竹田市議会議員 井ひであきの市政レポート直行便ブログ版

竹田市議会議員 井ひであきの市政レポート直行便ブログ版

わかりやすいみんなの政治!をめざして、日頃の活動や、市政のなかで思ったこと・感じたことを綴っていきます。

市政レポート直行便でお知らせした荻町まちおこし有限会社の経営状況です。

 

6月議会の結果、出資金額が4,900万円から3,300万円に下がりました。

 

最後のページの令和2年度予算書(案)の数字は特別利益が4,900万円から3,300万円に下がるので、

当期純利益は27,903,500から11,903,500に下がりますね。

 

令和元年度は954万円の赤字でした。

令和2年度(案)は市からの3,300万円を入れて、1,190万円の残りです。

 

議会答弁で、3月末に2,400万円あった現金は1,400万円まで減ったそうです。

 

コロナ禍の中で、どこまで客足が戻り計画に近づく数字になるか不安ですね。

 

経営の専門家と言われる方が見てましたら、コメントお願いします。

 

 

 

 

4月14日(土)14:00から市役所横の福祉センターにて、歴史文化交流センターと城下町交流プラザ(旧歴史資料館とコミュニティセンターのこと)の市民向け説明会が開かれます。

 

参加できない方のために議会で配布された歴史文化交流センターのエレベーター案の画像を貼ります。

 

議会への説明では費用は6000万円、年間維持費は90万円とのことでした。

 

議会ではエレベーター分6000万円を削除する修正案が提出され、私は修正案に賛成しましたが賛成7反対8で残念ながら否決されました。

 

議会での議論は終わりましたが、竹田市民の意見はどうなんでしょう?

 

市民の意見が集約される前に議会の判断が先になってしまい、議決の後に市民から意見を聞く形になるのはいかが???

 

景観論争が活発になることを望みます。

 

 10月8日付で新聞折り込みにて「竹田市研究ノート」を発行しました。

 

 ネタの1つを明かしますますと、、、

 

 

 東洋経済新報社の「都市データパック2016年版」です。

 

 住よさランキングがよくニュースに取り上げられますよね。

 上位の市は結構このランキングを気にしているそうです。

 

 ちなみに我が竹田市のランキングは・・・

 

 

 総合692位でした。

 

 あくまで目安なので実感はあまりありません。

 

 安心は44位、住居は183位

 

 田舎で事件は少なくて、家は広いということか。。。