こんにちは。

今日も、ハッピーメンテナンスのブログに

お越しいただき、ありがとうございます。

 

さて、あなたに質問です。

 

 

あなたは、ご自身の状態を振り返って

「いい状態のとき」 を思い出すことはできますか?

 

 

いい状態のとき というのは

「前向きに考えて、よしがんばるぞ!」 と

気合が入っているときではありません。

 

 

いい状態のとき 

特に、がんばっていないのに

 

人との会話もスムーズで、気持ちが通じ合う瞬間が多く

タイミングもばっちり合って、予定や物事がすいすい決まって、すいすい進む

気持ちや時間にも余裕があって、軽やかに行動しているときなのです。

 

 

他にも いい状態のとき

 

・ 直感が冴えている

・ 問題の解決策も じぶんでひらめく

・ 余裕をもって取り組める

・ 少々のことは気にならない(笑って流せる) 

・ 安心感を感じている

・ 調和を感じている

・ 満足感を感じている

・ 人や物事のいいところに(自然と)意識が向く

・ 回復や改善が早い

・ 感謝できることがたくさんある

・ 未来を想像するとわくわくしてくる

 

などなどが、挙げられます。

 

 

ところで

いい状態のとき というのは

そのときは、自分ではあまり意識はしません。

 

立ち止まって、ちょっとひと息ついたときに

いまいい感じだなぁ”と喜ぶことはありますが

どちらかというと

状態のよくないときに振り返って

「あのときは、なんかよかったなぁ」

「もう一度、あんな風にスムーズに物事が進んだらいいな」 

とか、思いだしている感じです。

 

 

 

一方で、

状態のよくないとき は、以下のような感じでしょうか?

 

・ やることなすこと裏目に出る

・ ちょっとしたことで傷つく

・ 労力の割に結果がよくない (疲れただけで終わった)

・ すぐイライラしてしまう

・ ツイていない

・ 自分だけ損している感じがする

・ やめたい習慣をくりかえしてしまう 

・ 未来が不安

 

などなど

 

 

そして、状態のよくないとき

なんとかして、その状態から抜けようと

あれこれ頑張ったり、努力したりなどしてしまいますが

やってもやっても、なかなかうまくいきません。

 

問題を解決しよう

誤解や疑いを晴らそう

信頼されるように誠意をみせよう

 

あれこれ画策して、努力をしても

対応すればするほどに、泥沼にはまっていったりもします。

 

 

これは、あなたの

個性や能力に、問題があるのではありません。

ただ、やり方がちがうのです。

 

 

おもしろくないことがあったときでも

自分の状態を整えることで

いろんなことがスムーズに進んでいくことは多いです。

 

 

どうしていいのかわからないような困難なときでも

自分の状態を整えることで

予想もしなかった解決策がひらめいたり

状況がいいようにとシフトしていくことも多いです。

 

 

なので、

ハッピーメンテナンスでは

"自分の状態を整える方法" をお伝えすることで

あなたが、あなたのよさや能力を

自然に自由に発揮できるようサポートをしています。

 

 

サービス や セッション を 受けていただいた方は

もうおわかりですよね。

 

問題 や 課題 を手掛かりにして ワークを進めていった場合でも

解決策のひらめきは、ご自身の中からでてきたことだし

 

ワークを進めていく中で、ご自身で気づいたことを

日常の場面に落とし込んでいく。

 

自分のチカラで柔軟に

対応できるようになったから

状況がいい方向へと流れます。

 

 

ぜんぶ、自分次第ですね。

 

 

 

 

 

砥峰高原。ススキの名所。

散策路は 1周 3.1km です。
 
 
 
 
<< 調整の方法 >>
 
 
感情の引っかかりをほどきます。
EFT(感情を自由にするタッピング)。
 
 
からだの緊張(抵抗)をニュートラルにします。
カフェキネシ(ピーチタッチ)。
 
 
イメージを使って感覚がかわる。
ネガティブな感覚を形にしたり
今の自分を俯瞰的に見たり
言葉にならないの感覚をさぐっていったり。
 
 
調整(メンテナンス)は
あなたに合ったやり方でどうぞ。