいことを知らないのです。

 

ケアマネジャーは変えていいんです。

 

何故変えていいのか、それは、ケアマネジャーも介護保険サービスの一つだからです。

 

たとえば、介護保険サービスでデイサービス(通所介護)を利用する時、体験利用をする方が多いのではないでしょうか。

そして、その中から利用者本人に合ったデイサービスを選んで利用します。

 

また、利用している間に利用者本人の状態が変わったり、不都合を感じた場合は、別のデイサービスに変更してサービスを受ける方もいます。

 

このように基本的に、介護保険サービスを利用する上で利用の決定権を持っているのは利用者本人もしくは家族です。

そして、ケアマネジャーもその介護保険サービスの中の一つなので、担当のケアマネジャーを変えることは何も問題ありません。

 

つまり、最終的にどのケマネジャーを利用するのかを決めるのは利用者本人や家族なのです。

 

本来、ケアマネは中立的で入居者の味方であるべきですが、多くのケアマネは介護施設経営者に雇われていますから、利用者を食い物にして経営者が儲かるケアプランを立てています。

 

経営者が儲かるように、利用者を介護漬けにするのです。

 

多くのケアマネは在宅介護の経験はありません、そんな人間に介護者の気持ちなどわかるはずもないし、わかる訳がないのです。

 

ですから、そこは利用者の家族がチェックするしかないのです。

 

担当のケアマネジャーに不満があれば変えればいいのです。

 


 にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ