創業35年 飯野工務店@埼玉県鴻巣市

親子3人の大工。無垢の木のぬくもりを大切に。新築、リフォーム、設計、手刻み、伝統工法、耐震診断、耐震補強、長期優良住宅、高気密高断熱、古材、四寸柱、天然木、ヒノキ、杉、珪藻土、漆喰、埼玉県産木材、古民家鑑定士。


テーマ:



飯野工務店の工事現場看板は木製です
今回の新築現場にも設置いたしました



クレーンを使い職人全員の力を合わせて、家の骨組みを組み立てます
平均的な大きさの家は、一日で組み立て終わります。



化粧の丸太柱や梁を傷つけないように慎重に、確実に組み立てていきます



組み立てる時、一番最後の材料が「棟木」
地上から一番高いところに組み上げるのも「棟木」
この「棟木」が組み立てられるのを「棟木が上がる」と言い、
この事を祝い、そして今後も無事に家が完成する事を願い行うのが、
「上棟式」です



無事に上棟が終わり、屋根の下地材を張っていきます
最近、屋根下地材は、ほとんど合板「ベニア板」が使われることが多いですが、
飯野工務店では主に杉板材を使います



屋根下地材に合板「ベニア板」を使うと、夏の高温や湿気にさらされながら数十年経つと、板と板を貼り合わせている接着剤が弱くなり、強度が落ちることがあります。

屋根瓦の下で長い年月しっかり強度を維持してもらうには、そもそも接着剤を使用していない無垢の杉板材が安心です
合板「ベニア板」が普及する前は、ほとんど杉板が下地材に使われていたんですよ

飯野工務店ホームページ
お電話でのお問い合せは、
☎048-541-1998
メールでのお問い合せはこちらをクリック

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

飯野工務店@埼玉県鴻巣市さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。