昨日はひっさびさに映画館に行けました😭
やぱり、映画館は大好き…。

キャラメルポップコーンとゼロカロリーコーラの
セットが、本当に愛おし過ぎて…

思わず「ただいま💕」と声をかけましたw


さて、昨日観たのは
だいぶ遅くなりましたが


「ロケットマン」


イギリスの天才歌手?アーティスト?
エルトンジョンのお話です。


実写版「シンデレラ」が好きで
王子様役だったリチャード・マッデンが
出演するのが楽しみで観たのですが

エルトンジョンのちょっと??な恋人役
だったので、、、

リチャード・マッデンは
シンデレラの王子様みたいな役は
その他の出演作観ても少ないです😂


さてさて、本題。


この作品もいろんな事を
考えさせられたのだけれど

特に印象に残っている言葉が…


I love you. I always have and I always will.

愛してる。これまでもこれからも。



どこで誰が言ったって言ったら

ネタバレなるので言いませんが…



人ってみんな誰かに愛されてると思いたい。

幼少期にトラウマがあると

なおのこと、そこへの執着が強くなる。


でも、そんな気持ちをフッと軽く…

大きな愛で包み込んでくれたセリフだった…。


しかも、言葉っていつ聞いても響く訳じゃない…

このタイミングで言われたから響く!!!!

って、

自己中なタイミングでグッとくるの!笑笑


あの場面だったから…キタね…。。。



なんだか、ミュージカル映画&愛について


胸に響いたので、帰って 

「ムーランルージュ」が観たくなってね。笑笑



で、観ました❤️w


で、あの名言を聴いたの…



The greatest thing you'll ever learn is just to love and be loved in return.


人生で知る最高の幸せ、それは誰かを愛し

愛されること。



連続でグッと響いた…


愛について考える作品は多いですが

やっぱり愛って普遍的なテーマ。



先にも述べましたが

言葉って本当に魔法のようなもので


必要な時にビビッと響いて

心が動き出す…。



タイミングも響く言葉も人それぞれ。

必要だから響くわけで

その言葉は大切にしたい…!!



さて、どうして今

こんなに私にとって「愛」が響くのか…



なぜか分かっていますw



毎年この時期そうなのw



春から夏にかけては一枚一枚衣を脱ぎ

着ぐるみが剥がれていくでしょ?


だから、心も体もオープンになりやすい。

ほら、南国に住む人は太陽のような笑顔で

開放的で寛容な人が多いというでしょ?



逆に秋から冬にかけては、一枚一枚衣を足し

心も体も人からは見えにくくなったりする。



視覚的要因は、心理的影響を与えやすいです。



その分、愛の感じ方も伝え方も

変わっていく季節です。


時折 吹くちょっと乾いた風や

少しずつ遠くなる空…

季節が動いている。。


だからきっと

愛の感じ方も衣替えし始めたのでしょう。


観た映画たちの愛の言葉はどちらも切なく…

でもより深く温かく胸に沁みました。



夏の終わりからは

リリースされる音楽の曲調もちょっと切なく、

キュンとくるものが増えますよね。



この季節…やっぱ好きだわ〜。



さて、感じ方が変わってきたら…

伝え方も変えてみませんか?


愛も衣替えするものだと私は思います♪