日韓併合の真実3-2

テーマ:

日本が統治した35年間で韓国人の生活は劇的に良くなりました。


人口は2倍に増え、24歳だった平均寿命は30年以上伸びました。


人口の約30%いた奴隷は農地をもらって自活できるようになりました。


識字率は4%から61%になり、大学も作られました。


幼児売春、拷問が禁止され、女性にも名前が付けられるようになりました。

 

物々交換から貨幣経済に転換し、度量衡が統一されました。


はげ山に6億本の樹木が植えられ、上下水道が整備されました。
道路、鉄道、港湾施設、病院が作られ、堤防工事や灌漑工事によって河川敷が農地になりました。


農業が近代化されたことによって1反当りの収穫量が3倍になりました。
しかし短期間にこれほどの改革をするために日本は毎年約20%の財政補填をせざるを得ず、日本人は重税に苦しみました。

 

優秀な韓国人は朝鮮総督府の官吏や軍人、教師、警官になることもできました。
最初は下級官吏でも試験に受かれば能力次第で出世できたのです。


これをイギリスのインド統治と比べてみましょう。

 

イギリス人が優秀なインド人を官吏に登用したでしょうか? 
そもそも植民地支配では現地人を教育したりはしないものです、教育すれば知恵がつき、抵抗したり独立運動を起こしたりするからです。


日本が韓国を植民地にしたのではないということは統治の中身を見ればすぐに分かることです。

 

日韓併合こそ韓国を良くしたのであり、韓国を救ったのです。

本来なら、韓国人は日本に足を向けて寝れないのです。

 


 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ