こんにちは!

 

飯田梓です。

 

始めましての方はこちら☆



 




 

さて。

 


私が実践している、

 

彼を私専属のカメラマンにする方法

 

最終話!

 

 


 

前回の記事はこちら↓


 

おさらいするとね。



その1 連写で撮ってもらう


その2 撮ってもらうときは動きをつけること

     ↑これは自分のことだけど。

 


そんなことを前回、前々回とお伝えしました!

 





 

上の2つを実践すると、





自然で柔らかい表情とか



作ろうと思っても作るのが難しい


良い表情が出たりします。

モデルさんみたいに狙って出来ないからね。

 


 




そして、私が気を付けている最後のポイントは、

 

 

 

彼にきちんとお礼を言うこと。


 

何ならしつこいくらい言い続ける。

 

 




1回言ったところでは伝わらないので、

 

 

本当に「感謝しているんだよー」って伝える。

 

 


 

 

そして、もう1つ。


 

「やっぱり私を一番可愛く撮ってくれるのは


〇〇だね」って伝えること。


 

 

そうしてカメラマン意識を植え付けていく。


 

 

旦那さんに聞いたらね、こう言ってたの。



「一番素敵に撮ってくれるのは自分って


言われると、


信頼されているのが伝わってくる」



悪い気はしないよって申しておるのです。

素直じゃないなー(笑)

 

 

 

でもさ、


自分が作った料理とかを



「やっぱり君が作る料理は


俺の好みを分かってて美味しい。」




毎回こんな風に褒めてくれたら、


次も頑張ろうって思うよね?

私は思うよ。だって単純だもん。

 

 


だから感謝と極上の褒め言葉を伝えてください。




そして自分好みの素敵なカメラマンに


育て上げましょう!





では、また♡



 

 

 

ライフスタイルも公開中♡